姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

和倉温泉に行った時の小ネタ その8

 能登中島駅の後の行程は、七尾の食祭市場に寄って土産を買って、再び和倉温泉の宿に戻ります。
 実はこの日は和倉温泉の冬の花火大会とになっていました。本当は前日だったのですが、強風のため順延となっていたのです。
 ベストポイントというわけではないですが、宿からも花火を見ることが出来ました。
 でも、雪がちらほら舞う中ではやはり寒いので、最初と最後だけ見て寝転がっていました。

 日が変わって1月9日になり千葉に戻ることにします。
 時刻表を見て帰りの行程を考えた結果、米原経由できたので、帰りは北越急行経由としました。その途中、富山に寄って昼食タイムです。
 時刻表を検討した結果、帰りの列車一番手は和倉温泉発のサンダーバード20号と決定しました。
 和倉温泉から津幡駅まで乗車することになります。

 和倉温泉駅で乗車券と富山までの特急券を購入。
 駅に早く来てしまったので、時間が余っています。
 サンダーバードの出発前にのと鉄道の列車が和倉温泉駅で交換するので、それを撮影したりしながら時間を潰していました。
和倉温泉駅でのNT200形の交換
 のと鉄道NT200形の交換風景。

 そのうちサンダーバードが入線してきました。
 普段の3両ではなく6両編成での入線です。
和倉温泉駅のサンダーバード20号
 このサンダーバード20号は、七尾線の起点駅である津幡駅に停車する数少ない特急です。七尾線からの他の特急は停車しないので、富山方面に向かう時は津幡~金沢間を余計に乗ることになります。

 1時間弱の乗車で津幡駅に到着。サンダーバード20号はすぐには発車せず、富山方面からの特急を通過後に出発していきます。
 ここからはやはり数少ない津幡駅に停車する特急である北越3号に乗ることになっています。
 10分程度の待ち合わせ時間でしたが、北越の前にも特急は通過していき、北陸本線の特急街道ぶりを実感します。

津幡駅に到着する北越
 北越3号が到着しました。
 この特急は485系を使用しています。さすがに681系・683系を載った後なのでアコモ改造しているとはいえ古さを感じました。
 この列車で富山まで行きます。
のと鉄道 | 投稿者 kd55-101 11:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

和倉温泉に行った時の小ネタ その7

 能登中島駅には他にも保存されている車両がありました。
 それは2002年まで走っていた、急行「のと恋路号」に使用されていたNT800形です。
 こちらは前面パノラマウインドウの2両編成として、のと鉄道開業時に準備された車両でした。
 基本的な駆動系関係はNT100形と一緒です。 
能登中島駅NT800形
 能登中島駅に保存されている、NT800形。

 保存車両が置かれている能登中島駅も昔からの駅舎を使用していました。
能登中島駅駅舎
 写真は能登中島駅の駅舎です。

能登中島駅の軌道モーターカー(ロータリー装置付)
 保存車の他にも能登中島駅にはモーターカー(ロータリー装置付)が留置されていました。
 写真の側はロータリー装置が付いていない側の写真で、ラッセル装置付です。
 この時点では今シーズンの活躍はなかったのではないかと思われました。
 なぜなら雪が全然積もっていなかったからです。
 今年は異常なほどに雪が降っていません。
のと鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

和倉温泉に行った時の小ネタ その6

 穴水駅を後にした私達は和倉温泉に再び戻るつもりで車を走らせました。
 のと鉄道沿いの国道を走っていると、青い車両が目に留まりました。
 見た瞬間、郵便車が保存されている場所があったことを思い出し、急遽寄り道です。

 青い列車があったのはのと鉄道の能登中島駅です。
能登中島駅のオユ10 2565
 ここに保存されている車両は、数少ない鉄道郵便車です。
 駅に案内板がありましたので全文を紹介しておきます。

 鉄道郵便車「オユ10 2565」
 オユ10形式は、旧郵政省が所有していた全室郵便車で一般客車の軽量構造化に伴って製造された我が国最初の軽量郵便車で、主に幹線区に使用されました。
 車内は郵袋室と区分作業室を持つ特殊な構造で、郵便物を納める郵袋を600個積むことが出来ます。
 また、郵便物を運ぶだけでなく走行中には区分をし、駅では郵袋の積み降ろしを行いました。
 ここで保存されている車両は昭和44年に製造され、東京~北海道間で郵便輸送に活躍しましたが、昭和61年鉄道郵便の全面廃止に伴い廃車となりました。
 廃車後は、能登線甲駅(穴水町)で保存されましたが、老朽化が激しく、処分間際の平成10年にボランティア団体「ふるさと鉄道保存協会」がのと鉄道様より譲渡を受け、保存活動を開始し、平成16年11月16日未明に能登中島駅に移転してきました。
 ここに鉄道郵便車を保存活用することにより、長年の郵便輸送に対する功績をたたえ、また鉄道郵便局職員の労苦に報いるものであります。
 ~鉄郵魂は、永遠に不滅なり~

 道路が整備されていない時代から、郵便と鉄道は密接な関係にありました。道路が整備されトラックの方が効率よくなったのと、国鉄改革により郵便の鉄道輸送を利用した運送は全廃となったのでした。
 一部は違いますが、郵便番号の三桁目が9の郵便局は鉄道郵便車の車内で区分されて最寄り駅で授受していたのでした。

オユ10窓部郵便表示
 郵便の表示も荷物の表示とともにすっかり過去の物となってしまいました。

能登中島駅駅名標
 郵便車の保存されている能登中島駅の駅名標です。
のと鉄道 | 投稿者 kd55-101 22:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

和倉温泉に行った時の小ネタ その5

 穴水駅前までやってきました。
 この駅はのと鉄道が出来たときに『のと穴水駅』に改称されましたが、現在は元の『穴水駅』に戻っています。
のと鉄道穴水駅駅舎
 駅の近くにのと鉄道の本社もありました。

穴水駅に残るNT100形
 構内を覗くと奥の方に以前の主力だったNT100形が見えます。
 NT100形はお座敷車両に改造されたNT127「やすらぎ」を除いて全車廃車となっており、14両がミャンマー国鉄に寄贈されています。
 ここに残っているNT100形は「やすらぎ」の部品取り用に残された物だそうです。

穴水駅で出発待ちのNT211
 駅舎前のホームには、現在の主力であるNT200形のNT211が停車していました。
 こちらのNT200形は能登線が廃止になった時に4両が配置されて主力となりました。
 写真のNT211はその後に3両贈備された2次車の1両です。
のと鉄道 | 投稿者 kd55-101 20:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

和倉温泉に行った時の小ネタ その4

 輪島駅近くの寿司屋で昼食を食べた後、再びドライブを再開します。
 能登半島は東京都とほぼ近い面積があるため、隅から隅へ回っている時間はないのでここからは穴水に向かいました。
 輪島から穴水へのルートは、廃止となったのと鉄道七尾線のルート沿いとなっています。

 市街地を抜けると国道に廃線跡が併走するようになります。
 2001年の廃止なので、まだはっきりと路盤が確認できます。
 もっとも七尾線自体は、現存している部分を含めてすべてがJR西日本の施設となっており、のと鉄道は線路を借りて運営していたので、ここはJRの廃線区間でもあります。

 そのまま穴水駅へ行ってもつまらないので、こちらも廃線となってしまったのと鉄道の能登線を見にルート変更です。
 ちなみに助手席の先輩はどこに向かっているのかは言わずに勝手にルート変更しています。

 能登線に着いてみると、こちらはまだ線路が残っているところもあります。2005年に廃止となってからすべての撤去はまだ完了していないようです。
 能登線は国鉄能登線から転換した、のと鉄道の自前の線路でした。
 そのまま能登線跡に沿ってドライブを続け、穴水駅に到着しました。

 穴水駅ではまずは線路の終端部へ行ってみます。
穴水駅線路終端
 線路の終端は、駅構内から500m以上続いています。
 ここまで先まで残す必要があったのかと思うほど長いです。

線路終端からの穴水駅
 線路終端から駅を見る。結構遠くに見える。

 線路終端には車止めが設けられており、その先は川となっています。
廃線区間の橋梁
 川には、能登線の橋梁は残っていますが、七尾選側は撤去されていました。
 能登線と七尾線は穴水駅で線路は別になりますが、700mほど平行してから分かれており、この橋を越えた後から。分かれていたのです。
 この先も歩きたいところですが、また次回来た時に取って置くことにします。
のと鉄道 | 投稿者 kd55-101 21:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

和倉温泉に行った時の小ネタ その3

 2日目はレンタカーを借りてドライブをすることになりました。
 とりあえず昨日通った羽咋に行ってみることになり、車を走らせます。
 羽咋はUFO神話の町として売り出しており、何かあるかと思っての行動です。

 お約束で羽咋駅へ寄ってみます。
 北陸鉄道能登線は駅舎の反対側から出ていたはずですが、今回はじっくり観察せずにすぐ移動しました。
 駅前の照明灯の形もUFOを模したものがあり、町を挙げて売り出し中です。

 駅の近くに、コスモアイル羽咋という施設があります。
 UFOの町なのでそう言うモノをメインに展示している施設かと思いきや、立派な宇宙科学博物館となっており、本物の宇宙船など貴重な物も展示されていました。
 UFO関係はおまけ程度の展示となっています。

 北陸鉄道能登線がどこまで延びていたのか忘れていたので、寄り道することもなく、海岸線を辿って輪島方面に向かうことにしました。
 途中、巌門という場所に立ち寄って冬の海を眺めたりしています。

 家に戻った後で北陸鉄道能登線について調べると、廃線跡はサイクリングロードに転用されており、鉄道の終点からサイクリングロードは更に延長され巌門まで延びているとのことでした。
 そうなのです、巌門までのドライブルートは北陸鉄道能登線の廃線跡と平行していたのです。ちょっと事前の勉強が足らなかったようです。

 さて輪島の市内に着きました。輪島は朝市で有名ですが、到着したのが昼前なので、後片付けをしている最中でした。
 市内を少し散策しながら、昼食を食べる場所と輪島駅の跡を探します。
 輪島には20年ほど前に来たことがあり、国鉄の末期かJRになった頃の輪島駅に寄った気がします。
 その時は朝市の場所から近かった気がしていたのですが、実際の場所はちょっと離れていました。記憶なんていい加減な物です。

 輪島駅の跡は道の駅として整備され、立派な建物が建っていました。
 その建物と隣の建物の間に、輪島駅のホームの一部が残されていました。

旧のと鉄道輪島駅ホーム
 駅名標も残されており現役時代からあった、隣り駅のシベリア表示も健在です。
 この場所は記念撮影のスポットとなっているようで、記念撮影用に三脚まで準備されています。
 線路の先は壁になっており、壁にはのと鉄道の写真が貼られています。
 角度によっては駅に列車が来るようにも見えるようになっているのです。
 
旧のと鉄道輪島駅ホーム壁の裏側
 その壁の裏側に回ってみると、そこには踏切警報機やら連結器や腕木信号機が放置されていました。
 何か目的があってここに運ばれたのか分かりませんが、この状態ではもったいないです。
 いらないならもらって帰ろうかと思ったけど、電車には載せられませんので諦めました。

旧輪島駅に放置の腕木信号機
 放置された機器が今後何かに利用されることを期待です。

 この後は近くの寿司屋に行き、昼食を食べました。
のと鉄道 | 投稿者 kd55-101 10:15 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]