姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

新潟交通 月潟~六分間

 次の目的地へ移動するために、六分駅の方に戻りました。
 戻る途中にガーター橋が残っていたのでこちらの様子も紹介します。

月潟~六分間に残るガーター橋 その1

月潟~六分間に残るガーター橋 その2
 今回の新潟交通の跡の探索は、ついでに寄った形となってしまったのでじっくり見ていません。
 ちゃんと見れば他の痕跡が見つかるのでしょう。

 この後は一気に高速道路を使用しての移動となりました。
新潟交通 | 投稿者 kd55-101 04:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟交通 月潟駅跡④

 月潟駅の施設と車両の保存は、地元のボランティア団体である「かぼちゃ電車保存会」が行っているようです。
 お陰で駅も車両もきれいな状態で残されておりうれしい限りです。

 今回の写真は駅の様子の紹介です。
月潟駅の様子
 駅のホームから駅舎側の様子。

月潟駅駅長室の看板
 駅長室の看板。
 右書きの文字が歴史を感じさせます。

月潟駅の駅名標
 月潟駅の駅名標。

 他にも色々看板やらヘッドマークやら見ていて楽しい物がありましたが、全部は紹介し切れません。
新潟交通 | 投稿者 kd55-101 20:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟交通 月潟駅跡③

 残る1両の保存車両は、雪掻車のキ100形のキ116ラッセル車です。
 このキ116は、1968年に国鉄から譲り受けてから廃線時までの25年間、新潟交通に籍を置いていました。
 製造は1932年の国鉄大宮工場製なのでかなりの歴史を刻んでいます。
 新潟交通では、モワ51と総括制御ができるように改造されていました。
月潟駅のキ116
 私にはこの黒い固まりの無骨さが格好良く思えます。

月潟駅のキ116の前面窓アップ
 前面窓部分だけ見ても、今の車両のようなスマートさとはほど遠いですね。

 私は暖かい地方の人間なので雪掻車には縁がなく、こうして間近で見られる状態での保存はうれしいですね。
新潟交通 | 投稿者 kd55-101 21:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟交通 月潟駅跡②

 もう1両はモワ50形のモワ51です。
 この車両もモハ11と一緒の1933年の開業時に電動貨車として用意された車両です。
 日車東京支店製で、モハ11形と下回りはほとんど同じであり、歯車比を変更している程度で、外観は基本的には同タイプですが、長さが11メートルとモハ11の原型の13メートルよりは短くなっていました。
新潟交通モワ51
 この車両は車体更新をされていませんので、モハ11の原型を想像できるのではないでしょうか。

 またこの車両は電動貨車としての使命の他、貨車の牽引などの役目も持って活躍していました。
 1982年の貨物輸送廃止の後は、工事列車や、ラッセル車の推進用として使用され、全線廃止まで在籍していたのです。

モワ51の貨物室の扉
 モワ51の貨物室の扉部分です。
 貨物用だけに扉は両開きで開口部は大きく取られています。
 木造のドアの車両も今では貴重な部類に入ります。
新潟交通 | 投稿者 kd55-101 21:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟交通 月潟駅跡①

 月形駅跡へやってきました。
 この駅には駅の施設とともに車両が3両保存され、現役当時を偲べるようになっています。
月潟駅のモハ11 その1
 そのうちの1両が写真のモハ10形のモハ11です。

 このモハ11の経歴は、1933年の開業にあたって、日車東京支店で製作された半鋼製電車です。
 この車両の足回りや電装品を活かす形で、日本車輌で車体を新製して載せ替えています。
 載せ替えた車体は、日本車輛が地方私鉄向けに開発した、17m級2扉、両運転台式の半鋼製車体で日車標準車体と言われているものです。側面客室窓は、上段固定でHゴム支持の「バス窓」タイプになっています。

月潟駅のモハ11 その2
 他の鉄道に導入された日車標準車体を持った車両は、岳南鉄道と松本電鉄で走っていましたが、どちらも東急5000系と交替していたので、新潟交通で走っていたのが最後だったと記憶しています。
新潟交通 | 投稿者 kd55-101 22:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟交通 六分駅跡

 蒲原鉄道の廃線跡を巡った跡にやってきたのは、新潟交通の六分駅跡です。

 この駅が廃止になったのは、新潟交通の燕~月潟間が廃止となった1993年の夏でした。
 この廃止によって、新潟交通は他の鉄道線と接点のない路線となり、さらに6年後に残った部分まで廃止となったのです。
 この駅には1993年の燕~月潟間が廃止になる前に来ていたのですが、宅地が造成されていて、どうなっていたのかが思い出せませんでした。

六分駅の駅名標?
 六分駅の駅名標があったのですが、本来の駅とずれている気がしてます。気のせいかな?

平行する土手からの六分駅跡
 写真は土手から六分駅のあった場所を見ています。
 駅名標がある場所は写真の真ん中、私のイメージの中では、線路は左下を平行する道路の位置だったような気がしています。
新潟交通 | 投稿者 kd55-101 21:22 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]