姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

山形・秋田・青森撮影行 その71

秋田北港駅の様子
 今度は秋田臨海鉄道北線の秋田北港駅にやって来ました。
 正確にはこの位置が秋田北港駅かは何もないので分からないのですが、地図を見ている限りではこの場所ようです。
 既に定期列車が走らなくなっていたため線路はさび付いてしまっていました。
 写真の奥方向が秋田港駅です。

秋田北港駅の様子 2
 こちらは反対側を見た様子です。

秋田北港駅横の風車
 秋田北港駅のすぐ横では風力発電用の大きな風車が回っていました。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その69

秋田港駅看板
 今度は秋田港駅にやってきました。

中古鉄道コンテナ販売中
 中古コンテナの販売をしているようです。
 コンテナ自体を看板に使用していました。
 個人的にはコンテナより貨車が欲しいです。
 置く場所がありませんが…。

秋田港駅構内 1
 駅構内は広々しています。
 貨車が遠くに見えるコンテナ車しか無いので余計そう感じました。
 連休中だからだと思いたいです。

機関区で休む機関車達
 構内の一角には秋田臨海鉄道の機関車が停まっていました。
 検修庫内にはDD13タイプのDD56 1、外には新潟臨海鉄道から来た、DE10タイプのDD65 3がいます。
 どちらも一部しか見えないのが残念でした。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 00:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その68

日本大昭和板紙秋田工場専用線
 約1時間ほど走り、日本大昭和板紙秋田工場専用線までやってきました。
 本当は秋田臨海鉄道南線の向浜駅に向かっていたのですが、行き過ぎてしまいました。

秋田港~向浜間の松林
 この南線秋田港~向浜間は松林の間を抜けている区間もあります。
 でもこの辺りだと撮影は難しそうです。

旧雄物川橋梁
 やはり写真の旧雄物川橋梁が一番の撮影ポイントでしょう。
 行った時は連休中のため、列車が来なくて残念でした。
 ここも再訪したい場所の一つになりました。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 00:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その67

建設中の薬師堂駅待合い室内
 建設中の薬師堂駅の内部を覗いちゃいます。
 この駅も木材をふんだんに使用した構造、これから取り付ける運賃表などが置かれていました。

床のコンクリートは塗ったばっかり
 床のコンクリートは塗ったばっかりです。

薬師堂駅ホームから羽後本荘方向を見る
 ホームの上から羽後本荘方を見立てます。
 少し先で併走する羽越本線の架線が見えました。

薬師堂駅駅名看板
 ホームにある駅名看板です。

薬師堂駅ホームから矢島方向を見る
 今度は矢島方向を見ています。

 この駅の撮影で由利高原鉄道の撮影は終了して、次の目的地に向かいました。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 00:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その66

薬師堂駅駅舎とホーム
 薬師堂駅にやって来ました。
 ここは直前まで国鉄時代からの駅舎を使用していましたが、改築工事の真っ最中でした。

薬師堂駅駅舎
 工事の進み具合は外観に関しては、瓦を載せてしまえば完成に見えました。

薬師堂駅駅舎入口
 駅舎入口側です。
 まだスロープが出来たてでした。

薬師堂駅駅舎ホーム側から
 ホーム側から見た駅舎です。
 久留里線の待合室もこんな駅舎にして欲しかったと思ってしまいました。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 06:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その65

鮎川~子吉間の防雪柵
 子吉駅から少し矢島方向に移動すると線路の横には防雪用の柵が設置されていました。
 駅を挟んで羽後本荘方向にも同様に設置されています。
 冬季の厳しさが感じられる設備でした。

この頃は秋
 この撮影をした頃は秋だったんです。
 既に半年以上前のネタになってしまっています。

防雪林のある子吉駅に停車中のYR-1503
 成長した防雪林はかなり大きくなっています。
 冬に来て防雪林の効果を実体験して見たいような気もします。
 ちなみに子吉駅に停車しているのはYR-1503です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その64

子吉駅に下り列車到着
 子吉駅に下り列車が到着しました。
 残念ながらこの駅での乗降は無しでした。

子吉駅を発車する釣りキチ三平号
 子吉駅を発車した下り列車は、黒沢駅でも撮影した釣りキチ三平号です。
 車両を良く見ると本来の塗装の赤帯部分が分かります。

防雪林の横を進むYR-2001
 防雪林の横を抜けて矢島方向へ走っていきます。

子吉駅から鮎川駅に向かう
 次駅の鮎川駅に向かう列車の後ろ姿。
 羽後本荘駅からこの子吉駅まではほぼ平坦ですが、ここから鮎川駅の間で上り勾配が現れます。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 10:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その63

子吉駅ホーム
 子吉駅のホームの様子です。
 昔からの古いホームのため、最近の電車ホームを見慣れた目にはかなり低いホームに見えました。

子吉駅と防雪林
 駅の向かい側には吹雪対策として防雪林があります。
 周囲は田園のため遮蔽物が無く、かなり吹雪くのではないかと思われました。
 写真の奥が羽後本荘方になっています。

子吉駅から矢島方面を見る
 子吉駅ホームから矢島方向を見た様子です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 03:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その62

 子吉駅続きです。

子吉駅待合室ホーム側ドア
 待合室からホームへ向かうドア付近だけ見れば、古い木造駅舎に見えます。

待合室の外
 待合室からドアを開けて出ても、そこはまだホームではなく別の空間があります。

子吉駅駅名標
 子吉駅の駅名標です。

子吉駅駅舎ホーム側から
 駅舎をホーム側から見るとこんな感じです。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 07:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その61

子吉駅駅舎
 子吉駅までやって来ました。
 写真で見た通りで国鉄時代からの木造駅舎が残っていました。
 実際由利高原鉄道を訪問した時点では、国鉄矢島線時代の駅舎が残っていたのはこの駅だけでした。

子吉駅の建物財産標
 駅舎に取り付けられている建物財産標です。
 大正15年の文字が見えており、国有化以前の横荘鉄道西線時代の建物だと言うことが分かります。
 この年に玉ノ池停留場が子吉駅に昇格しているので、その時に立てられた駅舎なのでしょう。

子吉駅駅舎内の玉ノ池簡易郵便局
 駅舎内に入るとそこは玉ノ池簡易郵便局でした。

子吉駅駅舎内の玉ノ池簡易郵便局 2
 旧駅務室部分を使って簡易郵便局としています。
 切符などの販売はしていませんので、駅としては待合室だけの存在となります。
 この簡易郵便局が入っていることによってこの木造駅舎が建て替えられずに残っているのでしょう。
 しかし、老朽化も進んでいることからいずれ改築されるのでしょうね。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 12:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その60

鮎川駅駅舎
 今度は鮎川駅までやって来ました。
 新しく建て直された駅舎は基本的なスタイルは一緒ですね。
 黒沢駅もそうでしたが、ここもふれあいステーションと名乗っていました。

鮎川駅から矢島方向の様子
 ホームから矢島方向を見ています。

鮎川駅ホーム
 鮎川駅のホームの様子です。

鮎川駅駅名標
 鮎川駅駅名標です。
 この駅には特に魅力を感じなかったので、数カット撮影しただけですぐに移動しています。

 これから都下まで裏の仕事で出掛けます。
 今日中に帰れそうもないので本日は撮影無しになりそうです。

 久留里線撮影オフ会の続きは支区に載せました。
 本区の容量が足らないので、大きな画像を消している最中です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 07:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その59

黒沢駅に到着するYR-2001
 黒沢駅に上り列車がやって来ました。
 やって来た車両は、YR-2001釣りキチ三平号でした。

黒沢駅とYR-2001
 YR-2001が停車している黒沢駅の写真です。
 列車からは子供2人が下車しています。

黒沢駅を発車していったYR-2001
 黒沢駅を発車した列車が遠ざかっていきました。
 名残惜しいですけれど、次の駅に移動です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 07:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その58

 今日はこれから久留里線に撮影に行きます、その前にいつものネタをどうぞ。

黒沢駅ホームからの景色 羽後本荘方
 黒沢駅のホームから羽後本荘方を見ると素晴らしい風景が広がっています。

黒沢駅ホームからの景色 矢島方
 こちらは矢島方を見ています。
 ホームにも花が植えられて美しいです。

黒沢駅駅舎の駅名標
 駅舎に付いている新しい駅名標です。

黒沢駅の正面から
 駅の正面から見た駅全体の様子です。
 この駅はとにかく『素晴らしい』の一言でした。
 先の行程が無ければ1日居たいと思わせるほどの駅です。
 過去色々なローカル線に行きましたが、この駅が一番お気に入りとなりました。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その57

黒沢駅駅舎と松
 次にやって来たのは黒沢駅です。
 駅舎と松が良い感じです。

線路越しの黒沢駅の様子
 こちらは線路越しに見た駅全体の様子です。
 右が羽後本荘方になります。

黒沢駅駅名標
 ホームにある黒沢駅の駅名標。

ホームから見た駅舎
 ホームから見た駅舎です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 03:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その56

前郷駅駅舎内
 前郷駅の中に入ってみました。
 印象は「木」です。
 とにかく木をふんだんに使用した構造です。

前郷駅切符売り場周囲
 切符売り場周りですが、キャンプ場の事務所みたいな雰囲気が感じられます。

前郷駅下りホーム待合室
 駅舎側から矢島方面行きホームの待合室を見ています。
 タブレットとスタフの授受の様子でも撮影しようかと思いましたが、列車の到着までかなり時間があったため、次の場所に向かう事にしました。 

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 08:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その55

前郷駅駅舎
 一駅戻って前郷駅です。
 この駅も近年改築されたので綺麗な駅になっていました。

前郷駅入口
 前郷駅入口です。
 入口上の駅名看板には前郷駅の上にふれあいステーションと書かれています。
 ここは前郷ふれあいステーションという市の施設を併設する形になっており、由利高原鉄道の写真などを展示したりしています。
 もっとも今回はほとんど見ませんでしたが。

通票閉塞機
 この前郷駅と終点の矢島駅の間はタブレット閉塞となっているので、そのための通票閉塞機が置かれていました。
 第三セクターになる前は交換が出来ない駅でしたので、どこからか移設したのでしょう。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その54

築堤をやって来る下り列車
 下り列車がカーブした築堤をやって来ました。
 このまま進んで曲沢駅に到着します。

曲沢駅に停車中の気動車2連
 曲沢駅に停車中の気動車2連です。

次駅へ向かって走り去る列車
 発車した列車は次駅の前郷駅へ向かって田んぼの中を走り去っていきました。
 千葉で撮った場合の、高圧線やら電線やらがすぐに写ってしまうのとは大違いです。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その53

曲沢駅全景
 今度は2駅移動して曲沢駅までやって来ました。
 ここも昔からの駅ではなく後から開設された駅です。

曲沢駅ホームから矢島駅方向を見る
 この駅もホームと待合室だけしかありません。
 奥が矢島駅方向となります。

曲沢駅ホームから羽後本荘駅方向を見る
 こちらは羽後本荘駅の方向を見ています。
 駅を出た線路は左にカーブして川を渡ります。

曲沢駅駅名標
 曲沢駅駅名標です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その52

久保田駅待合室 
 また一駅隣の駅にお邪魔しています。
 この駅は久保田駅、待合室があるだけの簡単な駅です。

久保田駅ホーム
 久保田駅のホームの様子です。
 鉄骨で組まれたホームが昔から存在した駅ではないことを教えてくれます。
 この駅は由利高原鉄道として開業した1985年10月に合わせて開業した駅です。

久保田駅駅名標
 久保田駅駅名標です。
 良く見ると隣の西滝沢駅が「にしたきざわ」になっていますが、本当は「にしたきさわ」なのでした。

久保田駅ホームからの風景 矢島方向
 ホームの上から矢島駅方向を見た景色です。

鉄道コム blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 09:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その51

西滝沢駅全景
 列車が来ない間は駅を訪問しながら移動しています。
 まずは西滝沢駅の全景、駅舎は建て変わっても昔からの樹木も残っており良い雰囲気です。

西滝沢駅駅舎
 まだ新しい駅舎は待合室だけなのですが、和風の造りで木造駅舎風に見えるのでした。

西滝沢駅駅名標
 西滝沢駅の駅名標です。
 ここにもおばこのマークが付けられていました。

西滝沢駅ホームからの様子
 西滝沢駅ホームから見た風景です。
 矢島駅の方向を見たところです。
 
鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 00:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その50

吉沢駅付近の風景
 今度は吉沢駅付近に移動してきました。
 ここも築堤の上を線路が通っており、羽後本荘方で子吉川を鉄橋で渡っています。

子吉川橋梁を渡るYR-2002+YR-1503
 下り列車が子吉川橋梁を渡ります。
 列車に乗車していた時に前郷駅で交換した、YR-2002+YR-1503の編成です。

吉沢駅に向かって築堤を行く
 鉄橋を渡り築堤を吉沢駅に向かって走り去ります。
 手前では稲刈り作業の真っ最中でした。

田んぼを見ながら進む列車
 吉沢駅まで後少しで到着です。
 カーブした築堤の内側は田んぼしか見えません。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 00:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その49

川辺駅周囲の風景
 矢島駅から車に戻って川辺駅近くまでやって来ました。
 ここは線路が築堤の上を走り、その前には田んぼが広がっています。

踏切にあった看板
 撮影場所付近の田中踏切にあった看板です。
 前日左沢線で見た看板にどことなく似ているような、似てないような。

矢島~川辺間を走るYR-1505+YR-1501
 矢島駅で下車したYR-1505+YR-1501が折り返し列車になってやってきました。

<川辺駅に到着する上り列車
 川辺駅に到着直前の上り列車を後追いで撮影しました。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 00:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その48

貫通ドアと運賃箱
 終点の矢島駅に到着して降りる前に運賃箱と貫通ドアを撮影してみました。

矢島駅ホームの様子
 矢島駅のホームの様子です。

矢島駅駅舎内から改札越しに列車を撮影
 矢島駅駅舎内から改札越しに列車を撮影しています。
 いつもなら駅の様子を撮影するのですが、乗車してきた列車の折り返し列車を撮影するため、車に戻り移動しなくてはならないのでこれで終了です。
 
鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 09:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その47

YR-1505シート
 再びYR-1505に乗車して矢島駅まで戻ることにします。
 セミクロスのシート配置の車内のクロス部分のシートです。
 クロスシート部にはすべてのシートにビニール製のカバーが着けられていました。

シートカバーの広告
 シートカバーには広告が入っています。
 
曲沢駅での車窓
 車内から撮影場所をロケハンしていると何カ所も撮影したいと思わせる場所が出てきます。
 ここ曲沢駅の車窓もそのうちの1カ所でした。

前郷駅で上り列車と交換
 前郷駅で上り列車と交換しました。
 この路線には前郷駅にしか交換施設がありません。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 07:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その46

由利高原鉄道ホームからの構内 1
 由利高原鉄道側の構内です。
 架線柱が無いのでスッキリしています。

由利高原鉄道ホームからの構内 2
 左側の大部分は使っていない線路です。

羽後本荘駅駅名標
 由利高原鉄道の駅名標は青いラインを使っていました。

駅舎側から見た由利高原鉄道
 駅舎側から見るとこんな感じに見えます。 

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その45

 羽後本荘駅の構内を少し眺めてみましょう。
 まずはJR側。

羽後本荘駅へ到着する701系
 下り列車の701系が2番線に到着するところです。

羽後本荘駅駅名標
 駅名標です。

羽後本荘駅2番・3番線
 この駅は島式ホームを2本持つ構造で、駅舎側の3線をJRが使用し、残り1線を由利高原鉄道が使用しています。
 3番線から2番線側を見たところ、奥が新潟方面になります。

駅名看板
 ホームの柱に付けられた駅名看板です。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 08:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その44

YR-1505前面 1
 今度は反対側に連結されているYR-1505です。
 こちらの車両の塗装が開業当時に導入されたオリジナルカラーです。
 他の車両は色が変更されているので、この車両だけのカラーとなっています。

YR-1505前面 2
 YR-1505はYR-1501と同じくYR-1500形を名乗っていますが、ライトの位置が違っています。
 この車両は開業時に準備されておらず、1988年にYR-1005として増配備されたためマイナーチェンジされているのでした。

YR-1505のサボ
 YR-1505のサボと車体に書かれたナンバーです。

YR-1501のサボ
 こちらはYR-1501のサボとナンバーです。
 サボは車体色に合わせてあるので、違う区間のサボにする時に使い回しが利きません。
 もっとも由利高原鉄道には区間運転が存在していないので、問題はないようです。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 06:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その43

羽後本荘駅ホームに停車中のYR-1501
 由利高原鉄道のホームに戻って乗車してきた車両を見てみます。
 まずは写真手前のYR-1501です。
 この車両は、矢島線から由利高原鉄道に転換された1985年に新製投入された、YR-1000形4両のうちのトップナンバーYR-1001を更新改造した車両です。

YR-1501前面
 前面の様子です。
 前照灯は前面窓下左右と頭の上に2灯の4灯付いています。

おばこのヘッドマーク
 貫通ドアにはおばこのヘッドマークが固定されて取り付けられていました。 

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その42

羽後本荘駅駅舎
 羽後本荘駅駅舎です。
 駅舎自体はJRと由利高原鉄道は共用となっていました。

羽後本荘駅改札口
 改札口は左に見える自動改札機がJR側、柱を挟んで右側が由利高原鉄道の改札です。
 改札を抜けた構内も共用、切符売り場と改札だけが別になっていました。

羽後本荘駅跨線橋
 羽後本荘駅跨線橋です。
 由利高原鉄道側に行くと細くなっているのは、地方ローカル私鉄の乗り換え通路に良く見られる構造ですね。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その41

前杉沢トンネル内部の様子
 矢島駅を出て次駅の川辺駅との間で前杉沢トンネルに入りました。
 小さく出口の明かりが見えているこのトンネルは由利高原鉄道唯一の物です。

朝靄の田園風景
 車窓には田園風景が広がり、朝もやのため幻想的に見えました。
 川と絡みながら列車は進んでいきます。

運転席に置かれたスタフ
 この鉄道はタブレット閉塞の区間とスタフ閉塞の区間があります。
 運転台の上にスタフが置かれていました。

田んぼの間を抜ける線路
 曲沢駅の手前は田んぼの中を真っ直ぐ抜けています。
 乗車していて感心したのは、窓ガラスが綺麗なことでした。
 景色が良くても窓ガラスが汚いと台無しですからね。

羽越本線をやって来た4060列車のEF81 503
 薬師堂駅を出ると終点の羽後本荘駅まで羽越本線と平行して三線区間となりました。
 ちょうど羽越本線を4060列車がやって来たので撮影しました。
 牽引機はEF81 503、この旅行3回目のEF81との遭遇なのですが、偶然全部が500番台機で、501、502、503と順番に現れ、500番台機全部撮影出来ました。
 こんな事もあるんですね。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その40

YR-1505車内
 ロケハンを兼ねて由利高原鉄道に乗り込みます。
 写真はYR-1505の車内です。

YR-1505料金箱
 ローカル路線なのでワンマン運転となっており、車内に運賃箱があります。
 それを考えると車掌が乗っている小湊鐵道は凄いのです。

YR-1505運転席後部のドア
 運転席後部の様子です。
 そうこうしている内に出発の時間となりました。
 どんな景色が展開するか楽しみです。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その39

矢島駅構内
 矢島駅の前の道路から構内を見ていますが、道路が坂道のため、全体を入れようとすると線路より低い位置になってしまいました。

矢島駅ホームに停車中の始発列車
 ホームに停車中の始発列車の様子です。
 車両はYR-1505、後ろはYR-1501でした。

釣りキチ三平塗装のYR-2001
 車庫の隙間から釣りキチ三平号のYR-2001が覗いていました。
 沿線で実写版映画のロケをしたため、その縁からこのラッピング車両が走っています。
 この漫画私が小学生に上がった頃から高校生の途中までやっていたのですから、結構古く懐かしいです。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 05:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その38

車止めから見た矢島駅構内
 車止めから見た矢島駅構内です。
 始発列車になる気動車2連がホームに停車しているのが見えます。

車庫内の気動車
 矢島駅の構内には併設された車両基地があり、車庫内の気動車もエンジンが始動しました。
 2番列車以降の運用に順次付いていくのです。

腕木信号旗の立つ矢島駅構内
 車庫の近くには使われなくなった腕木信号機が立っています。
 腕木信号機の向こう側に先ほど見た気動車2連も見えています。 

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 07:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

山形・秋田・青森撮影行 その37

 2009年9月20日の朝は、夜の国道を走って早朝の矢島駅前にやって来ました。
 この日の撮影は由利高原鉄道からスタートしています。

矢島駅旧駅舎
 大変です、矢島駅に軽自動車が突っ込みました。

矢島駅旧駅舎全景
 実際にはそんな事故ではなく、軒先を駐車場代わりに使用しているだけで、国鉄矢島線の羽後矢島駅として長く使われてきた、旧駅舎です。
 撮影した時点より9年ほど前に、隣の新駅舎に移転して役目を終えています。

矢島駅駅舎
 こちらがかなり立派な新駅舎です。

矢島駅駅舎全景
 駅舎が大きいのでかなり後方に下がってやっと全体が入りました。
 この駅前には丸ポストもあったので、そちらも撮影して姉崎機関区の裏側に少しだけ載せてあります。

鉄道コム blogram投票ボタン
 青森・秋田・岩手 | 投稿者 kd55-101 08:47 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]