姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

木曽路・伊那路撮影行 その41

クモハ12054車内増設運転席側
 こちらは増設された運転席側の車内です。
 右側のシートは前面展望の良い特等席でした。

クモハ12054増設運転席
 増設された運転席は左側片隅だけで、トイレに見えてしまうのです。

クモハ12054増設運転席側から
 増設された運転台側からの写真です。
 貫通路のドアもオリジナルの貫通路に使用していたプレスドアが残っています。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 05:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その40

クモハ12054前面
 クモハ12054です。
 この車両は片運転台のモハ11形200番台を両運転台に改造しているため、前後で顔が違います。
 こちら側がオリジナルの顔になります。

クモハ12054 
 この車両は鶴見線向けに両運転台に改造されており、最後まで大川支線で活躍していた車両と一緒に投入されています。

クモハ12054車内木の床
 車内に入ると床も壁も木製です。
 随分久しぶりに旧型国電の車内に入り、昔の記憶が甦りました。
 懐かしい。 
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 05:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その2

 佐久間レールパークをちょっと補完しておきます。

佐久間レールパークのED11 2
 今回増えていた展示車両の1両であるED11 2です。
 田形の測窓が特徴です。

ED11 2フロント部分
 フロント部分です。
 輸入電気は武骨さがあってスマートな現代機に無い魅力があります。

ED11 2ナンバーと製造銘板
 ED11 2ナンバープレートと製造銘板です。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 09:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の飯田線 (新木曽路・伊那路撮影行 その1)

 昨日、本日とまた遠征してました。
 今回は、木曽路・伊那路撮影行の補完他が目的だったので、中央本(西)線・赤沢自然休養林・飯田線・佐久間レールパークとまわっています。

上片桐駅の554Mの青色119系
 登場時色の119系を捉えることが出来ました。
 上片桐駅で243M茅野行きと554M豊橋行きが交換、554Mが登場時の青色です。
 ちなみに243Mには知り合いが数名乗車していました。
 この編成を撮影するために、朝から列車を見ていたのですが、全然見かけず、佐久間レールパークの帰りに、天竜峡から辰野方向に向かいながら、やって来る列車を全部撮影していった結果です。

 佐久間レールパークは前回よりも展示車両が増えており、前日ED62 14が唯一の展示機関車だと書いたのに、ED11 2とDE15 1541が増えており、また無くなってしまった展示品もありました。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 23:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その39

 またこれから撮影に出掛けてきます。
 日曜日の夜に戻ってくる予定です。(予定は未定)

ED62 14
 ED62 14の正面です。
 佐久間レールパーク唯一の展示機関車になっています。

ED62 14全体
 ED62は、中央線で使用していたED61形機関車がEF64形投入により余剰になり、当時飯田線で使用して老朽化が進んでいた輸入電機などの置き換え用に改造して投入された機関車です。
 ED61形全車18両がED62形に改造されて、伊那松島機関区と豊橋機関区に全車投入されています。
 この頃は飯田線にも貨物列車がそれなりにあったと言うことでしょう。
 ちなみにこのED62 14はED61 16が種車です。

佐久間レールバークのED62 14&キハ48036&クモハ12054
 少し高い位置からED62 14&キハ48036&クモハ12054の並びを撮影です。
 ここの撮影では広角レンズが必需品です。

ED62 14の中間台車
 ED62 14の中間台車部分です。
 ED61形から大きく改造されたのは、線路規格の低い線に入線させるために軸重の軽減が必要となり、中間台車が取り付けられました。
 空気バネの圧力を変えることにより、軸重の切り替えが出来る構造の中間台車です。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 00:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の久留里線

 9月25日、どこかに出掛けるつもりで休みにしてありましたが、前日が遅くなってしまったので、遠出は出来なくなりました。
 朝起きてから、久留里線にでも行こうと思い準備をしている時、前日の夕方に湘南色に塗り直されたマリS62編成が、館山行きになっていたのを思い出し、運用を追いかけると本日の午前は内房線の運用だったため、そちらも撮影することにしました。

 まずは地元、姉ヶ崎~五井間の姉ヶ崎駅付近で2本撮影。

祇園~木更津間の930Dのキハ37 1003+キハ38 1001
 久留里線の祇園~木更津間に移動して930Dを撮影です。
 キハ37 1003+キハ38 1001の2両編成でした。
 最近久留里線の撮影をしていると、どこかで必ず地元の人に話しかけられます。
 「何か来るの?」
 イベント列車が続いているので、気になるみたいですね。

 内房線に戻って巌根~木更津間の3線区間と巌根~袖ヶ浦間で撮影。

下郡~小櫃間の931Dのキハ37 2+キハ38 1
 再び久留里線の撮影に向かい、今度は下郡~小櫃間で撮影しています。
 931Dはキハ37 2+キハ38 1の2連でした。

久留里~俵田間の934Dのキハ38 2+キハ38 1003
 久留里~俵田間では934Dが勾配を上がってくるところを撮影しています。
 キハ38 2+キハ38 1003の2連でした。

馬来田駅の933Dのキハ38 1002+キハ30 100
 馬来田駅を発車する933Dです。
 キハ38 1002+キハ30 100が排煙を上げて発車して息した。

 本日の撮影はこの列車を最後に終了です。
久留里線 | 投稿者 kd55-101 18:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の内房線

 9月25日、どこかに出掛けるつもりで休みにしてありましたが、前日が遅くなってしまったので、遠出は出来なくなりました。
 朝起きてから、久留里線にでも行こうと思い準備をしている時、前日の夕方に湘南色に塗り直されたマリS62編成が、館山行きになっていたのを思い出し、運用を追いかけると本日の午前は内房線の運用だったため、そちらも撮影することにしました。

 まずは地元、姉ヶ崎~五井間の姉ヶ崎駅付近の跨線橋に行きます。
 ここで154Mのマリ53と155Mのマリ108+?を撮影。

姉ヶ崎~五井間の156MのマリS62+マリ109
 次に来たのが本番の156Mです。
 マリS62+マリ109の10両編成です。

 この後、久留里線の祇園~木更津間に移動して撮影しています。

 再び内房線に戻って巌根~木更津間の3線区間に行ってみます。
 久しぶりに行ったら雑草が伸びて撮影できる状態に無く、161Mのマリ53は踏切から辛うじて撮影。

巌根~木更津間の163Mのマリ109+マリS62
 163Mはマリ109+マリS62です。
 隣の踏切からの撮影ですが、列車の通過後に後追いで撮影するしか無かったのでした。

 巌根~袖ヶ浦間に移動して165Mのマリ106+?と168Mのマリ53を撮影。

巌根~袖ヶ浦間の170MのマリS62+マリ109
 170MがマリS62+マリ109です。
 何とか10両編成がぎりぎり収まりました。

巌根~袖ヶ浦間の170MのマリS62+マリ109後追い
 同じ列車を後追いでマリ109側です。

 この後はまたまた久留里線に移動して撮影を続けています。
内房線 | 投稿者 kd55-101 18:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その38

キハ48036正面
 キハ48036です。
 キハ11と言った方がわかりやすいこの車両も、1957年の称号改正以前の車番で展示されています。

キハ48036
 このキハ48036ですが、佐久間レールパークに来るまでは、茨城交通湊線を走っていた車両でした。
 茨城交通ではキハ113と名乗って、他の2両のキハ11形とともに活躍していました。

キハ48036逆エンド
 この形式の成功によって気動車が発展していったのですね。
 気動車好きな私には「神」の存在です。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 07:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その37

クヤ165-1直流教習車
 クヤ165-1直流教習車です。
 営業運転に使用されることのない職用車に分類されるこの車両は、運転士の教育用としてサハシ153-15から改造されています。
 1両しか改造されていないこの車両は、現存する唯一の153系になっています。
 オリジナルの153系は、保存されずに消えてしまったのですね。

クヤ165-1正面から
 正面から見たクヤ165です。
 中間車のビュッフェ車から制御車に生まれ変わった時に、切り妻のまま165系に準じた前面形状の運転台部分を設けています。

クヤ165-1逆エンドから
 逆エンド側にも運転台を設けて両運転台になっています。
 分かりづらいですが、側面の窓配置が種車のビュッフェ車の面影を残していました。
 昔の急行アルプスに、営業をしていなかったけど、ビュッフェ車が連結されていたのを思い出しました。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その36

 東北撮影行から無事に帰ってまいりました。
 大量に撮影して来ましたので順次公開していくつもり…。
 6月のネタがまだ終わっていないので、年明けかな?

 それでは、木曽路・伊那路撮影行の佐久間レールパーク編に戻ります。

モハ52004連結面
 モハ52004の連結面です。
 流電と呼ばれたモハ52も、連結面から見るとふつうの車両と変わりませんね。

佐久間レールパークのモハ52004
 流電が最後に活躍していた頃は、豊橋側の運用だったので現役時代の撮影はしていません。
 当時、豊橋は遠かった。

モハ52004前面
 流線型の前面を持った車両として颯爽と現れた姿に復元されています。
 でも飯田線で活躍していた頃のスカ色イメージが強くて、最近はやりの復活色みたいに思えてしまう…。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 22:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その5

 本来なら明日分のネタなのですが、この後から大渋滞じゃなかった大遠征に出発するので、前倒しでアップしています。
 今回の遠征は山形・秋田・青森の鉄道を巡ってくる予定です。
 左沢線→由利高原鉄道→男鹿線→五能線→津軽鉄道→弘南鉄道→秋田内陸縦貫鉄道の順で回る予定として、間に廃線を組み込むつもりです。
 袖ヶ浦ナンバーのオレンジのセレナを見かけたら私かもしれません。

 それでは本題。

上片桐~伊那田島間の237M
 上片桐~伊那田島間に移動して237Mを撮影しています。
 高い築堤の上によじ登っての撮影でした。
 列車の来る方向を勘違いしていたので、後追いの撮影となっています。

伊那田島駅の石碑
 伊那田島駅に行くと石碑があります。
 駅の開業月日もかかれており、1920年の開業となっているので、この駅は88年経っていることが分かりました。

伊那田島駅から辰野方向を見る
 ホームから辰野方向を見ています。
 保守用車が留置されている以外には何もありません。
 駅は無人駅です。

伊那田島駅の228Mの115系
 228MはJR東日本の115系でやって来ました。
 この日初めての119系以外の電車となりました。
 長野から飯田まで4時間以上かけて走る列車です。

 これで飯田線ネタは終了となります。
 遠征から戻ったら木曽路・伊那路撮影行の残りを再開しますので、しばらくお待ちください。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 22:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉みなと駅 その12

千葉みなと駅の8685列車のEF65 1076
 9月18日、本日の仕事帰りは千葉みなと駅にて8685列車を撮影しました。
 編成は、EF65 1076+タキ43602青タキ1000-672青タキ43334青タキ1000-380青+タキ43524+タキ43546+タキ43555+タキ43545+タキ43554+タキ1000-393青+タキ43583+タキ1000-390青タキ1000-410青+タキ43622でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 16:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その4

七久保駅から去っていく1503M
 七久保駅を1503Mが発車していきました。
 辰野側にも勾配があり、列車は下っていきました。

構内踏切から見た駅構内
 構内踏切から見た駅構内の様子です。

日本石油伊那油槽所専用線跡
 以前この駅からは日本石油伊那油槽所まで専用線が延びていました。
 貨物ホーム跡らしき石積みの先には鉄道門のような門があります。
 門の先は何もなくなっていました。
 ここの方向は駅に対して豊橋側ですが、駅の周辺をよく見るとさらに昔は辰野側にも分岐があったようにも見えました。
 昔の専用線一覧を引っ張り出す気力がないので、謎のまま保留しておきます。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 貨物篇

 9月17日、本日も前日と同じ時間帯に蘇我駅に行っています。

蘇我駅の5972列車のEF210-134
 5972列車はコキ1両のみの寂しい編成です。
 EF210-132+コキ104-2629でした。
 みや様のコメントにあった、トキとかトラとかの継承列車を確認するため車票をしっかり撮影するために三脚を持っていったのですが、空振りです。

 55列車の方は、KD60 4→EF210-153 +コキ106-298+コキ104-121+コキ104-1806+コキ106-283+コキ104-2494+コキ104-798+コキ104-714+コキ106-1160の編成でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 電車篇

 9月17日、本日も前日と同じ時間帯に蘇我駅に行っています。
 55列車の撮影準備をしているところへ蘇我機関区様が現れて、S62の情報を教えてくださいました。

蘇我駅の1143MのマリS62
 1143Mで蘇我駅にやってきたマリS62です。
 先頭部だけしか撮影できませんでしたが、運行初日が撮れたので良かったです。
 南栗橋車両管理区荒川支所様よりコメントをもらってから3日目で撮影できるとは思っておりませんでした。
 蘇我機関区様ありがとうございました。

 この後は5972列車の撮影をしています。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 23:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その3

待合室前から豊橋方向を見る
 今度は反対側の豊橋方向を見ています。

1503Mが勾配を上ってくる
 駒ヶ根行きの1503Mがやって来ました。
 豊橋方にある勾配を上がって駅構内に入ろうとしています。
 この光景を見た時に昔この駅に来たことがあったのかなと思ってしまいました。
 時又駅の時にも書きましたが、駅の前後の勾配が私の飯田線のイメージなのでそんな錯覚が起きたのでした。

七久保駅に到着する1503M
 この日3本目の撮影も119系の2連です。
 運用を調べないで今回は撮影しに来ていましたが、うまい具合に119系と出会えています。
 6月の撮影行では313系によく出会っており、もう少し確率が低いと思っていたので、目的がうまく達成できました。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 07:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月16日は夜の蘇我駅で貨物列車をチェックしてから帰りました。

蘇我駅の55列車のEF210-104
 55列車は、KD55 201→EF210-104 +コキ104-5006+コキ104-2695+コキ104-1381+コキ106-741+コキ104-2152+コキ104-2525+コキ104-2046+コキ106-891の編成でした。

蘇我駅の5972列車のKD60 3
 5972列車はKD60 3の牽引で蘇我駅にやってきました。
 蘇我からの牽引機はEF210-122となり、貨車の編成は、チキ5254+チキ5220+チキ5340+チキ5341+コキ104-2837+コキ103-125+コキ102-125+コキ102-126+コキ103-126でした。

蘇我駅の5972列車のコキ102-125の車票
 5972列車に連結されていたコキ102-125の車票?を見ると、列車の指定が書いてありました。
 5972列車から熊谷(タ)からの6794列車に継送されるようです。

蘇我駅の5972列車のコキ103-125の車票
 コキ103-125の車端部の車票?を見るとタイヤ踏面削正のために来たことが分かりました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その2

七久保駅入り口
 七久保駅までやって来ました。
 駅舎正面の様子です。
 無人駅になっているので、待合室だけしか在りません。
 飯田線の撮影でこの駅を利用した人も多いのでしょう。

七久保駅駅舎
 七久保駅駅舎全体はこんな感じです。

駅舎前から辰野方向を見る
 待合室の前から辰野方向を見るとこんな感じ。
 2面3線の配線となっています。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 07:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の五井駅 その4

 9月15日はさいたま新都心でおこなわれた会議に出席していました。
 貨物列車が何本も通るのですが、なかなかうまく撮影できずに終わりなんかモヤモヤ状態です。
 上野で飲むために時間調整をしていた時にも駅で撮影していましたが、今一つ、後一歩でカシオペアを取り損ねたのが痛かった。
 飲んでからの帰りに、モヤモヤ解消のため五井駅に立ち寄って小湊鐵道のキハを撮影です。

五井駅で出発待ちのキハ211
 五井駅の小湊鐵道ホームでは、キハ211がカラカラアイドリングの音を立てながら発車時間が来るのを待っていました。
 夜の駅に響くカラカラ音がいい感じです。

五井駅で出発待ちのキハ204
 2両編成の牛久寄りの車両はキハ204でした。
 都会の喧噪から一時間で別世界に到着です。

五井駅の209系用乗車位置表示
 隣駅まで再び内房線に乗るつもりで乗車位置を見ていたら、見慣れない色の位置表示がありました。
 いつの間にか209系導入に伴う乗車位置表示が張られていたのです。
 4・6・8・10両の位置表示が存在していました。
小湊鐵道 | 投稿者 kd55-101 23:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その1

 木曽路・伊那路撮影行はちょっとお休みして、その後の伊那路・信濃路撮影行をの飯田線部分を間に入れたいと思います。

伊那本郷~七久保間の222M
 この撮影行は仮設住宅氏への道案内を兼ねて飯田線の119系を撮影しに来ており、伊那本郷~七久保間で最初の撮影をしています。
 222Mは予定通り119系の2連で来てくれました。

七久保~伊那本郷間の1501M
 222Mと七久保駅で交換した1501Mがやって来ました。
 こちらも119系の2連です。
 この場所は昔から有名な撮影地なので一回撮影してみたかったんです。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 06:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

蘇我駅の5178列車のEF65 1095
 9月14日は朝の蘇我駅で5178列車を撮影しました。
 石油輸送が増えてきていますが、まだ、毎日タキ返空にはちょっと早いようでEF65 1095の単機でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その35

飯田駅駅舎
 早朝の飯田駅の写真です。
 1992年に改築された三代目の駅舎で、丸みを帯びた屋根を持つ作りになっています。
 (撮影は旅行3日目の早朝)

飯田駅駅舎全景
 飯田駅駅舎全景です。

飯田駅構内 豊橋方の踏切から
 豊橋方にある踏切から駅構内を見ています。
 ワイドビュー伊那路用の373系と奥に115系が留置されていました。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の京葉臨海鉄道

 9月13日は午後から久留里線と京葉臨海鉄道へ行ってみました。
 続いて京葉臨海鉄道分です。

北袖分岐~京葉久保田間の507列車のKD55 201
 京葉臨海鉄道の北袖分岐~京葉久保田間で撮影をしましたが、雑草が伸びていたため、邪魔な草を倒す作業が加わりました。
 507列車は、KD55 201+コキ104-1734+コキ106-891でした。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 18:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の久留里線

 9月13日は午後から久留里線と京葉臨海鉄道へ行ってみました。
 まず久留里線分です。

第一小櫃川橋梁を渡る935D
 東清川~横田間の第一小櫃川橋梁で935Dを撮影です。
 やって来たのはキハ38 1002+キハ30 100の2連でした。
 この橋梁は右と左で橋脚とガーターが違っていますが、これは小櫃川の川幅を拡げたからなのです。
 昔このあたりは大雨が降ると洪水になってしまったため川幅を拡げて対策したのでした。
 左側(木更津側)は、大正元年に製造されたガーターと煉瓦積みの橋脚で、千葉県営鉄道久留里線として開業した当時の物が使われています。
 右側(久留里側)が川を拡げているので、元の橋台はありません。
 新しい橋脚と新しいガーター(1973年製)となっています。

第一小櫃川橋梁を渡る936D
 今度は同じは位置で936Dを撮影です。
 今回は煉瓦の橋脚を入れて撮りたかったのでこんなアングルなのでした。
 こちらは、キハ37 1002+キハ38 3の2連です。
久留里線 | 投稿者 kd55-101 18:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その34

伊那八幡駅駅舎
 伊那八幡駅駅舎です。
 (この写真は旅行3日目の早朝の撮影です)

伊那八幡駅駅舎入り口
 駅舎の入り口です。
 この駅も無人駅となっています。
 最初からあったのかは分かりませんが、壁の模様が凝っていたりします。

伊那八幡駅駅舎待合室側から
 待合室側から見るとこんな感じです。
 駅舎のデザイン自体が凝った形ですね。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 08:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月12日は15時から蘇我で会議をしていました。
 その行き帰りで千葉機関区と蘇我駅の様子を撮影していますので、一部公開です。

蘇我駅の単27列車のKD55 102+KD55 103
 会議が終わって外に出るといきなり雨脚が強くなりました。
 それでも傘を差しながら単27列車にカメラを向けています。
 単27列車はKD55 102+KD55 103の重連単機です。
 KD55 102が55列車の牽引機、KD55 103が5972列車の牽引機でした。
 写真を見て気が付いたのですが、5972列車の貨車はコキ1両とトキかトラが連結されています。
 5972列車の牽引機はEF210-132がやって来ていました。

 再び20時10分頃の千葉機関区を見ると、機関車は不在になっています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区

 9月12日は15時から蘇我で会議をしていました。
 その行き帰りで千葉機関区と蘇我駅の様子を撮影していますので、一部公開です。

千葉機関区のEF65達
 14時頃の千葉機関区には6両の機関車がいました。
 1前:EF65 1084
 1後:EF210-119
 3前:EF210-105
 4前:EF65 1117
 4後:EF65 1069
 5-2:EF65 1095
 以上が内訳です。

 少し後に蘇我駅に行くと、1070列車がEF210-132の単機で到着し、8685列車もEF65 1095が単機で出発待機中でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その33

時又駅から豊橋方向を見る
 また一駅辰野側に移動して今度は時又駅です。
 (旅行2日目の夕方に立ち寄ってます)
 豊橋方向の様子を見ています。
 右側から上って来るのが本線で、新線と旧線が切り替わった時に若干配線も変わったそうですが、よく分かりません。
 旧線はすでに撤去されてしまったようです。
 左側の分岐線は、貨物ホームがあった場所を利用した保守用車の置き場になっています。

時又駅の辰野方向を見る
 駅を出ると辰野駅に向かって上り勾配になっています。
 駅の前後が勾配になっているのが私の中の飯田線の駅のイメージなので、この駅はそれと合致しています。

時又駅に到着する253Mの313系
 時又駅に253Mの313系が到着します。
 天竜峡駅で撮影したのと同じ列車です。

時又駅駅舎
 時又駅の駅舎です。
 すでに無人化されて25年経っていますが、駅舎は開業当初の物が残されており、待合室部分がそのまま使用されています。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 09:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月11日の蘇我駅の様子です。
 今日は仕事の行き帰りの2回で貨物列車を撮影していました。

蘇我駅の1357列車のEF65 1084
 写真は行きで撮影した1357列車です。
 隣りの5683列車が入れ替わりで発車していきました。
 以下両列車の編成です。
 5683列車 KD60 4→EF210-111 +タキ43330青タキ43383青タキ44013青+タキ43627+タキ44000青タキ44021青タキ43336青+タキ43547+タキ43606+タキ43405青タキ43465青タキ43143青+タキ43549+タキ43353青+タキ43339+タキ43014青タキ43354青タキ43026青
 1357列車 EF65 1084+コキ104-2202+コキ104-1924+コキ104-1294+コキ104-721+コキ106-990+コキ106-1153+コキ104-1271+コキ104-2046+コキ104-2525+コキ104-49+コキ104-209+コキ104-411+コキ104-2013+コキ104-206+コキ104-2152+コキ104-984+コキ104-2868+コキ104-1878+コキ104-750+コキ106-891

蘇我駅の3090列車のEF65 1095
 今度は帰りに撮影した蘇我駅に到着した3090列車です。

 3090列車 EF65 1095+タキ多数
 3063列車 EF65 1050+コキ104-2629+コキ104-523+他
 帰りの車番チェックは無しです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その32

川路駅入口部
 天竜峡駅から辰野側の隣駅は川路駅、写真はその入口部分です。
 撮影行の3日目の朝、佐久間レールパークに向かう前に撮影したものです。

>川路駅駅舎
 川路駅駅舎の様子です。
 この駅はすぐ前を流れている天竜川の洪水で何度か被害を受けており、治水事業に伴い天竜峡~時又間の線路の位置が付け替えられ、駅も新しくなっています。
 この駅舎になったのは2001年とまだ近年です。

川路駅の天竜峡駅方向を見る
 ホームから天竜峡駅の方向を見ています。
 線路が付け替えられたので、クネクネした飯田線のイメージとは全然違います。

 今現在だとyahoo地図でこの周辺を見ると地図の方は新しくなっていますが、写真に切り替えるとまだ旧線を使用して新線が建設中の時代の画像なので、新線と旧線の位置が比較できます。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 09:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月10日夕方の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の4096列車のKD55 103&EF210-142
 4096列車を千葉貨物から牽引してきたKD55 103が隣の線に移動すると、間もなく蘇我からの牽引機となるEF210-142がやって来ます。
 今日の編成は、KD55 103→EF210-142 +コキ101-71+コキ100-71+コキ100-72+コキ101-72+コキ106-1012+コキ106-566+コキ106-652+コキ106-785+コキ101-127+コキ100-127+コキ100-128+コキ101-128+コキ106-746+コキ106-232+コキ106-147+コキ106-1142でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その31

 すでに天竜峡駅の紹介はその11~13に掛けてしていますが、肝心な写真が抜けていたのでもう1回紹介です。

天竜峡駅の様子
 こちらの写真は木曽路・伊那路撮影行2日目の夕方に撮影した天竜峡駅の様子です。

天竜峡駅の253Mの313系
 踏切から撮影した253Mの313系です。

天竜峡駅駅舎
 抜けていたのはこの写真にある天竜峡駅駅舎です。
 特徴があるこの駅舎は伊那電が開業したときに建てられた駅舎を改築して使っています。
 観光地の駅として洒落た駅として作られているのです。

 今回からしばらくは飯田線の駅を中心に紹介していきます。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その30

117系佐久間レールパーク号&119系
 佐久間レールパークを後にして中部天竜駅のホームに行くと、留置線に佐久間レールパーク号で到着した117系がおり、続いて中部天竜止まりの1506Mの119系がやって来て並びを見せていました。

中部天竜駅の117系佐久間レールパーク号
 119系が移動した後は、佐久間レールパーク号が撮影しやすくなりました。
 帰りの列車までこの位置で留置されているみたいです。

佐久間レールパーク号前面
 117系佐久間レールパーク号の前面です。
 ヘッドマークが付いており、取り付けには手間が掛かっているようです。
 何となく位置は微妙な気がしますが…。

中部天竜駅に到着したワイドビュー伊那路1号
 ワイドビュー伊那路1号が到着しました。
 この日はこの列車で中部天竜駅を後にしています。
 帰りは行きの反省を活かしたので、天竜峡駅までの車窓が楽しめました。
飯田線 | 投稿者 kd55-101 05:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月8日、本日は4096列車をチェックしてから帰りました。

蘇我駅の4096列車のEF210-136
 編成は、KD60 4→EF210-136 +コキ101-79+コキ100-79+コキ100-80+コキ101-80+コキ106-143+コキ106-226+コキ106-784+コキ106-272+コキ103-101+コキ102-101+コキ102-102+コキ103-102+コキ106-1113+コキ106-247+コキ106-81+コキ106-1031でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その29

屋外展示の駅名標
 展示室の外にも屋外展示されている物があります。
 古い駅名標や駅名看板などが展示されています。
 写真は一目瞭然の辰野駅の駅名標です。

屋外展示のヘッドマークや看板
 保線区の看板やヘッドマークも展示されています。

屋外展示の165系のドア
 外してそのままの貫通ドアにも見えますが、一応展示品のようです。
 塗り分けから見ると165系のドアのようです。
鉄道関連施設・他 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月7日、いつものように仕事帰りの蘇我駅チェックです。

蘇我駅の5481列車のEF65 1051
 本日は5481列車のチェックです。
 KD60 1からEF65 1051に牽引機は引き継がれました。
 編成はは、KD60 1→EF65 1051 +タキ1000-623緑タキ1000-629緑タキ243796緑+タキ43439+タキ43151青タキ43464青タキ1000-395青です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その28

展示室内のタブレット閉塞機など
 色んな展示品が置かれており、見ていて飽きません。
 この一角は昔の駅務室を再現していたのだったかな?

特急南紀とひだのヘッドマーク
 特急南紀とひだで使用していたヘッドマークも飾られています。

マルスM型端末
 昔のマルス端末であるM型端末です。
 ページをめくりながら指定券を発券していたのもいつの間にか見なくなってしまいました。
鉄道関連施設・他 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の前川駅

 先月は忙しく床屋に行けなかったので、久しぶりに散髪しに行くことにしました。
 カメラを持っていざ出発。
 アレ…何故カメラ?

前川駅の507列車のKD60 1と506列車のKD55 201
 前川駅では506列車と507列車を撮影しています。
 写真は交換待ちをしている507列車の横を506列車が通過するところです。

前川駅を発車する507列車のKD60 1
 506列車の通過後、507列車が発車しました。

 以下両列車の編成です。
 507列車 KD60 1+コキ106-853+コキ104-2013+コキ104-206+コキ104-1611

 506列車 KD55 201+コキ200-146+コキ107-127+コキ200-85+コキ106-666+コキ104-195+コキ104-2830+コキ104-2695+コキ106-37+コキ107-110+コキ106-746+コキ106-232+コキ106-147+コキ106-1142

 撮影後にはちゃんと床屋に向かいました。
 床屋は前川駅からだと車で5分で行けるのです。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 17:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の久留里線 (検測車入線)

 朝起きられたら朝の久留里線を撮影に行こうと思って前日は就寝しました。
 目が覚めると4時15分、まだ外は暗く天気の状態も分かりません。
 そう言えば、検測車が前日の夕方に木更津入りしたと情報があった事を思い出し、来ないとは思いつつも出掛けてみました。
 5時に家を出てまずは小櫃駅に行ってみます。

小櫃駅の920Dのキハ30 100
 小櫃駅では始発の920Dを撮影です。
 キハ30 100+38 1002の2連でした。

俵田駅のキクヤE193-1
 俵田駅に移動して駅の様子を撮影しながら時間調整、検測車が来るとすれば、920Dと横田で交換、次の922Dと久留里で交換のスジと予想して、いつでも撮影できる体制で待っていたら、ちゃんとやって来てくれました。
 キクヤE193-1+マヤ50 5001+キヤE192-1+キヤE193-1のEast-iD+マヤ50の4両編成です。
 俵田駅でいったん停車した後、久留里方向に走り去っていきました。

俵田駅の922Dのキハ37 1002
 2番列車の922Dは、キハ37 1002+38 3の2連でした。

上総亀山~上総松丘間の924Dのキハ38 2
 3番列車は上総亀山~上総松丘間で撮影します。
 924Dは、キハ38 2+38 1003の2連でした。
 久留里線の線路際は草が伸びて写真が撮りづらい場所が多くなっていました。
 撮影地点は道床からもかなり草が伸びており、緑の線路敷きと化しています。

上総亀山駅のEast-iDと921Dのキハ38 1002
 上総亀山駅に行くとEast-iDが停車していました。
 上り列車まで時間があるので待機中のようです。
 そのうち921Dがやってきました。
 キハ38 1002+30 100の2連、920Dの折り返し列車です。

上総亀山駅のEast-iDと926Dのキハ30 100
 921Dの折り返し列車である926Dが発車します。
 キハ30 100+38 1002が爆煙を上げて発車していきました。

平山~上総松丘間の923Dのキハ38 3
 朝ご飯を食べに家に戻ることにして、途中、平山~上総松丘間で923Dを撮影。
 922Dの折り返しである、キハ38 3+37 1002の2連でした。
久留里線 | 投稿者 kd55-101 11:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その27

運転シミュレーター
 展示室の中にはこんな物もあります。
 車両の先頭部分を利用した運転シミュレーターなのです。
 運転席の前にそのままモニターを置いているのでした。

中から見た運転シミュレーター
 中から見るとちゃんとシミュレーターになっており、操作に合わせて映像が動きます。

クハ115-10419
 この車両はクハ115-10419、クハ115形の10000番台です。
 すごいぞJR東海、すごいインフレ番号だ!
 当然ながらこの車番は偽物ですね。

 実はこの車両は115系ですらないのです。
 旧型国電の72系のグループであるクハ66形なんですね。
 アコモ改造車として72系を改造して、115系300番台同様の車体に更新した形になっています。
 よく見ると115系との違いが分かります。

 70年代後半身延線で旧型国電を撮影していた時分、この車両がやって来るとガッカリしたものです。
 1回くらいは撮影していたかと思ったのですが、全然写真が無いところを見ると無視していたようです。
 ワインレッドの115系はちゃんと撮っているのに…。

 ちなみにクハ66002の先頭部でした。
鉄道関連施設・他 | 投稿者 kd55-101 04:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の姉ヶ崎駅 その4

 本日は姉ヶ崎駅でも撮影しています。

姉ヶ崎駅の190Mのマリ507
 190Mはマリ507でした。

姉ヶ崎駅の191Mのマリ206
 191Mはマリ205でした。
 これからは113系・211系の最後の記録をしていくことになりそうです。
内房線 | 投稿者 kd55-101 17:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉みなと駅 その11

千葉みなと駅の8685列車のEF65 1064
 9月5日、仕事帰りの千葉みなと駅に8685列車がやって来ました。
 土曜日なので貨車は無くEF65 1064の単機です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その26

1階の展示室の様子
 今度は1階の展示室の様子です。
 サボやらヘッドマークやら駅名看板やら、色々と所狭しと並んでいます。

Nゲージのジオラマ
 1階にはNゲージのジオラマがあり、運転も楽しめるようです。

ジオラマ運転用のマスコン
 ジオラマの横には本物のマスコンが設置してあり、これでジオラマの車両をコントロールします。
 1回100円になっていました。
鉄道関連施設・他 | 投稿者 kd55-101 06:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その25

展示車両とカウントダウンの看板
 多くの車両達の様子の紹介は後日として、建物内部の展示物を見てみましょう。
 建物の前には閉園までの日数がカウントダウンされている看板もありました。
 展示車両の前ではみんな思い思いに記念撮影しています。

2階展示室前からの中部天竜駅
 展示室は1階と2階にあり、まずは2階を見に行きました。
 展示室の前から中部天竜駅の構内が良く見えます。

プラレールの大ジオラマ
 2階は大きなプラレールのジオラマがあります。
 プラレールでもここまでやると壮観です。

佐久間レールパーク号到着
 臨時列車の佐久間レールパーク号が到着しました。
 この列車に乗ってきた人たちは佐久間レールパークが目的な人が大半で、この後、園内の人が一気に増えるのがわかります。
 実際ゆっくり車両を撮影するのは、厳しくなりました。
鉄道関連施設・他 | 投稿者 kd55-101 04:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅

 9月3日、仕事帰りの蘇我駅で見た貨物列車の様子です。

蘇我駅の4099列車のEF210-110&KD60 3
 蘇我駅に到着した直後の4099列車です。
 JR側はEF210-110が牽引して、お迎えのKD60 3が待機する横に入線してきました。
 本日の編成は、KD60 3→EF210-110 +コキ104-2259+コキ107-104+コキ104-1183+コキ104-455+コキ104-1741+コキ106-366+コキ104-1698+コキ104-1137+コキ104-2539+コキ104-1528+コキ104-1699+コキ106-1038+コキ104-407+コキ104-182+コキ104-2731+コキ104-507+コキ104-1798+コキ106-667+コキ104-2530+コキ104-1271です。
 編成が長いため車番チェックしているうちに出発時間になってしまい、KD60 3が先頭に立つ姿は撮影できなかったのでした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その24

ソ180前面?
 これはいったい何でしょう?
 思わずクイズでも出したくなる形をした車両です。

ソ180
 答えは操重車のソ80形でした。
 事故救援用に21両が製造された車両であり、写真のソ180が最終製造となっています。
 最終製造は1969年、全車現役を退いており、名古屋にいたこの車両は保存されました。

ソ180全景
 長さのあるクレーンのブームを載せるために、控え車としてチキ6132がコンビになっています。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 00:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅

 房総用の209系2100番台車に続いて、京葉線用の233系投入が発表されました。
 いよいよ千葉の車両も総取替になりますね。
 残るは久留里線用の新車だけです。
 どうなるのかが気になります。

 それでは昨日、9月1日の出勤時に見た蘇我駅の様子です。

蘇我駅を発車する4098列車と1092列車
 到着した1092列車のKD60 4の横を、4098列車のEF65 1117が出発していきます。

1092レのKD60 4とEF210-125
 1092列車を牽引してきたKD60 4が先頭を離れた後、蘇我からの牽引機EF210-125がやってきました。
 この後、編成の先頭に連結されています。

 この日の両列車の編成は以下の通りでした。

4098列車 EF65 1117+コキ51304+コキ52665+コキ50411+コキ200-106+コキ107-22+コキ200-142+コキ104-2597+コキ104-570+コキ104-1093+コキ104-678+コキ104-2709+コキ104-2350

1092列車 KD60 4→EF210-125 +コキ103-125+コキ102-125+コキ102-126+コキ103-126+コキ106-143+コキ106-226+コキ106-784+コキ106-272+コキ103-101+コキ102-101+コキ102-102+コキ103-102+コキ106-1113+コキ106-247+コキ106-81+コキ106-1031
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その23

キハ181-1運転席後ろ側
 キハ181-1運転席の後ろ側です。

キハ181-1運転席
 運転席は一段高い位置に設けられています。

キハ181-1運転席から見た前方の様子
 運転席から見た前方の様子です。
 パノラミックウインドウの視界は良好、レールパーク構内の車両達が良く見えます。

キハ181-1操作盤
 操作盤の様子です。
 シンプルな感じがします。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 00:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その22

キハ181-1客室内
 キハ181-1の客室内に入ってみました。
 ずらりとリクライニングシートが並んでいます。
 白いシーツが掛かっていないのが残念でした。

キハ181-1乗降扉付近
 乗降ドア付近です。
 この形式は折り戸たったんですね。

機器室の間の通路
 キハ181は客室と運転席との間に機器室があり、機器室の間を通路が通っています。
 この通路を通って運転席に行ってみます。

キハ181-1助士席
 こちらは助士席です。
 簡単ないすがありました。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 00:25 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]