姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2009年 5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

東海撮影行 その20

運動公園前駅のモ781
 さらに歩いていくと運動公園前駅に辿り着きました。
 道の真ん中に安全地帯があり、その先で線路はなくなります。
 単線なので列車はそのまま折り返すだけなので単純な配線となっていました。
 写真はモ781が停車中です。

運動公園駅前にある銘板
 運動公園前駅にあった銘板(?)です。
 1982年7月に完成したことが分かります。
 全国の路面軌道が減少していく中での貴重な延伸区間です。

モ781車内
a>
 ここからの移動は電車に乗車することにしました。
 この車両は名鉄時代にも乗車しており、車内の基本的な部分は変わっていないようです。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その171

 5月30日昼前の蘇我駅の様子、出勤前で見たままです。

蘇我駅の5683列車のEF210-123
 5683列車は土曜日なので、EF210-123が単機です。

蘇我駅の1357列車のEF65 1093
 1357列車はEF65 1093が牽引してやって来ました。
 傘が無いのに雨が降ってきてしまったため、ホームでの撮影をしただめ車番チェックはおこないませんでした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その19

井原駅の様子
 撮影しながら歩いていると井原駅までやって来ました。
 ここで赤岩口駅方面と運動公園前駅方面に線路が分岐します。
 各方向ごとに乗車ホームが分かれており、写真は駅前方面行きのホームとなっています。

井原駅分岐点に来たモ784
 駅前発運動公園前行きのモ784がやって来ました。
 奥が駅前方面、直進側の右が赤岩口方面、左に曲がっているのが運動公園前方面になります。
 写真には写っていませんが、さらに左側に運動公園方面のホームがあり、右側にも赤岩口方面のホームがあります。

半径11mのカーブを曲がるモ784
 グイッとモ784が曲がっているこのカーブは、半径が11mしかなく、鉄道路線としては日本一急なカーブとなります。
 あまりにも急なカーブのため、モ801は曲がれないため、運動公園への運用からは外れています。
 (ここに訪れた後に新製投入された、T1000形「ほっトラム」も曲がれないため運動公園駅には行きません)
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その170

 5月29日、今日は仕事の前後で蘇我駅の貨物列車を見てました。

蘇我駅の5683列車のKD55 102
 5683レの到着です。

蘇我駅の5683列車のEF210-122
 牽引機がEF210-122になりました。
 後続の車番は、タキ44007青+43207+43464青44016青43150青43402青43170青43467青+43335+1000-391青43162青43013青43427青 です。

蘇我駅の1357列車のEF65 1068
 1357列車は、EF65 1068→KD55 102 +コキ104-336+104-162+104-220+104-760+104-2454+106-177+104-2434+104-515+104-1639+104-2094+104-492+104-215+104-360+104-1243+104-1253+106-903+104-1290+104-1949+104-1457+106-941 です。
 いつもより機関車1両分前に停車しています。

蘇我駅の4096列車のKD55 103
 4096列車は、KD55 103→EF210-136 +コキ103-101+102-101+102-102+103-102+106-821+107-121+106-1154+106-724+103-135+102-135+102-136+103-136+106-318+107-126+106-1125 です。

 昼前の撮影では緑区民様とお会いすることが出来ました。
 時間がなかったためゆっくり話せず残念です。
 また今度よろしくお願いします。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その18

本線と留置線の分岐
 本線から急なカーブで留置線が分岐され、すぐに2線に分かれています。
 路面電車ならではの配線です。

競輪場前駅に停車中のモ782
 競輪場前駅にモ782がやって来ました。
 名鉄の岐阜市内線も早い時期に安全地帯が整備されていれば違った展開になっていたのかな?
 電車を降りた脇をトラックが抜けていくのは、危険を感じましたから。

豊鉄市内線のモ3201
 こちらも元名鉄のモ580形だった、3200形モ3201です。
 この車両は1956年製なので、50年以上頑張っています。
 同型車の他2両共々もう少し活躍してもらいましょう。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その169

 5月28日は蘇我駅付近で会議をやっていました。
 昼休みに撮影&チェックしています。
 
蘇我駅の1091列車のKD60 4
 1091列車は、KD60 4+コキ53240+52823+52316+50511+50320+52710+200-109+107-22+200-142 です。

蘇我駅の3091列車のEF65 1072
 3091列車は、KD60 4→EF65 1072 +タキ1000-674青1000-407青1000-406青1000-387青1000-676青1000-392青1000-670青1000-400青1000-404青 です。

蘇我駅の5482列車のEF65 1055
 5482列車は、EF65 1055→KD60 1 +タキ43002青1000-393青4354643412青43379青 です。

蘇我駅の5881列車のKD60 1
 5881列車は、KD60 1→EF210-122 +タキ43632+44006青1000-173緑1000-162緑43392青43410青1000-366緑1000-300緑1000-807緑1000-806緑1000-380青1000-367緑1000-822緑43001青1000-682緑 です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その17

市内線営業所と留置線
 競輪場前電停のホームから道路の向こうを見ると、市内線(東田本線)営業所と留置線がありました。
 狭い敷地に引き込まれた留置線は、2両しか車両を留置することが出来ません。

市内線営業所
 市内線営業所の建物です。
 軽ワンボックスに隠された位置に窓口があります。

豊鉄市内線3501
 この時留置されていたのは2両あり、どちらも東京都交通局から譲渡された元7000形、豊橋鉄道では3500形でした。
 写真はモ3501です。

豊橋市内線のモ3502
 こちらはモ3502、ほとんどが前面広告車になっているので、塗装が違っており見ていて飽きません。
 ここの留置線の車両は夕方のラッシュ時くらいにしか出番がないらしく、車両の前に車が停められていても問題ないようです。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅他 その168

 5月27日、休みの午後に蘇我駅他で貨物列車を撮影していました。

蘇我駅の4095列車&8685列車
 14時07分時点 4095列車 KD55 102+コキ 側1停車中(右)
    〃      8685列車 タキ 側3停車中(左)
 14時09分 4095列車 KD55 102+タキ 側1出発
 14時16分 8685列車牽引機 EF65 1063 側2入線

蘇我駅の8685列車のEF65 1063
 14時18分 8685列車牽引機 EF65 1063 側2→側3 連結

蘇我駅の1070列車のEF210-123
 14時26分 1070列車 EF210-123+タキ 側1到着
 14時27分 1070列車牽引機 EF210-123 切り離し
 14時35分 1070列車牽引機 EF210-123 側1発車 千葉機関区へ

蘇我駅の単24列車のKD55 102
 14時44分 単24列車 KD55 102 側2到着

蘇我駅の8685列車のEF65 1063 2
 14時46分 8685列車 EF65 1063+タキ 側3出発

蘇我駅の1070列車KD55 102
 14時46分~48分 KD55 102 側2→側1 連結

蘇我駅の単2879列車のEF210-135
 14時53分~54分 単2879列車 EF210-135 側3到着・出発
 14時56分 1070列車 KD55 102+タキ 側1出発

白帯の無くなったタキ1000-97
 本日、千葉に来ていた最後の2両となっていた、青に白帯有りのタキ1000-97が帯無しになってから初めて撮影することが出来ました。
 きっともう帯有りのタキ1000は無くなってしまったのでしょうね。

 2080列車の到着まで時間があったので、千葉機関区を覗きに行きました。
 15時10分頃の構内には6両の機関車がいました。
 2:EF210-135 3前:EF210-14 4前:EF65 1082 4後:EF65 1055 5-1後:EF65-1117 5-2:EF210-123

 結局、2080列車はやって来ません。
 4回続けて空振りに終わっています。

 各列車の車番は以下の通りです。
  
 4095列車 KD55 102+コキ106-1001+106-1116+106-1112+106-1159+106-1149+106-367+106-1083+106-405+106-897+106-487+106-207+106-549+101-97+100-97+100-97+101-98
 8685列車 KD55 102→EF65 1063 +タキ43627+43626+43526+43545+43519+43539+43542+43623+1000-384青+43631+43555+43554+1000-671青1000-386青+43606+43575+43528+1000-388青
 1070列車 EF210-123→KD55 102 +タキ1000-97青1000-310青1000-98青1000-96青1000-398青1000-378青1000-411青1000-412青1000-417青1000-373青1000-376青1000-672青1000-381青1000-377青
 単24列車 KD55 102
 単2879列車 EF210-135

 家に帰る際に見た市原分岐で見た211列車は、1070列車が機関車ごとスルー運転しているのが確認できました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 18:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その16

東田本線のモ801&モ787
 豊橋鉄道の渥美線の撮影は切り上げて、軌道線の東田本線にやって来ました。
 東田~競輪場前間で元名鉄同士のモ801とモ787がすれ違います。
 名鉄の岐阜市内線などが廃止となった後にやって来て旧型の車両を一部置き換えています。

競輪場前駅に停車中のモ787
 上の写真から振り返ると競輪場前駅、モ787が停車中です。

競輪場前駅から赤岩口方面
 競輪場前駅から終点の赤岩口方向を見ています。
 この駅から先は単線となります。

競輪場前駅から駅前方面
 反対の駅前駅の方向を見ています。
 競輪場前駅の手前で複線から単線になっています。
 以前は安全地帯が無く競輪場駅までは複線でしたが、安全地帯を設置した時に1線化されました。
 上下の安全地帯を設置する道路幅が無かったようです。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その167

 5月26日は明け番帰りに昼間の蘇我駅を見てました。

蘇我駅の1091列車のEF65 1058
 1091列車が到着しました。
 直前で余計なことをしていたら編成が入らなくなってしまいました。

蘇我駅の3091列車のEF65 1078
 1091列車の牽引機が千葉機関区へ引き上げた後、入れ替わりで3091列車の牽引機が現れました。
 本日はEF65 1078です。

蘇我駅の3091列車のKD55 102
 千葉貨物駅からの3091列車が到着しました。
 牽引機はKD55 102です。

蘇我駅の1091列車のKD55 102
 3091列車を牽引してきたKD55 102は、機回しして1091列車の先頭に立ち、千葉貨物駅までタキを牽いて行きます。

蘇我駅の5482列車のEF65 1054
 今度は5482列車が到着しました。
 牽引機のEF65 1054が千葉機関区へ向かって発車したところです。

蘇我駅のDE10単機
 内房線からのDE10単機回送もやって来ましが、駅の外にいたので近くに行く前に発車してしまいました。
 隣は出発待ちの3091列車です。

蘇我駅の3091列車のEF651078 2
 3091列車が出発を待っているところです。

蘇我駅の5881列車のKD60 4
 3091列車が出発した後には5881列車がやって来ました。
 千葉貨物からの牽引機はKD60 4です。

蘇我駅の5482列車と5881列車
 5881列車の牽引機のEF210は、千葉機関区からやって来ると下り方で停車します。
 続いて5881列車を牽引してきたKD60 4が、5482列車の前に連結されます。

蘇我駅の5482列車のKD60 4
 5482列車にKD60 4の連結が完了すると、操車係の人はEF210に移り、やっとEF210は動き出します。

蘇我駅の5482列車のKD60 4 2
 本日の5482列車の返空タキは4両だけなので、余裕の仕事です。

蘇我駅の5881列車のEF210-116
 5881列車の先頭にEF210-116が連結され出発を待っているところです。
 ここまで撮影して本日の蘇我駅は終了しました。

 以下、本日の4列車の車番です。

 1091列車 EF65 1058→KD55 102 +コキ200-110+106-900+200-54+50848+52623+50716+53370+50571+53318
 3091列車 KD55 102→EF65 1078 +タキ1000-653青1000-394青1000-821緑1000-65緑1000-413青1000-674青1000-395青1000-396青1000-390青1000-405青1000-407青1000-406青1000-387青1000-676青1000-392青1000-670青1000-400青1000-404青
 5482列車 EF65 1064→KD60 4 +タキ43002青1000-393青+43546+43412青
 5881列車 KD60 4→EF210-116 +タキ43392青+43211+1000-440青43018青+43410+1000-137緑+43632+1000-366緑1000-300緑1000-348緑1000-385青1000-162緑1000-807緑1000-806緑1000-380青1000-367緑1000-822緑43001青1000-682緑1000-359緑
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その15

留置中のホム100形3両
 高師駅の三河田原駅側の踏切に回ると、バラスト散布用に使用していたホム100形が3両留置されているのが見えました。

ホム100形の脇を抜けていく1800系
 ホム100形の横を三河田原行きの電車が走り抜けていきました。

ホム108
 3両のうちの1両であるホム108です。
 標記を見ると2004年の6月で検切れとなっています。
 検が切れてからずっとこの場所で留置されているようです。
 この車両自体は名古屋鉄道から2001年に移ってきており豊橋鉄道での活躍は短いのです。
 この形式は1984年に9両が製造されており、名古屋鉄道でも全車廃車となっています。
 揖斐線の黒野駅にいた2両は過去に撮影しています。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 03:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その14

高師検車区の1800系とモーターカー
 再び高師検車区を覗いています。
 (近くの看板には車両区と出ていましたが、正式名称が分からないので高師検車区と呼んでいます)
 現在の豊橋鉄道渥美線の旅客車両は、元東急7200系である1800系のみが存在しています。

 東急から7200系は30両譲渡されており、営業用に整備されたのが3両編成×9本で27両、部品取り用に3両の内訳となっていました。
 ブログの中で触れているように2両が火災で廃車となり、部品取り用だった車両が整備されて運用に付いたので、部品取り用は1両になりました。

モーターカーと1800系
 モーターカーの後にも2両の1800系がいました。
 こちらは色帯の無い1800系です。

整備中の車両達
 庫内でも色帯の無い1両が整備を受けていました。

 撮影した時には、たわいない車両の整備風景だと思っていましたが、この帯の無い3両のうち1両は部品取り用の1両であり、残りの2両は上田電鉄からの譲渡車だったことに最近気が付きました。
 この3両は緑色の帯の編成になって活躍しています。
 なので、営業用は3両編成×10本の30両に変わっています。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その166

 5月24日、本日は休みでした。
 仮設住宅氏が遊びに来るついでに、蘇我のポポンデッタに行くことになったので、蘇我駅に迎えに行きました。

蘇我駅の1091列車のEF65 1070
 蘇我駅に行ったらやはり貨物列車を撮影しないことには帰れません。
 1091列車を撮影して車番をチェックしています。
 編成は。EF65 1070+コキ251???+51340+51151+52666+52802+50951+200-106+106-820+200-112 となっていました。

 車番をチェックしている時に仮設住宅氏は言いました。
 「車両だけでなく上に載っているコンテナもチェックすれば、色も含めて」
 模型をこだわっている人だと上に載っているコンテナも凄く気になるのでと言うことですが、ハッキリ言ってそこまでは無理です。

蘇我駅の3091列車のEF651087
 車番のチェックが終わった時、3091列車の牽引機になるEF65 1087もやって来ました。
 これを撮影して今日の蘇我駅は終了です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その13

新豊橋方の踏切から高師駅構内を見る
 新豊橋方にある踏切から見た高師駅構内の様子です。

やって来た三河田原行き1800系
 踏切が鳴り三河田原行きの列車が来ました。
 この場所は木の陰になって日が当たらないため、露出に失敗し変な写真になってします。

三河田原行きの側線
 列車がいない時に同じ場所を見ると、側線がありました。
 この側線は1800系が導入された時には、部品取り用の車両が置かれていた場所です。
 部品取り用には3両あったのですが、そのうち2両は検車区の火事で被災した車両の代わりに整備されて運用に付くようになっています。

 撮影した時には気が付いていませんでしたが、ユニチカ豊橋工場の専用線の跡地でした。
 この専用線は途中線路が残っている事で存在は知っていたのですが、高師駅から分岐だった事はすっかり忘れていました。
 また見に行かないと行けません。

新豊橋行き「新なぎさ号」が高師駅に到着する
 反対側から新豊橋行きの「新なぎさ号」が到着です。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その165

 5月23日も仕事帰りに蘇我駅に立ち寄りました。
 本日は4096列車を見ています。

蘇我駅の4096列車のEF210-118
 編成は、EF210-118+コキ103-125+102-125+102-126+103-126+106-762+106-301+106-108+106-725+103-55+102-55+102-56+103-56+106-419+106-1012+106-441+107-44 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その12

高師駅付近の石油タンク
 高師検車区の横には線路と駐車場を挟んで懐かしい標記の石油タンクがありました。
 確かヘッポコ出戻りモデラー様のブログでも紹介されてました,
 以前は鉄道で石油運んでいたのかな?
 このタンクの前にある駐車場がその跡地に見えてしょうがないのです。

高師駅駅舎
 高師駅駅舎です。

高師駅入り口正面
 高師駅入り口を正面から見たところです。

高師駅構内の様子
 脇の駐輪場から見た構内の様子です。
 奥が三河田原方面、手前が新豊橋方面になります。
 駅舎からホーム真ん中に構内踏切がありますが、駅舎側に列車が停まると使用できなくなります。
 そんな時にはホームの新豊橋側にあるもう一つの構内踏切を使うのでした。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その164

 5月22日、仕事帰りの蘇我駅の様子です。

 18時29分 5481列車牽引機 EF65 1076 側1入線
 18時32分 5481列車 KD60 1+タキ 側3到着
 18時35分 KD60 1 切り離し 側3→側2

蘇我駅の5481列車のEF65 1076&KD60 1
 18時36分 EF65 1077 側1→側3 連結
 18時39分 KD60 1 下り方へ移動

 編成の方は、 KD60 1→EF65 1076 +タキ43423+1000-91緑1000-393青43002青+43546+43421青+43445+43412青 でした。

 ご一緒した蘇我機関区様、お疲れ様でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その11

高師駅に停車中の1800系なのはな号
 今度は高師駅にやってきました。
 ちょうど1800系なのはな号が停車中です。

踏切から見た高師駅ホーム
 高師駅のホームを踏切から撮影しています。
 見ての通りでホームが踏切ギリギリまであります。
 このホームは現在の1800系3両編成なら問題がありませんが、車両が入れ替わる以前は4両編成の運用があり、踏切上にはみ出して停車していたのでした。

踏切から見た高師検車区
 踏切の反対側には渥美線の車両基地である、高師検車区があります。
 2003年に火災があり、1800系が2両被災して廃車となっています。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その163

 5月21日は東京での会議の帰りに蘇我駅に立ち寄りました。

 16時55分 4098列車コキ 側2留置中
 17時03分 4098列車牽引機 EF65 1077 側1入線

蘇我駅の4098列車のEF65 1077
 17時05分 4098列車牽引機 EF65 1077 側1→側2 連結
 17時08分 1092列車 KD55 201+コキ 側3入線
 17時11分 KD55 201 切り離し 側3→側1
 17時15分 単21列車 KD55 201 側1出発
 17時21分 4098列車 EF65 1077+コキ 側2出発
 17時23分 1092列車牽引機 EF65 1079 側1入線

蘇我駅の1092列車のEF65 1079
 17時25分 1092列車牽引機 EF65 1079 側1→側3 連結

 また時間を追って紹介してみました。
 以下、各列車の車番です。

 4098列車 EF65 1077+コキ104-1743+104-327+104-1029+104-1168+104-492+107-83+104-1639+104-2070+104-222+104-1654+104-855+52168+51120+51580
 1092列車 KD55 201→EF65 1079 +コキ51967+51751+53277+200-142+他
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その10

三河田原駅構内終端を見る
 三河田原駅の終端部を見ています。
 この駅より先には線路がありません。

三河田原駅の車止め
 終端にある車止めです。
 ガーターの上で線路が終わっています。
 普通であれば、ガーターを架ける必要はなく手前で線路を終わらせればよいのです。
 そう、以前は三河田原駅が終点ではなく、2駅分2.9Km先の黒川原駅まで線路があったからなのでした。
 この先の線路は戦時中の1944年に不要不急路線とされて休止されており、(当時は名鉄渥美線)、渥美線の新豊橋~三河田原間が名鉄から豊橋鉄道へ譲渡された直後に正式廃止となっています。

黒川原へ向かっていた線路跡の道路
 黒川原駅の方向へは線路跡が道路となって残っていました。
 この先を見てみましたが、時間の関係でちょっとだけだったので、よく分かりませんでした。

線路終端から見た三河田原駅構内
 線路終端から見た駅構内はこんな感じです。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その162

 5月20日、E259系試運転の合間や帰りに見た貨物列車の様子です。
 市川駅での撮影後はお約束の蘇我駅です。

蘇我駅の5482列車のEF65 1094
 蘇我駅に5482列車がやって来ました。
 本日は単機での到着です。

蘇我駅の3091列車のEF65 1092
 出発待ちをしている3091列車はEF65 1092が牽引機です。
 後続は、タキ1000-301緑タキ1000-821緑タキ1000-65緑タキ1000-400青タキ1000-404青タキ1000-675青タキ1000-399青タキ1000-405青タキ1000-407青タキ1000-389青タキ1000-390青タキ1000-394青タキ1000-406青タキ1000-387青タキ1000-676青タキ1000-397青タキ1000-392青でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の市川駅

 5月20日、E259系試運転の合間や帰りに見た貨物列車の様子です。

市川駅の1091列車のEF65 1083
 市川駅に差し掛かった1091列車です。
 EF65 1083+コキ8両程度の編成でした。

 この後は蘇我駅で貨物列車を撮影してから帰っています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日のE259試運転

 5月20日は明け番帰りにE259系の試運転を撮影して来ました。

両国駅3番線の駅名標
 最初に向かったのは、本運転で入線することが無いであろう両国駅です。
 蘇我機関区様が両国駅で撮影したと言っていたので、真似してみました。
 写真は、両国駅3番線の駅名標、いつの間にかこんなのが立っていたのですね。

総武快速線から両国駅構内へ転線するE259系
 総武快速線から両国駅構内に転線してくるE259系です。

両国駅3番線に進入するE259系
 両国駅3番線にE259系が入ってきます。
 この列車は試9440Mです。

E259系側面のロゴ
 側面に描かれているロゴです。

E259系運転席後部の文字
 運転席後部にはこんな文字が描かれていました。

両国駅3番線に停車中のE259系
 江戸東京博物館をバックにして、両国駅3番線に停車中のE259系です。
 この写真が撮りたくて両国駅までやって来たようなモノでした。
 昔はわざわざ両国駅に寄って急行に乗って千葉まで帰っていたので、このホームをよく使っていました。
 今は定期の旅客列車もなく規模も縮小されてさみしい限りです。

市川駅を通過するE259系試運転
 試9441Mとなった試運転列車が市川駅を通過していきました。
 しばらくするとこれが当たり前の風景になるのでしょうね。

==コメント==
 両国の駅名標は昨年末の改修で設置されたのでしょうね。気が付きませんでした。
 E259の両国入りは将来海外からの大相撲観戦ツアーの輸送訓練かも・・・・新聞列車の代走訓練とか・・・・おちゃらけ、失礼しました。
 首都圏ニュース845で新AEの報道公開と対抗する259のグリーン本皮シートを放映していました。
投稿者 蘇我機関区 2009/05/20 22:06
==コメント==
 そうそう、これ撮ってみたかったんです。
 しかし、日曜日に試運転ないだろうし・・・・
投稿者 みや 2009/05/20 22:25
==コメント==
 こんばんは。
 両国駅とE259系の組み合わせは、貴重な記録ですね。
 この駅は、房総への起点駅の一つでしたから、昔から利用された方にとっては特別な思い入れがあるのでしょうね。
投稿者 緑区民 2009/05/20 23:58
==コメント==
 蘇我機関区様へ
 意外と海外からの観戦ツアー出来たりして。
 浅草も結構近いですし。
 せっかくホームをリニューアルしたのですから、もっと活用して欲しいですね。
投稿者 KD55-101 2009/05/21 07:19
==コメント==
 みや様へ
 E259系の一般公開を両国駅でやってくれれば良いですね。
 E257の時に両国駅でやった気がしましたので。
投稿者 KD55-101 2009/05/21 07:24
==コメント==
 緑区民様へ
 当時急行派だった私にとって、両国駅の地平ホームは楽しい場所でした。
 ヘッドマークを掲げた153系や165系を見られましたので。
投稿者 KD55-101 2009/05/21 07:30
==コメント==
 こんばんは。
 遅ればせながら、今日、両国駅でE259系(NE02)の試運転を撮りました。やはり、押さえておきたいカットなので…。
 余談ですが、3番線のホームの柱に付けられている駅名板(リコーの広告付き)は、最近他では見ないですね。
投稿者 緑区民 2009/06/12 23:40
==コメント==
 両国駅も良く観察すると色々と変わった物を発見出来て楽しいですよね。
投稿者 KD55-101 2009/06/13 00:15
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 19:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

東海撮影行 その9

 2月11日のブログを最後に中断していた、東海撮影行のネタを再開します。
 随分と間が開いてしまったので、どこまで話が進んだのか忘れてました…。

三河田原駅駅舎
 渥美線の終点である三河田原駅へやって来ました。
 現在の駅舎は1994年に新築されたのでまだ新しい建物です。
 田原城があることを意識して整備されたこの駅は、中部の駅百選にも認定されています。

三河田原駅改札越しの1800系
 駅舎内を覗くと改札越しに1800系が停車中です。
 改札を抜けるとすぐ乗車できる距離です。

三河田原駅構内の様子
 駅は2面3線の構造となっており、駅舎前のホームとは別に島式ホームがあります。
 こちらの島式ホームは朝・夕のみ使用となっているようです。
 この鉄道でも以前は貨物輸送をおこなっていたので、構内は広くなっています。
豊橋鉄道 | 投稿者 kd55-101 03:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その34

新金谷車両区のC12 164
 ナショナルトラスト所有のC12 164は、道路橋の下でお休み中でした。
 ATSの取り付け費用が不足して運転を休止したのが、2005年4月なので、4年もお休み中になっています。
 いつになったら復活できるのでしょう。

側線から見た新金谷駅構内
 新金谷駅からの側線はトワイライトゾーンに続いているので有名なのですが、今まで行ったことがなく、今回も行きませんでした。
 本線の魅力が大きいので、撮影していると時間が経ってしまい、行っている時間が無くなってしまうのでした。
 ハッキリ言って日帰りだと全部回ることは出来ないほどの魅力がこの鉄道にはあります。
 写真は側線から見た新金谷駅構内です。

道路橋から見た新金谷駅構内
 編集長敬白にも書かれていましたが、新金谷車両区の金谷駅寄りに立派な道路橋が完成しています。
 そこからは新金谷駅の構内を見渡すことが出来るのです。
 C12 164は、この道路の下で雨をしのいでいるのでした。

 今回の旅はここで終了です。
 またそのうち大井川鐵道に来たいと思います。
 (やっちん氏はさくら号がどうしても撮りたかったので、直後にもう一回来たそうです。) 
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 08:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その33

 ただ今、山口からの旅行から帰って来ました。
 今回は小ネタばっかり撮ってきましたので、そのうち紹介します。
 それでは大井川鐵道の続きです。

新金谷車両区のC11 227
 新金谷車両基地にはSLを運行するための諸設備が備えられています。
 今回は見ることがありませんでしたが、給水や給炭などの作業をじっくり見たいモノです。
 写真はこの日の運転を終えたC11 227です。

新金谷車両区のC10 8
 こちらはC10 8。
 さくらのヘッドマークはすでに外されていました。

新金谷車両区の421系
 今回は動いているところを見られなかった、元近鉄の421系です。
 最近は予備車になっているので、たまにしか運転がないようです。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 22:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その32

 本日から山口県へ旅行に行きます。
 鉄分は3割の予定、何か良いモノが撮れると良いかな~。
 ブログはいつも通りで大井川鐵道ネタです。

E101と旧型客車
 側線にはE101と旧型客車が留置されていました。
 SL列車も良いですが、この機関車が牽引するのも見たいですね。

千頭寄りの踏切から見た新金谷駅構内
 千頭寄りにある踏切から見た新金谷駅構内の様子です。
 駅の裏側に行く途中で撮影しています。

新金谷駅の客車編成
 駅の裏側から見た客車です。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 04:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その161

 5月13日夕方の蘇我駅の様子です。
 この日も出勤前にチェックしていました。

 1092列車は、EF65 1070+コキ250492+52805+51690+200-110+106-900+200-54+104-2108+104-2578+104-180+104-2409+106-282+104-314 の編成でした。

蘇我駅の4096列車のKD60 4&EF210-135
 4096列車はKD60 4が牽引して到着しています。
 KD60 4が側3に逃げると、蘇我駅からの牽引機であるEF210-135がやってきました。
 こちらの貨車は、コキ104-667+104-1332+104-2209+104-901+106-530+106-441+107-44+107-70+103-101+102-101+102-102+103-102+106-839+106-718+106-850+106-143 です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 15:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その31

 入場券を購入して新金谷駅構内に入ります。

新金谷駅に到着するC56 44
 構内踏切を渡るとすぐにSL列車が到着しました。
 千頭駅で見たC56 44がバック運転で戻ってきたのでした。
 せめてナンバープレートが付いていれば…。

新金谷駅ホームと旧型客車
 昔の駅の雰囲気がそのまま残る新金谷駅のホームと旧型客車はよく似合っています。
 これが最近の高架駅だと今ひとつです。

C56 44と記念撮影の人達
 先頭部ではC56 44との記念撮影で大賑わいです。

ホームから見た新金谷車両区の様子
 ホームから新金谷駅車両区を見たところです。
 色々な車両がいるので見ているだけで飽きません。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 00:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その160

 5月12日の蘇我駅の様子です。
 昨日も出勤前に夕方の貨物列車をチェックしていました。

蘇我駅の1092列車&4096列車
 出発待ちをしている1092列車の横に、4096列車が到着するところです。

 以下両列車の車番です。

 1092列車 EF65 1074+コキ52441+51282+51801+200-142+107-39+200-62+104-1680+104-2593+104-2749+104-721+104-1988+104-631

 4096列車 KD60 1→EF210-155 +コキ103-125+102-125+102-126+103-126+106-762+106-301+106-108+106-725+101-79+100-79+100-80+101-80+106-405+106-549+106-419+106-1018

 遅くなりましたが、ホームでご一緒したみや様お疲れ様でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 15:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その30

 新金谷駅までやってきました。

新金谷車両区のC10 8といぶき501
 新金谷車両区を脇の道から覗くと、C10 8とED501(愛称いぶき501)が停車していました。

置かれているキャブの上部や車輪
 以前から置かれている機関車のキャブ上部と車輪です。
 何の機関車に使用していたのでしょうか?

新金谷駅構内の客車と電車
 大井川鐵道には多くの客車が所属しており、SLとともに活躍しています。
 オハ35 857他の編成と16000系です。
 旧型客車は現役時代の姿をあまり見ていないので、詳しくないのですが興味はあります。
 次回は客車に乗ってみたいとは思っていますが、大井川鐵道に来る度に撮影だけで終わってしまい、なかなか実行に移せません。

大鐵しんかなやに来ました
 見たまんまで大鐵しんかなやに来ています。
 観光客用の記念撮影用なのでしょう。
 後方で仮設住宅氏が構内を撮影中です。

新金谷駅駅舎
 新金谷駅駅舎です。
 大井川鐵道の要の駅であり、車両基地や本社など他の施設も近辺に集中しています。
 バスツアーで来るとこの駅からSL列車に乗車する形になるので、多数のバスが駐められる駐車場もあります。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 00:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その159

 5月11日夕方出勤途中に蘇我駅で見た、4096列車の様子です。

蘇我駅の4096列車のEF210-150
 牽引機はKD55 103からEF210-150に引き継がれました。
 後続の貨車はコンテナ車が16両、コキ103-202+102-522+102-521+103-201+106-821+107-121+106-1001+106-155+106-1083+106-367+106-724+106-1149+107-126+106-1125+106-575+106-903 です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 13:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その29

千頭~崎平間のC11 227
 再び大井川本線に戻りSL列車の撮影をします。
 やって来たのは2本目のC11 227牽引の列車です。
 1本目のC10 8は、DB1のさよなら列車を撮影している間に行ってしまいました。

家山駅に停車中のC11 227
 帰途に着く前に、新金谷駅と隣接の新金谷車両区を覗いていくつもりで走っていると、先ほど撮影したC11 227と並走するようになりました。
 家山駅付近では列車より若干先行していたため、駅に停車している姿を撮影しておきます。
 家山駅にも桜が咲いていました。

家山駅を発車したC11 227
 C11 227が家山駅を発車します。
 タンク機関車といえど、機器を後ろ向きに操作しているので、バック運転は大変でしょうね。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 00:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その28

 時間はちょっと早めですが、DB1形のさよなら列車を撮影するために千頭駅を後にしました。
 撮影場所は貨車を撮影していた、資材積み込み施設の辺りにしましたが、今ひとつなのでそのまま歩いて川根両国駅が望める位置に移りました。
 撮影者は駅の付近に見える人の他は、私達3人しかおらず、ゆっくり撮影できるかと思いきや、列車を追っかけて撮影していた方が多くやってきて一気に賑やかになりました。
 やって来たタイミングも場所も良かったようです。
 場所的には傾斜地で崩れやすいので、待っている間は正直きついのです。
 実際にすっころんで怪我した人やカメラ打ち付けた人もいたので、慎重に待っていました。

川根両国駅を通過中のDB1形さよなら列車
 目的の列車が川根両国駅を通過していきます。
 みんな一斉にシャッターを切っていました。

川根両国駅を通過したDB1形さよなら列車
 列車に乗車している人達も楽しそうです。
 多くの人と桜が列車を見送っていました。
 正直乗りたかったですね。

通過していくさよなら列車
 撮影している脇を列車は過ぎていきます。
 2両目はスハフ4でした。

去っていくDB1形さよなら列車
 去っていく列車の後部デッキにも多くの人が出て楽しんでいました。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 16:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

甲種&特大 その3

 また話が盛り上がってしまい時間は過ぎていき、市原埠頭にシキが出発する時間が近づいてきました。
 8時半頃に本日3回目の出動、みんな思い描いている撮影場所に散らばっていきます。

お迎えのKD60 1
 今まで京葉臨海鉄道定番の三線区間で撮影していなかったので、今回は三線区間での撮影としました。
 しばらくするとKD60 1 が単機で現れました。
 甲種輸送を担当した同機が特大貨物も担当するようです。

三線区間にやって来た特大貨物
 9時頃に特大貨物がやってきましたが、内房線の上り列車が接近しています。
 望遠レンズで被られる前に撮影です。

特大貨物に被った内房線の113系
 直後に113系が前を遮りました。

三線区間を行く特大貨物
 特大貨物はかなり遅いスピードで進んでいるので、113系は完全に通過してしまいました。
 お陰でじっくり撮影できるのです。

市原支線を行く特大貨物
 今回は欲張らないで市原埠頭手前の歩道橋へ直行しています。
 しばらく待つと特大貨物がやって来ましたので歩道橋の上から撮影です。

道路を横切って市原埠頭に進む特大貨物
 特大貨物が道路を横切って市原埠頭に向かっていきました。

埠頭の手前まで来たシキとKD
 市原埠頭の手前までやって来ました。
 ここで牽引機のKDが機回しして、推進運転で埠頭までシキを押し込む形となります。

埠頭の先端で待つ作業員の方々
 線路の終端では、シキから変圧器を降ろすための作業員の方々が待機しています。
 あそこまで推進運転で押し込むのです。

KD60 1が推進運転でシキを押し込む
 KD60 1はシキを推進運転で押し込んでいきました。

 シキが定位置に押し込まれるとKD60 1は引き上げました。
 こちらもある程度作業を見守った後に引き上げです。
 帰り際に千葉貨物駅を覗いて見ることにしました。
 京成の新型車両は見えないだろうと思っていましたが、一応です。

トレーラーに載った京成の新型特急車
 千葉貨物駅の近くまで行くとトレーラーに京成の新型特急車の先頭車が載っているのが見えました。
 陸送が今日あるのは知っていましたが、敷地の外から見やすいところに停まっているなんてラッキーです。

京成の新型特急車
 前面のマスクの下にはどんな素顔が隠されているのでしょう。
 報道発表が楽しみです。

輸送用の仮代車はトラックの荷台
 輸送用に使用した仮台車は、別のトラックの荷台に載せられていました。

2両目のトレーラーへの載せ替え
 トレーラーの後方では、2両目をトレーラーに載せています。
 この写真も敷地の外から撮影できました。
 ここまで撮影をして家に戻りました。

 今回は楽しい撮影になりましたが、深夜から昼までの長時間に渡ったためさすがに疲れました。
 ご一緒したみやちゅう様、みや様、千葉ンプ様、蘇我機関区様、また途中でお会いしたO様、A様、K様をはじめとした多くの皆様お疲れ様でした。
 特に蘇我機関区様には、詰所まで準備していただいて感謝いたしております。
 ありがとうございました。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

甲種&特大 その2

 臨時詰所では仮眠予定だったのですが、鉄分の濃いメンバーなので、話が盛り上がってしまいあっと言う間に4時を回っていました。
 この日は甲種輸送に続いて、特大貨物もやって来る事になっていたので、再び蘇我駅に出向きます。

蘇我駅の特大貨物のEF65 1089
 5時頃に特大貨物が到着しました。
 牽引機は最近蘇我に良くやって来るEF65 1089でした。
 甲種輸送で40人もいたので、特大貨物も多くいるのかと思っていたら、そうでもありませんでした。

EF65 1089+シキ611+ヨ8402
 EF65 1089+シキ611+ヨ8402の編成です。

蘇我駅に停車中のシキ
 牽引機のEF65 1089は千葉機関区へ引き上げていきました。
 シキはここから市原埠頭に運ばれるのですが、出発までは時間があります。
 みや様が引き上げ、千葉ンプ様が合流して、再び臨時詰所にて待機となりました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

甲種&特大 その1

 5月10日深夜に蘇我駅にて甲種輸送を撮影しました。
 やって来たのは、京成の新型特急車両です。

蘇我駅の甲種回送のEF65 1083
 甲種輸送はEF65 1083が牽引してやって来ました。
 深夜だというのに40名近い人が撮影しており新型車両の注目度の高さを示しました。

蘇我駅停車中の京成新型特急輸送
 EF65が引き上げて新型特急が京葉臨海の機関車を待っています。
 報道発表前なので、前面部はカバーされ、車番も車両のロゴも隠された状態でした。

蘇我駅の甲種輸送のKD60 1
 京葉臨海の機関車はKD60 1でした。
 千葉貨物駅まで搬入した後、トレーラーに載せて運ぶ事になります。

 この後は、蘇我機関区様に臨時詰所を開設していただいたので、3人でお邪魔させていただきました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 16:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その27

 昼食を食べ終わる頃に3本目のSL列車が到着しました。

千頭駅に到着した3本目はC56 44
 駅を覗くと3本目の機関車はC56 44でした。

千頭駅のC56 44
 2007年秋に復活したC56 44ですが、復活の際にタイ国鉄仕様に戻されています。
 そろそろ日本国鉄仕様に戻してくれないかなと言うのが、率直な感想です。

転車台とオハ35 149
 2本目の最後尾に連結されていた緑塗装のオハ35 149と転車台です。
 転車台の方は、廃止となった赤谷線の東赤谷駅から移設されたモノだそうです。
 東赤谷駅と言えば、2006年11月に赤谷線の廃線跡を辿ったときに位置が分からなかった想い出が…。

千頭駅構内のC11 227
 C11 227が千頭方に連結されていました。
 普段は転車台があってもSLを方転しないので、金谷行きはバック運転になります。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 00:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その158

 5月9日夕方の蘇我駅の様子です。

 1092列車は、EF65 1087+コキ53074+50482+52678+200-?+106-900+200-54+104-1963+104-2409+104-180+104-2578+104-423+104-26** です。

 4096列車は、KD55201→EF210-124 +コキ106-1083+106-367+106-724+106-1149+106-762+106-301+106-108+106-725+103-202+102-522+102-521+103-201+106-405+106-549+106-419+106-1018 です。

 本日は4096列車の機関車交換で小トラブルが発生しています。

蘇我駅の4096列車の機関車交換 3月21日
 いつもなら4096列車は側2に入り、側3の1092列車が発車した後、KDが東京方に引き上げてから側3に入り、側1にEF210が入ってきます。
 写真は、3月21日の4096列車の機関車交換の場面、EF210が手前の側1、KDが奥の側3にいます。

 今日は、KDがいつものように側3に入るために東京方に引き上げたのですが、ポイントが切り替わりませんでした。
 マイクを通じてのやりとりを聞いていると、「今日は側1へ行ってくれ」みたいな会話が聞こえました。
 ふと千葉機関区側を見ると、すでにEF210が側3に入って来ていました。
 KDはさらに東京方に移動して側1に入りました。

蘇我駅の4096列車の機関車交換 5月9日
 写真は今日の様子です。
 手前の側1にKD、奥の側3がEF210となっています。

 少し前に起きた神栖駅の衝突事故も、単純なポイントの切り替えミスが原因だっただけに、今回の原因は分かりませんが、一歩間違えれば事故になっていたかもしれません。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その26

 食事も兼ねて千頭駅を覗きに行くと踏切が鳴り出しました。
 井川線の列車が到着するようです。

千頭駅に到着するDD206
 井川駅で見送ったDD206がやっと千頭駅に到着したのでした。

 昔、千頭から沢間間は千頭森林鉄道との共用区間になっており、1067mmと762mmの3線区間となっていました。
 千頭森林鉄道が廃止された後も、しばらく痕跡が残っていたそうです。
 写真を見るとレールが3本写っています。
 見た時には「あれっ」と思いましたが、ただの脱線防止用のガードレールなのでしょう。

千頭駅構内に入る井川線列車
 千頭駅構内に列車は進んでいきました。

千頭駅構内の様子 井川線側
 千頭駅2階の食堂で昼食タイムです。
 2階から撮影した構内では、井川線のヤードの向こうで先ほどのC10 8が煙を上げていました。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 06:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その157

 5月8日午後の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の1091列車のEF65 1092
 11時53分 1091列車 EF65 1092+コキ 側1到着
 12時02分 3091列車牽引機 EF65 1077 側3入線

蘇我駅の3091列車のKD55 102&EF65 1077
 12時08分 3091列車 KD55 102+タキ 側2入線
 12時09分 KD55 102 切り離し 側2→側4
 12時11分 EF65 1077 側3→側2 連結
 12時16分 KD55 102 側4→側1 連結
 12時23分 1091列車 KD55 102+コキ 側1発車

蘇我駅の5482列車のEF65 1067
 12時31分 5482列車 EF65 1067+タキ 側3到着
 12時46分 3091列車 EF65 1077+タキ 側2発車
 12時45分 255系回送 側1到着
 12時52分 255系回送 側1発車
 12時55分 5881列車 KD60 3+タキ 側2到着
 12時56分 KD60 3 切り離し 側2→側4→側3 連結
 13時00分 5881列車牽引機 EF210-119 側1入線(千葉機側に停車)
 13時03分 5881列車牽引機 EF210-119 側1→側2 連結
 13時06分 5482列車 KD60 3+タキ 側3発車
 13時26分 4095列車 EF210-17+コキ 側1到着
 13時43分 単2873列車 ? 側3 到着・発車(見てなかったので想像です)
 13時46分 5881列車 EF210-119+タキ 側2発車
 13時58分 8685列車 KD55 105+タキ 側3入線
 14時01分 KD55 105 切り離し 側3→側4→側1 連結
 14時09分 4095列車 KD55 105+コキ 側1出発

 今日は時間を追って紹介してみました。
 以下、各列車の車番です。

 1091列車 EF65 1092→KD55 102 +コキ52956+50822+252545+52269+51596+52469+200-54+106-900+200-31
 3091列車 KD55 102→EF65 1077 +タキ1000-65緑1000-817緑1000-652青1000-455青1000-669青1000-676青1000-675青1000-396青1000-399青1000-385青
 5482列車 EF65 1067→KD60 3+タキ43379青43210青43412青+43445
 5881列車 KD60 3→EF210-119 +タキ43423+43211+43513+43018青+43176+43406+43439
 8685列車 KD55 105→? +タキ43494青+43526+43606+43545+1000-671青+43575+43528+1000-388青
 4095列車 EF210-17→KD55 105 +コキ106-1018+106-419+106-549+106-405+104-901+104-2209+104-1332+104-667+106-725+106-108+106-301+106-762+103-102+102-102+102-101+103-101

 5月1日のブログも時間順の様子を追加してありますよ。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その25

 この日大井川本線で運転されるSL列車は3本ありました。
 目的のSLさくら号が、何本目の列車なのかの情報を事前に得ていなかったため、どの列車か分かりません。
 DB1形の撮影で奥地まで行ってしまったため、1本目の列車の撮影には間に合わず、2本目を朝に撮影した崎平~青部間の橋梁で撮影しました。

C11 227牽引のSL列車
 この列車はC11 227が牽引してきました。
 客車が5両だったので画面にぴったり収まりましたが、さくら号ではありませんでした。

千頭駅でのC10 8さくら号
 千頭駅を覗きに行くと、1本目の牽引機であるC10 8にさくらのヘッドマークが付いていました。
 いやー残念です。
 あんまり欲張ると両方駄目になるので仕方がないですね。

千頭駅留置中のC10 8
 C10 8の後ろ姿です。
 リベットが何とも言えず良い味を出していました。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 02:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その156

 5月7日お昼の蘇我駅周辺の様子です。
 5月1日に蘇我駅で撮影した後は、ことごとく貨物列車の運休にぶつかり、本日久しぶりに撮影が出来ました。

蘇我駅の1357列車のEF65 1067
 1357列車は、EF65 1067の単機でした。
 左に停車中のタキは5683列車です。

蘇我駅の1091列車のEF65 1082
 続く1091列車は、EF65 1082の単機です。
 こちらも貨車無しでやって来ましたが、前日までの運休に比べれば十分です。

千葉機関区 12時10分頃の様子。
 2 EF210-136 3庫 EF65 1082 4後 EF65 1067 5-1後 EF210-113 5-2 EF65 1096 以上5両が停車しています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 14:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その24

さよなら編成 正面側から
 正面側から撮影したさよなら編成です。
 DB1形機関車とスハフ1形客車は良く似合います。

さよなら編成 側面側から
 こちらは側面側からの撮影です。

引き上げ際の井川駅構内とさよなら列車
 ずっと撮影していたいところですが、次の目的のために移動することになりました。
 引き上げ際に井川駅に停車している場面を撮影しています。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 03:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その23

皆が見ている前を移動するDB9
 本日の主役である、DB9が移動しているところをみんなが注目しています。

ホームに停車中のDB9
 入れ換え作業が終わり、編成がホームに停められました。
 やっとホームに出られる事になり撮影タイムの開始です。
 機関車のDB9には、本日のさよなら運転に合わせてヘッドマークが取り付けられていました。

井川駅の駅名標とDB9
 井川駅に停車中の列車を駅名標を入れて撮影。
 こうして撮影できるのも、この日が最後になるのです。

最後の勇姿を撮影する人達
 最後の勇姿を撮影する人たちの様子です。
 思い思いにシャッターを切っていました。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 08:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

1996年の飯山線撮影 その11

雪の降る中の北飯山駅駅舎
 雪の中を北飯山駅まで歩いてきました。
 この状況下で撮影場所を探すのもさすがに疲れたので、次の列車で引き上げることにしました。

北飯山駅に137Dが到着
 相変わらず雪が降り続く中、137Dが到着しました。
 137Dは、キハ28 2363+キハ58 425の2両編成、キハ28 2363に乗車しましたが、こちらの車両はエンジのモケットに変えられていました。

構内踏切で足止めのお客
 戸狩野沢温泉駅で列車を降りたお客は、構内踏切を渡って改札口に向かうのですが、反対からも172Dが到着したため、雪の中で足止めされていました。
 到着したのは、キハ52 127の単行列車です。

戸狩野沢温泉駅で停車中のキハ58 2363
 乗車してきた列車は、折り返しの長野行きになりました。
 写真側が乗車してきたキハ58 2363です。
 この撮影後、バスに乗車して宿に戻りましたが、他のみんなは、一日酒を飲んでいたそうで、私もここから酒宴に参加となりました。

 新・姉崎機関区の飯山線のページはこの文字をクリックで飛びます。
飯山線 | 投稿者 kd55-101 14:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その22

到着した下り1番列車
 10時45分に井川線下りの一番列車が到着しました。
 9時に千頭駅を出発して、25.5Kmを1時間45分掛けてやって来たのです。
 待合室の中から到着の状況を眺めていましたが、下車客もホームから一旦出るように促されていました。

待合室からのDD206と客車
 やって来た機関車は、この日4回目の遭遇となったDD206でした。
 下車したお客は、DB1形のラストランが目的の方が多く、静かだった駅が賑わいます。
 気が付くと階段下の店もオープンしており、食べ物や土産物を販売していました。

 この後、DD206は再び上り列車として発車していきました。

トンネルから出てるDB9 1
 11時7分頃、乗務員の方がDB9に向かったので、駅舎横からトンネルを出る場面を狙います。

トンネルから出てるDB9 2
 DB9がトンネルから姿を現しました。
 後の客車も旧型のスハフ1形であり、最後の運転に花を添えます。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 03:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

1996年の飯山線撮影 その10

 本日の仕事帰りに蘇我駅に寄りましたが、GWなので1092列車は運休、4096列車もやって来ませんでした。
 3日間も鉄道を撮ってないのは久し振りです。
 そういう訳で今日も古いネタです。

飯山駅で交換する列車
 135Dは飯山駅で下車しました。
 飯山駅では対向列車である134Dと交換するため、ホームを挟んで並んでいる姿を撮影します。
 左が乗車してきた135D、右が134D、キハ58 1040+キハ58 681の2両編成です。
 134Dは蓮駅で撮影した133Dの折り返しの列車でした。
 撮影したのは飯山駅ホーム上にある鐘楼の下ですが、雪を避ける目的もあったので、中途半端な構図です。
 中途半端なのはいつものことですが…。

雪の中の飯山駅駅舎
 雪の降る中での飯山駅の駅舎の様子です。
 ここから少し歩いてみることにしました。

北飯山~飯山間の136D
 列車を撮影できる場所を撮影していましたが、良い場所は見つかりませんでした。
 結局次の136Dが踏切を通過しているところを、道路から撮影しただけです。

 新・姉崎機関区の飯山線のページはこの文字をクリックで飛びます。
飯山線 | 投稿者 kd55-101 18:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その21

 引き上げようとしていた9時50分頃、旧堂平貨物駅へ向かっているトンネルの扉が開かれ慌てて戻ります。

煙の中から現れたDB9
 スモークが焚かれた中からDB9が姿を現し、中々心憎い演出です。
 と言うのは冗談で、トンネル内でエンジンを始動して白煙にまみれているところでした。
 しばらく仕業点検をおこなっています。

DB9が表に出てくるのを待つ人達
 エンジンが掛かったので、表に出てくると思ってみんなカメラを持って待ち構えます。
 ところが中々出てこないのでした。

井川駅のATS地上子
 これがDB1形を本線の運転から引退に追いやった、ATSの地上子です。
 まだ使用開始前なので、緑のカバーが掛けられていました。
 安全のためなので仕方が無いですけど。

立ち入り禁止の看板
 目の前に見えているのに撮影は出来ません。
 この先は立ち入り禁止です。

 到着する列車の時刻が近づいたためか、ホームで撮影している人達は、駅舎内に入るように指示が出ました。
 指示に従い、待合室に待機です。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 05:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

1996年の飯山線撮影 その9

蓮駅の待合室からの外の様子
 蓮駅の待合室から見た外の様子です。
 雪は吹雪いており、駅の周辺を色々観察する気にはなりません。

蓮駅に到着する135D
 カーブの向こうから135Dがやって来ました。
 キハ28 2383+キハ58 410の2両編成です。
 この列車で再び移動することにしました。

乗車したキハ58 410車内
 乗車したキハ58 410の車内です。

 新・姉崎機関区の飯山線のページはこの文字をクリックで飛びます。
飯山線 | 投稿者 kd55-101 19:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その20

井川駅構内の様子 1
 井川駅の駅舎前から見た構内の様子です。
 線路は分岐しており、左側が旅客列車が使用するホーム側になります。
 右側が旧堂平貨物駅へ続く線路です。

井川駅構内の様子 2
 左側に曲がった線路は分岐して3本の線路になります。
 以前は写真の真ん中辺りにDB用の転車台が存在したのですが、すっかり痕跡もありません。

井川駅構内の様子 3
 旅客列車用のホームから見た構内の様子です。
 見ての通りで構内はかなりカーブしており、正面が駅舎になります。
 肝心のDB1形の姿が見えていません。
 実はトンネルの中に隠されていたので、撮影できないのでした。
 ここまで来た目的が…。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 07:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

1996年の飯山線撮影 その8

 昨年の7月に中断させてしまった過去のネタを、少し進めたいと思います。

 信濃平駅から乗車したのは、キハ28 2103。
 クロスシートに座って、雪の車窓を眺めながら次の目的地に向かいます。

蓮駅の132Dと降車客
 蓮駅に到着し私の他に下車したのは、地元のおばちゃんが2名だけでした。

蓮駅に到着する133D
 駅に着いても雪は止むこと無く降り続いています。
 そんな中、戸狩野沢温泉行きの133Dがやって来ました。
 キハ58 681+キハ58 1040の2両編成です。

蓮駅を発車した133D
 雪の勢いが増して来た中を、列車は発車していきました。

 新・姉崎機関区の飯山線のページはこの文字をクリックで飛びます。
飯山線 | 投稿者 kd55-101 18:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その19

井川駅の切符売り場
 切符売り場で入場券を購入、硬券です。

井川駅の駅名標
 ホームに出ると井川駅の駅名標とタヌキの置物が出迎えてくれました。

井川駅千頭方のトンネル
 千頭方を見るといきなりトンネルです。

井川駅の改札付近
 井川駅の改札です。
 観光シーズンになると多くの人で賑わうのでしょう。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 08:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その155

 5月1日、明け番帰りでの蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5683列車のEF210-119
 5683列車は、KD60 3からEF210-119に牽引機が引き継がれています。
 後続は、タキ43607+44013青44005青43166青43392青43302青+38093+43150青+43603+43164青+43539+43542+43006青43419青43022青43004青 でした。

蘇我駅の1357列車のEF65 1089
 1357列車は、EF65 1089が牽引して到着しました。
 後続は、コキ106-289+104-327+104-46+104-705+104-1496+104-31+104-2044+104-633+104-1677+104-1913+104-472+106-326+104-1498+104-1039+104-2094+104-1831+104-185+106-1004+104-631+106-430 で、蘇我からはKD60 3が牽引機でした。

蘇我駅の1091列車のEF65 1084
 1091列車は、EF65 1084が牽引機です。
 後続は、コキ51517+50135+50949+200-146+106-658+200-112 でした。
 コキ車は6両しかなく短い編成です。

蘇我駅の3091列車のEF65 1064
 3091列車の牽引機は、EF65 1064です。
 この写真を最後に引き上げたので、貨車の内訳は無しです。

 以下時間を追っての様子です。

 10時44分 E257系回送 側1出発
 10時56分 5683列車 KD60 3+タキ 側2到着
 10時57分 KD60 3 切り離し 側2→側4
 10時59分 5683牽引機 EF210-119 側3入線
 11時00分 EF210-119 側3→側2 連結
 11時14分 1357列車 EF65 1089+コキ 側1到着
 11時16分 5683列車 EF210-119+タキ 側2出発
 11時18分? KD60 3 側4→側1 連結
 11時30分 1357列車 KD60 3+コキ 側1出発
 11時53分 1091列車 EF65 1084+コキ 側1到着
 12時02分 3091列車牽引機 EF65 1064 側3入線
 12時08分 3091列車 KD+タキ 側2到着
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

大井川鐵道撮影行2009春 その18

 今回大井川鐵道に来た目的は2つ有り、一つは毎年桜の咲く時期に走るSL「さくら」号の撮影、一つは井川線で使用している機関車であるDB1形のラストランを撮影するためです。
 やっちん氏が吊り橋で撮影している時に、他の方よりDBの情報を仕入れてきました。
 それは、前日のうちに井川駅に送り込んであるとの情報、当日に回送されると思っていた私達にとって貴重な情報でした。
 そんなわけで、両国車両区の撮影後はそのまま井川駅に直行です、

駐車場から井川駅へ向かう
 現地に着くと、井川駅の手前で通行止めになっており、その先には車が入れなくなっていました。
 たぶん以前あった土砂崩れの補修工事が原因だと思いますが、詳細は不明です。。
 駅手前の駐車場までは入れますので、車を停めて駅まで歩きます。
 駐車場と駅は同じ高さなのですが、駅に向かう道路は下り坂となっていました。

堂平へ向かう側線の橋梁
 坂を下りていくと頭上を線路が渡っています。
 最初は分かりませんでしたが、旧堂平貨物駅へ向かっている貨物側線の橋梁になります。
 写真の右側が駅構内で、左側にはトンネルがあり、銀色の扉があって閉じられていました。

井川駅入り口の店屋
 坂を下りていくと途中に井川駅の入口を示す看板があります。
 お店の間を入っていく形となるのですが、私達が着いた時には、シャッターが閉じられていました。
 この後列車が到着するのですが、その時にはいつの間にか開店していたのです。
 早くやっていれば、何か食べられたのですけど…。

井川駅へ向かう階段
 お店の間を抜けると階段が現れますので、上っていきます。

井川駅駅舎
 階段を上がり切ると目の前に井川駅の駅舎が現れました。
 同好の方以外は人もおらず静かな駅です。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 01:23 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]