姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2008年 10月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

信越撮影行 その16

 先ほど撮影した急行色の169系が折り返してくるのを撮影するため、駅の外に出ました。
 駅のホームからも撮れそうだったのですが、二人で撮るのは難しそうだったので、そちらは仮設住宅氏に任せて篠ノ井側に向かいます。
 場所を決めて準備をしていると、駅の方からスイッチャーのホイッスルが聞こえました。
 貨車の移動開始の合図だったのです。
 スイッチャーから遠い位置まで来てしまったので、残念ながら写真は撮れていません。

EH200-11の横を行く169系
 EH200-11に貨車が連結された後に、急行色の169系が戻ってきましたので、貴重なツーショットが撮影できました。

坂城駅を発車した急行色の169系
 坂城駅を発車した急行色の169系です。

長野方面に走り去る急行色の169系
 長野方面に走り去る169系を後追い撮影です。
しなの鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その48

 10月30日の蘇我駅貨物列車の様子です。
 1092列車はEF65 1085が牽引しているのを京葉線車内から見送りました。
 4096列車はEF210-120+コキ16両です。
 京葉臨海鉄道側の牽引機はKD60 2でした。

蘇我駅の5974列車のEH200-8
 5974列車は、EH200-8+タキ43423+キタ243727+タキ43406+タキ43351+タキ43456+他2両でした。
 (ナンバーがかすれているのが多くて車番が怪しいです。)
 京葉臨海鉄道側の牽引機はKD60 3でした。
 気にして見始めたら、毎日緑タキ付いてますね。

蘇我駅の1071列車のEF210-121
 1071列車はEF210-121+タキ1000-656+タキ1000-673+タキ1000-95+タキ1000-98+タキ1000-93+タキ1000-97です。

 本日は飲み会の前後での撮影でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その15

油槽所の荷役設備とスイッチャー
 今度は駅の軽井沢側にある道路橋より、油槽所の荷役設備にカメラを向けて見ました。
 こちら側にいるスイッチャーが現在の主力機です。

主力スイッチャー後側
 主力のスイッチャーを後方から見た写真です。
 窓が多く後方視界は良さそうです。
 サイドの窓が妙に小さく感じて、何となくバランスが悪い印象を受けます。

主力スイッチャーボンネット側
 ボンネットに「HOKURIKU」の文字があり、北陸重機製だと言うことが分かりました。
 この撮影の後、貨車の入れ換え作業があったのですが、作業終了後は、車庫に入ってシャッターが閉められました。
 雨ざらしのままの予備機とは待遇が違います。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その47

 10月29日も蘇我駅で撮影しています。

蘇我駅の4096列車のEF210-117
 4096列車はEF210-117が牽引機です。
 京葉臨海鉄道側の牽引機はKD60 3でした。
 本当は1本前の1092列車から撮りたかったのですが、乗車してきた電車が蘇我駅に到着する直前に出発していきました。
 EF65 1096がコキを牽引していくのを眺めただけとなりました。

蘇我駅の5974列車のEH200-17
 5974列車はEH200-17が牽引機です。
 タキ車が5両、緑色が1両入っていました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その14

坂城のスイッチャー
 EH200と一緒に写っていたスイッチャーです。
 昔はこちらのスイッチャーが主力機だったのですが、今ではすっかり予備機となっているようです。
 駅裏側の駐車場から撮影しています。

坂城のスイッチャー 2
 真横から見たスイッチャー。
 特に機番はありません。

坂城のスイッチャー 3
 今度は後方から見たところです。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 05:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その46

蘇我駅の5974列車のEH200-2
 10月28日18時44分の蘇我駅です。
 5974列車はEH200-2が牽引機、タキは8両でした。

 この1本だけ撮影して、18時53分発の内房線下り列車で撤収しました。
 車内から見た千葉機関区は、EF64 1034がいなくなっていました。
 もう10日経ってしまったのですね。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 20:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その13

輸送所のタンクとEH200-11
 坂城駅に停車中のEH200-11と新日本石油北信油槽所のタンク群です。

油槽所の荷役設備をバックにしたEH200-11
 油槽所の荷役設備をバックにしたEH200-11です。
 入場券を買ってホームから撮影しています。

EH200-11とスイッチャー
 EH200-11とスイッチャーです。
 当然ですが、大きさは全然違います。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その12

 大糸線のキハ52の撮影を切り上げ、少し寄り道しながらしなの鉄道の撮影に向かいます。
 この日しなの鉄道に行く目的は、坂城駅のスイッチャーの様子見と急行色に戻された169系の撮影でした。
 信濃大町駅から山を越えて坂城駅に向かったのですが、途中で篠ノ井線の聖高原駅を通ります。
 何となく篠ノ井線を行く貨物列車が有るのではないかと駅に立ち寄ると、ほどなくEH200-9が牽引する列車がやってきました。
 残念ながら、撮影場所を探している時だったので、撮影失敗です。
 坂城駅の手前でEF64が単機で走っていきました。

坂城駅を発車したJR115系
 坂城駅で最初にやって来たのはJRの115系でした。
 しなの鉄道とJR東日本の相互乗り入れの形となっているため、9往復がJR車での運転のようです。
 後方にEH200も見えています。

しなの鉄道169系S52編成
 目的の急行色の169系がやって来ました。
 しなの鉄道に所属する169系4編成の内のS52編成が塗り戻されていました。
 もう少し長い編成だと見栄えがよいのですが、こればっかりはしょうがないことです。
 昔から特急形より急行形の方が好きだったので、このカラーリングは嬉しいですね。
 地元だと急行「内房」が走っており、帰省の時は急行「みのぶ・たてしな」「かわぐち・かいじ」「アルプス」など使うことが多かったので、懐かしいのです。

篠ノ井側から見た坂城駅構内の様子
 篠ノ井側から見た坂城駅構内の様子です。
 右側に新日本石油北信油槽所の荷役設備があり、この駅と根岸駅までの間に貨物列車が運転されているのです。
 右の手前にはスイッチャーも見えていました。
しなの鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その11

頚城大野~姫川間を行くキハ52 115
 9月22日は、糸魚川のビジネスホテルで目覚め、ノンビリしながらしなの鉄道へ向かうスケジュールです。
 移動の途中で423Dが写せそうだったので、頚城大野~姫川間で撮影してみました。
 前日とは違い他の撮影者がいないため落ち着いて撮影できます。
 画面右側が頚城大野駅になります。

北小谷~平岩間を行くキハ52 156
 南小谷へ向かう途中で、雨に見舞われました。
 それでも425Dを撮影するため、高台へ車で登って車内から撮影を敢行です。
 この場所は北小谷~平岩間になり、天気が良ければ違った撮影が出来る場所です。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 07:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その45

 10月25日の貨物列車の様子です。
 本日も休みだったのですが、用事の合間を縫って撮影していたので、4回に分けて撮影に出ていました。
 こちらは蘇我駅での撮影分です。

蘇我駅の4988列車のEF65 1127
 4988列車はEF65 1121が牽引機です。

蘇我駅の57列車のEF66 130
 57列車はEF66 130です。
 18時から蘇我での会議だったので、内房線で蘇我に向かったのですが、千葉機関区にEF66 130が停まっているのが見えました。。
 57列車に入るのは分かるので、会議をちょっとだけ抜け出して撮影していました。
 会議中、入れ替えしている音が聞こえていたので、気になって集中できなかったのは内緒です。 
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉みなと駅 その5

 10月25日の貨物列車の様子です。
 本日も休みだったのですが、用事の合間を縫って撮影していたので、4回に分けて撮影に出ていました。
 まずは千葉みなと駅での撮影分です。

千葉みなと駅の5960列車のEF65 1037
 千葉みなと駅で撮影した5960列車は、EF65 1037の単機でした。
 前にも書いた気がしますが、土日の日中は貨物が無くてつまらないのです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その10

国鉄色大糸リレーの旅ポスター
 糸魚川駅に貼られていた、今回のイベントのポスターです。
 今回煉瓦庫に行った時に、新幹線の工事が進んでいると思ったことの一つに、転車台と周囲の線路が無くなっていることがありました。
 煉瓦庫が無事に保存されるのか心配です。

糸魚川駅ホームからの煉瓦庫
 430Dはキハ52の2連ですが、午前中とは車両の組み合わせを替えています。
 キハ58は奥に入っているために、顔が見えません。

根知駅の交換 車内から
 430Dに乗車して根知駅に到着すると、429Dと交換します。
 反対の列車に知り合いを見つけたおばちゃん達が盛り上がっていました。
 地元の客が利用している姿が見られたので、少し安心した一幕でした。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 07:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その9

 煉瓦庫の見学を終えた後、近くにある糸魚川小学校を見に行きました。
 2006年6月のブログにも載せていますが、くろひめ号と愛称が付いた、東洋活性白土2号機の様子を見るためです。

糸魚川小学校のC12 88
 糸魚川小学校には2台の蒸気機関車が展示されており、こちらは前回写真を載せなかったC12 88です。

くろひめ号があった場所
 くろひめ号があった場所は写真のように空き地になっていました。。
 昨年の夏に、江戸東京博物館で開催した大鉄道博覧会で展示された後、糸魚川小学校に戻ったとばかり思っていましたが、実は違ったのでした。
 この日は何処に行ったのかは分かりませんでしたが、同じ糸魚川市にあるフォッサマグナミュージアムに展示場所が変わっているそうです。
保存・展示車両 | 投稿者 kd55-101 05:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その26

 10月23日夕方、用事の後に立ち寄った時の千葉機関区の様子です。

千葉機関区のEF210-901
 16時前に千葉機関区に行くと、停車している車両の中にEF210-901がいました。
 雨が降っていたので、車の中から撮影しています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 18:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の本千葉駅 その2

 10月23日の貨物列車の様子です。
 今日は用事の前と後に千葉機関区、用事の合間には蘇我駅と本千葉駅で撮影をしていました。

本千葉駅に差し掛かるEF65 1121
 本千葉駅では1091列車を撮影しています。
 牽引機はEF65 1121、若干遅れて走っていた気がします。

 この後は再び蘇我駅に戻って5973列車を撮影してから用事を済ましに行きました。
 ちなみに5973列車の牽引機はEF65 1090でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その44

 10月23日の貨物列車の様子です。
 今日は用事の前と後に千葉機関区、用事の合間には蘇我駅と本千葉駅で撮影をしていました。

蘇我駅のEF210-135
 蘇我駅で見た5962列車の牽引機はEF210-135でした。
 出発時間が来るのをを待っているところです。

蘇我駅に到着したEF65 1081
 発車待機中の5962列車の横に、EF65 1081を先頭とした1357列車がやって来ました。

 この列車の撮影後は本千葉駅に移動しています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 17:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その8

煉瓦庫側から見た糸魚川駅のキハ52 125
 撮影している内に、次の大糸線の列車である428Dの発車時刻が近づいてきました。
 キハ58 477の向こう側で、キハ52 125が発車を待っています。
 発表された運用だと、この列車はキハ52 115だったような気がしたのですが、変わったのか、勘違いなのかは分かりませんでした。

糸魚川駅を発車したキハ52 125
 キハ52 125が糸魚川駅のホームを離れました。
 滅多に撮れない場所からの撮影のため、多くの人が撮影しています。
 この列車の車内も賑わいを見せていました。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 07:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その7

煉瓦庫内でのバンド演奏
 煉瓦庫のイベントとしては、車両展示や小物の販売の他にバンド演奏がおこなわれていました。
 キハ28の前で演奏している方達の様子です。

煉瓦庫の側面
 滅多にないチャンスなので、煉瓦庫のあちこちを撮影していました。
 側面はこんな感じです。

煉瓦庫の窓周り
 煉瓦庫の窓周りはこんな感じです。
 窓越しにキハ127-1が写っています。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その6

糸魚川の煉瓦庫前のキハ58 477
 煉瓦庫の公開イベントの目玉は、その1で紹介したキハ122・キハ127の他に、急行色に塗り戻されたキハ58 477+キハ28 2360も展示されていました。
 このキハ58は5月に大糸線の撮影をしに来た時にも走っていましたが、その時は高岡色だったので、当然ですが全く印象が変わっていました。

煉瓦庫内の様子
 煉瓦庫内部の様子です。
 キハ58とキハ122の間には、DE10 1598もいました。
 みんな思い思いに撮影をしていました。

煉瓦庫の内側上部
 長い年月が経った煉瓦庫の上部はこんな構造をしていました。
 煤なのか黒くなっています。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その25

 10月20日11時30分頃から12時頃までの千葉機関区の様子です。

千葉機関区検修庫内のEF64 1034
 行った時にはEF64 1034は検修庫の中にいました。
 検修の訓練なのかな?

EF64 1034とKD55 102の出会い
 しばらく待っていると検修庫の中から出てきました。
 ちょうど蘇我駅に向けて、京葉臨海鉄道の単26列車が走ってきました。
 左からEF64 1034、KD55 102、EF65 1078の並びです。

EF65 1101の横を行くEF641034
 ポイントを切り替えた後は、いつもの機留位置である5-2番へ移動していきました。
 移動の途中でEF65 1101と並んだ瞬間です。
 
 この日は更にEF65 1101の後ろにEF65 1046がおり、この移動の後に、1091列車で蘇我駅に到着したEF65 1036が検修庫に入ってきていました。
 ちなみに通過していった京葉臨海鉄道の単26列車は、この1091列車の貨車を牽くための機関車の回送です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その5

北小谷~中土間のキハ52三連
 11時30分過ぎ、目的のキハ52三連の426Dがやって来ました。
 待ちわびていた人が一斉にシャッターが切ります。
 この列車は後追いになるので、戻りの427Dまで待ちたいところですが、糸魚川の煉瓦庫を見学するためには、その427Dに乗車することが条件になっているため、後ろ髪を引かれる思いで、三脚を畳んで移動です。

北小谷駅に到着するキハ52三連
 427Dには北小谷駅から乗車することにしました。
 駅にキハ52三連が到着するところをパチリ。
 列車に乗り込むと車内は大盛況、「こんなの大糸線じゃない」という感じの賑わいです。
 車内販売で色々なものも販売されていました。
 やり方次第で客を呼べるという良い例でしょう。

糸魚川駅に停車中のキハ52三連
 多くの乗客を乗せたまま終点の糸魚川駅に到着しました。
 目的の煉瓦庫見学の整理券は、下車したホームで配られていました。
 煉瓦庫には、新型気動車のキハ122と急行色に塗り戻されたキハ58が見えます。
 ホームから煉瓦庫は近いのですが、一旦改札を出て踏切を渡って煉瓦庫へ行く形になっていました。
 さあ楽しみです。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 08:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の本千葉駅 その1

 10月19日昼の貨物列車の様子です。
 本日は蘇我で職場のボウリング大会を開催したので、その前に撮影していました。
 蘇我駅での撮影後に本千葉駅に移動して撮影をしています。

本千葉駅に差し掛かるEF65 1043
 総武線経由の1091列車がやって来ました。
 牽引機のEF65 1043を正面から撮影しています。
 左には京成千葉中央駅の引き上げ線に停車中の、新京成8000形も写っています。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その43

 10月19日昼の貨物列車の様子です。
 本日は蘇我で職場のボウリング大会を開催したので、その前に撮影していました。
 最初に撮影した5962列車は、EF210-119の単機でした。

蘇我駅に到着するEF65 1060
 京葉線経由の1357列車が到着します。
 こちらはEF65 1060が牽引です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その23

成田山駅へ到着するモノレール
 切り通しを抜けて成田山駅へ列車が到着します。
 運転席後ろの特等席には、子供が立って前の景色を楽しんでいました。
 この列車に乗って、犬山遊園駅まで戻っています。

犬山遊園駅改札口付近
 犬山遊園駅のモノレール乗り場の様子です。
 同じ名鉄の路線の乗り換えなのですが、犬山線からモンキーパークモノレール線に乗り換える場合は、一旦改札の外に出て、新たにモノレール線の改札を通る形になっていました。
 モノレール線には自動改札の設備はありません。

犬山橋を渡り犬山遊園駅に到着する列車
 この犬山遊園駅の近くには、鉄道・道路併用橋として有名だった犬山橋がありました。
 新たに自動車用の橋が出来たため、併用橋では無くなったのですが、橋自体はそのまま使用しています。
 写真は、駅の岐阜寄りにある犬山橋を渡って、列車が到着するところです。

 予定では犬山駅でもう1本パノラマカーの撮影&乗車をするつもりでしたが、予定になかったP6が撮影できて満足していたので、このまま名古屋に出て帰路につきました。
 この撮影行では、パノラマカー以外にも多くの列車や駅の様子を撮影していたのですが、ほとんど紹介しないでこのネタは終了いたします。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その24

 10月18日9時頃の千葉機関区の様子です。
 四街道に用事があったので、出掛けついでに千葉機関区に立ち寄りました。

千葉機関区のEF64 1034
 昨日電車の中から見えたEF64 1034は、何処にも行くことなく構内で留置されていました。
 転動防止の車輪止めがついているのは、しばらく動かさないと言うことなのかな?
 それにしてもここで見るEF64は新鮮です。

EF64 1034前部
 EF64 1034の前部です。
 区名札の横にはまだ回送票が差し込まれたままになっていました。
 この時間に停まっていた他の機関車は、2番線にEF65 1137、5-1番にEF210-113、検修庫内にEF65 1095でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その22

成田山駅の様子
 成田山駅の様子です。
 駅舎の上にホームが突き出るようにあります。
 この駅は有人駅ですが、時間帯の関係なのか分かりませんが、私以外の乗客は1人だけでした。
 中間駅がここだけしか無く、前後の駅に人が配置してあれば、無人駅でも良いのではと感じてしまいましたが、きっと理由があるのでしょう。

成田山駅に向かうモノレール
 成田山駅に向かうモノレールです。

成田山前を行くモノレール
 成田山の門前をモノレールが通っており有名な撮影地でもあります。
 しかし、車両の長さを読み違えて中途半端な構図な写真になってしまいました。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その23

 今日10月17日の千葉機関区の様子です。
 本日は仕事の後で千葉で用事があり、千葉駅発21時7分発の木更津行きで帰りました。
 進行方向右側で千葉機関区をチェックしていると、千葉機関区では見ていない塗装の機関車が止まっています。
 どう見てもEF64 1000番台に見えましたが、ナンバーまでは確認できません。
 少し前に家に戻って情報を見ると、8963列車で次位機でEF64 1034が来たようです。
 戻りの運用が気になるところです。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 22:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その21

成田山駅を発車するモノレール
 再び動物園駅からモノレールに乗り、モンキーパークモノレール線唯一の中間駅である成田山駅で下車しました。
 写真は成田山駅を発車して犬山遊園駅へ向かう列車です。
 この駅も6両編成対応のホームの半分は、鎖で仕切られて平常時は使っていませんでした。

成田山の門前を行くモノレール
 成田山駅のホームから、成田山の門前を行くモノレールが撮影できました。
 時間帯が悪いので完全に逆光です。

成田山駅ホーム動物園駅方面
 成田山駅ホームの動物園側です。
 駅を出るとすぐに木が生い茂った切り通しになるのでした。
 木が生い茂り過ぎて切り通しに見えません。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日は千葉機関区 その22

 10月16日14時30分頃の千葉機関区の様子です。

EF651089とEF65 1068
 1番線の前と後ろには、西から来た色の薄いEF651089とノーマル2色塗りのEF65 1068が並んでいます。
 他には5-1番前にはEF210-18、4番後がEF65 1044、5-2番にはEF210-133が留置されていました。
 撮影している時に、1070列車で蘇我に来たEF210-123が到着、そのまま検修庫に入ります。
 検修庫に入った後は、簡単な点検をしてから15分後には、3番線前に出てきていました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 21:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その20

犬山モノレール もう1編成
 終点の動物園駅に到着しました。
 ホームに出て線路の先を見ると、もう1編成が停車しているのが見えました。
 正面から見るとシンプルな塗装に見えますが、横から見ると確かイラストが入っていたと思います。

動物園駅のモノレール
 動物園駅に停車中のモノレールです。

斜め上から見た先頭車
 斜め上から見た先頭車です。
 こちら側の車両はベースが赤色なので、名鉄の車両らしく見えます。
 これらの車両は名鉄の現役で唯一の非冷房車なのでした。
 東海道新幹線が開通した年から、大きな変化もなく過ごしてきた車両というのも凄いことです。
 よく見ると屋根の上までイラストが描かれているのでした。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日も蘇我駅 その42

 今日10月15日も蘇我駅に寄ってきました。
 ここのところ忙しいので、帰りの撮影は出来ないつもりで、三脚もメインのカメラも持って出勤していません。
 でも予備のカメラは持っているので、昨日も今日も乗り換えの合間での撮影をしています。

蘇我駅のEF210-111
 今日の撮影対象は、22時発の3063列車です。
 たぶんEF210-111が牽引機でした。
 何故たぶんなのかと言えば、いつもと違い手持ちなので、感度を上げて撮影したため粒子が荒れてナンバーがよく見えなかったのです。
 後発の1041列車が入線してきているのが分かります。

蘇我駅のKD55 102
 1041列車の京葉臨海鉄道側の牽引機はKD55 102でした。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その19

モノレール車内の標記
 モノレール車内の標記です。
 MRM100形の103だと分かります。
 その下のHITACHI-ALWEGの標記からは日立製のアルヴェーグ式の車両だと分かります。
 この犬山モノレールの後、東京モノレールに技術が生かされたようです。
 この編成は103+202+104で構成されていました。
 他にも日立昭和39年の銘板も取り付けられています。
 名古屋鉄道の新製車は基本的に日本車輌で製造だそうで、数少ない他社製の車両と言うことになるそうです。

走行中のモノレール車内
 犬山遊園~成田山間を行くモノレール車内の様子です。
 結構木々の間を抜ける感じで走っています。

木々の間の切り通しを抜ける
 成田山~動物園間も木々の間の切り通しを抜けています。
 写真は車内から後方の様子を撮影しています。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 22:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その41

 今日、10月14日の蘇我駅の様子です。
 撮影するつもりではなかったのですが、いつもと違う電車に乗ったら、蘇我駅の乗り換え時間が20分以上有ったので、5974列車を撮影しに1番線ホームに行ってみました。。
 EH200-14を先頭にした貨物列車が既に待機しており、1枚目を撮影するも、感度を上げてなかったため失敗。
 2枚目を撮影しようとした時には、1番線に快速電車が入ってしまい待つ羽目に。

蘇我駅の257系回送
 その後、快速と5974列車の間に更に257系の回送電車が入り、快速がどいても機関車は撮影できないのです。
 結局、5974列車は回送電車の向こうから発車してしまったので、撮影失敗のまま終わってしまいました。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 21:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その18

犬山遊園駅モノレール乗り場の様子
="0" alt="犬山遊園駅モノレール乗り場の様子" />
 モノレール乗り場の様子です。
 さすがに夕方なので、これから遊園地に行く人はおらず閑散としています。

犬山遊園駅モノレール乗り場 2
 こちらは反対向いて撮った写真。
 6両編成の時があるため、ホームは長いのですが、普段は使用しないので、柵で仕切られていました。

モノレール車内からの犬山線の列車
 モノレール車内から見た犬山線の電車です。
 この景色も消えてしまうのですね。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その21

 今日10月13日午後の千葉機関区の様子です。

千葉機関区の機関車達
 やはりというか何という午後も千葉機関区に行ってしまいました。
 13時45分頃の千葉機関区には、EF65が写真の1035と1127、他に1060と1085の4両、EF210が113と101の2両がいました。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の検見川浜駅 その3

 今日10月13日は、朝の検見川浜駅で撮影です。

検見川浜駅のEF65 1127
 目的は5178列車でやって来るEF65 1127です。
 連休で貨車が無いだろうと思っていた通り、単機でやってきました。
 この駅には同業者の方がいましたが、201系狙いで来たそうです。

千葉機関区のEF65 1056
 家に戻る途中、千葉機関区を覗いていきます。(8時頃)
 昨晩の5965列車で来たEF65 1056が停まっています。
 EF65 1127は検修庫内に入っていました。
 右側のEF210は4099列車で到着したEF210-112です。

 今日の午後は浜野に用事があるので、また撮影してしまうかもしれません。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 09:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その17

犬山モノレール車内の様子
 モノレールの車内に入りました。
 外装が動物園にちなんだ塗装となってカラフルなのに合わせて、内装もシートの柄がモンキーパークにちなんだお猿さんの柄になっています。

犬山モノレール車内運転席付近
 同じく運転席付近の様子です。

犬山モノレール運転席
 モノレールの運転席の様子です。
 運転席の椅子までお猿さん柄になっていました。
 運転席と車内は柵で仕切られているだけなので、立っている分には前面展望は抜群です。
 椅子に座るとシート配置から前は見づらいのが残念な構造。
 遊園地からの帰りの便は、この場所は子供達の特等席になっていました。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その16

犬山遊園駅の乗り換え案内板
 モンキーパークモノレール線のホームに行くため、周囲を見渡すと乗り換え案内板がありました。
 当然モノレールが廃止になれば、この案内板からモノレールの文字が消えてしまいます。

犬山遊園駅モノレール線のホームからの風景
 モノレールのホームから見た景色です。
 下に見える犬山線は奥が岐阜方面になります。
 奥に見えている薄緑のアーチ橋が、つい最近まで道路併用橋として有名であった犬山橋です。

犬山遊園駅に停車中のモノレール
 ホームに停車中のモノレールです。
 平常時は3両で走っていますが、多客時は6両に増結するため、連結器が付いています。
 この連結器は電気連結器も付いています。
 連結した際、地上ならジャンパ線を繋ぐのは簡単ですが、モノレールだと非常に危険なことになるため、電気連結器が付けられたと思われます。
 実はこの電気連結器が、名古屋鉄道で一番最初に導入された電気連結器なのでした。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の千葉機関区 その20

 今日、10月11日16時半頃の千葉機関区の様子です。

葉機関区のEF65 1066
 1番線後ろにはEF65 1066が停まっていました。
 1092列車に充当される機関車かな?

千葉機関区構内の様
 千葉機関区構内には他に4両の機関車が停まっていました。
 左からEF65 1080、EF210-124、EF65 1119、EF210-121です。

千葉機関区のEF210-121とEF65 1119
 EF65 1119のパンタが上昇しました。
 4098列車に充当されるのでしょう。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 23:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その15

 布袋駅の次にやってきたのは、同じ犬山線の犬山遊園駅です。

犬山遊園駅の3500系
 写真はその犬山遊園駅に停車中の3500系です。
 この3500系が目的ではなく、その上に写っているモノがこの駅に来た主目的です。
 その目的とは、今年12月で路線廃止となる、犬山モノレールこと名古屋鉄道モンキーパークモノレール線をついでに撮影することでした。
(以前のブログで、モノレールはあまり興味が無いと書いたような気もしますが、忘れてください)

犬山線側から見たモンキーパークモノレール線
 写真のようにモンキーパークモノレール線のホームは、犬山線上りホームの直上にあります。
 ここでパノラマカーでも来れば最高ですが、この時間には走って来ないのでした。

犬山遊園駅のモンキーパークモノレール線の車両
 2編成存在している車両のうち、こちらの編成は日本モンキーパークの動物にちなんだカラフルな塗装になっていました。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その4

 キハ52の三連は多くの人が狙っているので、三連を撮影するまでは撮影場所を動き回らないことにして、早めに場所を決めました。

中土~北小谷間のキハ52二連
 今回はこれまで撮影したことがなかった場所である、中土~北小谷間の橋梁で撮影します。
 まずは423Dの撮影、三連の4本前であるこの列車も多くの人が撮影に臨んでいました。

姫川とキハ52 156
 線路の上に架かる道路橋の上から、姫川沿いを走るキハ52 156の424Dです。

中土~北小谷間のキハ52 156
 南小谷で折り返して425Dが橋梁を渡っていきます。
 次に来る列車が本番ですが、しばらく間があるので、車の中で一眠りしてました。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 08:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その14

 名残惜しいですけど、パノラマカーを降りました。
 降りた駅は布袋駅、この駅にもパノラマカーの留置車があると聞いていたのでやって来たのですが、駅構内には何も停まっていなかったのでした。

布袋駅に到着するパノラマカー
 留置車がいなくてもこの駅にパノラマカーがやって来るのが分かっていたので、下りホームから撮影のため待ちかまえます。
 でも普通列車だったため、待避線側に曲がってしまったのでした。
 写真は「やられた」と思った瞬間です。

布袋駅待避線のパノラマカー
 とりあえず、待避しているパノラマカーの先頭車です。

布袋駅で待避中のパノラマカー
 布袋駅で待避中のパノラマカーの様子です。
 通過列車はかなりの速度で通過していきましたが、普通のこちらの列車はノンビリしています。
 じっくりは見ていませんが、布袋駅の駅舎は古い木造の駅舎のようでした。
 時間の関係から撮影は見送りです。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その13

 猿投駅での撮影を終え、知立駅を経由して犬山線方面に向かいます。
 知立駅からはパノラマスーパーの特別車で快適な移動です。
 乗車した列車は岐阜方面の列車なので、途中で乗り換えが必要となり、金山駅で乗り換えています。
 一つ前の神宮前駅に到着した時、常滑線方面に向けてカメラを構えている人が見えました。

金山駅に到着するP6
 金山駅で下車すると、ホームの反対側に犬山線経由の岐阜行き準急がやってきます。
 神宮前駅でカメラを構えていた人がいたことから、パノラマカーが来ると予想して待っていると、やはりパノラマカーが入線してきました。
 やって来たのは、すでにこの日4回目となるP6の7007F、今回は本当に運が良かったようで、行く先々で出会い、乗車も出来ることになりました。

パノラマスーパーと並ぶパノラマカー
 隣に停車したパノラマスーパーとパノラマカーの並びです。
 この先、前面展望を売りにした車両が新製されることはあるのでしょうか?

モ7007車内の様子
 乗車したのは一番最後尾のモ7007でした。
 パノラマカーは運転席が屋根の上にある関係で、車掌業務は車内の一角でおこなっています。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その12

 呼続駅の次は三河線猿投駅に向かいました。
 猿投駅の留置線にパノラマカーが留置されていると聞いたからです。

猿投駅の留置線
 猿投駅に着くと確かにパノラマカーが留置されていました。
 まずは駅の知立側に架かる跨線橋まで行って留置線の上から撮影してみます。
 パノラマカーの先頭車はモ7034でした。
 この跨線橋の後ろ側には猿投検車区もあり、他の車両も停車しています。

留置されているパノラマカー
 ぐるっと周囲を歩いて奥にある踏切側から留置車を撮影です。
 ここには2編成のパノラマカーが留置されていました。
 この車両はモ7025です。

留置されていた2本のパノラマカー
 留置されている2本の先頭車です。
 手前左側がモ7026、奥右がモ7033、手前右側は7700系のモ7713でした。
 ここのパノラマカーは最後まで残る車両に入っていないので、このまま消えていくのでしょう。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その11

 常滑駅での撮影後再び移動します。
 この日は『まる乗り1DAYフリーきっぷ』を使用しており、10時~16時の間は特別車もフリー乗車が出来ます。
 (特別車は指定席なので、指定券を持って乗車してきたお客さんがいれば席を譲らないといけません。)
 常滑駅での撮影中に10時を過ぎたので、特別車も初乗車出来ました。

呼続駅の上下列車
 次に撮影場所に選んだのは、名鉄本線の呼続駅です。
 写真は下り準急の3100系と上り普通の6000系です。
 この駅は15分に1本の普通電車しか止まりません。

呼続駅に進入するパノラマスーパー
 呼続駅に下り特急のパノラマスーパーが進入します。
 名鉄本線は普通列車より準急以上の列車が多いため、この駅を通過していく列車ばかりのような気がしてきます。
 それなりに停車する本数も有るのですけど、3本に1本しか停まらないので、錯覚を起こしてきます。

呼続駅に進入するパノラマカー
 呼続駅にパノラマカーがやってきました。
 トップナンバーのモ7001を先頭にした編成です。
 この列車は普通列車なので、ゆっくり撮影できました。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の蘇我駅 その40 特大貨物

 今日10月5日は、午前9時から会議のため千葉みなと駅に向かっていました。
 上り列車に乗る時は、千葉機関区を覗くために千葉に向かって左側のドア部分に乗車しているのですが、蘇我駅構内に入ると目の前にシキが現れました。
 すっかり特大貨物の事など忘れていたんです。

蘇我駅構内のシキ801
 本来なら京葉線に乗っていなければならないのに、改札の外に出てみんなに交じって撮影していました。
 写真はシキ801、小山の高岳製作所からやって来ています。

KD55 201が牽引機
 ここからの京葉臨海鉄道区間の牽引機は、KD55 201が務めます。
 柱が前にあって撮影しづらい場所に停車しているのが残念。

跨線橋からの特大貨物列車
 のんびり撮影とも行かないので、最後に蘇我駅の跨線橋からの撮影をしてすぐに引き上げました。
 前からKD55 201+シキ801+ヨ8404の編成になっています。
 さて京葉線の電車はと見ると9時6分発でした。
 完全に会議は遅刻が決定です。
JR貨物 | 投稿者 kd55-101 16:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その10

常滑駅のモ7041
 常滑駅まで乗車してきたモ7041です。
 到着後はすぐに行き先・列車種別がめくられて、文字無しにされてしまいました。
 この車両は逆富士山形をした表示板を付けています。

常滑駅に到着するP6
 乗車してきた車両の撮影に夢中になっていて、すっかりP6の存在を忘れていました。
 早く思い出してホームの端にいけば、前方の橋を抜けてくるところが綺麗に撮れたのです。

モ7042の油圧緩衝器
 再び乗ってきた編成の観察に戻ります。
 岐阜方の先頭であるモ7042の油圧緩衝器です。
 先頭部に乗客が乗っているため、安全対策のために強力な油圧緩衝器となっており、実際に威力を発揮した場面もあったそうです。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

今日の小湊鉄道

 今日、10月4日は小湊鉄道を撮影してきました。

上総川間駅のキハ206
 天気が晴れたり曇ったりを繰り返しているなかで、晴れている状態で撮影できたのは、写真の上総川間駅での撮影ともう1列車だけでした。

飯給~月崎間のキハ213
 今日出掛ける気になったのは、家の庭に咲いている柿が赤く色付いていたからです。
 飯給~月崎間の柿を見に行ったら、ここのはちょっとだけ早かったようで、色がまだ薄かったのでした。
小湊鐵道 | 投稿者 kd55-101 16:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その9

パノラマカー車内前方風景
 前面展望が売りのパノラマカーだけに、撮影だけでなく前面展望を楽しまないといけません。
 太田川駅始発常滑行きの先頭シートをキープです。
 中から見ていると多くの人がカメラを向けていました。

車内から先頭部を見たところ
 車内から先頭部を見たところです。
 この車両はモ7041でした。
 
 乗車したのは太田川駅9時11分発常滑駅9時37分着の列車です。
 乗車している間は先頭部でカメラを持ってすれ違う列車を撮っていました。
 この間で先ほど中部国際空港へ向かったP6がやって来れば良かったのですが、残念なから出会うことなく常滑駅に到着です。

モ7041車内
 乗客が降りた後のモ7041の車内です。
 地元にはない転換クロスシートがうらやましいです。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

信越撮影行 その3

鉄橋を渡ってくるキハ52 156
 平岩駅7時8分着の422Dが、首都圏色のキハ52 156の単行でやって来ました。
 単行のこの列車はいつもと変わらない光景です。
 この時点でも雨が多く降っており、平岩駅の屋根の下ではカメラを濡らしたくない人達で埋まっていましたので、平岩駅手前の橋梁での撮影となりました。
 今回の撮影では、カメラのレインジャケットが活躍しています。

雨の平岩駅でのキハ52 156
 雨降る平岩駅に停車中のキハ52 156です。
 バックの緑に首都圏色の朱色が映えます。

発車待ちの421D
 折り返し糸魚川行きの発車準備ができ、前照灯がつきました。
 この日糸魚川へ向かう最初の列車となります。
大糸線 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その8

 神宮前駅で撮影した新鵜沼行きのパノラマカーは、新鵜沼からは準急(名古屋から急行)の知多新線の内海行きになります。
 この列車は8両編成で運転されており、岐阜方が7000系の4連となっています。
 その途中、太田川駅で4両ずつに分割され、前寄りの車両だけが内海に向かいます。

太田川駅に到着する5700系+7000系
 写真はその列車が太田川駅に到着するところです。
 前寄り4両は5700系でした。

上から見た7000系
 上から見た7000系です。

切り離し作業終了
 到着した列車は素早く切り離し作業がおこなわれ、5700系は内海に向かって出発していきました。
 残された7000系は太田川駅始発の列車となります。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

名古屋鉄道撮影行 その7

 今度は太田川駅にやってきました。
 常滑線と河和線の分岐点でもあるこの駅は、列車の本数も多く活気があります。

太田川駅の列車案内板
 太田川駅にある列車案内板です。
 この駅からの列車は様々な方向に向かう列車があり、列車の種別も多く、また編成両数も違います。
 それらを表示するためにこの行灯式案内板が活躍していました。
 最近はこういう装置も少なくなっていますので貴重ではないでしょうか。

太田川駅でのP6
 太田川駅を観察している時に、再びP6がやって来ました。
 神宮前駅で撮影した列車が、岐阜から中部国際空港行きとなって常滑線にやって来たのです。
 運は良いのですが、想定していない時に来るので、撮影場所が中途半端にならざるを得ません。

太田川駅駅舎
 特徴の有る形をした太田川駅東口の駅舎です。
 この駅は高架化が進められており、この先は姿を大きく変えてしまうようです。
名古屋鉄道 | 投稿者 kd55-101 06:29 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]