姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2009年 3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

北陸撮影行2009冬 その49

敦賀港駅駅舎とランプ小屋
 敦賀港駅駅舎側面です。
 後に見える煉瓦造りの小屋は、ランプ小屋です。
 以下、敦賀観光協会の説明板より。

 敦賀港駅ランプ小屋
 完成/1882年(明治15年)頃
 建設/鉄道省 煉瓦造平屋建 敦賀市金ヶ崎1-19
           間口7.1m 奥行4.1m
 敦賀港駅は1882年(明治15年)金ヶ崎駅として出発した。敦賀は日本海側で一番早く鉄道が通った町であり、港の荷物を直接取り扱うのが金ヶ崎駅だった。その後、1912年(明治45年)新橋~金ヶ崎間に欧亜国際連絡列車が週3往復走るようになり、国際港敦賀は多くの人と荷物で賑わった。当時の建物がほとんどなくなってしまったなかで残ったのが煉瓦造りの「ランプ小屋」だ。列車を走らせる際には、後方にその存在を知らせる光が必要だが、電気器具等が未発達な当時光源として使われたのが灯油を燃やすカンテラだった。そして、引火性の強いこの油類を保管するための危険物倉庫として建てられたのが赤煉瓦倉庫だった。「ランプ小屋」と呼ばれて長く親しまれてきた。このランプ小屋に積まれている煉瓦をよく見ると多くの煉瓦に、「平」とか「一」、「八」といろいろ刻印が刻まれている。これは煉瓦を作った職人の名前の一部だそうです。 敦賀観光協会

敦賀港駅ランプ小屋 1
 ランプ小屋を駅舎側から見たところ。

ランプ小屋の公開案内
 4月にはいると一般公開がおこなわれるようです。

敦賀港駅ランプ小屋 2
 ランプ小屋の側面です。

敦賀港駅ランプ小屋 3
 最後に後側です。
敦賀港線 | 投稿者 kd55-101 09:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の五井駅 その3

 3月30日、今日は昼からの仕事でした。

夜の五井機関区の様子
 帰りは蘇我駅で貨物列車を撮るつもりでしたが、気が変わったので小湊鐵道の五井機関区を撮影してみました。
 夜の機関区も良いモノです。

五井駅で出発を待つキハ201+205
 小湊鐵道のホームには21時53分発の列車が停車中。
 夜にDMH17のカラカラ音が響いていました。
 ちなみに車両は、キハ201+キハ205です。 
小湊鐵道 | 投稿者 kd55-101 23:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の姉ヶ崎駅 その1

 3月30日、今日は昼からの仕事でした。
 いつもだったらこの勤務の時には、5683列車と1357列車をチェックしてから出勤ですが、疲れが溜まっていたのでギリギリの出勤にしています。

姉ヶ崎駅の183系
 姉ヶ崎駅に着く直前で183系が下っていくのか見え、駅に着いたら2番線に停車中です。
 折角ですので撮影しておきました。
 編成番号は写真見れば分かるかと思ってメモを取らなかったのですが、アンテナに隠されて写っていませんでした。
 やはり手抜きは駄目ですね。

==コメント==
 見た感じOM101のような気がします。
 103だとシンボルマークがついてます。
 102だと片方だけついています。
投稿者 みや 2009/03/31 07:02
==コメント==
 みや様ありがとうございます。
 他の人からの情報で、OM101で合っていることが確認できました。

 幕張のC2も引退して、このカラーリングを内房線で見ることも、さらに少なくなりますね。
投稿者 KD55-101 2009/03/31 09:23
==コメント==
 田町、大宮とありますから、可能性はまだあると思います。夏などは臨の設定があるでしょう。
 しかし、サロ入りの美しい編成はもう見られませんね。
投稿者 みや 2009/03/31 23:11
==コメント==
 今年の秋から、N'EX253系がE259系に置き換えが開始された後、波動用に回されるのではないかと思っています。
 3連が組めるので、使い勝手も良さそうですし。
 そうなると183系は消えるかな~と。
 実際は分かりませんですけれども。
投稿者 KD55-101 2009/03/31 23:54
==コメント==
 185系の用途と絡めて、253系がどう使われるか興味がありますね。特に最終増備車のNE201、202編成はまだまだ若いですし。
投稿者 みや 2009/04/01 22:06
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 23:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その48

敦賀港駅入り口から構内を見る
 敦賀港駅入り口までやって来ました。
 途中で撮影をしていたため、敦賀駅から45分掛かっています。

敦賀港駅構内 1
 構内は敦賀駅側から見ると左にカーブをしているため、手前の踏切からだと全体は見えません。
 右の茶色の建物が駅舎となります。

敦賀港駅構内 2
 駅舎に近づいたところから構内の先を見ています。
 空のコキ車が停まっていました。
 この位置からでも先はよく分かりません。

敦賀港駅駅舎手前から見た敦賀駅方向
 駅舎の手前から振り返り敦賀駅方向を見ています。
 踏切の先で線路は1本にまとまっています。
敦賀港線 | 投稿者 kd55-101 08:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その47

敦賀港線庚申堂踏切の様子
 庚申道踏切の様子、敦賀港駅方向を見ています。
 この踏切から敦賀駅方向を見ると線路はS時カーブになっていました。
 貨物列車はここで撮影しようかと最初に思った場所でした。

敦賀港線庚申堂踏切から敦賀港駅方向
 庚申道踏切の上から敦賀港駅方向を見ています。
 先に架かっているのは道路の陸橋です。
 この上から撮影できれば一番良さそうなのですが、無理そうでした。

敦賀港線第一泉踏切の複線の跡
 第一泉踏切には複線の跡と思われる遺構が残っていました。

敦賀港線第一泉踏切から敦賀駅方向
 第一泉踏切から敦賀駅方向を見ています。

敦賀港線第一泉踏切から敦賀港駅方向
 こちらは同じ踏切から敦賀港駅方向を見ています。
 良く見ると左に分岐していた感じがします。

分岐した後のコンクリート橋
 分岐していたと思われる場所の先を見ると、小さなコンクリート橋になっていました。
 敦賀港駅に向かう線路は奥で、複線分の跡が残っています。
敦賀港線 | 投稿者 kd55-101 11:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の大井川鉄道 大井川鉄道撮影行2009春 その1

 3月28日はお休みでした。
 やっちん氏が大井川鉄道へ行こうと言ったので、同じく休みだった仮設住宅氏と大井川鉄道へ出掛けてきました。

下泉駅の16000系
 下泉駅で撮影した1番列車は、元近鉄の16000系でした。
 まだ朝の6時のため暗く駅撮りしています。
 奥が金谷方面になります。

 日帰りでさっき帰ってきましたが、寝てないのでヘロヘロです。
 続きはまた後日と言うことで~。
大井川鐵道 | 投稿者 kd55-101 23:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その46

敦賀駅に到着するしらさぎ2号
 旅行3日目の2月9日は、朝7時前に敦賀駅に寄り、コインロッカーに荷物を放り込んで線路に沿って福井側に歩き出しました。
 写真は、敦賀駅ににしらさぎ2号が到着するところです。
 この日最初の探索は左側の北陸本線ではなく、右側に曲がっているのが見えている北陸本線の支線である敦賀港線です。

敦賀港線第二津内踏切から敦賀駅方向
 敦賀港線は敦賀駅から敦賀港駅まで2.7Kmなのでロケハンを兼ねて歩いていきます。
 写真は第二津内踏切から見た敦賀駅方向です。
敦賀港線第二津内踏切から敦賀港駅方向
 同じ踏切から見た敦賀港駅方向です。
 小さな山が迫ってきます。

敦賀港線第一爪割踏切から敦賀駅方向
 敦賀駅から約1Kmの第一爪割踏切から見た敦賀駅方向です。
 先ほどの山に沿って直線で線路が伸びています。

敦賀港線第一爪割踏切敦賀港駅方向
 第一爪割踏切から敦賀好方向も線路は直線です。

敦賀港線曙踏切から見た敦賀駅方向
 曙踏切から見た敦賀駅方向です。
 直線が終わる辺りで国道の陸橋をくぐりまた山が近づいてきます。
 この踏切を過ぎると複線だったのでは無いかと思えるようになっていきました。
敦賀港線 | 投稿者 kd55-101 23:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その45

福井駅のクハ520-5+クモハ521-5
 福井から乗車した521系です。
 5編成が存在しており、写真はクハ520-5+クモハ521-5です。
 福井駅より西側で運用されているので、今回初めて遭遇しています。

敦賀駅のクロ481-2002
 敦賀駅に着いてからしばらく構内で撮影してました。
 やってきたパノラマグリーン車のクロ481-2002です。
 西日の当たるこの時間の運転はまぶしそうです。

敦賀駅のクモハ125-15
 小浜線用の125系、クモハ125-15です。
 この車両も今回初めて撮影しています。

 521系や125系、やっぱり新型車は良いですね。
 房総ローカルにも新車を入れてもらいたいです。
 いつも乗っている、113系もガタが来ているし、E217系や209系500番台も車体の剛性が不足しているためなのか、ガラスが軋む音がする不快な車両があります。
 209系が投入されたら、軋む車両だらけになりそうな気がします。
 もっともこちらの新型は制作費を地元が負担しているので、千葉じゃ無理でしょうけど…。


敦賀駅のクハ419-5
 419系のオリジナル先頭車がやっと普通に撮影できましたと言いたいですけど、影が…。
 どうにもスッキリ行きません。
 写真のクハ519-5は元のヘッドマークスペースが凹んだままの車両です。

敦賀駅のEF510-11
 米原側からEF510-11を先頭にした貨物列車が到着しました。
 時間的には3099列車だと思われます。
 以前敦賀駅に降りた時はまだEF70が最後の活躍していた頃なのでした。
 随分と時が経ってしまったようです。

敦賀駅駅舎
 この日最後に撮影したのは敦賀駅の駅舎です。
 ここから宿までは離れていたので、タクシーで移動です。
北陸本線 | 投稿者 kd55-101 09:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の稲毛海岸駅

 本日3月26日は、仕事明けで貨物列車のチェックです。

稲毛海岸駅の5178列車のEF65 1086
 帰りは稲毛海岸駅にて、5178列車(旧5978列車)を撮影しました。
 陽が昇るのが早くなり走行中の写真が撮れるようになったのですが、暖かくなって石油の需要が減ってしまったため、長編成のタキ返空が見られなくなってしまいました。
 今日の編成は、EF65 1086+タキ44511+43620+44001青44004青43352青43354青+43494+43004青+43024+43217+43390青43185青43353青 です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 14:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その140

 昨日3月25日の夕方も、出勤途中に蘇我駅のチェックです。

蘇我駅の4096列車のEF210-136
 3日続けての4096列車の様子です。
 KD60 1からEF210-136へ牽引機が引き継がれました。
 後続のコンテナ車は、コキ101-131+100-131+100-132+101-132+106-595+106-785+106-1113+106-409+103-101+102-101+102-102+103-102+106-277+106-902+106-944+107-126 です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 13:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その44

 バスで金沢駅まで移動し、金沢駅で昼食を食べ、敦賀駅に向かいます。
 サンダーバード28号に乗車して北陸フリーきっぷのエリアの端である加賀温泉駅で一旦下車しています。
 この駅のホーム富山寄りから北アルプスの山々が見えたので、列車撮影をすることにしました。

 早速貨物列車がやって来たのでカメラを構えましたが、カメラが不調となり撮影失敗です。

加賀温泉駅にやってきた雷鳥30号
 次に来たのは雷鳥30号です。
 パノラマグリーン車を先頭にした485系は、今回初めて撮影しました。

加賀温泉駅に停車中の雷鳥30号
 加賀温泉駅に停車中の雷鳥30号、最後尾の車両はクハ481-323です。
 何故か発車時刻を過ぎてもしばらく発車しませんでした。
 反対ホームにいた仮設住宅氏の話では、団体客が1つのドアからだけ乗車したため時間が掛かったとのことでした。

 加賀温泉駅からは雷鳥30号の後に来た354Mで移動しました。
 車両は急行形の457系で、空いていたのでのびのび座れて、快適です。 
 ちなみに加賀温泉までの特急は混んでいたので逆に疲れました。

福井駅のクハ455-13+5両
 354Mは無事終着駅の福井駅に到着しました。
 左側が乗車してきた354Mでクハ455-13+5両です。
 この後は敦賀駅まで右側に小さく見える521系に乗車となりました。
 521系の方は2両編成ですが混んでおらず、転換クロスシートのためさらに快適です。
北陸本線 | 投稿者 kd55-101 03:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その139

 3月34日夕方の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の4096列車のEF210-151
 前日に引き続き4096列車をチェックしました。
 編成は、EF210-151+106-724+106-630+106-125+107-63+106-663+106-1070+106-293+106-408+103-202+102-522+102-521+103-201+106-912+106-167+106-802+106-695 です。
 最近よく見掛けるコキ100形のユニットが入っていませんでした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 07:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その43

鶴来駅に到着する7000系
 下り列車が1番ホームにやって来たのを構内踏切越しに撮影しています。
 方向幕は「普通鶴来」になっているので、鶴来止まりの電車です。
 加賀一の宮行きと交互の運転となっています。

鶴来駅の7000系7000形
 1番線に停車した電車は、7000系7000形でした。
 こちらはオリジナル先頭車で非冷房となっています。

鶴来駅に野町行き到着
 加賀一の宮方から野町行きの電車がやって来ました。
 この電車に乗って野町駅へ向かいます。

野町駅駅舎
 沿線風景を眺めながら電車に揺られ終点の野町駅に到着です。
 ゆっくり撮影する間もなく駅の外へ出ました。
 駅舎を撮影しただけで、写真に写っているバスに乗って金沢駅に向かっています。
 また別の機会にゆっくり見物したいと思います。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 00:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その138

 昨日の3月23日夕方の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の4096列車のEF210-132
 出勤前に蘇我駅で撮影した4096列車です。
 EF210-132が牽引機、後続は、コキ101-48+100-48+100-47+101-47+106-108+106-1125+106-806+106-900+103-135+102-135+102-136+103-136+106-328+106-823+106-839+106-358 でした。
 
 今日の仕事帰りに五井駅で小湊鉄道の車庫を見ていたら、キハ5800が車庫から少しだけ顔を出していました。
 初めて見たけど、珍しくないのかな?
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 07:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その42

鶴来駅乗車券販売窓口
 鶴来駅の乗車券販売窓口です。
 バスの切符も売っていました。

鶴来駅改札口
 こちらは改札口周り。
 この駅も列車が発着する前後にしか駅構内に人を入れないので、ゆっくりと駅の撮影は出来ませんでした。

鶴来駅1番ホームの様子
 列車が到着する時間となり改札が始まりました。
 上り列車に乗車するため、構内踏切を渡り2番ホームへ行きます。
 写真は、2番ホームから反対の1番ホームを見たところです。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 00:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の旧客回送

 3月23日、先週久留里線で運転された、「のんびりくるり号」に使用されていた旧型客車が返却回送されたので撮影してきました。

長浦~姉ヶ崎間を行く旧客回送
 長浦~姉ヶ崎間で待っているとダイヤが乱れているようで、聞いていた時間に来ませんでした。
 しばらく待っていると、EF64 1001がやって来るのが見え一安心。
 返却の編成はEF64 1001+スハフ32 2357+スハフ42 2173です。

長浦~姉ヶ崎間を去って行く旧客回送
 結構速いスピードで旧客回送は走り去っていきました。
 これでSLから続いたイベントも終了ですね。
内房線 | 投稿者 kd55-101 14:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その41

鶴来駅正面
 鶴来駅の前までやって来ました。
 現在は白山市ですが、以前来た時は石川郡鶴来町だったので何かぴんと来ない…。
 どうでも良い話ですね。
 入口の上には北陸鉄道の社紋が付いていました。

鶴来駅駅舎
 鶴来駅駅舎全景です。
 石川電気鉄道が1915年6月に新野々市~鶴来駅間を開業した時に設置され、駅舎もその当時の建物が使用されています。

鶴来駅待合室の展示品
 駅舎の中に入ると待合室には、鉄道に関する展示品が飾られていました。
 他の場所には昔の写真と説明文も貼られており、列車を待っている間の暇つぶしになりました。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その40

鶴来駅構内のホム1
 鶴来駅構内のホム1です。
 以前は砕石輸送に活躍していましたが、トラックに取って代わられたので、出番が無くなってしまいました。
 まだ見た目は傷んでないので、使わないのなら貨物博物館に持って行ってもらいたいです。
 記録上では、1961年西武所沢工場製の元西武ホム3が原車となっていますが、元となった種車があったのでしょう。
 近江鉄道のホム1となった後、1967年に北陸鉄道にやって来ています。

跨線橋から見た鶴来駅構内の様子
 構内の一番外れに跨線橋が架かっており、そこから見た鶴来駅構内の様子です。
 奥が鶴来駅、右の建物が工場となっていて、本線上を鶴来行きの電車が通過しているところです。
 通過している電車は、7000系の7100形でした。
 7100形はオリジナルの先頭車で冷房付きなのです。

鶴来駅構内のED301
 留置線の撮影を終えて、工場脇に行ってみました。
 こちらにはもう1両の電気機関車であるED301が留置されていました。
 1954年に東洋電機・東洋工機で製造された30t箱形機です。
 こちらの機関車も大きなスノウブロウを付けて待機中ですが、今シーズンはあまり雪がなかったので、活躍できなかったと思われます。
 この機関車は北陸鉄道が新製した唯一の電気機関車となります。
 他に存在した機関車達は違う会社での製造となっており、会社の統合により北陸鉄道に引き継がれた車両でした。
 オリジナルで履いていた台車は、国鉄の電気式気動車キハニ36450形の物を使用しており、珍しい物でしたが、現在は7000系電車と同じ台車に交換されており、電気機関車としては珍しいカルダン駆動となっています。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その137

 3月21日夕方の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の1092列車&4096列車
 1092列車は、EF65 1074が牽引機ですが、手前に4096列車が入っているため後続の車番が見えません。
 発車していくところを急いでメモを取りましたが、2両目が分からなくなってしまいました。
 車番は、コキ51869+5??64+51018+200-109+107-37+200-62+104-1141+106-318+104-410+104-1335+104-435+104-1434 でした。

 4096列車は、KD55 102→EF210-155が牽引機です。
 後続の車番は、コキ103-68+102-68+102-67+103-67+106-663+106-1070+106-293+106-408+101-48+100-48+100-47+101-47+106-912+106-167+106-802+106-695 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 19:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その39

鶴来駅構内のロータリー装置付きモーターカー
 鶴来駅構内の留置線は、野町方面に向かう本線に沿って長く延びており、そこには様々な車両が留置されています。
 写真はロータリー式の除雪装置を備えたモーターカー、2008年秋にJR貨物から譲渡された物のようです。
 青海駅などのように貨物の取り扱いを止めたところで余剰となって持ってきたのかもしれません。

鶴来駅構内のモハ3752
 モハ3752です。
 1950年に北陸鉄道加南線に投入されて活躍した後、1964年に石川総線に移っており、7000系や7700系が投入された後も予備車として残されていました。
 撮影した時点では、すでに廃車となっています。
 モーターカーがぴったり前に停まっているので、単独での撮影は無理でした。

鶴来駅構内の7000系7200形
 ここの留置線にも7000系が停まっていました。
 ここに停まっているのは、モハ7201+クハ7211です。
 北陸鉄道の7000系は3つの形式に分かれており、改造先頭車の冷房付きは7200形になるのです。
 地方に行くとあちこちで東急車の中古ステンレス車を見ることになり、同じモノばかりでちょっとつまらなく感じます。
 昔みたいな雑多な形式が集まっていた頃に、もっと撮影しておくんだったとつくづく思います。

鶴来駅構内留置線の様子
 車両達は留置線にこんな感じで停まっていました。

 他の車両はまた明日。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の久留里線

 3月20日は、久留里線で運転される「快速のんびりくるり号」を撮影するために出掛けました。
 まず向かったのは、一昨日と同じ東清川~横田間です。
 927Dを撮るために待っていると雨がポトリと落ちてきました。
 横田駅で交換の928Dを撮影すると、一気に雨が降ってきて傘で凌げるような状態ではないので、車に逃げ帰ります。
 かなり激しい土砂降りとなったため、小雨になるのを祈るだけしかできません。

 30分ほどで雨の勢いが衰え、傘で何とかなる状態となったので、次の929Dと930Dの交換を横田駅で撮影しています。

東清川~横田間ののんびりくるり1号
 いよいよ列車がやって来ました。
 9921列車の快速のんびりくるり1号です。
 DE10 1665+スハフ32 2357+スハフ42 2173+DE10 1202の編成で、先頭にはヘッドマークが取り付けられています。
 木更津にある証城寺の狸をあしらったデザインです。

東清川~横田間ののんびりくるり1号 後追い
 同じ場所で後追い撮影です。
 こちら側にはヘッドマークはありませんでした。
 この先の横田駅で、931Dと交換のため少し停車します。

下郡~小櫃間ののんびりくるり1号
 上りの列車を撮影するために場所を移動したのですが、もう一度下りを撮れそうだったので、下郡~小櫃間で撮影しています。
 この場所は、廃止となった上総山本駅の跡でもあります。

下郡~小櫃間ののんびりくるり1号 後追い
 ここで後追い撮影するとこんな感じになります。

久留里~俵田間ののんびりくるり2号
 帰りの9922列車、のんびりくるり2号がやって来ます。
 写真は久留里~俵田間で撮影しています。
 カーブしてくる列車を少し高い位置から撮影できるポイントです。

久留里~俵田間ののんびりくるり2号 2
 カーブを曲がると16.7‰の勾配を上がります。
 エンジン換装前のキハ30等は黒煙上げて上っていましたが、DE10の力なら余裕で上がります。
 ここでビデオ撮影をしている方がいましたが、列車が来る時に千葉県知事選の街宣車が来てしまったので、思い切り声を拾ってしまったことでしょう。
 何てタイミングの悪い…。
久留里線 | 投稿者 kd55-101 12:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その38

鶴来駅構内の7700系
 鶴来駅構内に留置中の7700系です。
 前日の浅野川線にいた8000系と、種車は京王3000系で同じですが、向こうは1500V仕様で2両とも制御電動車、こちらは600V仕様で制御車+制御電動車と違っています。
 機器類も違うモノが搭載されています。

鶴来駅構内の7000系とDL31
 工場の前に停車中の7000系電車とディーゼル機関車であるDL31です。
 7000系は元東急の7000系であり、写真に写っているのは、中間車を先頭車化改造した車両です。
 DL31は見ての通りロータリーヘッドを付けた車両で、反対側にはラッセルヘッドが付いていました。
 昔は国鉄の金沢保線区に属していたモーターカーで、1978年に払い下げられています。

鶴来駅構内のED201
 工場の脇にはED201が待機していました。
 1938年木南車両製の凸型をした機関車です。
 こちら側からだと分かりませんが、屋根からはみ出すようにパンタグラフが取り付けられています。
 現役最後の木南車両製の機関車となっています。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その136

 3月19日は夜の蘇我駅のチェックをしていました。

 この日蘇我駅にやって来たのは21時18分頃、2081列車が発車していきました。
 今日は強風のために列車が遅れたり、ストの影響もあったりで、遅れての発車のようです。

 21時24分頃、3063列車のJR側牽引機が千葉機関区からやって来て、側1番線(正式名称ではないですが、ホーム側から仮に側○番線と呼びます)に停車しました。

蘇我駅の5686列車のEF210-143
 21時30分頃、5975列車?(5686列車でした)が側2番線に到着します。
 編成は、EF210-143+タキ43193青1000-407青43213青+~+43392青44007青44011青+38038+43005青44004青 でした。

 21時32分頃、内房線の上り列車と千葉貨物駅からの3063列車が同時にやってきました。
 3063列車は側3番線に入り、牽引機は側4番に逃げます。
 すぐに側1番線に停車中のJR側牽引機が入れ替わりに先頭に立ちました。

蘇我駅の3090列車のEF65 1057
 列車番号いまだに不明の列車(3090列車でした)が21時43分に到着します。
 この列車は側1番線に入りました。
 牽引機はEF65 1057で青色のタンク車が続き、最後の1両だけが緑色でした。

蘇我駅の3063列車のEF65 1138
 3063列車の様子です。
 EF65 1138+コキ104-1694+104-315+104-464+106-979+104-2460+104-143+104-2109+104-1981+104-2421+104-1998+104-393+104-1977+104-1558 となっていました。

 5975列車?(5686列車でした)は、3063列車を牽引してきたKDが先頭に立ち、21時50分に千葉貨物駅に向けて出発していきます。

 3063列車は、22時に出発していきました。

 今日のチェックはここで終了して引き上げました。
 車番チェックと列車の撮影を全部やるのはかなり厳しいです。
 また今度挑戦してみたいと思います。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その37

能美線本鶴来駅跡
 能美線の橋梁跡から後を振り返って鶴来駅の方を見ています。
 ここは能美線の本鶴来駅があった場所となります。

鶴来駅構内の様子
 再び歩いて鶴来駅に到達しました。
 線路を挟んで駅舎の反対側は住宅地となっており、線路沿いに道路があり撮影は容易にできます。
 写真の奥が野町方面です。
 駅は2面3線の構造で、隣接して車両基地と工場があります。

鶴来駅の加賀一の宮方向の様子
 今度は反対の加賀一の宮方面を見ています。
 駅を出ると急な右カーブで向きを変えて、七ヶ用水の橋梁に向かって線路が続いています。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の久留里線

 3月18日、今日の仕事は夕方からなので、20日から運転される旧型客車による臨時列車の「のんびりくるり号」の試運転を撮影するために横田駅近くまで行ってきました。
 本日もストが続いているため、久留里線の一部の列車が運休になっているとの情報はありましたが、全部ではなく一部なのでもしかしたらとの重いがありました。
 常識的に考えれば、試運転に回す乗務員がいるなら、定期列車に回すでしょうから運休でしょうが、一応です。

第一宿後踏切の930D
 撮影場所は横田駅の木更津方にある第一宿後踏切です。
 下り列車に対しては、正面にしか日が当たりませんが、ここで撮影してみることにしました。

 試運転の前に上りの930Dがやって来ました。
 実際は930Dじゃないかもしれませんが、踏切付近の菜の花を入れて撮影してみました。
 本来なら下りの929Dと交換のはずでしたが、そちらはやって来ません。
 930Dも久留里線では長い4両編成でした。

横田~東清川間の932D
 試運転列車は時刻を過ぎても現れません。
 上りの932Dは横田駅に姿を見せました。
 横田駅で932Dと交換なので、932Dが発車となれば試運転列車は無しと言うことです。
 案の定、932Dは発車となり、この列車を撮影して引き上げました。
 こちらの列車も4両編成となっていました。
久留里線 | 投稿者 kd55-101 12:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その36

七ヶ用水を渡る7000系
 再び線路に沿って鶴来駅へ向かうと、線路は右にカーブして七ヶ用水を渡る鉄橋を渡ります。
 次にやって来た加賀一の宮からの電車をここで撮影しました。

中鶴来~鶴来間の様子
 七ヶ用水の橋を含めた中鶴来~鶴来間の様子です。
 ノンビリした風景の中に線路が存在しているのです。

北陸鉄道能美線の鉄橋
 石川線の鉄橋の隣にはもう一つの鉄橋が架かっています。
 こちらは能美線が使用していたモノです。
 能美線は鶴来駅から新寺井駅を結んでいた路線でしたが、1980年に廃止となっています。
 この先で手取川を渡り、渡るとすぐトンネルをくぐっていましたが、その遺構は今回は見ていません。
 トンネルの方は随分昔に見たことはありますが、今はどうなっているのでしょう。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その135

 3月17日も昼からの仕事でした。
 仕事の前後での蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5683列車のEF210-119
 今日も5962列車?(5683列車になりました)からチェック開始しています。
 牽引機は、KD55 201からEF210-119になり、後続のタキは、タキ44017青44005青43005青1000-412青+38038+44011青44007青1000-460青43392青43336青+38093+43603+43158+43514+43190青43000青43213青1000-407青43193青 でした。

 1357列車?(列番変わらず1357列車のまま)の牽引機は、EF65 1057からKD55 201となっています。
 後続のコンテナ車は、コキ104-2460+104-1878+104-654+104-2264+104-2445+106-682+104-2432+104-10001+104-2581+104-1386+104-1806+104-493+104-1471+104-1935+104-1097+104-840+104-435+104-296+104-2846+106-1141 でした。
 今日初めてコキ104の10000番台を見ることが出来ました。

 仕事が終わり千葉みなと駅に着く直前に、2081列車が通過していきました。
 高架下から見ていましたが、EH200の単機だったようです。

蘇我駅の5686列車のKD55 201
 帰りの蘇我駅でのチェックは5975列車?(5686列車になりました)からです。
 牽引機は昼の5962列車?(5683列車になりました)と同じで、EF210-119とKD55 201です。
 後続のタキは、タキ43193青1000-407青43123青43000青43190青+43514+43158+43603+38093+43336青43392青1000-460青44007青44011青+38038+43005青44005青43600青+43619 です。
 タキも19両中17両が5962列車?(5683列車になりました)と同じで、タキ44017と1000-412が43600と43519に入れ替わっていました。
 改正前だと蘇我駅から千葉貨物駅の間はKDの重連だったのですが、運用が変わったようで単機でした。
 出発時間も21時50分になり10分早くなっています。

 3063列車?(列番変わらず3063列車)の牽引機は、KD55 201からEF65 1067でした。
 後続のコンテナは、コキ104-1354+106-660+104-2373+104-1055+104-10001+104-5016+104-2222+104-2846+104-493+106-592+104-2060+104-448+104-588 です。

 21:45頃にも下り貨物列車が到着しました。(3090列車でした
 到着した時には3本の貨物列車が構内に並ぶ形となります。
 EF65 が牽引機ですが、ナンバーの確認は出来ませんでした。
 蘇我駅からの牽引機は、KD60 2です。
 この列車は全部青色のタキ1000で構成されており、編成はタキ1000-675青1000-396青1000-674青1000-392青1000-395青1000-390青1000-676青1000-397青1000-?青1000-669青1000-399青1000-389青 でした。

 3063列車?(列番変わらず3063列車)の発車後の22:11頃に、上り貨物がやって来ました。
 こちらも列車番号は不明(1071列車でした)で、KD60 2が牽いてきました。
 編成は、タキ1000-95青1000-98青1000-310青1000-653青1000-655青1000-649青1000-402青1000-378青1000-5青1000-672青1000-411青1000-459青1000-462青1000-656青1000-398青1000-397青 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その35

中鶴来駅に到着する7000系
 中鶴来駅に加賀一の宮行きの電車が到着しました。
 今度も7000系電車、クハ7011+モハ7001の編成です。

山に向かっていく7000系
 中鶴来駅を出た電車は山に向かって走り去っていきました。
 雪の残る山に向かうのは、一足早く見られなくなります。

中鶴来変電所の建物
 中鶴来駅近くにある建物も線路と運命をともにします。
 この建物はこの区間に電気を供給している中鶴来変電所です。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その134

 3月16日は昼からの仕事でしたので、蘇我駅にて昼前の2本の貨物列車をチェックしてから出勤しました。

蘇我駅の5683列車のEF210-121
 5962列車?(5683列車になりました)は、KD60 1からEF210-121に牽引機が引き継がれました。
 タキ車は、タキ43005青1000-412青+38038+44011青44007青1000-460青43392青43336青+38093+43603+43158+43514+43190青43000青43213青1000-407青43193青 となっています。

蘇我駅の1357列車のEF65 1097
 1357列車?(列番変わらず1357列車)はEF65 1097→KD60 1に牽引機が引き継がれています。
 コンテナ車は、コキ106-666+104-671+104-2448+104-31+104-396+104-2499+104-1387+104-580+104-2766+104-2641+104-1452+104-1319+106-987+104-2168+104-2176+106-660 でした。

 明日も同じ時間のチェックの予定です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その34

中鶴来駅駅名標
 中鶴来駅まで歩いてきました。
 廃止されるのは加賀一の宮駅とこの駅の2駅です。

中鶴来駅の加賀一の宮方面 
 中鶴来駅から加賀一の宮方面を見た様子です。
 金沢市内からやって来た石川線は、鶴来駅までは平野を走ってきますが、その先は山が迫ってきます。
 加賀一の宮駅まで行くと山裾に達します。

中鶴来駅のホームの様子
 中鶴来駅のホームの様子です。
 一面しかない単純な構造の無人駅です。
 この付近で撮影している間には、乗降客を見ることはありませんでした。
 この状況を見る限りでは廃止されても仕方がないのかもしれません。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の根岸駅

 3月15日の日中は、職場のレクで横浜の中華街へ行ってきました。
 昼食後に散策の時間を設けてあったので、石川町駅から電車で2駅の根岸駅まで行って貨物の様子を眺めています。
 駅に着いた時には数多くのタキ1000とEF64 1027が構内にいました。
 いつ来てもここのタキの多さには圧倒されますが、ほとんどが緑色のタキ1000であり、蘇我駅の混色・混形式を見慣れていると、個人的には整然としていて面白味に欠けます。

根岸駅で並ぶEF64 1027とEF200-17
 タキを片っ端から撮影していると、EF200-17牽引の列車が到着しました。
 EF200-17は編成から切り離された後に、EF64 1027の隣に並びました。
 EF64 1027の方はしばらく経ってから単機で走り去っています。

根岸駅のスイッチャーD504
 到着したタキを取りにスイッチャーがやって来ました。
 大船行きの電車が被ってしまったので、到着は撮れず、タキを牽いて行くところを撮影しています。

根岸駅のスイッチャーNDD5602
 別のスイッチャーであるNDD5602がタキを推進してやって来ました。
 ここには他にもう1両NDD5601と言うスイッチャーがいます。
 とりあえず今日のところは下見程度なので後日神奈川臨海鉄道とセットで撮影に来たいと思っています。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 23:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その133

 3月15日夜の蘇我駅の様子です。
 ダイヤ改正後初めての撮影となりましたが、列車番号などがまだ不明なので、とりあえず改正前の番号にしてあります。

蘇我駅の55列車のEF210-147&KD55 103
 57列車?(55列車になりました)は、 KD55 103→EF210-147 +コキ104-1981+104-1957+104-232+104-2254+106-921+107-35+104-95+106-1141 の編成でした。

蘇我駅の5972列車のEF210-155
 5972列車?(列番変わらず5972列車)の方は、 KD55 201→EF210-155 +コキ104-1102+タキ243698緑243874緑 の編成となっていました。

 早く貨物時刻表を手に入れないと撮影に支障が出そうです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その33

 ご存じの方も多いと思いますが、北陸鉄道石川線の鶴来~加賀一の宮間は廃止になります。
 まだ少しの時間が残されていますが、この区間での記録を残すのも今回の旅の目的となっていました。

和佐谷踏切から加賀一の宮方向を見る
 加賀一の宮駅の鶴来方に少し行くと、和佐谷踏切がありました。
 そこから加賀一の宮駅方向を見た様子です。
 右カーブの先に駅があります。

和佐谷踏切周辺
 和佐谷踏切付近の様子です。
 向こう側には一級河川の手取川が流れています。
 ここに架かっている橋は絵になりますが、鉄道と絡ませるのは少し難しいのです。
 (仮設住宅氏は挑戦していますが…)

加賀一の宮~中鶴来間の7000系
 加賀一の宮~中鶴来間を行く野町行きの7000系電車、先ほど乗車してきた列車の折り返しです。
 どうにも中途半端な構図となってしまいました。
 左が手取川、右が七ヶ用水となっています。

加賀一の宮~中鶴来間のお堂
 列車の本数が少ないため、次の列車まで徒歩で沿線の様子を見ながら移動しました。
 線路の向こうにお堂が見えています。
 線路が無くなった後の目印として撮影しています。

線路近くを流れる七ヶ用水
 線路に沿った道が一部無かったので、近くを流れる七ヶ用水に沿って歩いています。
 金沢市内を散策したことがある人なら分かると思いますが、あちこちに水路があり、常に水が豊富に流れています。
 そこを含めた水の供給を担っているのがこの七ヶ用水となります。
 七ヶ用水は7つの用水の総称となっているようで、加賀一の宮駅の近くで手取川から取水しています。
 ちなみに手取川ですが、古い時代の一時期には石川と呼ばれていました。
 県名や群名の由来となった川なのです。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その32

加賀一の宮駅の臨時改札口
 加賀一の宮駅の臨時改札口です。
 有名な白山比咩(しらやまひめ)神社の下車駅のため、初詣の時期は多くの人が利用しました。
 現在は無人駅となっているため、いつでも出入りが出来ます。

加賀一の宮駅に停車中の電車
 駅の反対側には公園があり、駅に停車中の電車を見ることが出来ます。
 奥の茶色い屋根が駅舎です。

加賀一の宮駅の様子
 駅全体の様子です。
 運転士さんが駅のベンチで休憩中でした。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その132

 3月13日の夕方も蘇我駅で貨物列車をチェックしてました。

蘇我駅の4096列車のEF210-134
 久しぶりに4096列車を撮影してみました。
 EF210-134+コキ103-202+102-522+102-521+103-201+106-108+106-1125+106-806+106-900+103-101+102-101+102-102+103-102+106-639+106-318+106-1051+106-823 の編成です。

蘇我駅の5974列車のKD55 103&EF65 1081
 5974列車のJR側の牽引機は、千葉貨物駅からの到着の5分ほど前にやって来ます。
 18時29分、遠くでライトが見えました。
 「あれ?ライトの位置が違うぞ」
 やって来たのはいつものEH200ではなくEF65 1081でした。
 ダイヤ改正前日なので運用が変わったのかな?
 千葉貨物駅からはKD55 103が牽いてやって来ました。

 こちらの編成は、タキ1000-821緑1000-367緑1000-807緑1000-242緑43469青43206青43379青43412青1000-657青43014青43456青1000-375青+38077 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その31

加賀一の宮駅ホームの様子
 加賀一の宮駅のホームの様子です。
 ホームの先の方はかなり幅が狭まっていました。
 奥が廃止となった白山下方面です。

加賀一の宮駅正面入口
 重厚さを見せる駅舎の入口です。
 木製手書きの駅名看板が風格を更に上げています。

加賀一の宮駅駅舎
 この古い駅舎は、1927年に金名鉄道の神社前駅として開設された当時の建物を大事に使っているそうなので、80年以上経っています。
 石川線の一部区間廃止とともに駅の役目は終わりますが、この建物の今後はどうなるのかが気になるところです。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の千葉駅

 3月12日は千葉駅に立ち寄りました。
 明後日の14日におこなわれるダイヤ改正から、千葉駅での上り貨物列車の使用番線が、0番線から3番線に変更になるのです。
 今まで当たり前だった光景が変わってしまうため、撮影をしていました。

千葉駅0番線の1092列車
 西口の跨線橋から見た、0番線に停車中の1092列車です。
 千葉駅では大がかりな工事が始まるため、0番線だけでなく、駅自体の姿が変わり始めています。
 そちらも記録しておかないといけないようです。

千葉駅0番線の1092列車のEF65 1139
 撮影位置を変えて出発待ちの1092列車の様子です。
 編成は、EF65 1139+コキ51653+51511+53077+200-54+106-1004+200-106+104-371+104-2160+104-1334+104-378 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 00:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その30

乗車したクハ7102車内
 先ほど撮影した列車の折り返しが、加賀一の宮行きとなって新西金沢駅に戻ってきました。
 乗車したのはクハ7102です。
 東急時代とあまり変わっていないと書きたいところですが、東急で乗ったかどうか記憶があやふやなので分かりません。

加賀一の宮駅に到着した電車
 30分ほどの乗車で終点の加賀一の宮駅に到着しました。
 22年ほど前まで、この先に金名線が白山下駅まで続いており、当時は交換可能駅だったので、反対側にもホームがあったのです。
 今は不要となったため、ホームと線路は撤去されていました。

加賀一の宮駅駅舎のホーム側
 古い駅舎なのであちこち改修はされていますが、歴史を感じさせる造りとなっています。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その29

新西金沢駅ホーム上の様子
 新西金沢駅のホームの様子です。
 寒さ対策のためなのか屋根だけではなく、壁が設けられていました。

新西金沢駅の野町方向を見る
 ホームから野町方向を見た様子です。
 側線が1本左側に延び、右側にも途切れた分岐があります。
 以前は分岐の先もどこかに続いていたのかもと思わせる配線でした。

小さな川に残る橋の跡
 駅の真ん中を小さな川が通っているのですが、その川を見る橋を渡っていた小さな橋の跡が2つ、その2つ以外にも撤去されている感じがします。
 左側に駅舎があり、すぐ後ろに当たります。
 かつてこの場所には石川線の車両工場や車庫があったので、それなりに線路が広がっていました。
 現在駐車場になっている部分もその敷地の一部でした。
 現在の車庫は鶴来駅に隣接した場所にあります。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その131

 3月10日は午後から蘇我で会議があったため、始まる前に蘇我駅で貨物列車を2本チェックしています。

蘇我駅の5960列車のEF65 1040
 5960列車の牽引機は、KD55 103からEF65 1040に引き継がれています。
 後続は、タキ44520+タキ44009青タキ1000-176緑+タキ43139+タキ243824緑+タキ43182+タキ243727緑タキ43582青タキ1000-272緑タキ1000-66緑+タキ43543+タキ43381青タキ1000-818緑タキ243874緑タキ43012青タキ1000-819緑タキ1000-366緑でした。

蘇我駅の5973列車のKD55 103
 5973列車は、蘇我までの牽引機は見ることが出来ませんでしたが、京葉臨海側は、5960列車を牽引してきたKD55 103が牽引機となりました。
 こちらの後続は、タキ1000-375青+タキ43466+タキ43014青タキ43032青タキ43428青タキ43402青+タキ43575+タキ1000-657青タキ43412青タキ43379青+タキ38077でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その28

新西金沢駅駅舎
 JR西金沢駅の駅舎から目の前の駅前広場を見ると、踏切が見え、左手にも駅が見えます。
 こちらが北陸鉄道石川線の新西金沢駅となります。

新西金沢駅の構内 鶴来側から見たところ
 新西金沢駅は急なカーブの途中にあり、島式ホームのためそこから更に分岐しているのでかなりきつい配線です。
 以前見た写真では、線路が曲線というより多角形になっていたので、かなり乗り心地も悪く、危険な状態であったのではないかと思いました。
 今回見た限りでは、ちゃんと曲線になっていたので、線路が改良されたのでしょう。

野町行きの電車停車中
 野町行きの電車が到着している状態です。
 停車しているのは7000系電車、元東急の7000系です。
 5編成10両が活躍しています。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅周辺

 3月9日は仕事帰りに荷物を運ぶため車で出勤しました。
 時間的にはちょっとの差で蘇我駅での5989列車の撮影は間に合わないため、いつもと撮影場所を変えています。

蘇我~千葉機関区間のEF65 1094
 蘇我~千葉機関区間で待っていると、前面がかなり汚れたEF65 1094がやって来ました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その27

 2月8日、旅行2日目となりました。
 まずは北陸鉄道石川線の乗車&撮影を目的にして宿を出ます。
 新西金沢駅から石川線に乗車することして、JR金沢駅に向かいます。

金沢駅のクモハ475-43
 金沢駅のホームに上がると、交直流急行色に復元された475系が停まっていました。
 2006年に塗り戻されており、過去に何度か目撃はしているのですが、この車両も撮り逃してばかりが続いていました。
 復元されたのは2編成あり、クモハ475-43が組み込まれていたので、金サワA16編成のようです。

 隣のホームに七尾線からの415系800番台がやって来たので、乗車、一駅隣の西金沢駅に向かいます。
 前にも乗ったことがあるのですが、改造された車内のクロスシートはかなりピッチが広くなっていますので、ゆったり座ることが出来ます。

西金沢駅の3092列車のEF510-4
 西金沢駅に着くと、後を貨物の3092列車がやってくるので撮影してみました。
 ホームから撮影できるかと思ったら障害物があったので、駅舎前での撮影をしています。
 レンズの選択を間違えて、機関車しか撮れなかったりもしています。
 この時は雪が少し舞い始めており、この後の天気が心配になってきていました。

西金沢駅のトワイライトエクスプレスのEF81 43
 撮影地点は撮りやすい場所とは言えませんが、屋根があったので、少し後にやってくるトワイライトエクスプレスまで撮影することにしています。
 この日はEF81 43が牽引機でやってきました。

西金沢駅駅舎
 列車を撮影していた西金沢駅の駅舎です。
 待っていた雪が止み、だんだん青空が広がって来ていました。
北陸本線 | 投稿者 kd55-101 05:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その26

粟ヶ崎駅ホーム延長部分
 粟ヶ崎駅のホーム延長部分部分です。
 5m延長されたのですが、橋梁部分にホームを延長した形となっています。

北陸鉄道浅野川線大野川橋梁
 浅野川線の撮影ポイントである大野川橋梁です。
 この橋梁は2003年3月に国の安全性評価事業により、腐食したりしてガタが来ていると判断され、時速15Kmでの徐行運転となりました。
 お陰でゆっくり走ってくるので、撮影は余裕を持って出来ます。
 補修工事の方は2007年度までに終わっており、徐行運転解除の検討がされていたはずですが、約1年経った現時点でも、徐行中でした。

大野川橋梁を行くモハ8801
 大野川橋梁に電車がやってきました。
 待っている間にどんどん暗くなり、走行写真の撮影はギリギリでした。
 やって来たのはモハ8801+8811です。
 さっきと同じ8000系でも、こちらは8800番台、先ほどのは8900番台です。
 違いは種車の京王3000系の狭幅車と広幅車の違いで、8800番台が狭幅となっています。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の南流山駅

 3月7日、明治公園に出掛けた帰りに少し撮影してきました。
 北松戸駅で撮影してその後南流山駅に移動しました。
 
南流山駅の2080列車のEH200-6
 南流山駅で81列車?を再び撮影した後、反対から2080列車がやって来ました。
 撮影してみましたが、正面には日が当たりません。
 こちらの編成は、EH200-6+タキ1000-6241000-6271000-6261000-4321000-8051000-8201000-651000-3001000-3481000-1701000-8041000-8221000-3551000-1821000-44 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 18:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の北松戸駅

 3月7日、明治公園に出掛けた帰りに少し撮影してきました。

北松戸駅の81列車?のEF81 82
 特に目的地が無く常磐線に回り、何となく降りた北松戸駅で撮影してみました。
 下りの貨物列車は完全に逆光です。
 14時37分に通過ですが、遅れた列車みたいなのでハッキリとは分かりませんが、運用が崩れていなければ、81列車の様な感じです。
 EF81 82+コキ250037+コキ50000×8+52582の編成です。
 この列車の撮影後は、武蔵野線の南流山駅に向かいました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 18:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その25

 内灘駅には浅野川線の車両基地があり、昔は更に先まで線路が延びていたので、駅周辺までじっくり見たかったのですが、走行写真を撮影するために隣の粟ヶ崎駅に向かって歩きました。
 走行写真は明るさが残っているうちではないと撮影できませんから仕方がないのです。

内灘~粟ヶ崎間の8000系
 粟ヶ崎駅の近くで先ほど乗車した編成がやって来ました。
 この写真は線路の隣を走る道路の車道上で撮影しています。
 列車がやってくると、踏切への車の侵入対策のためなのか、一斉に道路信号が赤になるためにこんな事が可能なのです。
 当然列車が通過した後は青になり、車がやってくるのですぐ待避しないと行けません。

粟ヶ崎駅に停車中の8000系
 道路反対側に逃げて振り返って撮った、粟ヶ崎駅に停車中の8000系です。
 内灘駅から1駅分歩いてきたのですが、営業キロが500mなので、たいした距離ではありません。

粟ヶ崎駅の様子
 内灘駅側から撮影した粟ヶ崎駅の様子です。
 この駅は内灘方に踏切、北鉄金沢方は川となっており、ホームは非常に短く、18m車2両編成でギリギリです。
 これでも前年の2008年12月にホームを延長しているのです。
 それまでは、上りの北鉄金沢行きは後部は踏切上に停車し、下りは川の上で停車していたそうです。
 古い車両の時はドアまで開いていたそうなので、凄い光景が見られたのでしょう。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その24

 金沢駅での撮影を終え、近くにあるビジネスホテルにチェックインします。
 余計な荷物を置き身軽になって再び撮影に出掛けました。

北鉄金沢駅改札口
 北陸鉄道浅野川線の始発駅である北鉄金沢駅に向かいました。
 この駅は8年前の2001年に地下化された駅なので、まだ新しい印象です。
 ホームは1面2線の構造ですが、2番線には編成が留置されており、写真に見えている側の1番線で折り返し運転するのが平常の姿のようです。
 この駅の改札は、到着列車が来てお客が全部降りた後に乗車の改札を始めるので、駅構内をじっくり観察することは出来ませんでした。

北鉄金沢駅のモハ8912
 改札を抜けてこれから乗車する車両を撮影しました。
 2両編成の北鉄金沢方が写真のモハ8912です。
 この車両は見て分かる通りで、京王電鉄井の頭線で活躍していた3000系です。
 こちら北陸鉄道では8000系と名乗って活躍しています。

内灘駅のモハ8902
 終点の内灘駅まで乗り遠し、到着した直後のモハ8902を撮影しています。
 この駅でもすぐ改札を出なくてはいけないので、やはりじっくり撮影できていません。
北陸鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その130

 3月5日、夜の蘇我駅の様子です。
 今日は2本の貨物列車をチェックしました。
 57列車は、KD55 201→EF210-103 +コキ107-35+104-840+104-1097+106-657+104-1756+106-321+104-1599+106-112 の編成でした。

蘇我駅の5972列車のEF210-120
 5972列車は、KD60 2→EF210-120 +チキ5222+5223+5219+5237+コキ106-444+タキ43257+43234 の編成です。
 昨日も今日もおまけが付いていないのでちょっと残念です。
 両列車を撮影している間は、蘇我機関区様と一緒でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その23

 高岡駅から金沢駅に移動してきました。
 着いたら構内で少々撮影タイムです。

金沢駅の七尾線用415系800番台
 七尾線用の415系800番台が停まっていました。
 元を辿れば直流車の113系だったのを、485系から捻出した交流機器を取り付けて交直流車に改造した車両です。
 交流機器を外された485系の方は、183系700・800番台となって活躍中です。

七尾線のヘッドマーク
 実際は415系800番台が撮りたかったわけではなく、前後に付いていたヘッドマークが気になったからでした。
 「和倉温泉開湯1200年」のヘッドマークが付いていたのですが、どこかで見た覚えがありました。
 2007年の1月に和倉温泉に来た際に見たのかと思い、写真を見たのですが415系800番台にはヘッドマークは付いていませんでした。
 他の写真を見ていたら、のと鉄道の車両に付いていたヘッドマークと色違いで同じモノだった事が分かりました。
 最初に見てから2年経っていますが、いったいいつまで付けておくのでしょう。

金沢駅での併結作業
 金沢駅では特急列車の分割併合がおこなわれており、在駅中にも作業がおこなわれていました。
 珍しい光景ではないのですが、ついつい見てしまいます。

485系国鉄色の雷鳥
 国鉄色の458系も見られました。
 新型特急が活躍する中、このカラーリングは何かホッとします。
 やはり子供の頃から特急の色はこの色と覚えてしまっているからでしょうね。
 でも見たり撮ったりは良いですが、長距離乗るには疲れます。
JR西日本 | 投稿者 kd55-101 07:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その129

 3月4日は残業となったため、職場を出るのが20時になりました。
 今日は57列車の撮影をするつもりでしたが、間に合わないので三脚を職場に置いて帰りました。
 千葉みなと駅に行くと京葉線が止まっていた影響で、次の電車は16時55分発の電車です。
 結局20時10分頃に発車となり3時間以上の遅れです。

蘇我駅の57列車と5972列車の並び
 蘇我駅に着き5972列車の様子を見に行くと、5972列車ではなく1本前の57列車が停車中でした。
 カメラを出している間に、隣にKD55 102を先頭にした5972列車がやって来て並びました。
 写真は5972列車の牽引機が離れた直後です。
 今日は混雑を避けるため、車番チェックもおこなわず引き上げました。
 京葉線が混乱しているため、総武線廻りの5972列車が先に出発したかもしれませんね。

 話は変わり3月14日付けで、高崎から新鶴に転属がおこなわれるそうです。
 10両の機関車が移動するとのこと、車番も聞いているのですが、人から教えてもらった情報をそのまま載せるのも悪いので、両数だけです。
 また一休車になるのも3両、その中には1127も含まれており3月1日で検切れの模様との話しです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その22

高岡駅で待機中のEF510-9
 高岡駅に戻ると、先ほどのEF510-9が構内で待機していました。
 この後の8074列車にでも充当されるのでしょうかね?
 そこまでは確認していません。

氷見線からの2092列車のDE10 1541
 金沢に移動するためホームで列車を待っていると、氷見線からDE10 1541を先頭にした貨物列車がやってきました。
 時間的には、高岡貨物駅から来た2092列車のようです。
 土曜日だからなのか、積み荷の無いコンテナ車が3両だけでした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 08:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その128

 3月3日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5989列車のEF65 1058
 朝の5989列車はEF65 1058が牽引機でした。
 前面貫通ドア部分の塗装がだいぶ痛んでいます。
 タキは18両で標準的な長さです。
 編成は、タキ43476+43357青43349青44001青1000-459青43390青43172青+38072+43330青1000-385青43012青43006青+43620+1000-405青44004青43001青43346青44006青 でした。

蘇我駅の57列車のEF210-2
 仕事帰りには撮影しないつもりでしたが、雪のために予定されていた用事がキャンセルとなり、少しだけ立ち寄って撮影しています。
 57列車は、KD55 103からEF210-2に牽引機が交替しています。
 編成は、コキ104-1683+106-278+104-95+106-1141+104-1769+104-2026+106-112 でした。

蘇我駅の296Mと5974列車位置関係

蘇我駅の296Mと5974列車位置関係
 みや様のコメントの返事と言うことで、前日の5974列車のEH200の停車位置ですが、言葉足らずでした。
 列車の出発待ちではなく、京葉臨海からの到着待ちでの停車位置が東京寄りだったのです。
 写真は出発待ちの状態を載せてしまったから、余計勘違いさせてしまいました。
 改めて前日の296Mと5974列車の位置関係です。

蘇我駅の296Mと5974列車位置関係 2
 いつもの停車位置だと、EH200は296Mの陰になりますが、千葉貨物からの到着は見ることが出来るのです。
 こちらの写真は2月19日に撮影しています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その21

 再び高岡駅前に戻ったので、万葉線の高岡駅前電停の様子を撮影です。

交差点から見た高岡駅前電停
 JR高岡駅前の交差点から万葉線の高岡駅前電停を見たところです。

高岡駅前電停から交差点を見たところ
 今度は逆に電停側から交差点を見ています。

高岡駅前電停とバス乗り場
 電停の反対側にはバス乗り場があり、一部のバスへとの乗り換えはかなり楽だと思われます。
 この電停も高岡駅が新しくなった折には、移設されるようなので、そのうち姿を変えることになるのでした。
万葉線 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その127

 3月2日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5974列車のEH200-18
 5974列車は、JR側の牽引機であるEH200が先に側線に現れますが、本日の牽引機であるEH200-18は、いつもよりかなり東京寄りに停車しました。
 1番線の8両編成の停止位置より前におり、5974列車到着時は1番線に8両編成が停まっていたため、千葉貨物から到着する場面は、ほんのちょっと隙間から見えただけです。
 編成の方は、KD60 1→EH200-18 +タキ243657+243854緑243681緑+43281+43412青1000-657青+43575+43402青43244青43428青43032青43014青43466青 でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その20

 高岡駅ではくたか6号の到着を待っていると、金沢方からEH510を先頭にした貨物列車がやって来るのが見えました。
 時間的に1089列車のようです。
 それでは撮影するかと準備をしていると、駅の案内がはくたか6号の到着を伝えました。

はくたか6号と1089列車のEF510-9
 結局はくたか6号が先に到着してしまったので、1089列車にもろ被りです。
 本来の時間だと、はくたか6号が発車してから1089列車が到着だったのですが早着したのでした。

貨車から離れるEF510-9
 到着するとすぐに、EH510-9(みや様のコメントの通りで誰が見てもEF510でした。しっかりしろ自分)に操車係の方が前後に乗り貨車から切り離されました。
 本数の多い構内での入れ換えのため、時間短縮のため2名での作業になっているのだと思われます。
 3099レ様のコメントからこの操車をおこなっているのは、JR西日本の社員と言うことになります。
 切り離された貨物は、城端線の二塚駅に向かうためにDE10が反対側に連結されるのです。

高岡の銀行の古い建物
 仮設住宅氏と合流した後は、再び万葉線に乗り高岡の市街地に向かいました。
 高岡には古い町並みや建物が残っている場所があり、しばらくそちらを見て回っていました。
 写真は、銀行の古い建物です。
 仮設住宅氏はNゲージのシーナリィーの資料として使うため、かなり多くの建物を撮影していました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影行2009冬 その19

越中大門駅のEF81 122
 北陸本線での撮影は、貨物列車の撮影と419系のオリジナル先頭車の撮影が目的でした。
 この日ここまで貨物列車の撮影は、2本空振りになっており、やっとやって来たのは、EF81 122の単機でした。

越中大門駅の419系
 そんな時に限って、419系のオリジナル先頭車が反対からやって来たりします。
 そんなわけで中途半端な写真となりこちらも失敗です。

またやってきた419系
 その後少しだけ撮影し、仮設住宅氏と合流のため高岡駅に向かいます。
 反対ホームに行くと、また419系のオリジナル先頭車がやって来ました。
 タイミングの悪いこと…。
北陸本線 | 投稿者 kd55-101 00:46 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]