姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2007年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

北陸撮影旅行 その20

 立山砂防専用軌道の撮影を楽しんだ後は、本日の宿がある富山駅前に向かいます。
 宿に向かう途中で、富山地鉄の電車と併走となり、途中の駅で停車している間に先行し岩峅寺駅で待ち受けて撮影することが出来ました。
 岩峅寺駅は立山線と不二越・上滝線の分岐駅でもあり、両線のホームがカーブをしながら二またに分かれています。

岩峅寺駅の列車交換
 立山線の上下列車が岩峅寺駅で列車交換となりました。
 左の列車が富山行きで、車と併走していた列車です。

岩峅寺駅の駅舎
 岩峅寺駅の駅舎は昔からの駅舎を使用しており、味があります。

岩峅寺駅立山線ホーム
 立山選側のホームには一部だけ屋根があります。
 駅名標など各所に古い歴史を感じさせる物を使用しており、良い雰囲気が出ています。
 構内の配線と言い、建物と言い、模型化すると楽しめそうな情景が展開している駅でした。
富山地方鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その19

 ヤードで無蓋車を切り離し、人車から乗員を降ろしたトロッコが車庫前に戻ってきました。

車庫前に戻った機関車と人車
 車庫前に来るとすぐに人車は機関車から切り離されます。

人力で車庫へ向かう人車
 切り離された人車は人力で車庫に入庫となります。

機関車も車庫に移動中
 身軽になった機関車は隣の線路に入り車庫に向かいます。

入庫した人車と機関車
 人車と機関車ともに車庫に入庫しました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 09:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その18

スイッチバック2段目から1段目へ向かうトロッコ
 2段目のスイッチバックから1段目のスイッチバックに向かって降りてくるトロッコです。
 無蓋車を先頭に人車、機関車と続いています。
 この場所は立山カルデラ砂防博物館のすぐ裏側です。

1段目のスイッチバックに差し掛かるトロッコ
 左にカーブを切りながら1段目のスイッチバックに入るトロッコです。
 右に延びる2本の線路の内、奥側がショートカットの線路です。
 手前側の線路は、作業用の車両が良く留置されている行き止まりの線路です。

踏切を渡るトロッコ
 1段目のスイッチバックで向きを変えたトロッコは、踏切を渡ってヤードに向かいます。
 立山砂防専用軌道で踏切警報機と遮断機がある第一種踏切はこの場所だけだと思われます。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 20:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その17

 再び一段目のスイッチバックに戻ってきました。
 一段目のスイッチバックには、スイッチバックをショートカットする形で線路が接続されており、三角線の形となっています。
 このショートカット線を通ることにより編成の向きが逆になります。

スイッチバックをショートカットするトロッコ

スイッチバックをショートカットしたトロッコ
 降りてくる機関車が一段目のスイッチバックに向かう時は、ボンネット側を前に向けているのが標準のようですが、たまに逆向きになっている編成もあります。
 丁度逆を向いた編成が降りてきたので、スイッチバックをしないで急なカーブを曲がってきました。

千寿ヶ原のヤードに向かうトロッコ
 目の前を通り過ぎると千寿ヶ原のヤードに向かって真っ直ぐに下っていきます。
 踏切上から後追いで撮影しています。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 20:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その16

 他の場所からも山の中腹を走るトロッコが撮影できるのではないかと思い、常願寺川の横を上流側に向かいます。
 訓練線に平行している道です。

訓練線上のお客さん
 撮影場所を探している時にお客さんと遭遇しました。
 カモシカがいる場所は訓練線上です。

山の中腹を行くトロッコ
 たぶん線路が敷かれている場所だろうと見当を付けて待っていると、小さくトロッコの音が聞こえてきました。
 ちょっと間を開けて崖の上にトロッコが姿を見せました。
 乗車しているとかなりの絶景だと想像できます。

崖の上を行くトロッコのアップ
 崖の上を行くトロッコのアップです。
 こちらは2枚目の写真の後に来たトロッコです。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 21:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その15

降りてきたトロッコ 1
 走って戻った甲斐があって、千寿ヶ原のヤード手前の1段目のスイッチバックを折り返すトロッコを撮影することが出来ました。

降りてきたトロッコ 2
 1段目のスイッチバックを折り返してヤードに向かうトロッコ。

降りてきたトロッコ 3
 遠くで見えたときには気が付きませんでしたが、次の編成が続いて降りてきていました。

降りてきたトロッコ 4
 2編成目はホッパ車を2両連ねていました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 09:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その14

山を降りてくる立山砂防のトロッコ
 後10分ほどで列車が来る時間になった時、ふと右の立山砂防の軌道が気になったので視線をずらすと、トロッコが降りてくるのが目に入りました。
 予想より早い時間にトロッコが降りて来たのでした。

山を降りてくる立山砂防のトロッコのアップ
 アップにすると無蓋車を4両牽引しているのが分かりました。

立山ケーブルの脇でスイッチバックするトロッコ
 降りてきたトロッコは立山ケーブルの線路のすぐ近くまで行って、スイッチバックしていることが分かりました。

 この後、トロッコの写真を近くで撮るため、猛ダッシュで立山カルデラ砂防博物館の裏手まで走ることになりました。
 朝から撮影していて疲れているはずなのに、この時はすっかり忘れてましたね。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 21:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その13

 14時頃に立山駅周辺に到着していましたが、機関車が山から降りてくるのは、前回は16時前だったので時間があります。
 D氏とG氏は立山カルデラ砂防博物館を見学に行きました。
 私と仮設住宅氏は昨年に見ていたので、辺りを見ていることにしました。

富山地方鉄道立山駅切符売り場前
 富山地方鉄道の立山駅はメインのロータリーから駅に入ると、階段を下りたところに切符売り場と改札口があり、その向こうに2線分のホームがあり、地下駅みたいな印象です。

ロータリーからの富山地鉄立山駅
 ロータリーから一段低い場所にある富山地方鉄道の立山駅を見たところです。
 2両編成では先頭部分しか日が当たりません。

 別に行動していた仮設住宅氏より、立山砂防の構内に停まっていた編成が山を上がって行ったと聞きました。
 動くと思っていなかったので油断していました。

山を上がっていく立山ケーブル
 15時16分発の富山地鉄の電車を昨年と同じ鉄橋で撮影しようと待っていると、立山ケーブルのケーブルカーが山を上がっていきました。
富山地方鉄道 | 投稿者 kd55-101 22:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その12

 遅い昼食を食べた後、立山駅にやってきました。
 体験乗車が出来なくても、立山砂防専用軌道の機関車だけは見ようと言うことになったからです。

立山砂防構内終端側
 立山砂防事務所の構内の終端からの写真です。
 こちら側には作業用の無蓋車などが置かれています。
 機関車と人車の編成が1編成だけ停車していました。

立山砂防事務所機関庫前
 上の写真と全く反対側の機関庫前です。
 8線に分岐しており、人車や機関車はシャッターの向こうに仕舞われます。

踏切からの立山砂防軌道
 写真の3本の線路の内、中央の線路が本線になっています。
 奥に見える構内に向けて下り勾配になっています。
 右側に機関庫があるのですが、本線に対しては高低差があり、スイッチバックの形となっています。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 17:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その11

 速星駅からは廃村探索をしようという話も出ましたが、大雨が降った後だけに却下となり、立山駅に向かうことになりました。
 その途中で富山地方鉄道上滝線の大山寺駅にぷらっと立ち寄ってみました。

富山地方鉄道大山寺駅
 大山寺駅の構造は少し変わっており、ホームの半分がコンクリートで囲われています。
 写真を見れば分かるように、地平より高い位置に線路があります。
 これは、駅の岩峅寺駅側(下り方)に常願寺川があり、大きなトラス橋が掛かっている関係で、築堤に上がるために高くなっているのでした。

岩峅寺行きの普通電車
 まもなく電車がやってきました。
 上滝線の終点でもある隣の岩峅寺駅行きの普通電車です。
 10030系のモハ10046+モハ10045の2連でした。

常願寺川を渡るモハ10046
 以前この常願寺川は大雨が降ると、土砂が大量に流れる暴れ川であり、洪水などの被害が起こっていました。
 そのために砂防ダムを建設することにより被害を押さえることになり、その砂防ダムのために立山砂防事務所のトロッコが出来たのです。
富山地方鉄道 | 投稿者 kd55-101 21:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その10

 今回は速星駅の側線で活躍しているスイッチャーの紹介です。

日産化学速星の251
 速星駅の側線で待っていたのは、日産化学工業の赤いスイッチャーでした。
 日立の銘板、251と言う番号、日産化学のマークが付いています。
 251と言う番号は25t機から来ていると思われ、もう1両252がいるようですが今回は確認できませんでした。

スイッチャーとコンテナ車
 スイッチャーはコンテナ車の前に連結されており、JRからの8862列車からのタンク車が側線に置かれると、構内の入れ替えを開始します。

タンク車に連結しようとしているスイッチャー
 スイッチャーはコンテナ車を移動して先ほど3番線の先に停車したDE10 1676の後ろに持って行きます。
 この時点では一定の距離を置いて後ろに置いただけでした。
 スイッチャーは右へ左へと構内を走り回り、最後に到着したタンク車に連結します。
 連結後は推進運転で工場に向かったと思ったら、タンクだけ突放します。
 突放後スイッチャーは、左に分岐して工場内に消えていきました。

日産化学工業のタキ10754
 工場の脇には多くのタンク車が停まっています。
 そのうちの1両、日産化学工業の工場をバックにしたタキ10754です。
 タキ10700形式は35t積希硝酸専用のタンク車なのです。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 21:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その9

 次の撮影場所として来たのは高山本線速星駅。
 駅からすぐの場所に日産化学工業富山工場があり、駅から専用線で結ばれており、スイッチャーが活躍しています。
 昨年訪れた時はスイッチャーを見掛けたのですが、車を停めている間に工場に入ってしまったので、再挑戦となります。
 今回はちゃんとスイッチャーが側線に止まっているのが見え入場券を買ってホームに入りました。

速星駅に到着する8862列車
 スイッチャーを撮影に反対ホームに向かうと富山方から列車が入ってきました。
 8862列車の到着でした。
 写真の左に見えているのが日産化学工業の工場になります。

速星駅に到着したDE10 1676
 8862列車はDE10 1676が牽引して来ましたが、貨車は2両だけでした。
 富山方面ホームである2番線に進入してきます。

側線に入ったDE10 1676
 2番線に入った列車は停車せずに高山方に抜けて行き、側線への分岐ポイントの先まで行ってやっと停止、そのまま推進運転で駅舎の反対側に広がっている側線に入ります。

速星駅でのDE10 1676
 側線に入った後はタンク車2両を置いて機関車だけ高山方に引き上げました。
 今度は3番線に進入してホームの富山方の少し先で停車となりました。
高山本線 | 投稿者 kd55-101 10:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その8

 昨年二塚に来た時のブログに書いたのですが、推進運転で駅にコンテナを運ぶ時に信号を切り替えるために列車の前を係員が走ると書きました。
 信号を切り替えた後は、その次の踏切まで行って踏切の通行が無いように番をするのでした。
 二塚から列車が戻ってくる時も踏切で番をしており、スイッチャーが踏切で徐行すると、機関車に飛び乗って行くのです。
 そして次の信号でスイッチを操作して、交差する道路の信号を赤にして進みます。

スイッチャーが踏切を渡る
 踏切で減速したスイッチャーに踏切監視の人が乗り込んだ直後の写真です。

スイッチバックして工場内へコンテナを押し込むスイッチャー
 工場内の配線から前5両を持って右側に進み、スイッチバックして左億にコンテナを押し込んでいるスイッチャーが見えています。

中越パルプ高岡工場に入るスイッチャー
 後ろ半分のコンテナを牽引するスイッチャーを待っていると、再び緑のスイッチャーが現れました。
 昨年は赤いスイッチャーが出てきたので期待していたのでちょっと残念です。
 工場前でスイッチャーを見ている時に仮設住宅氏が前回との違いに気が付きました。
 それは、工場の名前が変わっていることでした。

中越パルプ二塚工場の赤いスイッチャー
 昨年の写真をお見せします。(仮設住宅氏撮影)
 この時は二塚工場でしたが、今回は高岡工場になっているのでした。
 この赤いスイッチャーはJRのマークが入っているので、たまたまここに貸し出されていたのかもしれません。

 二塚のスイッチャーの撮影が終わり次の撮影場所へ向かいます。
中越パルプ二塚専用線 | 投稿者 kd55-101 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その7

二塚駅に到着したコンテナ列車
 二塚駅に3081列車が到着しました。
 向こう側に見えているコンテナ車は、中越製紙の工場からスイッチャーが持ってきたコンテナ車です。

3081列車から牽引機が逃げる
 3081列車から牽引機のDE10 1035が切り離され、そのまま本線上を前進します。
 踏切を越えた先の専用線側にはスイッチャーが迎えに来ています。

3081列車の牽引機とスイッチャー
 スイッチャーの横まで来ると、DE10は停車します。

スイッチャー発車
 専用線側にポイントが切り替えられ、スイッチャーはコンテナに向かい連結しますす。
 連結が完了すると、工場に向けて発車となるのです。
中越パルプ二塚専用線 | 投稿者 kd55-101 20:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その6

 越中大門から再び高岡駅に戻りました。
 雨が予想されていたので、レンタカーを借りて2日間行動することにしたのです。
 レンタカーを借りて最初に向かったのは、城端線での隣の駅である二塚から分かれている中越パルプ二塚専用線です。
 昨年に引き続きの撮影のため、大体の運転時間は分かっていましたが、駅の横を通った時にはまだ出てきていませんでした。
 工場まで覗きに行くと、丁度出てくるところだったので、慌てて線路に平行する道路を走って先で待ち構えることになりました。

推進で二塚駅に向かうスイッチャー
 列車の進行が遅いので撮影できた、工場から駅へコンテナ車を送り込む推進運転のスイッチャー。

二塚駅から戻るスイッチャー
 駅にコンテナを置いて単機で戻ってきたスイッチャー。
 この踏切で踏切を切り替える人を拾っています。

中越製紙の工場に向かうスイッチャー
 中越製紙の工場に向かうスイッチャー。
 一旦工場に戻って、JR貨物の列車が到着したら再び迎えに出てきます。
 送り込みを遅くすれば1度で済むと思うけど、何か理由があるのでしょう。
中越パルプ二塚専用線 | 投稿者 kd55-101 21:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その5

デンカセメントDB1501
 8時29分にスイッチャーが再び出てきました。
 ちなみにトワイライトエクスプレスが通過したのは8時24分です。

タンクを牽引するDB1501
 残りの6両のタンク車を牽いて工場へスイッチャーが向かいます。
 今度はサンダーバードがやって来ていました。

デンカセメントの工場に入るタンク車
 タンク車がデンカセメントの工場に入っていきます。
 先の7両の隣の線に入っていきました。

 越中大門駅に来てからスイッチャーが動き出すまで時間があったので、やって来る列車をずっと撮影していました。
 おまけの写真なのですが、補完ホームページに載せてみました。車種が多くて北陸本線は楽しいです。姉崎機関区北陸撮影旅行のページ
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 12:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その4

 今回は、デンカセメント専用線のスイッチャーの話を続けるつもりでしたが、今回も同行した仮設住宅氏よりトワイライトエクスプレスを見せてと、電話が来たので越中大門駅で撮影した列車の一部を乗せることにします。
 ちなみにこの旅行は私と仮設住宅氏、D氏、G氏の4人、鹿島鉄道の最終日の5人のうちの4人です。
 私以外の3人は工場手前の踏切付近から撮影していました。

越中大門駅の419系
 419系は何回か撮影していますが、今回も全部食パン顔の編成でした。
 いつになったらオリジナル先頭車が撮影できるのでしょうか?

越中大門の683系
 北陸本線には多くの特急列車が走っており、何本も通過していきました。
 これは683系先頭の列車です。

越中大門駅のキハ40系4連
 交流電化の北陸本線には気動車も乗り入れてきます。
 この列車は城端線から乗り入れてくる富山行きです。
 平日は2本の列車が乗り入れており、1本目は3両編成、写真は2本目で4両編成です。

越中大門駅のトワイライトエクスプレス
 この日のトワイライトエクスプレスです。
 EF81 104を先頭に走り過ぎていきました。
北陸本線 | 投稿者 kd55-101 21:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その3

 ホームの上を係員の方が貨車に向かって歩いていきました。

動き出したスイッチャー
 しばらくするとスイッチャーに人が乗り込み動き出します。

貨車に向かうスイッチャー
 貨車に連結するべく走ってきます。
 スイッチャーは黄色一色でナンバーはDB1501と書かれています。

スイッチャーとトワイライトエクスプレス
 前半分の7両を牽引して工場へ戻って行きます。
 丁度トワイライトエクスプレスがやってきました。
 この後、トワイライトを撮るかスイッチャーを撮るか迷ってしまい、結局トワイライトエクスプレスを撮影しています。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 10:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その2

 デンカセメントの工場は富山方面に向かい左側にあります。
 工場の手前の踏切からスイッチャーを見ることが出来ました。
 若干距離があるので、望遠レンズが必要となります。

越中大門のデンカセメント工場
 デンカセメントの工場の様子。

工場内のスイッチャー
 工場内のスイッチャーのアップです。
 光が当たっていないのでよく分かりません。

推進運転で側線に入る貨物列車
 行き交う北陸本線の列車を撮影しているうちに雨が降り出しましたが、撮影は続行します。
 7時46分に中線に停車していた貨物列車の編成が、上りの高岡駅方面に発車します。
 そのまま本線上を進んで停止、ポイントが切り替わって上り線から下り線の向こうにある側線に推進運転で入ってきました。
スイッチャー | 投稿者 kd55-101 23:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その1

 昨年の6月に立山砂防専用軌道を見た時に、体験乗車があるとブログに書きましたが、ダメ元で申し込んだところ抽選に当たりトロッコに乗車できることになったのです。
 そんな訳で仕事を休んで立山に向かうことになりましたが、7月2日に土砂が崩れてしまったので実施を心配していたところ、前日の最終確認で中止が決定してしまいました。
 折角休みも取って切符を買っていたので、目的地を変更して寝台特急北陸に乗り込みました。

 特急北陸を高岡駅まで乗り、一駅戻って越中大門に行きます。
 この駅からはデンカセメントへの引き込み線が延びており、JRからのタンク車を工場までスイッチャーが移動するのです。

越中大門のEF81 503牽引貨物列車
 6時58分に富山方からEF81 503牽引の貨物列車が中線に到着します。

タキ12712 電気化学工業所有車
 牽引されてきたのは全て電気化学工業所有のタンク車13両。
 タキ12200が12両とタキ1900が1両が連なっていました。

越中大門駅の跨線橋から
 駅の跨線橋から見るとこんな感じです。
北陸本線 | 投稿者 kd55-101 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

廃止後の鹿島鉄道鉾田駅

 茨城交通撮影からの帰り道は廃線となった鹿島鉄道の鉾田駅に立ち寄りました。
 廃止後の様子を見るのと、まだたい焼き屋が営業していると聞いていたのでたい焼きを買うためです。

消えた鉾田駅の駅舎と残るホーム
 現地に着くと鉾田駅の駅舎はすっかり消えて砂利だけが広がっていました。
 鹿島鉄道自体が取り壊すと言っていたのですが、やはり関東の駅百選に選ばれるだけの特徴を持っていたので、もったいない気がしました。

鉾田駅跡ホームと留置車両
 ホームは残っていました。
 その向こうには気動車が留置されています。

留置されている気動車
 留置されているのは3両。
 最終日の全線最終列車として乗車したキハ431とKR-505及びキハ601です。
 いたずら防止対策として防犯カメラが目を光らせていました。

ホーム側からの鉾田駅舎のあった場所
 ホーム側から見た駅舎のあった方向です。

 駅舎は6月9日から解体工事に入って取り壊されています。
 もっとも備品や旧材などを再利用し駅舎を復元して、留置されている車両3両と共に保存施設となる計画があるようなので、うまく復活を期待します。
鹿島鉄道 | 投稿者 kd55-101 21:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

水戸駅へキハE130系を見に行く

 勝田駅の隣の水戸駅に今度は行ってみました。
 水郡線に導入された新型気動車のキハE130系が見たかったからです。

水戸駅のキヨスク 1
 常磐線の上り電車を降り、鹿島臨海鉄道のホームを見たらフレッシュひたちがホームの上にありました。
 キヨスクの店舗が電車の形をしているのです。
 本では見たことがありましたが、実物を見ると結構芸が細かいことがよく分かります。
 ATSの表示とか車両ナンバーなどちゃんと表示されています。

水戸駅のキヨスク 2
 反対側を見ると、貫通路部もドアになっています。
 車号はクハE653-1になっています。

水戸駅のキハ110系
 お目当ての水郡線ホームに行ってみると、目的のキハE130系では無く、キハ110系の2両編成が止まっていました。
 全部を置き換えたわけではないので、この列車は違ったのでした。
 キハ111-116+キハ112-116でした。

水戸駅のE130系
 次の列車の到着を待っていると、今度はキハE130系がやってきました。
 キハ110系比べるとカラフルな塗色です。
 キハE132-1+キハE131-1の編成でした。
 もっとも新型気動車は良いのですが、押し出されたキハ110系で東北の国鉄型気動車が一部廃車となったのがちょっと残念です。
 まあ仕方がないことですけどね。

 今日はこの後、夜行特急北陸に乗って富山券・福井券を鉄道仲間と乗ったり撮ったりしてきます。
 報告は明日か明後日以降です。
JR東日本 | 投稿者 kd55-101 16:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

勝田駅の日立製作所水戸工場専用線ホーム跡

 勝田駅からは少し離れた場所の日立製作所水戸工場へ専用線が延びています。
 それが日立製作所水戸工場専用線であり、4.4㎞あるそうです。
 以前は、その専用線を利用して従業員の通勤輸送のために専用列車が走っていました。
 廃止になったのは14年前の1993年8月頃であり、その後勝田駅は橋上駅舎に改築されていますが、まだ名残が残っていました。

日立製作所水戸工場用ホーム
 勝田駅の改札を抜け左手側の階段を下り、駅舎の外に出ます。
 今度は右手に行くと、日立製作所水戸工場への通勤列車用のホームが残っています。

日立製作所水戸工場用ホーム 2
 ホームの向こうは電留線が数本並んでおり、その先に常磐線のホームがあります。

橋上のコンコースから見たホーム跡
 橋上のコンコースはガラス張りなので上から見てもホームの跡が分かります。
 錆びた線路も残っているのが分かります。
廃線・遺構・未成線 | 投稿者 kd55-101 23:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その11

キハ2004シート
 乗車したキハ2004のシートです。
 排気管が屋根に抜けている部分のシートなので、背面のシートとの間に幅があります。

キハ2004車内
 車内の様子です。
 床は木製で、四角いエンジンの点検蓋が見えています。

勝田駅茨城交通乗り場
 勝田駅の茨城交通乗り場です。
 1番線を茨城交通のホームが名乗っており、柵を挟んだ反対側が常磐線の上り方面ホームとなっています。
 降車時は、左に見える小屋で精算して精算済み券を受け取り、橋上のJRの改札口から駅の外に出ます。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 22:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その10

那珂湊~中根間を行くキハ3710-01
 中根駅の那珂湊側で撮影したキハ3710-01です。
 この区間も田んぼを走っていたのですが、高速道路が出来て線路を横切るようになってしまいました。

中根駅停車中のキハ3710-01
 乗降は無しでした。

中根駅に到着するキハ2004
 列車に乗車するために中根駅で待っていると、キハ2004が到着しました。
 この列車に乗って勝田まで行きます。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 07:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その9

 今度は中根駅の周辺に移動しました。

金上~中根間を走るキハ2004
 金上~中根間の中根駅寄りは田んぼの中を列車が走ります。
 中根駅の周りの地域は景観を保全する地区に指定されているのでした。

中根駅の様子
 中根駅は1931年7月に開業しているので76年の歴史があるのですが、片面ホームのシンプルな作りでとてもそうは思えません。
 昔はちゃんとした駅舎があったのでしょうが、今はただの無人駅です。
 周囲には人家らしきは一見見えませんが、踏切から坂を上がっていくと集落があるのです。
 田んぼの中を15分ほど歩くと中根温泉という温泉があります。

中根駅の乗車口案内
 ホームには乗車口の案内が出ています。
 この駅には下り用の一カ所と上り用の単行列車と2連用の二カ所の計三カ所にあります。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 07:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その8

 那珂湊駅は湊線のほぼ中間にあり、唯一の交換可能駅となっています。
 始発終着の列車以外は、この駅で交換となるようにダイヤが組まれています。

那珂湊駅に到着するキハ2004
 阿字ヶ浦方からキハ2004が到着します。
 昼間は単行の2列車が往復するだけなので、やってくる車両がいつまでも一緒です。
 旧国鉄準急色のキハ2004が運転されていたから良かったものの、茨城交通色だけの日に行っていたら、早々に退散していたと思います。

那珂湊駅構内に入ったキハ2004
 上り列車は駅舎前の1番線に入ります。
 構内には先ほどのケキ102や旧国鉄気動車色のキハ222、国鉄一般色のキハ205も見えています。
 この後、3番線に下り列車が入るのです。

那珂湊駅を発車したキハ3710-01
 下り列車も既に見飽きた感のあるキハ3710-01です。
 阿字ヶ浦駅に向けて発車していきました。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 10:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その7

 今度は那珂湊駅へやってきました。

那珂湊駅構内
 那珂湊駅の勝田側から構内を覗いた様子です。
 那珂湊駅に隣接して那珂湊機関区が左側にあるので、構内には多くの気動車が止まっています。
 何両かは既に廃車となった車両です。

那珂湊駅のケキ102
 下りホームの反対側に中線があり、ディーゼル機関車のケキ102が止まっていました。
 この車両は2005年5月に廃車となった、湊線最後の機関車です。
 茨城交通のホームページを見ると、売りに出されているのですが、未だに売れていないようです。

那珂湊駅のケキ601の廃車体
 1992年5月に廃車となったケハ601の廃車体が、構内の外れで倉庫として残っています。
 さすがステンレス車体だけあってそのままの状態であり、倉庫として申し分ないようです。
 日本初のステンレス車体の気動車だけに、最近の車両と明らかに違う作りとなっています。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 22:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その6

阿字ヶ浦駅のキハ201
 もう1両の留置車はキハ201、1999年の3月に廃車となった車両です。
 元は国鉄のキハ20421であり、鹿島臨海鉄道のキハ2002を歴て入線しています。

阿字ヶ浦駅のキハ201正面
 鹿島臨海鉄道時代におでこにあった前照灯を正面窓下に移設していますので、オリジナルのキハ20形とは違った顔付きになっています。

キハ201側面ナンバー部分
 こちらの車両も錆が進行しており、塗装が一部剥げています。
 ナンバー部分を良く見ると1の下に2の跡が見えます。
 鹿島臨海鉄道時代のキハ2002の2かどうかは分かりません。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 19:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その5

 阿字ヶ浦駅の構内には廃車となった車両が第二のお務めに就いています。
 阿字ヶ浦へ列車でやってくる海水浴客のために廃車となった車両を更衣室として使用しているのです。
 (以前あった階段がないので、近年もやっているのか分かりません。未確認です。)

阿字ヶ浦駅のキハ221
 構内には2両が留置されています。
 そのうちの1両はキハ221です。
 元羽幌炭鉱鉄道からきた3両のうちの1両です。
 旧羽幌炭鉱鉄道色に塗り替えられており、イベント等で活躍しました。
 1998年に廃車されて現在に至ります。
 残念ながら状態は写真で見たとおり悲惨な物となっています。
 運転台ののガラス部分が板張りになっており、この車両の特徴である旋回窓が無くなっています。

キハ221ナンバー部
 ナンバー部分のアップです。
 錆がかなり酷いです。
 ナンバーの上に、羽幌炭鉱鉄道の文字が入っていたのですが全く分かりません。
 (反対側はちゃんと残っています)

キハ221 旋回窓
 反対側の運転台にはちゃんとガラスが残り旋回窓が残っています。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 20:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

茨城交通湊線へ その4

 終点の阿字ヶ浦駅までやってきました。

阿字ヶ浦駅の給水塔とキハ3710-01
 この駅には蒸気機関車時代の遺構である給水塔が残っています。
 写真のキハ3710-01の左に見えているコンクリート製の構造物がそうです。

阿字ヶ浦駅駅舎
 この駅まで国鉄時代からJRになっても上野発の直通列車が走っていました。
 キハ28・58系5連程度で編成された臨時DC急行のあじかうら号がそうです。
 1980年代まで多くの海水浴客を乗せてやってきていたのですが、車の普及や常磐線のダイヤ構成などの理由から現在ではなくなってしまいました。
 各駅のホームは当時のままなので長編成対応となっています。
 キハ28・58系の5連+茨城交通車の6連が走ったことがありますので、6連までは対応しているのでしょう。

阿字ヶ浦海水浴場への看板
 駅舎を出ると正面に阿字ヶ浦海水浴場への案内看板があります。
 下り坂を下りていくと5分ほどで海に出ます。
 海水浴シーズンは臨時の改札口を設けてお客を捌いていました。

 新・姉崎機関区の茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)のページはこの文字をクリックで飛びます。
茨城交通 | 投稿者 kd55-101 14:17 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]