姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

今日の特大貨物

 11月30日は、京葉臨海鉄道で変圧器輸送があったので、撮影に出掛けました。
 東武のファンフェスタも同日になっており、1800系が走るのでどちらに行くかでちょっと迷いましたが、地元ネタを優先しています。

 蘇我駅に8時過ぎに到着すると、5989列車の荷であるタンク車が並んでいたので、運転時刻の予想が外れたかと思いました。
 10月に特大貨物が運転された時は、土・日運休の5989列車のスジを使って、9時に蘇我駅を発車していたので、今回も同じだと思っていたのです。
 とりあえず停まっていたシキ611B1+ヨ8402を撮影していると、みやちゅう様が話し掛けて来ました。
 実際にお会いしたのは初めてです。
 話をしながら待っていると、作業員の方が現れ、8時44分にKD60 1が現れました。

シキ611B1に連結するKD60 1
 KD60 1がシキに連結したので、特大貨物が先に動くのが確認でき、みやちゅう様と一旦別れて、次の撮影場所に移動します。

蘇我陸橋に向かう特大貨物
 蘇我陸橋をくぐる手前に移動しました。
 レンズを交換するかを迷っていると、予想より早く列車が来てしまいまったので、望遠のまま撮影しています。

蘇我陸橋をくぐる特大貨物
 私と一緒に撮影していた銀のセレナの方とは、ゆっくり話している暇はなかったのですが、みや様だったのかな?

市原分岐での特大貨物
 次の撮影場所は市原分岐です。
 列車が来るのを待っていると、自転車追っかけ隊が脇を走っていきました。
 お疲れ様です。
 私も昔はやりましたが、今は体力も自転車も無いので無理ですね~。
 京葉市原駅方向に曲がっていくのを撮影した後、市原埠頭方向に向かいます。

道路を横断する特大貨物
 歩道橋の階段を駆け上がり、何とか道路を横断していく場面に間に合いました。

埠頭の手前で機回し作業
 埠頭の手前まで来た列車が機回しをしていました。
 ここから埠頭までは、推進運転になるためです。
 左の壁の向こうはAEパワーシステムズで、シキ280の上部が見えています。
 撮影中に蘇我機関区様も車でやって来ました。

推進運転で埠頭に向かう特大貨物
 推進運転でシキは埠頭に向かっていきました。
 この後、再びみやちゅう様と会い、蘇我機関区様、スーパー北斗様、O先生を引き合わせていただきました。
 色々話をしたかったのですが、午後は別の撮影に回るためにここでお別れしました。
 またどこかでお会いすると思いますので、その時はよろしくお願いします。

京葉市原~市原分岐を行くKD60 1
 引き上げ際に定期列車が無いため、普段は列車が走らない京葉市原~市原分岐を行くKD60 1を撮影しています。
 多くの作業員をデッキに乗せたの貴重な光景が撮れした。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 17:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その24

サボとキハ52 137
 一通り駅構内の様子を撮影したので、坂町行き列車に乗り込みます。
 乗車したのはキハ52 137でした。

キハ52 137に乗り込む
 坂町から乗車してきた快速「べにばな」がそれなりの乗車率だったのと比べると、今度の列車はかなりの余裕があり、1BOXを占めることが出来ました。
 おかげでゆっくりと駅弁が食べられて満足です。

米坂線の車窓
 窓を全開に出来るので思い切り外の景色を眺める事が出来ます。
 新型車両では出来なくなるので、思い切り味わいました。

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 07:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の検見川浜駅 その4

 11月29日の貨物列車の様子です。
 いつもお世話になっている、みや様の掲示板を何気なく眺めていたら、1091列車で蘇我にやってきたEF65 1042が前回に引き続き不調だったようで、5960列車で無動力回送されるとの情報がありました。
 京葉臨海鉄道の撮影予定を変更して、前回代わりの機関車を送り込んだ2080列車を撮影しに出掛けてきました。

検見川浜駅のEH200-12
 2080列車は検見川浜駅で撮影しています。
 残念ながらこの列車では代わりの機関車は送り込まれてきませんでした。
 EH200-12を先頭にしたこの列車の編成は、EH200-12+タキ1000-367緑タキ1000-807緑タキ1000-65緑タキ1000-66緑タキ1000-91緑タキ1000-272緑タキ1000-182緑タキ1000-242緑タキ1000-818緑タキ1000-820緑タキ1000-170緑の編成です。
 この列車は緑のタキ1000で揃っているので、見栄えが良いから好きです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その59

 11月29日の貨物列車の様子です。
 いつもお世話になっている、みや様の掲示板を何気なく眺めていたら、1091列車で蘇我にやってきたEF65 1042が前回に引き続き不調だったようで、5960列車で無動力回送されるとの情報がありました。
 京葉臨海鉄道の撮影予定を変更して、前回代わりの機関車を送り込んだ2080列車を撮影しに出掛けてきました。

蘇我駅の臨8972列車のEF65 1090
 蘇我駅で列車を降りると、臨8972列車が出発を待っています。
 残念ながら単機でした。
 この列車が本当ならEF65 1042だったのでしたが、新鶴のEF65 1090になったみたいです。

 この後検見川浜駅に2080列車を撮影しに出掛けています。

クレーンタイプの軌陸車
 蘇我に戻るとクレーンタイプの軌陸車が留置されていました。
 最近よく蘇我駅周辺に出没していますが、何処で使っているのかは不明です。
 この近くだと浜野駅のホーム延長工事ぐらいしか思いつきません。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その23

新潟色(青)のキハ58 677&キハ47 1517
 もう1両のキハ58であるキハ58 677も米沢駅の留置線で待機中でした。
 絶滅寸前のキハ58ですが、急行色に戻った2両に比べると影が薄くなっています。
 ホームに停車中なのは、キハ47 1517です。

キハ58 1022のサボ
 米沢駅まで乗車してきたキハ58 1022のサボは、「今泉←→米沢」に変わっていました。
 この後この編成が、米沢駅と今泉駅の間を2往復運転するので、それを撮影に向かうのです。

国鉄時代へタイムスリップ
 1番上の写真と同じ時間帯、同じホームですが、場所を変えただけで国鉄時代にタイムスリップしたかのような場面になりました。
 首都圏色と急行色の組み合わせが見られるのはいつまでなのか?
 ちなみに首都圏色なのはキハ47 514、新潟色(青)のキハ58 677と組んでいます。

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 11:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日の蘇我駅 その58

 昨日11月28日は、職場から家に戻った後、再び蘇我駅に戻って夜の蘇我駅の様子を見てました。

 3063列車 KD55 105+コキ多数で蘇我駅に到着、牽引機はEF210-124へバトンタッチ。
 1071列車 KD60 3+タキ1000-462+1000-660+1000-651+1000-654+1000-656+1000-653+1000-373+1000-417+1000-102+1000-655+1000-98+1000-93+1000-97で到着。

蘇我駅の KD55 105+KD60 3
 5975列車は既に到着しており、蘇我からはKD55 105+KD60 3の重連でタキを多数牽引、定時発車。
 3063列車は若干遅れて発車。

 1071列車の先頭にはEF210-118が連結して発車。
 臨8966列車は再びKD60 3が牽引機、タキ43348+43136+1000-821+243858+243854+243695+43302+43272+43029+43273+43011+43575+他8両。
 5971列車は10分程度遅れて到着、EF210-113がタキを4両牽引。
EF210-113はそのまま臨8966列車のタキに連結、そのままパンタを降ろして終了。
 5988列車が千葉貨物方向から到着、反対側からは臨8985列車、1番線にも上り電車が同時にやって来る。

蘇我駅のKD55 201+KD55 105
 5988列車はKD55 201+KD55 105の重連で牽引、タキ44209+44521+タキ多数。
 臨8985列車はEF65 1036+タキ多数+1000-415+1000-401+1000-672+1000-404+1000-671+43626+43611+1000-662+1000-670でした。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 02:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その22

米沢駅のキハ52 137
 米沢駅に着くと4番線に次の列車が待機していました。
 この列車に乗って撮影場所に移動するのですが、その前に昼食の買い出しです。

米沢駅の米沢牛
 米沢と言えば米沢牛が有名ですね。
 駅のホームでも出迎えてくれました。
 この日の昼食は最初から米沢牛を使用した駅弁と決めていました。
 そこで巻き添えの先輩一押しの、松川弁当店から出ている牛肉道場を買いに行ったのですが、お昼だというのに店が閉まっていました。
 なんてこった~。
 でもしょうがないので、もう一つの有名な新杵屋はやっていたので、そちらの駅弁を購入しています。

米沢駅奥羽本線ホーム
 奥羽本線のホームには719系5000番台が停まっていましたが、まったく興味なしです。

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その21

米坂線の車窓
 乗車した米坂線は、田んぼの中を走り、川沿いを走り、ダム湖の脇を走り、渓谷を走りと約90Kmの車窓は目を楽しませてくれました。
 クロスシート側に座っていたら、さらに良かったのだと思います。

ガラスに映る急行色
 途中の駅で、ドアのガラスに急行色が映っていました。
 やっぱり良い色です。

交換列車は国鉄一般色
 途中駅で交換した列車には、一般色のキハ52が組み込まれていました。
 窓越しに見える、国鉄一般色も国鉄時代を思い起こさせてくれます。

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その20

 下りの特急「いなほ」が来るので、反対側のホームにから撮影するつもりで、跨線橋を渡ります。
 ついでにトイレに行くと、また下りの貨物列車が通過していきました。
 さすがに日本海縦貫線は貨物列車が多いな~と思いながら見送っています。

坂町駅に485系3000番台到着
 やって来た「いなほ」は485系3000番台でした。
 よく見ると先頭車に翼のエンブレムが付いた、「はくたか」運用に使用していた車両です。

坂町駅に差し掛かるEF81 455
 「いなほ」の後を追いかけて3本目の下り貨物列車がやって来ました。
 EF81 455がコンテナ車を牽引しています。
 家に戻ってから貨物時刻表を確認したら、こんなに立て続けに貨物列車は走っていません。
 かなりダイヤが乱れていたようです。

坂町駅のキハ58 1022+キハ28 2371
 その1でも書いていますが、ここから米坂線を乗り通すための列車は、新潟から直通の快速「べにばな」です。
 6分ほど遅れてキハ58 1022+キハ28 2371の急行色コンビがやって来ました。
 この車両に乗って米坂線の車窓を堪能します。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(1)

南東北気動車の旅 その19

坂町の扇形庫
 坂町駅には以前機関区があった名残が残っていました。
 写真の扇形庫もボロボロになっていますが残っています。
 草むらの中に転車台があるはずですが、全然見えません。

坂町駅に差し掛かるEF81 135
 下りの貨物列車がやってきました。
 EF81 135がコンテナを牽引して登場です。

坂町駅のE127系電車
 坂町駅は直流区間に入っているため、新潟地区の直流電車が姿を見せます。
 E127系電車が新潟駅に向けて発車していきました。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その18

 特急「いなほ」は田んぼの中を突き進んでいきます、
 「いなほ」とは良く名付けたものだと感心するくらい、刈り入れ前の稲が、延々と続く景色を見ることが出来ました。
 家の前も横も田んぼなのですけど、規模が全く違うのには感動しました。
 来年は羽越本線の撮影にやってこよう。

坂町駅のキハ52 120
 坂町駅で「いなほ」を下車すると、ホーム向かい側に米坂線の列車が停まっていました。
 今年3回目の米坂線最初の車両は、キハ52 120+キハ47 1516の2両編成、どちらも新潟色(青)の編成です。

車輪と坂町駅駅舎
 以前にも撮影した、坂町駅前のD51の車輪と駅舎です。

坂町駅のキハ47 1516+キハ52 120
 駅舎の脇から駅に停車中のキハ47 1516+キハ52 120を撮影です。
 手前の線路には、前回は保守用車が停まっていましたが、今回見ると、線路の真ん中にパイプの柵が出来ていました。
 何か工事をするのかな?

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 08:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の京葉臨海鉄道

 11月23日も前日に引き続いて京葉臨海鉄道の撮影をしていました。

浜五井駅のKD60 3
 浜五井駅で505列車をで撮影、KD60 3が牽引機です。

コンテナ無しの505列車
 505列車は日曜日とあってコンテナが1個も積まれていない状態でした。
 11分後の211列車は運休です。

浜五井駅を通過するKD60 4
 506列車もそのまま浜五井駅で撮影しています。
 正面からKD60 4を撮ってみました。

 結局今日もKD55 103とは出会えずに撤収です。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 16:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その17

 南東北気動車の旅も2日目の9月14日になりました。
 宿を5時半に出て、駅に向かう前に早朝の酒田の町を見物しています。
 古い建物など見所が多く、ゆっくり回れないのが残念でした。

酒田駅駅舎
 酒田駅駅舎前には6時20分頃に着き、駅前のうどん屋で朝食をとります。

酒田駅0番線のキハ40系
 羽越本線のローカル列車に使用するキハ40系も、朝なので4連を組んで待機しています。
 駅構内には、9月14日のブログで紹介したように、前日はホームから見えなかったキハE120形が見えていました。

酒田駅の特急いなほ先頭部
 酒田駅で停まっていた新潟行きの特急「いなほ」です。
 この特急は発車が6時44分発で、乗車しないと今日の行程が成り立たないために、早朝の出発となったのでした。
 ローカル線を使った旅は、なかなか大変なのです。
 ヘッドマークの塗りつぶしはL特急の「L」が書かれていたのでしょう。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 08:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の京葉臨海鉄道

 11月22日は京葉臨海鉄道の撮影へ出掛けました。
 全検から帰ってきたKD55 103を撮影できれば良いなと思いながら、まずは浜五井駅へ向かってみます。

 最初にやってきたのは京葉久保田行きの505列車、角目のKD55 201がコンテナを6両牽いて通過して行きました。

コスモ石油千葉製油所専用線を行くKD55 102
 11分後に、浜五井駅にあるコスモ石油千葉製油所専用線に入る211列車がやって来ました。
 こちらも角目のKD55 102が、返送されてきたタンク車を牽引中です。

椎津~前川間を行くKD55 105
 場所を移動して椎津~前川間に向かってみました。
 今度は千葉貨物駅に向かう506列車です。
 丸目のKD55がやって来たのでKD55 103かと思いましたが、残念ながらKD55 105がコンテナを13両牽いていきました。

 前川駅で506列車と211列車が交換となり、211列車の出発を撮ってまた移動をします。
 国道16号線を千葉方面に向かうと、浜五井駅の手前で506列車に追いつきました。
 そのまま並走していくと、浜五井駅にも212列車が出発を待っているのも見えます。
 列車と並走を続けたまま、市原分岐~千葉貨物間に向かいました。

市原分岐~千葉貨物間のKD55 102
 506列車を見送った後、11分後に212列車がやって来ました。
 浜五井駅のコスモ石油千葉製油所から発送の石油類を、KD55 102が牽いていったのでした。

 目的のKD55 103と出会わなかったので、もう少し京葉臨海鉄道の撮影をおこなわなければならないようです。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 17:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その16

酒田港駅構内の様子
 踏切から写した酒田港駅構内の様子です。
 踏切を中心としてX形を描いた構内配線となっていました。
 左側の線路が本線で、先に行くと酒田港駅の建物があります。

酒田港線の様子
 酒田港線本線を踏切から酒田駅方向を撮影しています。
 酒田港線とは通称であり、正式には羽越本線の貨物支線のこの線は、数少ないJR貨物が第一種鉄道事業者になっている線です。

夕焼けをバックに待機する貨物列車
 この日は、貨物時刻表を持ってきているわけではなく、列車の発車時刻は分かりませんでした。
 もう一名同業の方(この人も千葉県から来ており、青森県に向かう途中で撮影していました)が来ており、しばらく待っていたのですがやっぱり動きません。
 暗くなったので諦め、夕日をバックにして停まっている機関車を撮影してこの日の撮影は終了となりました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 09:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その57

 11月21日夜の蘇我駅の様子です。

 2081列車はEF65 1090が牽引機。
 3063列車はKD60 1→EF210-116が牽引機。

蘇我駅のKD60 1+KD55-105
 撮影中に到着した5975列車はEF210-111が牽引してやってきました。
 この列車の京葉臨海側の牽引機は、3063列車を牽いてきたKD60 1と1071列車を牽いてきたKD55 105が重連で牽引していきます。

蘇我駅のKD60 1+KD55-105の重連
 貨車は緑無しのタキ43000形とタキ44000形でした。

蘇我駅の1071列車のEF210-111
 蘇我駅発最終貨物列車の1071列車はKD55 105からJR側にバトンタッチ。
 編成は、EF210-111+タキ1000-653+タキ1000-102+タキ1000-655+タキ1000-101+タキ1000-416+タキ1000-410+タキ1000-462+タキ1000-649+タキ1000-5+タキ1000-660+タキ1000-98+タキ1000-93+タキ1000-97でした。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その15

酒田港駅のタキ5450形
 入れ替えを撮影した後は、酒田港駅構内にいたタキ5450を撮影します。
 6両が繋がって留置されているのを、1両ずつ撮影しています。
 以前は地元の浜五井駅でも見掛けたのですが、現在では専用線も無くなって見掛けなくなってしまい残念です。

陸橋の下のスイッチャー
 タキ5450形を撮影するために陸橋上を移動すると、入れ替えを撮影していた真下にスイッチャーが停まっていました。
 陸橋上からだと気が付かない位置です。
 もっともこの場所からは陸橋の橋脚が邪魔になって、まともに写すことは出来ませんでした。

陸橋下のスイッチャーの後ろ姿
 場所を変えてもまともに写せる場所がありません。
 入れ替えの時に写っている踏切から、かろうじて後ろ姿が撮影できただけでした。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その32

 11月20日の千葉機関区の様子です。

千葉機関区構内の様子
 本日9時前の千葉機関区の様子です。
 2番にEF65 1093、3番検修庫にEF65 1037、5-2番にEF210-121の3両が停まっていました。
 この日の撮影は、このカットを撮影したらバッテリーが終了、予備のバッテリーも庫内EF65 1037をワンカット撮影したらバッテリーが終了してしまい、2枚だけとなってしまいました。
 夜家に戻ると、こたつの上にフル充電のバッテリーが置きっぱなし~。
 どっちにしろ時間が無かったから、バッテリーがあっても大して変わらなかったと思いますけどね。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その14

酒田港駅の入れ換え作業 3
 DE10 1673はコンテナ車を牽いて、ヤードの線路が集束した先まで行きました。
 線路が左にカーブしているため、後部しか見えていません。
 写真の下側の真ん中より左の線路を走って行ってます。

酒田港駅の入れ換え作業 4
 後退を始めた車両は右側の線路に進んで行きます。
 そのまま進むと、酒田港駅の建物がある場所となります。

酒田港駅の入れ換え作業 5
 ちなみに車両が進んでいるさらに右側の線路が、酒田港線の本線となっています。
 本線からは直接左側の線路に入れない配線となっていました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 07:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の下総中山駅 その1

 11月19日は明け番でしたので下総中山駅まで出向いています。

下総中山駅の73列車のEF65 1051
 今日は久しぶりに天気は良く快晴でした。
 下総中山駅では、73列車と1091列車の撮影をしてみます。
 この日の総武緩行線は、線路内に人が立ち入ったと言うことで、かなり列車が遅れています。
 同駅で一緒に撮影していた方と「これだけ遅れると予想つきませんね」などと話をしていました。
 73列車の方は被ることなく、EF65 1051が牽引するコンテナを撮影できました。

 すぐ後にやって来る1091列車は、辛子色ドアのEF65 1127が牽引して来るのが見えました。
 しかし緩行線にも列車が並走しており、撮影断念です。

西船橋~船橋間の1091列車のEF65 1127
 「こっちは失敗したから、後は任せた」と西船橋~船橋間で撮影の仮設住宅氏にバトンタッチ。
 こっちは被ることなくばっちり撮れています。
 モノクロになっているのは、カメラの設定で遊んでいて戻し損なったからだそうです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その13

 酒田に着いて予定通りに土門拳記念館を見学、そのまま食事をしに酒田港に近い海鮮市場の食事処に向かっています。
 酒田は歴史が古い町なので、古い建物などがあるので、宿に入るまで見物でもするつもりでいたのでしたが、食事を食べた海鮮市場が、どう考えても酒田港駅に近いのです。
 また悪い虫がうずき出し、先輩と別行動を取ることになりました。

酒田港駅の建物
 少し遠回りして町の様子を見た後に、酒田港駅に到着しました。
 酒田港駅の前(上?)には、ヤードを乗り越すための道路があり、ヤードが見渡せるようになっていますので、上がってみました。

酒田港駅の入れ換え作業 1
 上の道路から駅構内を見ると、ちょうど入れ換え作業をしていました。
 青色のDE10 1673が入れ替えをしています。
 その先にはタキ5450形が停まっているのも見えました。

酒田港駅の入れ換え作業 2
 DE10がコンテナを牽いてどんどん前進中です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 03:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その56

 11月18日の蘇我駅の様子です。
 泊まり勤務に向かう途中で撮影しています。

蘇我駅の2080列車のEH200-4
 この日の2080列車は、EH200-4を先頭に緑色のタキ1000を12両牽引してきました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その12

酒田駅の様子
 余目駅から15分ほどで酒田駅に到着しました。
 羽越本線はこの駅を境に、新潟側が新潟支社、秋田側が秋田支社の管轄になっています。
 写真1番線のキハ110系は乗車してきた列車で、この駅から先には行きません。
 となり2番線の701系電車はこの駅より秋田側の運用となります。(朝の1往復だけ酒田~鶴岡間の運用あります)
 3番線には特急「いなほ」が出発を待っています。

酒田駅の0番ホーム
 酒田駅には行き止まりの0番ホームもありました。
 酒田~村上間の気動車と陸羽西線直通の気動車が使用するホームのようです。

酒田駅構内の様子
 酒田駅構内は以前酒田機関区があったため余裕があります。
 酒田駅に到着する直前に、キハE120形が見えたのですが、残念ながらホームからは見えませんでした。

酒田駅の大獅子
 改札口の脇では大獅子が出迎えてくれています。
 大獅子は酒田市のシンボルになっているようです。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 08:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の小湊鉄道

 11月17日は小湊鉄道の撮影に出掛けました。
 天気は曇ったり晴れたりで、終始露出に悩まされていました。
 飯給~里見間を行く上りの五井行きから撮影スタートです。
 今年も神社のイチョウを入れての撮影をしてみました。

里見~飯給間のキハ206
 写真はその後に来た、下りの養老渓谷行きのキハ206です。
 神社より下り側のイチョウの葉は散り始めているところでした。

 折り返して戻ってくる列車を養老渓谷~上総中野間で撮影するつもりで上総大久保駅付近の踏切に着くと、先ほど撮影した列車が駅に停まっており踏切の遮断機は下りた状態でした。
 遮断機が上がるのを待っていたのですが、一向に上がりません。
 駅を見ると外人の観光客が数名下車しており、車掌さんが何やら説明していました。
 時間が掛かりそうだったので、車を停めて駅付近の柿と絡めて撮影が出来ました。
 返しの列車は、昨年柿と絡めて撮影した場所で待ちます。
 でも雲がどかずに今ひとつハッキリしない写真となりました。

上総中野~養老渓谷間のキハ205+キハ201
 次の列車は数少ない上総中野まで行く列車でしたので、養老渓谷~上総中野間での撮影です。
 上下とも同じ場所で柿を絡めての撮影です。
 写真は五井行きの上り列車のキハ205+キハ201です。

上総鶴舞~久保間のキハ211+キハ206
 上総鶴舞駅のイチョウを見に行くと、まだ完全に黄色にはなっていませんでした。
 そのイチョウをバックに下り列車のキハ211+キハ206が養老渓谷を目指します。
 この時点でまだ14時半なのですが、雲が多くなってしまったので、撮影を終了しています。
小湊鐵道 | 投稿者 kd55-101 17:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その11

余目駅に到着
 新庄駅から46分の乗車で陸羽西線の終点である余目駅に到着しました。

余目駅の駅名標
 羽越本線のホームには碇ヶ関行きのキハ110系がいましたが、これは逆方向に行く列車です。

余目駅陸羽西線ホーム
 陸羽西線のホームには乗車してきた車両が見えています。
 2時間ほど後の列車で新庄に戻る運用のようです。

余目駅に到着する羽越本線キハ110系
 酒田行きのキハ110系が到着しました。
 先ほどの碇ヶ関行きもそうでしたが、電化線区である羽越本線なのに気動車しか姿を見ません。
 羽越本線は途中の村上駅に交直セクションがあるため、電車で直通するためには交直流電車が必要になるのですが、新潟地区の普通列車用は直流電車しかないので、気動車を使用しているのです。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 07:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その31

 11月16日は明け番でした。
 出勤前の昨日に引き続いて千葉機関区を覗いています。

11月16日昼の千葉機関区の様子
 12時40分頃の千葉機関区には5両のEF65が停まっていました。
 機留位置は、1番後にEF65 1088、2番にEF65 1064、検修庫にEF65 1048、4番前にEF65 1055、4番後にEF65 1049です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その10

車庫に入っている「おもいで湯けむり号」
 乗ってきた「おもいで湯けむり号」は、秋田側にある車庫の中に入っていました。
 新庄駅の陸羽東線ホームは1本しかないため、折り返し時刻までどいている必要があるのです。

陸羽東・西線用キハ112側面ロゴマーク
 これから乗車する陸羽西線にはキハ110系気動車が運用されています。
 乗車するキハ112の側面には陸羽東・西線用のロゴマークが貼られていました。

新庄駅のキハ111-215+キハ112-215
 この車両に乗って陸羽西線の終点である余目駅まで行くのです。
 この線で運用されているキハ110のうち、3両だけシートが45度窓側に向く車両があるのですが、この車両ではありませんでした。
 乗車した後は、車窓を眺めながら軽い昼食タイムです。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 13:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その55

蘇我駅の2080列車のEH200-3
 千葉機関区を覗いた後は蘇我駅にも寄って2080列車の到着も見ていました。
 緑タキ13両をEH200-3が牽引して到着しています。
 この列車を撮影してから職場に向かいました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その30

 11月15日は泊まり勤務でしたので、千葉機関区を覗いてから出勤しています。

千葉機関区のEF210-148
 岡山機関区のEF210-148が来ていました。
 まだデビューして日が浅いため綺麗な状態です。

千葉機関区のEF65 1127とEF210-118
 EF65 1127とEF210-148が並んで停まっています。
 時間は15時30分頃、他の車両は1番前にEF65 1117、1番後にEF65 1088、3番前にEF210-135がいました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その9

新庄駅に到着した「おもいで湯けむり号」
 「おもいで湯けむり号」は陸羽東線を走り切り終点の新庄駅に到着しました。
 時間は12時30分になっています。
 この後、陸羽西線の列車に乗り換えですが、少し時間があるため、簡単な昼食を調達します。

新庄駅の山車
 駅の待合室には、新庄祭りで使われた山車の一つが展示されており、旅行者を出迎えてくれます。
 祭りの時は10以上の山車が繰り出すようです。

新庄駅の山形新幹線ホーム
 新庄駅は、奥羽本線と陸羽東線・陸羽西線が出会う鉄道の要衝です。
 奥羽本線の標準軌側には普通列車用の719系5000番台とつばさ用の400系が並んでいました。
 この400系も来年の夏までには置き換わって無くなってしまいます。
 ちなみに8時に姉ヶ崎駅を出発すれば、これから乗る電車に間に合ってしまうのでした。
 新幹線はやっぱり速いのです。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 08:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の京葉臨海鉄道

 11月14日は午後から晴れたので、近場の京葉臨海鉄道の撮影に出掛けました。
 (午前中から晴れていれば小湊鉄道の撮影に行くつもりでしたが…)

前川駅で停車中の507列車
 前川駅に507列車がやって来ました。
 この列車は前川駅で506列車と交換となるのでしばらく停車しています。
 この駅からの専用線も廃止となってかなり経っており、千葉貨物駅側の敷地の一部が駐車場になっていました、

前川駅のコキ104-424
 507列車の編成はKD55 102+コキ104-2134+コキ200-104+コキ104-1961+コキ104-2134です。
 写真は最後尾のコキ104-424で、全検を11月11日に受けておりピカピカの状態でした。

前川駅での506列車と507列車の交換
 京葉久保田発の506列車が507列車と交換します。
 先頭はKD60 2が務めていました。
 この506列車で初めてコキ107を認識することができました。

前川駅を出発したKD55 102
 506列車が通過した後、10分ほど経ってから507列車は京葉久保田駅に向かって発車していきました。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 17:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その8

秋桜とおもいで湯けむり号
 「おもいで湯けむり号」は最上駅までやって来ました。
 この駅でも少し長い停車時間があり、ホームに出ています。
 ホームの上に秋桜が咲いていたので、一緒に撮影してみました。

おもいで湯けむり号の臨時表示
 列車をよく見ると、また幕の表示が変わっており、「臨時」を掲出していました。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 06:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の本八幡駅

 今日は久しぶりに朝までの仕事でした。
 天気も良かったので、本八幡駅で列車の撮影をおこなってから帰りました。

市川~本八幡間の列車群
 市川駅で撮影をするつもりでしたが、何となく本八幡駅で下車して撮影をしてみました。
 この駅での撮影は、緩行線の本数が多く快速線を行く列車に被ることが頻発します。
 73列車が先に市川駅を出ていたのですが、緩行線の電車で途中で抜かれて、駅の手前では完全に被ってしまいました。
 写真は被る直前の様子です。

本八幡駅に差し掛かる直前ののEF65 1127
 すぐ後にやって来る1091列車は、辛子色ドアのEF65 1127が牽引してきました。
 こちらは直前に緩行線の電車が抜けていったので、被らないで済んでいます。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 14:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その7

鳴子温泉駅駅舎
 長時間停車を利用して駅舎の外まで出てみました。
 駅前には足湯があり、みんな思い思いにつかっています。

こけし形の柵の柱とおもいで湯けむり号
 こけしで有名な鳴子なので、歩道と車道を分ける柵の柱がこけしになっていました。
 バックには停車中の「おもいで湯けむり号」が見えています。

おもいで湯けむり号車内の掲示物
 おもいで湯けむり号の車内には色々な掲示物が張り出されており、昔を懐かしむことが出来るように演出されていました。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 03:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その54

 11月12日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の2080列車のEH200-9
 2080列車はEH200-9の牽引で到着しました。
 この時間帯の撮影も厳しくなってきています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その6

鳴子温泉駅での列車交換
 仙台を発車した列車は東北本線を下り、小牛田駅から陸羽東線に入りました。
 出発して約1時間半で鳴子温泉駅に到着です。
 この駅では長時間停車となり、定期列車との交換もありました。
 「おもいで湯けむり号」の前では、観光駅長さんを入れての記念撮影が人気です。
 他の駅でも観光駅長の出迎えや観光パンフレットの配布などがあり、観光客誘致に頑張っているのが伺えました。

鳴子温泉駅での列車交換 2
 列車交換で並んだ気動車を小牛田側から見ています。
 キハ58の方向幕は仙台駅出発前には「快速」表示だったのですが、この駅に到着した時には「修学旅行」に変わっていました。
 なかなか芸が細かい演出です。
 となりの陸羽東線カラーのキハ110系は、今回初めて見ています。

鳴子温泉駅の時刻表
 鳴子温泉駅の時刻表です。
 今回の「おもいで湯けむり号」は臨時列車なのですが、時刻表も直してちゃんと記載してあります。
 かなり力を入れているのがここからも感じられました。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 07:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その53 KD重連

蘇我駅 昼間のKD重連
 11月11日に見掛けた昼間のKD重連、5960列車をKD60 2+KD55 105の重連でタンク車16両を牽引してきたところです。
 みや様の掲示板を見てちょっと載せてみました。
 この時間帯は普段撮っていなかったので、いつも重連なのかは確認が取れていません。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 22:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その52

 11月11日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5989列車のKD60 2
 朝6時49分に5989列車で到着したタンク車は、9時に千葉貨物駅に向けて出発します。
 本日の編成は、KD60 2+タキ1000-458+タキ43627+タキ1000-373+タキ43157+タキ43444+タキ43032+タキ1000-382+タキ43330+タキ43244+タキ43352+タキ1000-394+タキ43027です。

蘇我駅構内貨物側線側の様子
 12時45分に、5960列車はKD60 2+KD55 105の重連がタンク車16両を牽引してきました。
 タンク車を切り離した後に転線し、重連を解消してKD55 105だけが千葉貨物駅側に移動します。
 移動した後は、5973列車で12時18分に到着しているタンク車を牽引して13時6分に千葉機貨物駅に出発しました。
 こちらの列車はKD55 105+タキ43271+タキ43449+タキ1000-460+1000-398+タキ1000-374です。
 後方にに残ったKD60 2は、13時26分に到着する4095列車のコンテナ車を引き継いで千葉貨物駅に向かいます。

蘇我駅の5960列車のEF65 1056
 5960列車のタンク車の前にはEF65 1056が連結されました。
 編成はEF65 1056+タキ243717+タキ44003+タキ43182+タキ43393+タキ1000-454+タキ43406+タキ243796+タキ43021+タキ43117+タキ43001+タキ43353+1000-359+タキ1000-803+タキ1000-805+タキ1000-806+タキ1000-?です。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 20:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その5

仙台駅の修学旅行色キハ58系
 仙台駅の5番線に停車中の「おもいで湯けむり号」修学旅行色に塗り戻されたキハ58系は新鮮です。
 こちら側の車両はキハ58 414です。

おもいで湯けむり号のサボ
 おもいで湯けむり号に取り付けられていたサボです。

キハ58の所属標記
 この車両の所属は仙台支社の小牛田運輸区なので、仙ココと書かれています。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 01:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の米坂線 (秋の鉄分補給の旅 その1)

 11月10日は米坂線の撮影をしていました。
 7日の夜に鉄分補給の旅に出発して、岐阜→新潟→山形と3日間で回っています。
 色々事件もありましたが、無事に戻って来られたので、今日の米坂線の様子です。

越後片貝~越後下関間のキハ58系
 雨が降ったり止んだりの天気の中、越後片貝~越後下関間で1123Dを待っていると、急行色のキハ58が現れました。
 バックの山々は紅葉しているのですが、雨が降る暗い状態での撮影となっています。

越後下関~越後片貝間のキハ52+キハ47
 同じ場所で1時間ほど後の3822D快速「べにばな」を待ちました。
 少しは明るくなっていますが、やはり雲は多い状態の撮影です。
 遠くの山も紅葉しているので、晴れていれば見事な景色となるでしょう。

伊佐領~羽前松岡間のキハE120
 伊佐領~羽前松岡間で1129Dを待っていると、キハ110形+キハE120形の2連がやってきました。
 この日のキハE120形は、この列車でしか見ていません。
 まだ本格運用に入っていないようです。

 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。
米坂線 | 投稿者 kd55-101 23:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その4

仙台駅入線のキハ58系修学旅行色
 いよいよ目的の列車が仙台駅にやってきました。

修学旅行色のキハ58系
 やって来るのを待っていたのは、修学旅行色に塗り直されたキハ58系使用の列車、キハ28 2174が「おもいで」のヘッドマークを掲げて到着です。
 臨時快速列車になっているので、列車種別幕は快速を表示していました。

仙台駅の電光表示板
 乗車する列車の名前は「おもいで湯けむり号」です。
 仙台駅からこの列車に乗車して陸羽東線の新庄駅まで行くのでした。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その51

 11月6日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5974列車のEH200-10&KD60 2
 本日も5974列車を撮影していました。
 編成は、EH200-10+タキ43439+タキ43234+タキ43149+タキ43423+タキ43206+タキ1000-398+タキ1000-374+タキ43271+タキ43449+タキ1000-460でタキが10両です。
 今日も緑タキ無しでした。
 京葉臨海側の牽引機はKD60 2です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その3

仙台駅へED75 758登場
 仙台駅ホームの盛岡側で、乗車する列車の入線を撮影しようと待ちかまえていると、突然ED75が現れました。
 貨物列車は宮城野駅を経由するので、仙台駅で電気機関車が見られてラッキーなのです。

ED75 758がみのり牽引
 ED75 758が牽引してきたのは、新しいジョイフルトレインの「みのり」でした。
 そういえば、翌日の9月14日と15日に上野駅で車両を公開する情報があったことを思い出しました。
 運良く上野駅への回送列車と出会ったのでした。

通過していったみのり
 後追いで撮影した「みのり」、個人的な好みだと「あまり格好良くない」車両です。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 05:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

南東北気動車の旅 その2

 9月13日・14日の2日間、土・日きっぷを利用して南東北を気動車に乗って旅をしてきました。
 今回はたまに私の巻き添えになる通称「巻き添えの先輩」との旅です。
 東京発ののぞみ1号(ご指摘のようにこまち1号でした)で仙台駅に向かいます。
 初日は仙台から気動車を3本乗り継いで酒田まで行く予定なのです。

仙台駅のキハ110-2
 仙台駅の在来線ホームには、110系気動車が停まっていました。
 110系気動車でも初期の車両は、写真のようにパイプ式のスカートを装備しているのですぐに分かります。
 編成の内訳は、キハ111-113+キハ112-113+キハ110-2の3両でした。
 ちなみに乗車するのはこの列車はでありません。

仙台駅の701系電車
 東北地区交流区間御用達の701系電車も停まっています。
 4両編成なので1500番台だと思われます。

仙台駅のE721系
 こちらはE721系です。
 仙台地区在来線の車両を置き換えるべく投入された0番台です。
 仙台空港輸送に製造された500番台は見掛けませんでした。

仙台駅の阿武隈急行8100系
 阿武隈急行からも直通運転があるため、車両が乗り入れてきています。
 8100系電車には大きなヘッドマークが付いていました。
 大きすぎの感じもしますけど…。

 仙台駅に来る列車来る列車が、白か銀ベースに緑色の塗装ばかりで、見た目の楽しさをあまり感じませんでした。
 車種は色々あるんですけどね。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その50

 11月4日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅の5974列車のEH200-3
 本日も5974列車の撮影だけしていました。
 編成は、EH200-3+タキ43176+タキ43324+タキ43321+タキ43415+タキ43206+タキ43468+タキ43271+タキ43449+タキ1000-460+タキ1000-398+タキ1000-374です。
 タキが11両連なり少しずつ両数が増えてきています。
 いよいよ冬が近いのを実感しました。

 やっとお会いできた蘇我機関区様、今後ともよろしくお願いします。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その20

西上田駅のEF64 1021
 西上田駅に停車中のEF64 1021です。
 この駅までは、川崎貨物駅から1日1往復の専用貨物列車があるのでした。

西上田駅のEF64 1021 2
 今度は反対エンドを見ています。
 この後転線してタキの前に連結され、返空列車の準備が完了しています。

西上田駅のタキ43317
 この日はタキ43317が最後尾です。

 今回で信越撮影行の話は終了して、明日からは東北気動車の話となります。
 実はまだ9月の話が2本残っています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の京葉臨海鉄道

 11月3日は、午後から甥っ子を連れて機関車を見に行きました。
 小湊鉄道を撮ってから千葉機関区の観察に向かい、最後に千葉貨物駅にも立ち寄りました。

千葉貨物駅のKD60 3
 千葉貨物駅を覗くとKD60 3が休んでいます。
 後方ではKD60 2による入れ替えがおこなわれていました。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 18:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その29

 11月3日は、午後から甥っ子を連れて機関車を見に行きました。
 小湊鉄道を撮ってから千葉機関区の観察に向かいます。

千葉機関区のEF65 1077
 14時40分頃の千葉機関区には、6両の機関車が停まっています。
 1番後には原色赤プレートのEF65 1077がいました。

千葉機関区構内の様子
 構内の他の車両です。
 左からEF210-116、EF65 1037、EF210-117が停車中でした。
 他の2両は1番前にEF65 1065、5-1番前にEF210-138がいました。

 この後蘇我駅に行くと、14時55分発の1070列車がちょうど発車するところでした。
 KD55 102+タキ1000-97+タキ1000-93+タキ1000-98+他12両の編成です。

 帰りには千葉貨物駅をのぞいています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 18:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その19

西上田駅の貨物側線
 西上田駅、貨物側線側の様子です。
 前方にスイッチャーの車庫があります。
 以前はセメントの取り扱いもありました。

スイッチャーの車庫
 車庫の中には、先ほどタキを引っ張っていたスイッチャーが見えています。

西上田駅の貨物側線 軽井沢側から
 貨物側線を軽井沢側から見ています。
 この駅には、日本オイルターミナル上田営業所の石油荷役設備があり、写真のタキは石油類を運んできて空になって返送される車両です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 07:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その49

 11月2日の蘇我駅の様子です。

蘇我駅で発車を待つ5989列車のKD55 102
 千葉機関区の撮影後に蘇我駅にやって来ると、5989列車が発車を待っていました。
 この後、KD55 102がタキ16両を牽いて千葉貨物駅へ向かっています。
京葉臨海鉄道 | 投稿者 kd55-101 16:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その28

 11月2日の千葉機関区の様子です。

千葉機関区で並ぶEF210-116とEF65 1127
 8時45分の機関区には3両の機関車がいました。
 写真のEF210-116とEF65 1127の他に、検修庫にEF65 1121です。

 撮影後は蘇我駅に寄った後用事のために一旦引き上げます。 

千葉機関区構内のEF65 1065とEF65 1121
 用事が終わった午後、13時30分頃再び立ち寄りました。
 写真のEF65 1065とEF65 1121の他には、検修庫にEF65 1101、1番後にEF65 1089がいました。
 直後にEF210-107が到着して5-1番前に停車しています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 16:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その18

西上田駅に列車が到着
 西上田駅に普通電車がやってきました。
 見ての通りで、この駅は山に近い場所にあります。

西上田駅のEF64 1021としなの鉄道115系
 中線に停車中のEF64 1021としなの鉄道の115系のツーショット。
 しなの鉄道の新車は予定より遅れているみたいなので、もうしばらくはこの並びが見られるのかな?
 全部いっぺんには取り替えられないだろうし…。

西上田駅の保線用モーターカー
 駅構内にいた保線用のモーターカーです。
 このモーターカー、保線用のトロッコと連結するための連結器と一般の鉄道車両と連結する連結器を備えています。
 これだけだと普通のことでしょうが、鉄道車両用の連結器が自動連結器と密着連結器の双頭になっていました。
 もしかして珍しいのでは。
しなの鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その27

 11月1日は休み、天気は快晴でした。
 でも用事が入っていたので、いつものように千葉機関区での撮影です。
 本当は小湊鉄道の撮影をしたかったのですがね…。

千葉機関区の昼の様子
 朝・昼・夕と3回千葉機関区に行った内の昼間の様子です。
 写真は、2番にEF65 1089、4番前にEF65 1043、4番後にEF65 1046が停まっているところです。
 他には1番後にEF65 1097、検修庫にEF65 1037がいました。

千葉機関区の夕方の様子
 こちらは夕方の様子。
 2番にEF65 1089、3番後にEH200-15、4番後にEF65 1046、5番-2にEF210-123がいます。
 他には1番後にEF65 1097、検修庫にEF210-?、5番-1前にEF210-13が停まっていました。

 明日も9時頃に千葉機関区を覗いてから、用事を片付けに行くことになりそうです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その17

 坂城駅での撮影前に、EF64が軽井沢方面に向かっていくのを見たと書きました。
 急行色の169系の撮影後は、その列車の行き先に向かうことにしました。

西上田駅のスイッチャー 1
 向かったのは西上田駅です。
 駅舎の反対側から駅に近づくと、スイッチャーが動いているのが見えました。
 慌てて跨線橋に駆け上がり撮影開始です。

西上田駅のスイッチャー 2
 スイッチャーはタンク車を牽引して跨線橋の下を進んでいきます。

西上田駅のスイッチャー 3
 駅のホームには先ほど見掛けたEF64が停まっていました。
 この写真の撮影後、ホームからスイッチャーを撮影すべく走って行ったのですが、すぐにスイッチャーは庫の中に入ってしまいました。
 それでも、西上田駅のスイッチャーは存在を忘れていたので、撮影できただけラッキーです。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 00:37 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]