姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2009年 10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

今日の京葉臨海鉄道

 本日はもう1ネタ。
 午後からは京葉臨海鉄道の撮影に出掛けています。

前川駅の507列車のKD60 3
 前川駅で停車中の507列車です。
 506列車と交換のための停車時間が長いためゆっくり撮影できます。
 KD60 3+コキ106-327+コキ106-482+コキ107-77+コキ106-81の編成です。
 列車は撮影後に京葉久保田方向へ少し移動していきました。

椎津~前川間の506列車のKD55 103
 定時になっても506列車は来ません。
 そういう時は極東での荷扱いが無いため、北袖分岐の出発時間を繰り下げて前川駅は通過となります。
 繰り下がった時間を利用して、京葉久保田側に撮影場所を移動して、今津川橋梁へのアプローチを上る506列車を撮影しました。
 506列車は、KD55 103+コキ200-146+コキ106-613+コキ200-106+コキ104-1293+コキ104-2644+コキ104-1490+コキ104-2816+コキ106-232+コキ107-256+コキ107-111+コキ106-566+コキ107-272+コキ106-2の編成です。

前川~椎津間の507列車のKD60 3
 やっと507列車が発車して、今津川橋梁のアプローチを下っていきます。
 残念ながら太陽が陰ってしまいました。

 この後、kudocf4r様のコメントを受けて、浜五井駅に210列車が運転されるかを見に行きましたが、まだ運休でした。
 土日の石油輸送はまだなのですね。

市原分岐~浜五井間の509列車のKD55 102
 せっかく浜五井まで来たので、市原分岐~浜五井間で509列車を撮影しています。
 509列車は、KD55 102+コキ11両でした。

浜五井駅に進入する509列車
 509列車は浜五井駅に進入していきました。
 本日の撮影はこれにて終了です。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 17:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月31日、4時半に目が覚めてしまったので、朝の蘇我駅に到着する貨物列車を撮影するべく出掛けました。
 千葉機関区に寄り道してから蘇我駅に到着です。

4099列車蘇我駅に到着
 4099列車が蘇我駅にやってきました。
 手前には蘇我駅からの牽引機として待機しているKD55 102がいます。

停車位置が前過ぎのEF210-120
 4099列車はギギギギギと激しいブレーキを掛けていますが、全然停まりません。
 望遠レンズをつけていたので、千葉貨物側に移動しましたが、先頭部分を撮るのがやっと、そうして撮ったEF210-120です。

蘇我駅の4099列車のEF210-120&KD55 102
 慌ててレンズを付け替えて改めて撮影しました。
 いつもの位置より1両半ほど前に停車した形になっています。

蘇我駅の4099列車のKD55 102
 先頭にKD55 102が連結されました。
 EF210に比べるとKD55はかなり短いのがよく分かりました。
 4099列車の貨車は、コキ106-476+コキ106-883+コキ104-1422+コキ104-1987+コキ104-1933+コキ104-2286+コキ104-1837+コキ107-146+コキ104-2737+コキ104-1696+コキ104-1075+コキ104-106+コキ104-1999+コキ104-1892+コキ104-1491+コキ104-1171+コキ106-610+コキ104-1788+コキ104-598+コキ104-453です。

蘇我駅に到着する5178列車
 続いてやって来る5178列車には、同業者さんが来ています。
 話をしていたら列車がやってきたので慌てて撮影へ。
 土曜日は到着が6分ほど早いのを忘れていました。

蘇我駅の5178列車のEF65 1069
 今度は無事に停車しました。
 5178列車の編成は、EF65 1069+タキ43416青+タキ43570+タキ1000-393青タキ43394青+タキ40100+タキ40124+タキ43162青+タキ38042+タキ38087+タキ43427青タキ43026青タキ43027青タキ43028青タキ43013青タキ43151青タキ44018青+タキ38031+タキ38088です。
 本日のタキは18両でした。
 ご一緒された方、お疲れ様でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 09:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区

 10月31日、4時半に目が覚めてしまったので、朝の蘇我駅に到着する貨物列車を撮影するべく出掛けました。
 途中立ち寄った千葉機関区には2両の機関車が停まっていました。

千葉機関区検修庫内のEF65 1054
 検修庫内にはEF65 1054が停車中です。
 もう一両は、5-1後にEF210-152がいました。

 撮影後は蘇我駅に移動です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 08:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その68

田瀬駅跡に残るホーム 1
 田瀬駅の跡にやって来るとホームがしっかり残っていました。
 下付知側から見た形になります。

田瀬駅中津町方面ホーム
 田瀬駅のホームは対向式の2面2線であり、こちらのホームは中津町方面になります。
 この写真だと短いホームに見えますが、左にカーブして続いています。

田瀬駅跡を下付知側から
 田瀬駅跡を下付知側から見ています。
 下付知方面のホームは右側の道路を拡張する時に埋めてしまったそうです。
 よく見ると一部分が露出しているようですが、しっかりとは確認していません。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 04:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月30日、蘇我駅にて朝と夜の貨物見たままです。

蘇我駅の5178列車のEF65 1094
 朝の蘇我駅に行くと、isoです。様がいらしたので、短時間だけですが、話をしつつ5178列車の撮影をしています。
 編成は、EF65 1094+タキ44006青+タキ38066+タキ38030+タキ38083+タキ38072+タキ38047+タキ38103+タキ38105+タキ43464青タキ43004青タキ43005青タキ43008青タキ43428青タキ43353青タキ43354青+タキ43542+タキ38120+タキ43453青+タキ43032+タキ43335+タキ43382青タキ43033青タキ43136青タキ43352青+タキ43552+タキ43419青でした。
 今期初めて20両を越え、26両のタキが連なっていました。
 冬に向けての疎開していた車両の送り込みの気がします。

5178列車東京方向
 5178列車東京方の様子。

5178列車千葉貨物方向
 こちらは千葉貨物方向です。
 今期の30両台はいつ登場するのでしょう?

 帰りの蘇我駅では、5481列車を見ています。
 編成は、EF65 1067+タキ243850緑タキ243858緑タキ243694緑+タキ43149+タキ43428青タキ43008青タキ43005青+タキ43542+タキ43354青タキ43353青タキ43244青タキ43390青でした。
 いつもなら撮影してから車番チェックをしているのに、この時に限って車番チェックを先にしたら、手前にE257系の回送が入ってしまい列車撮影が出来なくなってしまいました。
 そう言えば回送入るんだった…。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その67

美濃下野~田瀬間の線路跡付近 1
 美濃下野駅から下付知方面に向かう線路跡は、上流に向かう付知川に沿って進んでいきます。
 先まで行くと付知川は国道257号線と交差して、線路跡と付知川の間に国道が挟まるようになります。
 写真は国道の橋の上から見た付知川になり、左奥から右奥に線路跡が通っています。
 北恵那交通バス樋の口バス停の付近になります。

美濃下野~田瀬間の線路跡付近 2
 橋の横からの写真です。
 田圃の間が線路跡がなのか、山裾側が線路跡なのかは分かりませんでした。

サイクリングロードになった線路跡
 国道と線路跡が完全に平行すると線路跡はサイクリングロードとして整備された区間となります。
 線路は国道より若干高い位置を走っていたのでした。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月29日、今日も朝の蘇我駅です。

蘇我駅の5178列車のEF65 1070
 本日は外房線からの京葉線直通上り通勤快速が3分ほど遅れたため、5178列車もその分遅れて到着しました。
 列車密度の濃い時間帯を走る貨物列車は大変です。
 久しぶりに同業者の方が撮影に来ておりました。
 どうもお疲れ様でした。
 編成は、EF65 1070+タキ44018青タキ43163青タキ43026青タキ43027青タキ43028青+タキ43519+タキ1000-393青タキ43394青+タキ40100+タキ40124+タキ43162青+タキ38042+タキ38087+タキ43427青+タキ38031+タキ38088+タキ40136です。
 タキ40000形・タキ38000形が多く含まれた珍しい編成でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その66

下付知側から見た柏原川橋梁
 下付知側から見た柏原川橋梁です。

美濃下野駅跡付近
 上の写真から後ろを見ると新しい家が建っています。
 この付近が美濃下野駅跡だと思うのですが、残っているというホームも分かりません。
 家の裏側はさすがに入っていきませんでした。

美濃下野駅跡付近 2
 少し位置をずらすと草だらけでよく分かりません。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月28日、今日も朝の蘇我駅チェックです。

蘇我駅の5178列車のEF65 1083
 本日の5178列車はEF65 1083の単機でした。
 2週続けて水曜日は単機となっています。
 9月後半から5178列車の撮影回数が増えていますが、すべてが貨物更新色の機関車です。
 よくよく考えるとこの列車で国鉄特急色の機関車を最近見た記憶がありません。
 過去の記録を見たら、ダイヤ改正前の2月24日(当時は5989列車だった)に1056号機を撮影したのが最後でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その65

柏原川橋梁跡
 線路跡をさらに美濃下野方向に進むとガーター橋が現れました。
 これは柏原川に架かる柏原川橋梁になります。
 写真には写っていませんが、2連のガーターになっており、左側に隠れているガーター上には枕木が残っているようでした。
 ちょうど手前に木があって良く見えないのではっきりは見えなかったのです。

柏原川橋梁橋脚
 柏原川橋梁の橋脚です。
 石積みの立派な橋脚でした。

柏原川橋梁遠景
 柏原川橋梁の遠景です。
 道路橋の上から撮影しています。
 柏原川は柏原川橋梁の先で付知川に合流となっています。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月27日、本日も朝の出勤時に蘇我駅での貨物チェックをしています。

蘇我駅の5178列車のEF65 1117
 5178列車が操車係が待つ場所へやって来ました。

 編成は、EF65 1117+タキ43428青タキ43353青タキ43354青+タキ43542+タキ38120+タキ43453青タキ43032青タキ43013青タキ43151青+タキ43335+タキ43136青タキ43352青タキ43382青タキ43033青+タキ43552+タキ43419青です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その64

栗本~美濃下野間の線路跡
 今度は栗本~美濃下野間の線路跡を歩いています。
 奥が中津町方向です。

線路跡は通行禁止
 この辺りの線路跡は車両進入禁止になっていますが、釣りに来る車が進入しているようです。

栗本~美濃下野間に残る枕木
 看板の手前の地面には枕木が残っていました。

切り株になった架線柱
 線路跡の脇には切り株状態となった架線柱も発見できます。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

1983年の飯田線撮影行 その1

 今日は休みだったのでどこかに撮影に出ようと思っていたのですが、朝から雨が降っています。
 少しくらいの雨なら問題ないので家を出る準備をしながら外を見ると、いつの間にか雨は本降りになり強い風も吹いています。
 撮影は断念、出動しない代わりにフイルムスキャンをしたので、その写真を使ってブログを上げることにしました。

 ネタは飯田線に旧型国電を撮影に行った時のモノです。
 以前も同じネタを少しやったことがありますが、文字ばっかりだったので今回は画像付きでやり直しの形です。

 それではスタートです。
 
 1983年1月2日5時過ぎ、私は身延線鰍沢口駅にいました。
 この日は飯田線の旧型国電の撮影に向かうため、5時半発の始発721Mに乗車するのが目的です。
 鰍沢にお袋の実家があるために、ここからのスタートとなっているのでした。
 さすがに寒いけどこの後に楽しみが待っているためうきうき気分です。
 身延線も旧国が走っているのですが、5時半だと真っ暗なのとフイルム温存のため撮影はしていません。

甲府駅の423Mの165系
 甲府駅では第二走者の423Mが待っています。
 この列車は165系を使用した各駅停車でした。
 開け始めた空をバックに撮影しています。

中央本線の車窓
 先頭車両に乗車すると乗客は私一人だけだったので、真冬だというのに窓を全開にして外を眺めてました。
 この時が中央本線を甲府駅より先に乗車したのが初めてだったので、見る景色がすべて新鮮。アルプスの山々も日が当たってきれいだったし、富士山もよく見えました。
 またまだ、スイッチバックの跡が残っていたり、線路を切り替えた旧線の鉄橋(立場川橋梁)も見えました。
 これだけで十分楽しめ、今度は走る列車を撮りに来ようと思いました。(結局撮りに来たのはかなり後になりましたが)

 423Mは7時50分に茅野駅に着きました。
 辰野まで乗って行くか悩んだ末に茅野駅始発の飯田線直通の238Mに乗ることを選択して下車しました。
 辰野駅で乗り換えても同じ列車になりますが、より旧国を味わうためです。

茅野駅に到着する223M
 茅野駅で朝食として立ち食いうどんを食べて終わるとすぐに旧型国電がやって来ました。
 やって来たのは223M、この列車が折り返しの238Mに充当されるのです。
 写真を見ると右にも左にも貨車群が見えていますが、今と違いカメラは向けていません。
 223Mは4両編成、辰野側からクモハ54133+クハ68409+クモハ53007+クハ68400 の編成でした。
 ○の子流電のクモハ53007は残念ながら中間に組み込まれてしまってちょっと残念です。
中央本線(東線) | 投稿者 kd55-101 19:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その63

栗本~美濃下野間線路跡上から 1
 付知川に沿っている線路跡を上から眺めています。
 場所は栗本~美濃下野間になります。
 上が中津町方向になり付知川の左側に線路の跡が見えています。

栗本~美濃下野間線路跡上から 2
 線路跡のアップです。

栗本~美濃下野間線路跡上から 3
 今度は下付知方向を向いての撮影です。
 右に曲がる川に合わせて線路跡も右に曲がっているのが見えています。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月25日、千葉でボウリングをやった帰りに蘇我駅に立ち寄って貨物列車のチェックをしています。

 4098列車は、EF65 1095+コキ53341+コキ50356+コキ52270の編成でしたが撮影は間に合いませんでした。

蘇我駅のEF65 1082とEF210-124
 1092列車のEF65 1082の脇に、4096列車のEF210-124が入線してきました。

 1092列車は、EF65 1082+コキ50290+コキ52735+コキ53218+コキ104-408+コキ104-2761+コキ106-447+コキ104-1437+コキ104-676+?の編成。
 最後尾の車両は暗くて見え無かったので発車した後にチェックするつもりでしたが、すっかり忘れました。

 4096列車は、KD60 3からEF210-124にバトンタッチ。
 後続は、コキ107-68+コキ106-1153+コキ107-272+コキ106-685+コキ106-12+コキ106-324+コキ107-260+コキ107-261+コキ106-1152+コキ107-264+コキ107-265+コキ107-254+コキ106-280+コキ106-273+コキ106-937+コキ106-2でした。
 こちらの編成には前日に前川駅で見た509列車で京葉久保田駅に向かった車両が数両組み込まれていました。
 コキ106形の若番であるコキ106-2も組み込まれています。
 この形式の1桁台は初めて見た気がします。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その62

遊歩道の休憩所
 ふくおかローマン渓谷遊歩道には休憩所も整備されています。

遊歩道脇の境界標
 この遊歩道の脇にも北恵那鉄道時代の境界標を見ることが出来ます。

栗本駅付近の線路跡
 遊歩道を歩いてくると川に栗本橋が現れ、遊歩道が終わります。
 遊歩道が終わっても線路跡はまだ続いています。
 当時の栗本駅はこの辺りに存在し、まだホームが残っていると聞いていたのですが、この時はじっくり探さずに引き返しています。
 すでに7時間以上北恵那鉄道の探索をしていたので、疲れていたので判断を間違えています。 
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の前川駅

 10月24日、夕方から浜野で用事があったため、少し早く家を出て、京葉臨海鉄道の前川駅で列車撮影をしました。

前川駅の508列車のKD60 2
 雨の降る中508列車を撮影しています。
 編成は、KD60 2+コキ107-76+106-157+106-614+106-648 でした。

前川駅の509列車のKD55 103
 続いて交換列車の509列車がやって来ました。
 時刻表通りだとこちらが先に来て待つ形なのですが、北袖の富士石油からの荷が無くなったからなのか、土曜日だからなのか、順番が逆になっています。
 こちらの編成は、KD55 103+コキ106-1113+107-261+107-260+106-324+106-12+200-85+106-159+200-62 でした。

前川駅の508列車の2両目のコンテナ
 みや様のコメントを受けまして、508列車2両目のコキ107-76に積載されているコンテナのアップを追加しておきます。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 21:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その61

ふくおかローマン渓谷遊歩道 1
 ふくおかローマン渓谷遊歩道を歩いてみると、いかにも線路が通っていたと思われる雰囲気があります。

線路跡からの付知川の様子
 線路の跡から横を流れる付知川が見られます。
 多くの釣り人が楽しんでいるのが見えました。
 現役時代はこの景色を見ながら列車が走ったのでしょう。

付知川に注ぐ川を渡る橋
 付知川に注ぐ小さな川を渡る場所もありました。

付知川に注ぐ川の橋を横から見る
 上の橋を横から見ると、北恵那鉄道時代の橋台・ガーターを利用しているように見えました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の上野駅

 10月23日はいつも通り千葉みなと駅近くの職場に出勤してから、出張でさいたま新都心に行っており、帰りはk先輩(通称巻き添えの先輩)と飲むため上野駅で時間調整していました。
 帰ってきたのが遅くなって日付変更線を越えています。

上野駅の1列車のEF81 78
 上野駅で時間調整している間に北斗星がホームにやってきたので、入線から出発まで見物していました。
 本日の1列車北斗星は、EF81 78+オハネフ25 8+オハネ25 561+オハネ25 563+オハネ25 565+オハネ25 551+スオハネ25 561+オハネ25 563+オハネ25 565+オハネ25 551+スハネ25 501+スシ24 506+オロネ25 506+オロハネ25 501+オロハネ24 554+オハネフ25 513+カニ24 506 の編成でした。
 北斗星を撮影したのは今回が初めてです。

==コメント==
 こんばんわ
 “上野どうでしょう!?”または“宇都宮線どうでしょう!?”

 北斗星は東と北海道の混結編成になってグランシャリオが無くなったのが残念です。

 6年前当時の2号・札幌~上野全区間通しました。
 完全個室化前の編成で乗った車両は北海道車Bソロ・スハネ25-501(KATOの製品化ナンバー車)でした。

 現行の混結編成製品化の気配無しですね。
投稿者 南栗橋車両管理区荒川支所 2009/10/24 17:31
==コメント==
 南栗橋様へ。

 北斗星に乗って北海道へ行ってみたいですね。
 そして北海道の鉄道を撮影したいです。
 過去北海道には3回行ってますが、いずれも鉄分が薄くて、次は鉄道をメインにしたいと思っています。
 いついけるかは分かりませんが…。

 現行の編成の商品化が、最近はやりの「さよなら北斗星」になる前に製品化してもらいたいですね。
投稿者 KD55-101 2009/10/24 21:19
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 01:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅

 10月23日はいつも通り千葉みなと駅近くの職場に出勤してから、出張でさいたま新都心に、帰りはk先輩(通称巻き添えの先輩)と飲むため上野駅で時間調整していました。
 帰ってきたのが遅くなって日付変更線を越えています。

蘇我駅の5178列車のEF65 1070
 朝の蘇我駅ではいつものように5178列車を撮影しています。
 本日の編成は、EF65 1070+タキ43013青タキ43151青+タキ43335+タキ43136青タキ43352青タキ43382青タキ43416青タキ43033青+タキ43552+タキ43607+タキ43419青タキ43453青タキ43032青タキ43464青タキ43004青タキ43005青タキ43008青タキ44012青でした。

==コメント==
 5178レの件ですが、いつ20両越えがあるか楽しみですが、8175レが運転されていてもまだタキが郡山に来ていないそうです。
 8175レは返しが川崎貨物なので、8174レで返すと蘇我着が1日遅れます。
 例年12月になると8175レにタキがつくそうなので、12月以後に可能性が出てきそうですね。
投稿者 みや 2009/10/24 23:02
==コメント==
 みや様へ
 5178列車が長くなるのは12月ですか。今年は強引にでも走行中の姿を捉えてみたいです。

投稿者 KD55-101 2009/10/25 08:55
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 01:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その60

ふくおかローマン渓谷遊歩道入り口
 福岡ローマン橋から真っ直ぐ進んでいくと、ふくおかローマン渓谷遊歩道の入り口に着きました。
 ここから北恵那鉄道の線路跡は遊歩道として整備されているのです。

ふくおかローマン渓谷遊歩道案内板
 ふくおかローマン渓谷遊歩道の案内板です。
 先ほど橋で渡った付知川に沿って遊歩道が整備されており、距離は476mのようです。

ふくおかローマン渓谷入り口から見た福岡ローマン橋
 中津町方向を振り向くと先ほどの橋が見えています。
 間にあったはずの築堤は削られて無くなっています。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の浜五井駅

 10月22日、本日は千葉市内で会議のため職場とは別の場所に行っています。
 会場まで車で向かったので、京葉臨海鉄道の浜五井駅に立ち寄っています。

浜五井駅の204列車のKD55 102
 撮影したのは204列車です。
 KD55 102+タキ44013青+タキ43614+タキ43161青タキ43354青タキ43353青+タキ38031+タキ44001青+タキ43545+タキ43582青タキ43172青タキ43018青+タキ43547+タキ43413青+タキ43476+タキ43001青+タキ43575+タキ43165青+タキ43603+タキ43539の編成でした。

 帰りに国道で併走した213列車も牽引機はKD55 102です。
 後続の返空タキは車番から見ると2080列車で到着した車両と思われました。

==コメント==
 こんばんわ
 このタキもだいぶ色褪せていますがいずれ経年での廃車なんでしょうか?
 タンカー列車の専貨→高速貨も少しずつ進行するのでしょう
投稿者 南栗橋車両管理区荒川支所 2009/10/22 21:12
==コメント==
 南栗橋様こんばんは。
 タキの色は褪せてるのもありますが、汚れているのもあります。
結構洗えばきれいになりそうです。
 タキ1000の増備が進むと専貨→高速貨が進むでしょうがタキの新顔は見掛けないので、まだタキ43000が活躍するのでしょう。
投稿者 KD55-101 2009/10/22 22:37
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 19:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その59

福岡ローマン橋 下付知側から
 下り勾配の先には、福岡ローマン橋が架かっています。
 この橋は北恵那鉄道の付知川橋梁の跡に架けられているのです。
 写真は下付知側から中津町方向を見て撮影しています。

福岡ローマン橋全景
 付知川に架かる福岡ローマン橋の全景です。

福岡ローマン橋橋台 中津町側
 中津町側の橋台部分です。
 北恵那鉄道時代の橋台が再利用されていました。

福岡ローマン橋橋台 下付知側
 対岸の下付知側も同様に再利用されています。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月21日、今日も朝の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5178列車のEF65 1097
 本日も5178列車の撮影をしましたが、残念ながらEF65 1097の単機でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その58

美濃福岡~栗本間の国道アンダークロス跡付近
 国道をアンダークロスしていた場所の美濃福岡駅に対して反対側です。
 国道の拡幅工事などで地形が変わったようで、今一つはっきりしません。
 右から左方向へ急な勾配で下って行く形です。

美濃福岡~栗本間の下り勾配の線路跡
 途中からの線路跡らしき場所が現れ、まっすぐ下っていきます。
 この区間は33‰位ありそうな感じです。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月20日、朝の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5178列車のEF65 1080
 本日も5178列車の撮影&車番チェックです。
 先週からこの列車をメインに撮影しています。
 三脚を持っていく手間が省けるのが理由なんですが、起きてから家を出るまでの時間が短くてつらいのが難点ですね。
 編成は、EF65 1080+タキ43552+タキ43570+タキ43352青タキ43382青タキ43416青タキ43033青タキ43004青タキ43005青タキ43008青+タキ43607+タキ43419青タキ43453青でした。

 明日も5178列車撮りますよ。(起きられれば…)
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その57

 並松駅の次駅は関戸駅でしたが、通過してしまったのでさらに次の美濃福岡駅跡です。

美濃福岡駅の石碑
 美濃福岡駅には立派な石碑が立っており、この場所に北恵那鉄道の駅が存在したことを知らしめています。

美濃福岡駅構内跡
 以前はこのあたりにホームの跡が残っていたそうですが、現在は跡形もありません。
 駅構内跡を下付知方向に向かって見ています。

美濃福岡から下付知方向へ向かう線路跡
 真ん中の写真に写っている建物の脇から見ると、線路の跡が右に曲がって続いているのが分かります。
 車が走っているのは国道になります。
 線路は右に曲がりながら下り勾配になり、切り通しで国道の下を抜けていたのです。

北恵那交通バス 病院前停留所
 国道にある北恵那交通バスの病院前停留所が、美濃福岡駅至近のバス停です。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月19日、朝と夕方の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5178列車のEF65 1097
 5178列車は単機でやってきました。
 休み明けの月曜日なので返空タキは無しです。

蘇我駅の1092列車のEF65 1070と4096列車のEF210-132
 蘇我駅の1092列車のEF65 1070と4096列車のEF210-132のツーショットです。
 みや様のコメントにもあるように最近1092列車が千葉駅で停車しなくなったので、蘇我駅発の時刻を確認しに行った時の一コマです。
 以前は見られなかった1092列車と4096列車の電機同士のツーショットが見られるようになっていました。
 1092列車の蘇我発時刻は17時59分となっており、以前より16分遅くなっています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その56

 今回も並松駅跡の続きです。

中津町方面行きホーム
 こちらのホームは中津町方面行きホームになります。

並松駅ホームを下付知側から見る
 下付知側から見ています。

並松駅から見た下付知側の築堤
 並松駅から下付知側には築堤で線路は延びていました。

築堤の先の様子
 築堤を進むと道路を挟んだ先の築堤が削られ、削った跡地にまだ新しい家が建っていました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の木更津駅

 10月18日は、予定では佐原でボンネットバスを撮影してから、銚子電鉄に行き、塗装が変更されたデキ3を撮影しようと考えていましたが、朝早くに起きられなかったため断念しました。
 夕方に用事があったため、遅く出発したのでは間に合わないので今回は断念です。。
 やることがなかったので、内房線の撮影でもしようと姉ヶ崎駅にふらりと出掛けると快速がやって来たので、そのまま木更津駅に向かいました。

幕張車両センター木更津派出のをホームから
 木更津駅に着くと幕張車両センター木更津派出を眺めるのがいつものパターン。
 ツートンのキハ30 98は、検修庫の先に停まっていました。

木更津駅での115系&キハ30&E257系
 キハ30 98の横にE257系が並んだところをパチリ。
 左側には木更津では見慣れぬ車両がいたりします。
 長野色の115系が来ていたのでした。

木更津駅の跨線橋から見た構内の様子
 跨線橋から見た構内の様子です。
 久留里線の気動車とともに115系が確認できました。
 6両編成のようです。

木更津駅電留線の長ナノC3編成
 木更津駅の電留線まで行くと、長ナノC3編成だと確認出来ました。
 千葉方からクハ115-1077+モハ114-1205+115-1121+114-1081+115-1023+クハ115-1102 の編成です。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 14:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その55

並松駅の中津町方向
 並松駅跡から中津町方向を見ています。
 旅客用の相対式ホームの他に貨物の引き込み線や貨物ホームがあったので、構内が広くなっています。

並松駅ホームの上からの様子
 ホームの上から中津町方向を見るとこんな感じです。

下付知方面ホーム
 下付知方面ホームです。
 こちら側の階段を下りて構内踏切で反対ホームに向かうようになっていました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の小湊鐵道

 10月17日は小湊鐵道の撮影に出掛けています。
 小湊鐵道のネタが最近少ないと仮設住宅氏から指摘を受け、秋を探しに一緒に出掛けることにしました。

 五井駅で仮設住宅氏と合流、まずは上総鶴舞駅に向かい、ここで上下の列車を撮影しています。

下り列車のキハ205+キハ212
 上総鶴舞駅の五井方にある踏切の脇で撮影した下り列車です。
 キハ205+キハ212の2両編成でした。
 この編成は五井駅でも撮影しています。

 同じ列車を上総大久保駅で撮影し、養老渓谷駅からの戻りは、養老渓谷~上総大久保間で撮影しています。
 その後月崎駅に向かいましたが、列車まで時間があったので、時間調整がてら沿線を歩くことにしました。
 月崎駅の近くにある素堀のトンネルを抜けて適当に歩いているうちに見覚えのある場所に出ました。
 昨年10月4日に撮影した場所の近く、どう考えても飯給駅の近くです。
 とりあえず下り列車はここで撮影しています。

もらった枝豆
 昨年撮影した柿の木を反対向きに撮影するべく列車を待っていると、畑で作業をしていたおばちゃんから、「塩茹でにして食べな~」と枝豆を頂きました。
 2人いたのでこの倍もらっているので、結構な量があります。
 どうもご馳走様です。

月崎~飯給間のキハ203
 上り列車のキハ203がやって来ました。
 葉っぱの位置が悪かった…。
 月崎~飯給間にて。

 撮影後は飯給駅まで行き、次の下り列車に乗車して月崎駅まで戻りました。
 乗車したのはキハ205+キハ212の2両編成。
 今日は良く出会う車両です。
 月崎駅に戻り車で里見駅に行き見学しています。

飯給駅のキハ212+キハ205
 飯給駅に再び戻ってこの日最後の撮影です。
 柿の実と上り列車のキハ212+キハ205を絡めました。
小湊鐵道 | 投稿者 kd55-101 20:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その54

 苗木駅の次駅の上苗木駅は場所が特定できませんでした。
 ちなみにこの廃線跡探訪時に使用した本には、地図の上に廃線跡の位置が書き込まれていたのですが、ずれて描かれていたためかなり時間をロスしています。

並松駅跡に残るホーム
 上苗木駅の次駅である並松駅の跡に来ました。
 相対式のホームがきれいに残っています。

並松駅の駅舎入り口
 下付知方面行きのホームに面して木造の駅舎があり、ホームと同じ高さあったので階段が残っています。

駅舎の跡
 駅舎の跡にはコンクリートの土台らしきモノが残っています。
 右側が下付知方面行きのホームです。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月16日の蘇我駅の様子です。
 前日の貨物列車は運用が乱れていたため、改めて確認のために今日も蘇我駅に向かいました。

蘇我駅の3091列車のEF65 1079
 3091列車は、EF65 1079+タキ1000-449青タキ1000-402青タキ1000-453青タキ1000-388青タキ1000-406青タキ1000-404青タキ1000-664青タキ1000-676青タキ1000-405青タキ1000-398青タキ1000-387青タキ1000-397青タキ1000-407青タキ1000-668青タキ1000-671青タキ1000-403青でした。

蘇我駅の1091列車のKD60 3?
 1091列車が千葉貨物駅に向けて出発しました。
 先頭はKD60 3に見えますが、ハッキリは確認できていません。

蘇我駅の5482列車のEF65 1080
 5482列車はEF65 1080の単機です。
 前日はこの時間に1357列車が来たようです。

千葉貨物~蘇我間の5881列車のKD55 103
 5881列車が千葉機関区の近くを蘇我駅に向かっています。
 KD55 103が牽引機でした。

蘇我駅の5881列車のEF210-118
 5881列車の蘇我からの牽引機はEF210-118でした。
 貨物の編成はタキ43139+タキ43390青タキ43349青タキ1000-812緑タキ44009青タキ43465青タキ1000-162緑タキ44016青タキ1000-817緑+タキ43439+タキ243796緑タキ43459青タキ43405青タキ1000-807緑タキ1000-803緑タキ1000-367緑タキ1000-66緑+タキ40136+タキ38088です。
 かなり前日と同じ車両が組み込まれていました。

蘇我駅の4095列車のEF210-130
 4095列車が到着しました。
 EF210-130+コキ106-462+コキ106-568+コキ106-685+コキ107-272+コキ107-265+コキ107-264+コキ106-1152+コキ106-732+コキ106-768+コキ106-853+コキ107-110+コキ106-921+コキ106-312+コキ106-746の編成でした。

内房線に下るDE10 1752
 13時27分にDE10 1752が現れ、内房線に下っていきました。

蘇我駅の単2873列車のEF210-152
 単2873列車は、EF210-152でした。
 今日はこの列車撮影が最後です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 16:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その53

 山乃田川駅跡から次駅の苗木駅に向かいましたが、耕地が区画整理されていたりするので、線路跡がはっきりしません。
 苗木駅の近くだと思われる場所で少しだけ分かりました。

苗木駅跡付近
 このあたりは苗木~上苗木間になります。
 真ん中を線路が走っていたと思われる場所です。
 駐車場の向こうの住宅が建っている場所が苗木駅跡になるようです。
 中津町方向を見て撮影しています。

苗木~上苗木間の線路跡
 上の写真から反対を向くと線路跡がはっきり分かりました。
 線路の跡はこの先で麦搗川と言う小さな川を越えています。

麦搗川に残る橋台跡
 麦搗川には橋台の跡が残っていました。
 横を走る道路からの撮影です。

麦搗川の橋台跡
 コンビニの駐車場から橋台跡の様子を見ることが出来ました。
 写真に写っているのは、中津町側の橋台になります。
 コンビニの後ろには、線路跡が続いていました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 昼篇

 朝篇の撮影後は、帰宅してブログを上げて再び蘇我駅に出掛けています。

蘇我駅の5683列車のKD55 103
 5683列車が千葉貨物駅から到着しました。
 KD55 103+タキタキ43383青+タキ43603+タキ43623+タキ43624+タキ43614+タキ44007青+タキ43539+タキ43412青+タキ43549+タキ43018青+タキ43547+タキ43161青タキ43354青タキ43353青タキ43013青タキ43413青+タキ43476+タキ43001青+タキ38038+タキ38120の編成です。
 久しぶりにタキ38000形を見ました。
 もう波動用の車両が使用されているのですね。

蘇我駅の5683列車のEF210-122
 5683列車の蘇我からの牽引機はEF210-122でした。
 この列車の発車直前に到着する1357列車は来ませんでした。
 普段なら5683列車を蘇我まで牽引してきた京葉臨海鉄道の機関車が1357列車を千葉貨物駅まで牽引する流れなのですが、今日はさっさと単機で帰っています。

蘇我駅の1091列車のEF65 1067
 1091列車は、EF65 1067+コキ51954+コキ53066+コキ51172+コキ51406+コキ51412+コキ52566+コキ200-112+コキ106-137+コキ200-85の編成で到着しました。

蘇我駅の3091列車のKD55 201+KD60 2&EF65 1058
 3091列車は先に蘇我からの牽引機であるEF65 1058が来ており、その横に千葉貨物からKD55 201+KD60 2の重連で牽引してきました。
 本来は単機で来る列車です。
 貨車の方は、タキ1000-449青タキ1000-821緑タキ1000-242緑タキ1000-680緑タキ1000-402青タキ1000-453青タキ1000-388青タキ1000-406青タキ1000-404青タキ1000-664青タキ1000-676青タキ1000-405青タキ1000-398青タキ1000-387青タキ1000-397青タキ1000-392青タキ1000-407青タキ1000-668青タキ1000-671青タキ1000-403青でした。
 重連で来たKDのうちKD60 2が1091列車を牽引して戻っています。

蘇我駅の5482列車のEF65 1080
 すぐに5482列車がEF65 1080の牽引でやって来ました。
 車番はチェックしたのですが、上書きして消してしまったのでした。
 千葉ンプ様も撮影に来ていたのでしばらく一緒にいたので話をしていましたが、パソコンが不調のようで、鉄・郵クラブの更新が出来なくなっているそうです。

蘇我駅の5482列車のKD55 201
 3091列車で来たもう1両のKDであるKD55 201が、5482列車の牽引機になりました。
 貨車に連結するために移動中です。

蘇我駅の単2879列車?のEF65 1097
 単2879列車?がやって来たと同時に5482列車が発車しました。
 並ぶかと思ったのですが残念、5482列車の出発は定時よりかなり早かったのです。

蘇我駅の単2879列車?のEF65 1097
 単2879列車?でやって来たのはEF65 1097でした。

蘇我駅の5881列車のKD55 102
 5881列車がKD55 102の牽引で到着しました。
 貨車は、タキ43182+タキ43003青タキ1000-385青タキ1000-182緑タキ44009青タキ43465青タキ1000-162緑タキ44016青タキ1000-817緑+タキ43439+タキ243796緑タキ43459青タキ43405青タキ1000-807緑タキ1000-803緑タキ1000-367緑タキ1000-66緑+タキ40124+タキ40100の編成です。

蘇我駅の5881列車のEF210-110&264Mのマリ113
 5881列車の蘇我からの牽引機がやって来ました。
 今日はEF210-110です。
 隣の1番線にいる264Mのマリ113とツーショットです。

蘇我駅の5881列車のタキ40100
 5881列車にはタキ40000形が2両組み込まれていました。
 今年になって初めて見ています。(昨年は12月の1回のみ目撃です)
 写真は最後尾のタキ40100です。

蘇我駅の4095列車のEF210-147
 4095列車がEF210-147+コキ107-258+コキ107-257+コキ106-108+コキ107-92+コキ107-270+コキ107-269+コキ107-268+コキ107-267+コキ107-261+コキ107-260+コキ106-1113+コキ106-324+コキ106-1050+コキ106-620+コキ106-159+コキ106-845で到着しました。
 この列車には最近新製されたコキ107が多く組み込まれています。
 コキ107-258などは10月6日落成なので、今日でまだ10日目でした。
 この前の5482列車や京葉臨海の506列車でも新しい車両を見掛けたので、10両以上が千葉に来ていたことになります。

蘇我駅の単2873列車のEF210-123
 単2873列車はEF210-123でした。

蘇我駅の4095列車のKD60 4
 4095列車の蘇我からの牽引機はKD60 4でした。
 KD60 4は8685列車を牽引して蘇我に来ています。

蘇我駅の1070列車のEF210-142
 1070列車は、EF210-142+タキ1000-97青タキ1000-93青タキ1000-310青タキ1000-98青タキ1000-12青タキ1000-378青タキ1000-379青タキ1000-374青タキ1000-381青タキ1000-376青タキ1000-414青タキ1000-373青タキ1000-417青タキ1000-375青タキ1000-377青タキ1000-416青タキ1000-412青です。
 全部青いタキ1000で揃ってきれいな編成でした。

蘇我駅の8685列車のEF65 1087
 8685列車は、EF65 1087+タキ1000-669青タキ1000-380青+タキ43611+タキ43524+タキ43606+タキ43543+タキ43583+タキ1000-390青タキ1000-410青タキ43330青+タキ43542+タキ43494青+タキ43526+タキ43625+タキ43546+タキ43545です。

蘇我駅の1070列車のKD60 4
 1070列車の蘇我からの牽引機は、KD60 4です。

 さすがに疲れてきたので、1070列車を最後に引き上げました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 朝・電車篇

 10月15日朝の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の126MのマリS62
 5179列車、4099列車を撮影して5178列車を待つ合間に来た126Mは、湘南色のマリS62でした。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 09:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 朝・貨物篇

 10月15日朝の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5179列車のEF65 1079
 5179列車は、EF65 1079+タキ43548+タキ43519+タキ43581+タキ44014青タキ43028青タキ44124青タキ43004青タキ43033青タキ43416青タキ43382青タキ43352青タキ43151青タキ43464青タキ43032青です。
 前日の5178列車で来たタキが多数組み込まれていました。

蘇我駅の単20列車のKD55 102
 単20列車のKD55 102です。
 4099列車の蘇我からの牽引機となります。

蘇我駅の4099列車のEF210-110&KD55 102
 4099列車がKD55 102の待つ横へ到着しました。
 EF210-110+コキ104-2029+コキ104-2663+コキ104-359+コキ104-2632+コキ104-136+コキ104-152+コキ104-2370+コキ104-1745+コキ104-1335+コキ107-26+コキ106-894+コキ106-1022+コキ104-383+コキ106-979+コキ104-2863+コキ104-2545+コキ104-1523+コキ104-2016+コキ106-603+コキ106-244の編成です。

 貨物列車撮影の合間に来た126Mは、湘南色のマリS62でした。
 その写真は電車篇に載せてあります。

蘇我駅の5178列車のEF65 1058
 5178列車は、EF65 1058+タキ43552+タキ43570+タキ43162青タキ43394青タキ43427青タキ44012青タキ43005青タキ43008青タキ44019青+タキ43607+タキ43419青タキ43453青です。
 この列車は3日続けての撮影となりました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 09:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その52

山乃田川駅ホーム跡
 山乃田川駅跡にはホームの痕跡が残っていました。
 こちらは線路側では無いみたいで、線路側は埋められています。
 奥に見えるのがバスの待合所です。

山乃田川駅構内跡
 構内の跡だと思われる場所です。
 上の写真はトラックの後ろ側で撮影しています。
 貨物ホームと旅客ホームが相対してあったようです。

山乃田川駅に残るレール 1
 写真の真ん中下の部分にレールが顔を出していました。
 道路の下に続いており、アスファルトがひび割れています。

山乃田川駅に残るレール 2
 レールを反対向きの下付知方向に撮影しています。
 この先の線路の跡も消えていました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 04:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

蘇我駅の5178列車のEF65 1088
 10月14日も、出勤途中の蘇我駅にて5178列車を撮影しています。
 編成は、EF65 1088+タキ43032青タキ43464青タキ43151青タキ43352青タキ43382青タキ44014青タキ43416青タキ1000-5青タキ43033青タキ43004青タキ44124青タキ1000-393青タキ43028青でした。
 夏の間はタキ返空が隔日となっていましたが、2日続けてのタキ有りとなり冬が近くなったことを感じます。
 青タキのみ13両というのも珍しいことなのでした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その51

山乃田川駅手前中津町方向を見る
 中津町駅から2つ目の駅である山乃田川駅の手前まで来て、中津町駅の方向を見ています。
 駅の手前は線路の跡がはっきりしないのです。
 写真の位置かもしれないし、左に少し見えている道路に沿っていたのかもしれないし…。

山乃田川駅構内跡を中津町側から
 上の写真の位置から振り返ると山乃田川駅構内になります。
 旅客用ホームと長い貨物用ホームを持っていた駅だったようです。
 右の電柱と木の向こうに、北恵那交通の山の田川バス停の待合室があります。

山乃田川駅付近の境界標
 上の写真で左側に写っている電柱の近くに北恵那鉄道時代の境界標が立っていました。
 ここが鉄道用地だったことの証となります。

北恵那交通山の田川バス停待合室
 北恵那交通の山の田川バス停の待合室です。
 昔は北恵那鉄道の電車の廃車体が待合室だったそうですが、すでに解体されて消えています。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

蘇我駅の5178列車のEF65 1051
 10月13日は、出勤途中の蘇我駅にて5178列車を撮影しています。
 編成は、EF65 1051+タキ43581+タキ43519+タキ43419青タキ43138青タキ43453青+タキ43335+タキ43163青+タキ43552+タキ43570+タキ43162青タキ43394青タキ43427青タキ44012青タキ43005青タキ43008青タキ44019青+タキ43548+タキ43582青+タキ43620+タキ44018青でした。
 寒くなってきたので、返空のタキも両数が増えてきました。
 今冬も30両を越える編成が見られるでしょうか?
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その50

廃線跡 恵那峡口~山乃田川間
 恵那峡口駅跡付近からさらに廃線跡の道路を先に向かいました。
 写真は途中の様子で、下付知方向を見ています。
 北恵那鉄道の駅で言うと、恵那峡口~山乃田川間になります。

神社の参道をくぐっていた跡
 鉄道が現役だった時には、下の道路から上にある神社までの参道の階段の下をくぐっていました。
 今では、線路跡を転用した道路から神社への階段が設けられたため、必要が無くなって土台だけが残っています。

廃線跡の道路から神社への階段
 その神社への階段の様子です。

廃線跡の道路 来た方向を見る
 神社の階段前から来た方向を見ています。

廃線跡の道路の終点
 線路跡の道路をさらに進むと道路はいきなり終わりとなり、その先は薮になります。
 この先へ分け入っていくと鉄橋3カ所ほどあるのですが、今回はパスです。
 一番手前にある鉄橋は下の道路に出ると下から見ることが出来るはずですが、そちらもパスして次駅の山乃田川駅跡に向かいました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月12日は、用事の間のわずか10分程蘇我駅に立ち寄っています。

蘇我駅の4095列車のEF210-4
 蘇我駅からの発車を待つ8685列車のタキ群の横に、4095列車が滑り込んできました。
 時間が無かったので車番チェックは省略しています。

蘇我駅のEF210-4
 下りの4095列車は、上りの55列車とセットで岡山機関区のEF210の運用のため、蘇我駅で唯一EF210の若番機が見られる貴重な列車なのです。
 本日は基本番台の4号機がやって来ました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その49

廃線跡の道路から木曽川橋梁方向を見る
 遊覧船乗り場脇までは線路跡はレールが剥がされた状態で残っていますが、交差していた道路を越えると道路に転用されています。
 写真は道路を少し進んで木曽川橋梁から続く築堤を見たところです。
 道路に転用した時に、こちら側の築堤は削られて元の道路から入れるように直されています。
 橋梁嵩上げ前の線路の位置に戻った形かもしれません。

廃線跡の道路 中津町~恵那峡口間
 道路に転用された線路跡を少し先に進んで、下付知方向を見ています。
 カーブを曲がったあたりが移転した後の恵那峡口駅だと思いますが、今回は確認するのを忘れていました。
 確かホームの痕跡が残っているはずです。

廃線跡の道路 中津町~恵那峡口間 中津町方向
 同じ場所から中津町駅の方向を見ています。
 樹木に木曽川橋梁のトラス部分が隠されていますが、対岸の築堤から続いています。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その3

 10月11日、本日は休みで天気も良かったので撮影に行きたいところでしたが、ここのところ調子が良くないため家でゆっくりしていました。
 あちこちに出掛けたネタが詰まっているので、山形・秋田・青森撮影のネタを今日も進めることにします。

羽前金沢~羽前山辺間の326D
 朝の米沢駅の後は、左沢線にやってきました。
 途中で山形交通高畠線の跡が気になったのですが、霧がひどく発生していたので、今回は飛ばしました。
 羽前金沢~羽前山辺間の塚田踏切の周囲は、田圃が広がっていたので、ここで326Dを撮影してみました。
 326Dの編成は、キハ101-11+?+キハ101-4+キハ101-1の4両編成、朝なので編成が長いようです。

羽前山辺~羽前金沢間の325D
 同じ場所の反対を向いて下り列車の325Dも撮影しています。
 こちらはさらに長い編成で、キハ101×6でした。
 車両長が短いにしても6両編成が走っているとは以外でした。
 地元の人には失礼ですが、もう少しローカルなイメージがあったのです。

踏切の注意看板
 踏切にあった看板です。
 電車の「電」の文字を強引にイラストにしたなんか妙な看板です。
 目玉がパックマン…。

 新・姉崎機関区の左沢線のページはこの文字をクリックで飛びます。
左沢線 | 投稿者 kd55-101 20:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その48

木曽川橋梁下付知側の築堤 1
 玉蔵大橋から木曽川に沿う道に降りて、木曽川橋梁の下付知側に行ってみました。
 左側が木曽川になり築堤が真ん中で途切れています。
 途切れた部分には以前橋台があり、道路の上を橋で越えていました。
 見えづらいですが、真ん中の電信柱の横に制限高さ4mの標識が残っています。

木曽川橋梁下付知側の築堤 2
 同じ場所の築堤を反対側から見ています。
 築堤の脇に立っている建物は、以前ここから運行されていた恵那峡遊覧船の切符売り場になります。
 この脇に北恵那鉄道の恵那峡口駅がありましたが、伊勢湾台風やその後の集中豪雨の時に木曽川橋梁が冠水してしまったため、橋と前後を4m嵩上げしています。
 傘上げた時に駅も下付知側に移転しています。
 嵩上げ前はここには踏切があったのでしょう。

恵那峡遊覧船乗り場の切符売り場の建物
 遊覧船の切符売り場の中には営業時の物品がそのまま残っていました。
 切符売り場から後ろに降りていくと遊覧船の乗り場があり、移転前の恵那峡口駅の待合室が転用されていたそうですが、すでに撤去されています。
 遊覧船自体は、場所を変えて営業しています。
 JRの駅だと恵那駅が最寄りになるようです。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その2

米沢駅正面
 山形・秋田・青森撮影行初日、最初に立ち寄ったのは米沢駅でした。
 目的は新型の気動車に入れ替わった米坂線用の気動車を見るためです。

米沢駅のキハ110-202+キハ110-206
 米沢駅米坂線ホームにいたキハ110-202+キハ110-206です。

米沢駅のキハE120-3+110-224
 こちらはキハE120-3です。後方のキハ110-224とコンビを組んでいます。
 この他にはキハE120-8もいました。
 今回は数カットしか米坂線の気動車を撮影していません。
 どうもキハ110系のノーマル色に見慣れすぎてしまったようで、撮影する気が起きないのでした。

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 23:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その47

木曽川橋梁
 中津川に沿ってさらに先まで行くと、道の先に鉄橋が見えてきました。

木曽川橋梁 2
 築堤の先に見えるトラス橋は、北恵那鉄道最大の遺構である木曽川橋梁です。

木曽川橋梁横から
 木曽川橋梁手前までやって来た道をいったん戻って、県道に出ます。
 県道の方には木曽川を渡る玉蔵大橋(バス停は玉蔵橋)があり、北恵那鉄道の木曽川橋梁と少し離れて平行しているため、全体の様子を眺めることが出来ます。
 最大の遺構と言われるだけの立派な橋なのがよく分かります。
 全長は134mだそうです。
 遠くに見えている立派な橋は、中津川有料道路の城山大橋です。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 10:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月9日昼の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の一日駅長ジェフィ&ユニティ
 蘇我駅の一日駅長を務めた、ジェフユナイテッド市原・千葉のマスコットキャラクターのジェフィとユニティです。
 本日は、ジェフユナイテッド市原・千葉新練習場「UNITED Park」開業に合わせたイベントの一環でUNITED Park 開業記念入場券を限定販売していました。
 千葉駅、蘇我駅、八幡宿駅、五井駅、姉ヶ崎駅の5 駅の硬券入場券を5 枚セットにして、UNITED Park オープニング記念台紙に入れての販売です。
 地元の駅の硬券入場券なので押さえるべく買いに来ましたが、11時半から販売開始前、11時25分頃には、120人近くが並んでおり、私が112人目でした。
 限定500セットで一人5セットまでだったので、購入できるか微妙でしたが、何とか購入することが出来ました。
 少し後にやってきた蘇我機関区様も並びましたが、残念ながら売り切れとなっています。

蘇我駅の3091列車のKD60 2
 ついでに貨物列車の撮影もしていますが、時間の関係から3091列車を少しだけです。
 KD60 2→EF65 1058 +タキ1000-624緑タキ1000-608緑タキ1000-449青タキ1000-453青タキ1000-388青タキ1000-406青タキ1000-404青タキ1000-664青タキ1000-676青タキ1000-405青タキ1000-663青タキ1000-402青タキ1000-398青タキ1000-387青タキ1000-397青タキ1000-392青タキ1000-407青タキ1000-668青タキ1000-671青タキ1000-675青となっています。
 見ただけですが、前日の台風の影響が残っているようで、他の貨物列車は遅れて運行していました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その46

第二中津川橋梁
 第一中津川橋梁の先には同じ川に架かる第二中津川橋梁があります。

中津町方向を望む
 同じ場所から中津町駅の方向を見ています。
 川の右側の木々の中に線路跡は続いており、第一中津川橋梁から第二中津川橋梁までは歩けるようです。
 写真の真ん中に妙見大橋が少しだけ見えています。

近くの道路からの第二中津川橋梁
 第二中津川橋梁の近くを道が通っているのですが、近くに行くと木々が邪魔で逆に橋が見えにくくなってしまいました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その1

青森県警 立入禁止
 青森県警の手によって立入禁止です。

 9月19日~22日までの4日間で、山形・秋田・青森のローカル線を中心に巡ってきました。
 その途中でこんな光景に出会いました。

金木歴史民俗資料館の津軽森林鉄道の車両達
 2年前の9月に津軽鉄道を訪問した際、芦野公園に立ち寄っていますが、すぐ近くの津軽金木歴史民俗資料館にある津軽森林鉄道の車両達を撮影するのを忘れており、今回撮影するために訪問したのです。
 車両の近くまで行くと、立入禁止のテープで周囲が囲まれていることに気づきましたが、正面から見た段階では何で囲まれているのか分からなかったのです。

津軽森林鉄道の酒井製機関車
 酒井製の機関車。

機関車の後ろの運材台車
 機関車の後ろには運材台車が続きます。

焼けてしまった津軽森林鉄道の客車
 あっなんだこりゃ!
 最後尾の客車が焼けてしまっていました。
 目が悪い物で近くに来るまで分からなかった…。

 本日の編集長敬白のネタそのままです。
 1日後の9月21日の撮影になります。

焼けた客車後部の様子
 焼けた客車の後部の様子です。

運材台車反対側
 運材台車反対側です。
 よく見ると機関車の後部が焦げた上、ガラスが熱のためか割れて無くなっていました。

 放火と思われる不審火のため、近くで色々な物が燃やされています。
 鉄道博物館の開業で移ったオハ31も近くで保存されていたので、移っていなければ燃やされていたんだろうなと。
 この後、車両達が放置状態にされず、復元されることを望みます。
森林・鉱山・作業用 | 投稿者 kd55-101 22:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その45

妙見大橋から下付知側を見る 1
 妙見大橋から下付知側を見ています。
 こちら側はガーターの上に草が生い茂っており、写真だと分かりづらい状態です。
 写真の真ん中ぐらいに橋台があるはずなのです。

妙見大橋から下付知側を見る 2
 第一中津川橋梁を過ぎると築堤となって線路跡は続いています。
 写真では軽トラックが停車している場所が線路跡です。

第一中津川橋梁の橋脚
 第一中津川橋梁の橋脚は石積みの橋脚です。
 架線柱の土台部分が傾いた状態で残っていました。

第一中津川橋梁の下付知側
 第一中津川橋梁の下付知側ですが、上から見た通りで草に埋もれてよく分かりません。

中津町~恵那峡口間の線路跡
 線路跡に立って下付知方向を撮影しています。
 区間は中津町~恵那峡口間になります。
 この先まで少し歩いてみたかったのですが、この先の時間が読めなかったため車に戻って移動です。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の木更津駅

 10月7日、本日は人間ドック受診のため木更津のかずさアカデミアに行っていました。
 天気が良ければ、早朝の久留里線を撮影してから行こうと思っていたのですが、台風接近に伴う雨のため取りやめております。
 途中の久留里線の踏切で見た列車は、キハ38+キハ30+キハ37+キハ30の4両編成、でもツートン色のキハ30は入っていません。
 初日の運行以来走っている姿を見かけない…。
 10日置き位で久留里線の撮影に来ているけど、見事に空振っています。

木更津駅で休むキハ30 98
 人間ドック終了後、木更津駅をのぞきに行くとツートンのキハ30 98はお休み中でした。

キハ38 2とキハ30 98のツーショット
 キハ38 2とのツーショットです。
 この直後、キハ38 2は移動してしまいました。

 次はいつ撮影に来られるかな?
久留里線 | 投稿者 kd55-101 15:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その44

 撮影行も2日目の6月6日になりました。
 前日に引き続き、朝6時から北恵那鉄道の廃線跡探索を再開しています。
 撮影順は無視して、機転の中津町駅から終点の下付知駅に向かって画像を上げていきます。

妙見大橋と第一中津川橋梁
 赤い橋は中津川に架かる道路橋の妙見大橋、その下に錆びて茶色のガーター橋が架かっているのが、廃線跡の第一中津川橋梁です。
 左が下付知方向です。

妙見大橋から見た第一中津川橋梁のガーター
 妙見大橋の上から下に架かる第一中津川橋梁のガーターを見ています。

妙見大橋から中津町駅方向を見る
 ガーターの先には林があり、右には工場が見えています。
 工場は中津町駅跡横にある工場で、林は前日の線路跡が吸い込まれた林なのです。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 電車篇

 10月6日夕方の蘇我駅の様子です。
 本日は14時半で仕事は終わりでしたが、18時より蘇我で会議があったため、夕方の蘇我駅で撮影をしていました。
 その最中にOM101がやって来たので撮影しています。

蘇我駅の回送のOM101編成
 2番線には回送表示が出ており、気になって3番線側に行くと東大宮のOM101編成がやってきました。
 京葉線が信号トラブルで大幅にダイヤが乱れていたため、3番線から撮影できたのでラッキーです。

 この後も撮影を続けてから会議に出席しています。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 23:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 貨物篇

 10月6日夕方の蘇我駅の様子です。
 本日は14時半で仕事は終わりでしたが、18時より蘇我で会議があったため、夕方の蘇我駅で撮影をしていました。
 本日見たのは、284Mのマリ216、194Mのマリ104、2080列車のKD55 201+タキ1000-820緑タキ1000-822緑タキ1000-623緑タキ1000-629緑タキ1000-682緑タキ1000-818緑タキ1000-819緑タキ1000-366緑タキ1000-301緑タキ1000-170緑の編成。

蘇我駅の4098列車のEF65 1093
 写真は4098列車です。
 機関車は、KD55 201からEF65 1093に牽引機が引き継がれています。
 編成は、KD55 201→EF65 1093 +コキ104-347+コキ104-422+コキ104-158+コキ104-2326+コキ104-818+コキ104-2758+コキ104-2106+コキ104-2124+コキ104-1843+コキ106-631+コキ106-347+コキ104-2456+コキ51334+コキ52635+コキ52807でした。

 続けて286MのマリS60を撮影。
 東大宮のOM101編成もやって来たので、運良く撮影出来ました。
 そちらの写真は電車篇にの所為あります。
 さらに121MのマリS61、288MのマリC405、1120MのマリS61を撮影。

蘇我駅の1092列車のEF65 1069
 1092列車は、KD60 2からEF65 1069に牽引機が引き継がれました。
 編成は、KD60 2→EF65 1069 +コキ50560+コキ51794+コキ52114+コキ200-142+コキ106-1074+コキ200-145+コキ104-2610+コキ106-641+コキ104-2023+コキ107-127+コキ104-2669+他1両です。
 隣には4096列車が入線してきています。
 本来なら4096列車との並びは短時間なのですが、京葉線の乱れにより1092列車の発車が抑止されてしまい、4096列車もEF210にバトンタッチされて普段見られない並びを見せていました。
 残念ながら会議の時間になってしまったので、その後の確認は出来ていません。 
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その43

中津町駅構内跡からの廃線跡
 中津町駅構内の跡から終点の下付知方向を見ています。
 左側の工場の敷地に沿って線路は続いていました。

線路跡から中津町駅構内を見る
 線路の跡から中津町駅構内を見るとこんな感じです。

廃線跡は林に向かう
 工場の敷地に沿って廃線跡は続き、その先は林に吸い込まれていました。

中津町駅跡近辺に残る北恵那鉄道の境界標
 駅跡近辺を探すと、北恵那鉄道の境界標がありました。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その42

 6月5日(その8の後)の話に戻ります。
 中津川駅の駅舎に対して反対側には、1978年9月まで営業していた、北恵那鉄道の中津町駅がありました。
 現役時の乗り換えは中津川駅の改札を出て、中央本線の線路の下をくぐって行くので若干の時間が掛かっていたようです。
 実際に歩いたら5分程度掛かりました。

中津川~中津町間の連絡線跡
 人は徒歩連絡でしたが、貨車の方は直接の乗り入れがあったため、中津川駅と中津町駅との間に連絡線が設けられていました。
 写真は中津町駅側からみた連絡線跡で、中津川駅の構内から緩いカーブを描いたまま残っています。

北恵那鉄道中津町駅跡
 上の写真から振り返るとそこには中津町駅の構内になります。
 今では駐車場になってしまっていますが、駅があり、車庫があり、貨物の扱いがあったため、側線があったようです。

中津町駅跡地の駐車場
 駅跡の駐車場を反対側から見ています。
 駐車場の左側にある何軒かの商店が、何となく駅前の雰囲気を残していました。
 写真の奥が中津川駅の構内になります。
北恵那鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 夜篇

 10月4日の蘇我駅、夜篇です。
 京葉臨海鉄道KD60型機関車の大宮への入場回送が本日あったので、記録しに行ってきました。
 ホームには多くの人が撮影に集まっています。
 1本前の55列車はEF210-126の単機でした。

蘇我駅の5972列車のKD60 3+KD60 1
 今回回送に使うスジは5972列車です。
 千葉機関区から対象のKD60 1をKD60 3が牽引してやって来ました。

5972列車のKD60 1運転席の車票
 KD60 1の運転席には車票が貼られており、大宮へ回送することが書かれていました。

5972列車KD60 1側から
 5972列車をKD60 1側から撮影。

蘇我駅の5972列車のEF210-116
 蘇我駅からの牽引樹はEF210-116でした。
 途中で撮影している人数を数えたら30人、その後も少し増えていたので、40人ほどが撮影していたことになります。
 皆様お疲れ様でした。

蘇我駅の1138MのマリC405
 おまけです。
 直後にやって来た1138Mは209系?+マリC405の10両編成でした。
 ケヨ22編成とのツーショットを撮影しています。
 この撮影後、駅の外から撮影していた蘇我機関区様と雑談してから撤収しました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 朝・電車篇 

 10月4日朝の蘇我駅見たままです。

蘇我駅の124MのC404
 4099列車の車番チェックをしていると、駅の案内放送がしきりに4枚ドアの車両での運転と放送を流していました。
 やってきた124Mは209系2100番台の10両編成で、千葉方は不明ですが、木更津よりの車両はマリC404編成でした。
 3日間同じ時間帯を撮影していて、やっと出会えた209系2100番台、これからは普通の景色になっていくのでしょうね。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 09:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 朝・貨物篇

 10月4日朝の蘇我駅見たままです。

蘇我駅の4099列車のEF210-150&KD60 4
 朝までの仕事帰りでの蘇我駅チェックも3日目となりました。

 日曜日もやはり4099列車は早着、休日ダイヤは4分ほど早いようです。
 やって来た編成は、EF210-150+コキ104-532+コキ104-2688+コキ104-955+コキ104-905+コキ104-1502+コキ106-691+コキ104-1172+コキ104-2554+コキ104-744+コキ104-790+コキ104-528+コキ104-813+コキ106-729+コキ104-534+コキ104-2517+コキ104-630+コキ104-861+コキ104-581+コキ104-1330+コキ104-46+コキ104-2572となっており、蘇我駅からはKD60 4が牽引していきました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 09:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その6

 9月27日の飯田線電車見たまま後半です。

中部天竜駅に留置中のE15編成
 中部天竜駅に留置中の119系E15編成です。

中部天竜駅の佐久間レールパーク号のS11編成
 佐久間レールパーク号は2号の出発まで側線で留置中です。
 登場時のカラーに戻された117系S11編成で運転されていました。
 ヘッドマークも以前とは代わり、閉館が近いことを感じさせるものになってます。
 前後のヘッドマークは柄が違う物になっていました。

中部天竜駅に到着する伊那路1号のF11編成
 21Mワイドビュー伊那路1号が到着、先頭はF11編成でした。
 この列車で天竜峡駅まで戻ります。
 蘇我機関区様ご一行も天竜峡駅までは一緒に乗車しております。

天竜峡駅の1429MのR7編成
 天竜峡駅で私も蘇我機関区様ご一行も伊那路1号を降りました。
 蘇我機関区様達はさらに飯田線の旅を続けるため、天竜峡駅始発の1429M飯田行きに乗り換えています。
 こちらの列車は119系R7編成です。

元善光寺駅の1432MのR2編成
 元善光寺駅では1432M天竜峡行きを撮影しています。
 119系R2編成での運転です。

伊那大島~上片桐間の243MのE9編成
 伊那大島~上片桐間の片桐松川を243M茅野行きの119系E9編成が渡っていきます。
 バックの山が見えなくて残念です。

上片桐駅の554Mの青色119系
 補完1回目の再掲ですが、上片桐駅で243Mと554Mが交換しています。
 554Mは青色の119系E4編成です。

飯島駅の230MのB153編成
 飯島駅で見た230M天竜峡行きは、313系B153編成でした。

田切駅の1508MのM9+E11編成
 田切駅では1508M飯田行きを見ています。
 119系M9+E11編成でした。

伊那大島~上片桐間の1508MのM9+E11編成
 伊那本郷~七久保間で再び1508Mを撮影しています。
 太陽が雲に隠れて暗くなってしまいました。

伊那本郷~七久保間の232MのR3編成
 今回最後の飯田線撮影は、伊那本郷~七久保間にて232M飯田行きを撮影しています。
 119系R3編成でした。

 撮影の間で駅の様子も撮影していますので、そのうち紹介したいと思います。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 00:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月3日朝の蘇我駅見たままです。

蘇我駅の4099列車のEF210-119&KD55 201
 前日に続いて仕事帰りに4099列車を撮影しています。
 土曜日だからなのか分かりませんが、所定のダイヤより5分ほど早い到着となり、蘇我駅まで車で併走の形になりました。
 蘇我駅では、KD55 201が待機している横に4099列車が入線して来ましたが、停車位置も5m位前にずれたので定位置からの撮影が出来ません。
 本日の編成は、EF210-119→KD55 201 +コキ104-222+コキ104-231+コキ104-416+コキ106-1077+コキ104-2585+コキ104-1908+コキ104-2326+コキ104-347+コキ104-2844+コキ104-1523+コキ104-2469+コキ104-411+コキ104-158+コキ104-422+コキ104-1015+コキ104-2176+コキ104-2073+コキ106-117+コキ104-1371+コキ104-2456です。
 蘇我からの発車は定時に出発していきました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その5

クハ111-1クロスシート部
 クハ111-1の車内に入ってみました。
 いつも通勤で使用している車両なので見慣れていると言えば見慣れていますが、初期のオリジナルの車両とは細かく見ると変わっています。
 青いモケットのシートは、アコモ改善でシート形状やモケットが変わっています。
 灰皿もすでに過去の物となっています。

クハ111-1の車内
 非冷房の車内は天井が広々しています。
 昔は窓全開で扇風機を回して乗っていましたね。

クハ111-1の客用ドア
 今はステンレスの地肌をむき出しのドアですが、前はこうして塗装してありました。

クハ111-1運転席後部
 初期の車両は運転席後部の窓も大きくて良いですね。
 ATCやらどんどん機器が増えて窓は小さくなってしまいました。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 00:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 10月2日朝の蘇我駅見たままです。

蘇我駅の4099列車のEF210-117&KD55 103
 仕事帰りに4099列車を撮影して帰っています。
 KD55 103が待機している横に4099列車が入線してきました。
 やって来たのは、EF210-117+コキ104-1351+コキ104-2544+コキ104-2652+コキ104-1409+コキ104-244+コキ104-1759+コキ104-1750+コキ104-1358+コキ104-1271+コキ104-2610+コキ106-641+コキ104-2023+コキ104-2363+コキ107-11+コキ104-1775+コキ104-1868+コキ104-633+コキ106-669+コキ104-2878+コキ104-2029の編成でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 16:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その4

佐久間レールパークのクハ111-1正面
 クハ111-1です。
 今、千葉地区で最後の活躍を見せている113系(111系)のクハのトップナンバーになります。
 現役では見られなくなってしまった、でか目のライトを持っています。

クハ111-1は9月の特別展示車両
 クハ111-1は9月の特別展示車両になっており、車内も公開されていました。

クハ111-1連結面
 こちらは連結面です。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 00:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その3

 9月27日の飯田線電車見たまま前半です。

時又駅の227MのB151編成
 時又駅での227M上諏訪行きです。
 313系B151編成でした。

天竜峡駅の2524MのR1編成
 天竜峡駅の2524M豊橋行き、この列車に中部天竜駅まで乗車します。
 駒ヶ根駅を1420Mで発車したこの列車は、天竜峡駅での4分停車で2524Mに列車番号が変わっています。
 駒ヶ根から天竜峡駅まではワンマン運転ですが、ここからは運転士と車掌が乗り込みました。
 やってきた119系はR1編成、R編成はワンマン運転対応になっています。
 ちなみに6月に同じ列車に乗車した時もR1編成でした。

天竜峡駅の1501MのE14編成
 天竜峡駅では1501M伊那松島行きの到着を待って発車します。
 こちらは119系E14編成でした。

温田駅の2524MのM3編成他
 温田駅では、2524M駒ヶ根行きと交換しました。
 119系M9編成+他の3両編成です。

伊那小沢駅の1507MのM8編成
 伊那小沢駅で交換した1507M飯田行きは、119系M8編成です。
 どこで青色の119系がやって来るのか分からないので、ひたすら撮り続けていたのです。
 その成果が補完その1の写真になりました。

水窪駅の501MのE9編成
 水窪駅で交換した501M天竜峡行きは、119系E9編成でした。

 中部天竜駅に着いた後は、前回撮影しなかった駅の近辺の撮影をしています。

佐久間~中部天竜間の528MのR6編成
 528M豊橋行きは、佐久間~中部天竜間の天竜川橋梁の辰野側で撮影しています。
 119系R6編成でした。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 07:54 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]