姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

新木曽路・伊那路撮影行 その42

須原駅駅舎
 今度は須原駅にやってきました。
 ここも木造の駅舎を持った駅です。

須原駅駅舎入口
 駅舎入口です。
 中を覗いてみることに。

須原駅切符売り場周り
 切符売り場周りです。
 この駅は簡易委託駅となっており、切符は7時~12時半の間しか販売していません。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その41

 本日はこれから銚子電鉄に向かうので早起きです。
 銚子の後は、佐原でボンネットバスに乗ってきますよ。
 それでは本題の新木曽路・伊那路撮影行です。

 上松駅で貨物列車を撮影することにして、やって来るまで他の列車を撮影していました。
 何分にも貨物列車の途中時刻が正確に分からないので、待つしかなかったのです。

上松駅を通過する1017Mワイドビューしなの17号
 1017Mワイドビューしなの17号が車体をくねらせながら駆け抜けていきました。

上松駅を発車する1835M
 上松駅始発の1835Mが発車しました。
 松本駅まで行く列車です。

上松駅を通過する81列車のEF64 61
 やっと71列車がやってきました。
 編成は、EF64 61+EF64 63+コキ50151+コキ52653+コキ52632+コキ53296+コキ50891+コキ52370+コキ52118+コキ52311+コキ51864+コキ53262+コキ50311+他です。

 中央西線の貨物列車撮影も目的の一つだったのに、脱線している時間が長くて、結局2本しか撮影していないのでした。
 こちらもまた来ないといけないようです。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 04:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その40

上松駅駅舎
 上松駅も少しだけ見てきました。

上松駅の正面
 上松駅正面です。
 次の貨物列車をどこで撮影するかを考えながら歩いていたので、駅の写真はこれだけしかありません。

上松駅構内
 森林鉄道が健在だった頃は、材木の搬出で賑わったのでしょうが、今は少し広い構内が寂しく残るだけです。

blogram投票ボタン 姉崎機関区の裏側 姉崎機関区Yahoo支区
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その20

 今度は木曽福島に移動し、町中を散歩した足で、木曽福島駅までやって来ました。

木曽福島駅駅舎
 過去に機関区を持っていた木曽福島駅は、観光地を控えている事もあって大きく立派な駅舎でした。

木曽福島駅脇のD51 775
 駅の隣接地にある駐車場の一角にはD51が保存されています。

木曽福島駅脇のD51 775 正面から
 前にも横にも車が駐車しているため撮りづらい状態のこの機関車は、木曽福島区で最後を迎えたD51 775です。
 1973年8月26日に中央本(西)線で運転されたSLさよなら列車を牽引した蒸気機関車なのでした。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その19

 再び宮ノ越駅の紹介です。

宮ノ越駅入口
 宮ノ越駅入口です。

宮ノ越駅の元切符販売窓口
 宮ノ越駅の元切符売り場です。
 駅舎の中も奈良井駅とほとんど同構造に見えました。

切符売り場アップ
 切符売り場のアップです。
 使い込まれたこの場所も無人駅となってしまい、使われなくなっていました。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その18

 次に来る貨物列車の撮影は宮ノ越駅で行うことにしました。

宮ノ越駅にやって来た3084列車
 塩尻方のカーブを抜けて、宮ノ越駅に3084列車がやって来ました。
 中央本(西)線の貨物列車撮影で、初めて原色機が先頭です。

3084列車の先頭はEF64 34
 重連貨物の3084列車の先頭に立つ機関車はEF64 34でした。
 この列車は南松本駅からの返空タキを牽引してきます。

宮ノ越駅の3084列車のEF64 34
 初めての原色EF64なのでしつこく載せておきましょう。
 (過去に撮ったことを忘れている可能性もあります、ED77も撮影していたのに完全に忘れていたし…)
 この3084列車の編成は、EF64 34+EF64 59+タキ1000-142緑タキ1000-73緑タキ1000-14緑タキ1000-11緑タキ1000-185緑タキ1000-684緑タキ1000-328緑タキ1000-689緑タキ1000-332緑タキ1000-320緑タキ1000-338緑タキ1000-327緑タキ1000-347緑タキ1000-?緑でした。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その17

宮ノ越駅ホームの様子
 次にやってきたのは宮ノ越駅です。
 島式ホームの上の様子を撮影しています。
 ホーム上に見えて待合室は建物資産票を見ると1943年と戦時中に建てられたことになっていました。

宮ノ越駅停車中の824M
 松本行きの829Mが停車中です。
 4分程度遅れが生じていました。

宮ノ越駅駅舎
 宮ノ越駅の駅舎です。
 奈良井駅の先に中央東線が延伸した時に開設されており、造りも似ています。
 当駅から木曽福島方面が中央本線の最後の開通区間にあたり、それまではこの駅が東京側からの中央東線終着駅でした。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 00:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その16

奈良井宿のC12 199
 奈良井宿を散歩しながら木曽福島方面に向かうと駐車場が在ります。
 ここの一角には蒸気機関車のC12 199が保存されています。
 前回来た時に存在に気が付いていたのですが、雨が降っていたのと手前の駐車スペースまで満車だったため撮影しなかったので今回撮影しておきました。
 最後は木曽福島機関区に所属して活躍した機関車のようです。

奈良井宿のC12 199 別角度
 別角度からの撮影です。
 この日は駐車場が空いていて撮りやすかったのです。
 この後も辺りを散策しています。

走り去るワイドビューしなの
 駅から塩尻側に少し歩いてやって来たワイドビューしなのを撮影しました。
 この辺りで貨物列車を撮影するべくロケハンをしながら時間調整していたのです。
 でも肝心な貨物列車は運休でした。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 00:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その15

奈良井駅入口
 奈良井駅の入口です。
 古い木造の駅舎で観光地の中山道奈良井宿の最寄り駅なので、手入れも行き届いているようでした。

奈良井駅切符売り場
 駅舎内の切符売り場の様子です。
 簡易委託駅になっているようでした。

奈良井駅は100周年
 ちょうど今年が奈良井駅が開設されてから100周年だそうです。
 1909年12月1日に中央東線(当時)が塩尻からこの駅まで延びた時の開業です。
 これからも大切に使っていただきたい駅舎だと思います。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 00:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

新木曽路・伊那路撮影行 その14

 本日は葬式やら仕事がごちゃごちゃやらで鉄道写真を撮り損ねてしまいました。
 そんな訳でほったらかしの新木曽路・伊那路撮影行ネタを上げておきます。

奈良井駅駅舎
 塩尻駅に寄った後、中央西線に沿って撮影場所を探していたのですが、なかなか見つからずに奈良井駅まで来てしまいました。
 折角だからと珍しく奈良井宿の見物なんかもしています。

奈良井駅に停車中の313系
 奈良井駅に松本行きの電車がやってきました。
 2連なので313系3000番台の様ですね。
 この駅は山間にある駅という感じがしで、雰囲気が良いです。

313系前面部分
 313系の前部です。
 この車両の顔のデザインはキハ82とか153系の顔を彷彿させるのでなんとなく好きなのです。
 東日本の電車が正面が平らな車両ばっかり増えてしまったので、よけいに感じるのかもしれません。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 20:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その10

坂下駅にやって来た1018M
 撮影場所を探しているとトンネルを抜けてワイドビューしなの18号がやって来ました。
 夕方になり高速の列車にはシャッター速度が追いつかなくなっています。

坂下駅を発車する1837M
 2両編成の1837Mが坂下駅を出発していきます。
 5875列車は1837Mを待っていたのでした。

坂下駅を発車する5875列車のEF64 76+EF64 59
 1837Mの通過後、やっと5875列車が発車しました。
 この日の撮影はこれを最後にして引き上げています。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 00:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その9

 坂下駅手前で目の前を貨物列車が通過していきましたが、かなりスピードを落としていました。
 これは駅に停車する=列車待避で長時間停車では無いかと思い、急いで駅に行ってみます。

坂下駅の5875列車のEF64 76+EF64 59
 坂下駅の中線に貨物列車が停車していますので、列車待避なのは間違いなさそうです。
 列車は5875列車だと思われ、EF64 76+EF64 59+タキでした。

坂下駅駅舎
 坂下駅駅舎です。
 5875列車の出発時間は分かりませんが、駅の近くで撮影できる場所を探してみます。

坂下駅付近の新旧トンネル
 駅の塩尻方に行ってみると新旧のトンネルが並んで口を開けていました。
 中央本線は開通が早く、その後の改良による線路付け替えが多かったので、あちこちで旧線の跡を見ることが出来ます。
 昔から旧線があると気になる質なので、あちこちで見ることが出来る中央本線は好きな路線なのでした。
 地元の内房線だと、南無谷トンネルくらいしか付け替え区間が無いので、そういう点ではつまらないのです。
 このトンネルどこに続いているんだろう…。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 01:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その8

中津川駅を発車した1017M
 今度は中津川駅にやってきました。
 ちょうど駅を発車した1017Mワイドビューしなの17号を撮影しています。

 この撮影後は中津川駅の裏側に抜け、以前存在した北恵那鉄道の中津町駅付近の探索をおこないました。
 この辺の話は後でまとめてアップします。

中津川駅駅舎
 再び中津川駅の前に出て駅舎を撮影です。
 鉄筋コンクリート製の直線で構成された駅舎でした。

中津川駅の改札口付近
 中津川駅まで来ると自動改札機もあるので、だいぶ都市に近づいた感がありました。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その7

落合川駅構内の様子
 撮影場所から落合川駅は近いので駅を覗きに行きます。
 駅手前にある踏切から見た落合川駅を撮影してみました。
 ホームの幅があまりないように見えています。

落合川駅入り口
 落合川駅入り口です。
 この駅は無人駅で駅舎はありません。
 待合室だけが道路に面してあり、そのままホームへ続く階段に繋がっていました。

落合川駅ホーム
 跨線橋を通ってホームに出てみると、やはり外から見た通りで幅がありません。
 待合室はホーム上に置けないので外にあるのでしょう。
 高速の列車が通過するだけに危険な駅とも言えます。

落合川駅を通過した81列車
 車に戻ると81列車と思われるコンテナ列車が通過していきました。
 予想より早かったため撮影失敗です。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その6

 倉本駅の撮影後は、道の駅賤母に寄って昼食タイムにしています。
 食事後は落合川~坂下間で撮影場所を探しました。

落合川~坂下間の1013M
 うまい具合に撮影場所が見つかり、雨の中列車が来るのを待っていると、ワイドビューしなの13号がやって来ました。
 この場所は上下線で若干の高低差が存在しています。

落合川~坂下間の857M
 今度は普通列車の857Mが211系でやって来ました。
 この場所でも貨物列車を待っていたのですが、結局来なかったので、次の場所へ移動です。

坂下~落合川間の1014M
 同じく駅間の落合川駅付近までやって来ました。
 ここには有名な橋が撮影ポイントとなっており、やって来たワイドビューしなの14号を撮影しました。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 07:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その5

 再び倉本駅に戻り、ここで次の貨物列車である3084列車を待つことにしました。

倉本駅のワイドビューしなの8号
 3084列車を待つ間に来たワイドビューしなの8号です。
 この駅の塩尻側は複線区間なので、駅まではかなり速いペースでやって来ますが、この駅を過ぎると単線区間になるため、一気に減速します。
 しかし、反対方面の列車は、減速がないために高速で抜けていきます。
 前々回にも書きましたが、高速でカーブを抜けてくるため、気が付いた時には目の前に列車が来るため、2本のしなのの撮影に失敗しています。

倉本駅の3084列車のEF64 51+EF64 70
 3084列車が倉本駅に来ました。
 EF64 51+EF64 70+タキの編成です。

複線区間から単線区間へ
 駅を過ぎるて単線区間に入っていきました。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 09:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その4

 倉本駅から6883列車を追って国道を走ること約28キロで、藪原駅の中線に停車している列車を確認しました。
 ここで後続の旅客列車を待避するようなので、列車に先行することが出来ます。

藪原~奈良井間のワイドビューしなの5号
 一駅先の奈良井駅手前で撮影できる場所を見つけ、この場所で6883列車を待ちます。
 待っている間に、ワイドビューしなの5号が駆け抜けていきました。

藪原~奈良井間の6883列車のEF64 68
 特急の通過後しばらくしてから6883列車がやって来ました。
 しなのの後だけにゆっくりに感じます。

藪原~奈良井間のEF64 68
 重連先頭の機関車はEF64 68です。

 この場所は中山道の宿場町である、奈良井宿のすぐ近くでしたが、観光は省略です。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 08:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その3

倉本駅の案内看板
 反対ホームへ渡る答えはこの看板に書いてありました。
 駅舎まで上がってきた坂を下り、線路の下を通っている道路のトンネルをくくって、反対側に抜けると、反対ホームに向かう通路があるのです。
 元々は構内踏切が存在したのですが、電化して列車が高速となり、駅の先がカーブして見通しが悪いため、構内踏切では危ないので廃止したと思われます。
 特急しなのが来ると、カーブを高速で曲がってくるので、あっと言う間に駅を通過していきますので、構内踏切だと本当に危ないのです。
 跨線橋を造るだけの乗客もいないと言うことで、近くのトンネルを利用したのでしょう。

倉本駅の駅名標
 倉本駅の駅名標です。
 駅の向こうは田んぼ、逆側は道路を挟んで川になっています。

倉本駅の1824M
 倉本駅に1824Mがやって来ました。
 313系で良かったかな?
 雨は変わらずに降っていますが、この駅には倉庫のひさしがあり、そこからなら傘をささずに撮影が出来たのでした。

倉本駅を通過していった6883列車
 この駅では6883列車を撮影するつもりでしたが、初めての撮影場所のため列車の通過時刻が分かりません。
 トイレに入って出てくると、ホームでカメラを構えている人がいます。
 急いで車にカメラを撮りに行ったのですが、時すでに遅く駅を通過していきました。
 とりあえず通過していった貨物列車を撮影し、貨物時刻表を見るとと途中駅で旅客列車の待避がありそうなので、どこかで先行出来そうと判断、塩尻方向に車を発進させました。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その2

 しばらく仕事が忙しいため、蘇我駅の貨物列車チェックを中断しています。
 9月になれば落ち着く予定なので、それまでは我慢です。
 もっともカメラはいつも持っているので、突発チェックはあるでしょう。

 それでは本題です。

 贄川~木曽平沢間の撮影後はどこで撮影するかに迷いました。
 天気予報を信じたため、雨を想定した装備ではなかったため、考えていた撮影場所だと撮影になりません。
 とりあえず、中津川方面に向かい車を走らせました。

下から見た倉本駅
 線路に並行する国道を車を走らせていると、倉本駅が見えてきました。
 何となく寄ってみたくなったので、車を停めます。
 この辺りは線路が道路より一段高い場所にあるため、駅も高い位置にあり、写真のように細い道を上がっていきます。

倉本駅駅舎
 坂を上がると木造の駅舎がありました。
 現在は無人駅となっています。

駅構内の様子
 駅構内の様子です。
 写真は塩尻方向を見た形となっています。
 私が撮影しているのは、駅舎の横にある1番線ホームなのですが、反対側に写っている2番線ホームには駅舎から直接行けないのです。
 この駅構内には跨線橋も無く、地下通路も無く、構内踏切も無いのでした。
 反対ホームに行く方法は次回です。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 05:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

木曽路・伊那路撮影行 その1

 6月5日からの休みを利用して、鉄道撮影旅行に出掛けていました。
 初日の目的は中央本(西)線の貨物列車撮影です。
 天気予報ではこの日は曇りだったのですが、最初の撮影場所に選んだ木曽平沢駅付近に着いた頃には雨が降り出してきました。
 当初は始発電車から撮っていこうかと思っていましたが、貨物列車が来るまで仮眠タイムとしました。

贄川~木曽平沢間の3088列車のEF64重連
 3088列車が来る時間になっても雨は止まず、濡れた草を掻き分けて線路脇の土手に上がります。
 レンズの選択を間違えたのですが、傘を差していたために取り換えられず、そのまま撮影となってしまい、編成が全部入らなかったのでした。

贄川~木曽平沢間の3088列車のEF64 77+他
 やって来た機関車はEF64 77号機を先頭にした重連です。
 更新色同士の重連でした。

贄川~木曽平沢間を行く3088列車後追い
 名古屋方面と長野県を結ぶ貨物列車なので、千葉では見られないタキで組まれていると思って車番を見ていると、見た車番が多くて意外でした。
 浜五井駅常備の車両が結構入っていました。
 最後尾はタキ1000-815です。
中央本線(西線) | 投稿者 kd55-101 07:55 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]