姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

2008年富山撮影旅行 その24

山を下りてくるトロッコ列車
 川沿いの駐車場に止めていた車に向かう途中、立山カルデラ砂防博物館の横を抜けると、丁度トロッコ列車が山から下りてきたので、今年も昨年と同じ場所で撮影しました。

千寿ヶ原の構内に向かう列車
 最後のスイッチバックで向きを変え、機関車を先頭にして千寿ヶ原の構内に向かっていきます。

トロッコ展示ゾーンのKATO君
 トロッコ展示レーンのKATO君も見ていきます。
 塗装を塗り直したようで、剥がれていたところが綺麗になっていました。
 でもキャブレター上部の『KATOWORKS』の文字も同色で塗られてしまっていました。
 以前は文字は黒色だったのです。
 錆びてほっとかれるよりはましですけどね~。

 これにてやっと立山砂防編終了です。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 06:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その23

千寿ヶ原駅名標
 ついに千寿ヶ原に到着です。
 距離18キロ、標高差640メートル、およそ1時45分の乗車でした。
 トロッコに興味がなかった人はうつらうつらと寝ていたようでしたが。私たちにしてみれば実にもったいないことです。

引き上げていく列車
 体験学習会の参加者を降ろした列車は、すぐに車庫に引き上げてしまったので、余韻に浸っている時間はあまりありませんでした。

スイッチバックの説明用レイアウト
 博物館に戻るために立山砂防事務所の建物内を通ります。
 入ったところにスイッチバックのレイアウトがありました。
 スイッチバックの説明用に置かれているのだと思います。
 博物館前でヘルメットを返却して、体験学習会は終了となりました。
 ボランティアの皆さんどうもありがとうございました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その22

岩のトンネル
 「うおっ!ぶつかる」
 岩で出来た短いトンネルもあります。
 ぶつかりそうなギリギリの寸法で迫力満点でした。
 写真は仮設住宅氏撮影。
 この辺りは動画の撮影を交代していたので、自分で撮影したのは少ないのです。

立山ケーブルと接近
 昨年7月25日のブログにも書いていますが、立山砂防の軌道は立山ケーブルの線路のすぐ近くで折り返しており、写真の通りの近さでした。
 この写真も仮設住宅氏撮影です。

千寿ヶ原の構内が見えた
 いよいよ千寿ヶ原が近くなりました。
 後数回スイッチバックを繰り返すと到着です。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 11:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その21

霧?の林を行く軌道
 写真は仮設住宅氏撮影です。
 霧が出て来て辺りが白くなりました。
 乗車していた時は霧が出ていたと思い、山の天気は変わりやすいなと思っていましたが、写真を見ると周りの葉っぱも白い物が積もっているので、工事出てた粉塵だったのかもしれません。
 ガラスに水滴が付いているので、霧説も捨てきれませんが…。

中小屋の連絡所
 中小屋の連絡所も通過です。

中小屋の駅名標
 絵の入った駅名標なのですが、基本的なデザインはみんな同じです。
 次は終点の千寿ヶ原、残すところ3.6キロです。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その20

 今回のネタも「その20」まで行きましたが、まだ立山砂防のネタが終わりません。
 予定ではとっくに2日目の話のはずだったのですが、撮った写真を見ているとみんな載せたくなってしまう性分なのでもう少し続きます。
 実際の行程は、初日は立山砂防工事専用軌道のみ。
 2日目は色々欲張って、宿の近くで北陸本線の列車を撮影してスタート、万葉線を眺めながら高岡貨物駅に抜け、氷見線の伏木駅で氷見線の旅客列車、伏木駅のスイッチャー、能町駅で貨物列車、日本曹達専用線廃線跡、氷見線旅客列車、富山地方鉄道射水線廃線跡、富山ライトレール岩瀬浜駅、魚津の日本カーバイド工業、村木小学校のSL、青海のデンカ専用線、糸魚川市某所の工事用トロッコ、最後に大糸線赤土駅で最終列車の撮影となっています。
 8月中に全部紹介できるかな?

桑谷のオーバーハング
 それでは本題の立山砂防です。
 この軌道には岩をくり抜いて崖の下をくぐり抜けている場所が2箇所ありましたが、改良によってどちらも新線になってしまったので、無くなってしまいました。
 そのうちの桑谷のオーバーハングと呼ばれていた方は、旧線との合流地点で列車が一時停止し、列車の中からではありますが、見られるようにしてました。
 見学会によっては、オーバーハングを歩いて見学できることもあるようなので、先にトロッコを乗車した2斑の方は見学していたかもしれませんが、定かではありません。

後続列車かなり接近
 オーバーハングを見終えて発車すると、すぐにスイッチバックとなりますが、こちらの列車が停車していたために、後続の列車はすぐ後ろまで来ていました。

また旧線と分離
 また旧線が分かれていき、新線は天鳥トンネルに入ります。
 この部分の旧線にもう一つのオーバーハングである、天鳥のオーバーハングがあったのだと思います。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 06:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その19

新トンネルを掘削中
 新しいトンネルを掘削しているところもありました。
 先ほどの新築堤部分など、この軌道もどんどん線形改良が進んでいくのです。

線路の横は崖
 すぐ左側は断崖絶壁状態です。
 ここは崩れて補修したのか、補修している最中なのかは分かりませんが、一歩間違えると転落しそうです。

桑谷連絡所
 桑谷の連絡所も職員さんに見守られて通過しました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その18

鬼ヶ城の連絡所
 鬼ヶ城の連絡所も職員の方が見守る前を通過です。

鬼ヶ城の駅名標
 鬼ヶ城の駅名標?です。
 全体の距離からだと大体半分の位置となります。

後続のトロッコはすぐ近く
 後続のトロッコ列車がすぐ近くまで迫ってきていました。
 閉塞区間があるわけではないので、続行運転みたいなことも可能です。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その17

崩落した場所
 常願寺川に沿って軌道は続いています。
 崩落してしまっている場所も見えました。

築堤を行くトロッコ
 新しい築堤で抜けている場所に出ました。
 近年軌道の改良工事が進められており、線形が変わってしまった場所もあります。
 スイッチバックの数も昔より減っています。

旧線の橋台跡
 山側には山に沿った旧線が見えており、橋台跡も見えました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その16

グス谷の橋を渡る直前
 前方に赤い橋が見えてきました。
 グス谷を渡る鉄橋のようです。

グス谷の橋からみたスイッチバック
 橋の上からこの先のスイッチバックが見渡せます。
 作業を終え千寿ヶ原に戻る人達が、乗車するトロッコを待っているようです。

渡ってきたグス谷を見る
 渡ってきたグス谷を見ると小さな滝になっていました。
 山側に乗っていたために気が付いていた仮設住宅氏から、滝を撮れと指令が出ています。

後続の列車がグス谷に差し掛かる
 滝を撮っていると後続の列車がグス谷に差し掛かりました。
 仮設住宅氏からの指令が出ていなかったら、撮れなかったかもしれないのでラッキーです。
 今回出てきた「グス谷」ですが、国土地理院の地形図では「クズ谷」になっています。
 ただそれだけの話ですか…。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その15

樺平構内に進入
 18段の連続スイッチバックを終えて、樺平の構内に列車は差し掛かりました。
 女性の職員さんにより旗で合図が出されており、そのまま通過です。
 三角線を形成している分岐線には、先ほど上から見た2本の列車が待機中でした。

待機中のトロッコ列車
 分岐線に待機している列車には既に作業を終えた方が乗車して出発を待っています。
 前後の人車でドアの構造が違うのが分かりました。

警備の方に見送られ
 警備の方に見送られて列車は樺平の構内を離れます。
 後ろの看板もそうですが、やはりここは工事現場の中なのだと実感しました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 06:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その14

5段の線路が見える場所 5段の線路が見える場所もありました。
 18段のスイッチバックで標高差200メートルを行ったり来たり降りているのですが、木々に阻まれる場所が多いので、はっきり見える場所は少ないのです。

工事中の線路
 どうしょうも無い写真です。
 上の写真の真ん中あたりの線路をアップにすると、どう見ても道床が無いのです。
 でも列車は無事に通過しています。

樺平の連絡所が見えてきた
 樺平の連絡所が見えてきました。
 三角線と止まっているトロッコ列車2編成がちらりと見えました。

スリップ注意の看板
 スリップ注意の看板もありました。
 図柄は機関車を模した物になっています。
 道路のスリップ標識とは意味が違うのでしょうね。
 滑ったら止まらないからきっちり徐行せよかな?
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 03:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その13

2番目のスイッチバックの進行方向指示器
 2つ目のスイッチバックに来ました。
 38箇所と多くのスイッチバックを持つこの軌道では、省力化のためのポイント切り替えの自動化は1986年に完了しています。
 今は、リモコン操作でポイントが切り替わるようになっているのでした。
 人が切り替えていた時代は、時間と手間が掛かっていたとのことです。
 写真は開通方向を示す表示器を撮影しています。

落石注意の看板
 山道などで見掛ける落石注意の看板を何度も見掛けました。
 常に落石注意が必要な場所ですから。

クネクネと続く線路
 3番目のスイッチバックが近づいてきました。
 線路はクネクネと続いています。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その12

水谷トンネル突入
 最初のスイッチバックに到達する前に水谷トンネルを通りました。
 小型の車両でもギリギリの大きさしかないトンネルです。

水谷トンネル内を行く
 少し長めの水谷トンネル内を2灯のライトの明かりだけを頼りに突き進んでいきます。
 この座っている位置は、機関車の迫力あるエンジン音が聞ける特等席ですが、体験学習会の一環として説明がスピーカーを通じて流されているのが、聞こえない欠点を持っていました。

最初のスイッチバックに到着
 18段連続スイッチバックの最初の折り返し地点が見えてきました。
 折り返した線路との高低差で勾配の厳しさがよく分かります。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その11

人車の中からの機関車
 ホーム近くで列車の入線を撮影していたら、そのまま乗車してくださいとのことだったので、先頭車の一番前列のシートに座ることが出来ました。
 後ろ向きのシートから体をひねって、牽引機を撮影します。
 この機関車の愛称はGREENカルデラでした。
 この人車には空調がないので、前後の窓と谷側のドアは開けっ放しで、ドア間にロープを張ったまま走ります。
 反対の山側のドアだけはしっかり閉められていましたが、それには重要な理由がありました。
 その理由とは、谷の上からの落石が直接車内に飛び込むのを防ぐためなのでした。
 軌道はそんな場所を通っているのです。

機関車との連結部
 機関車と人車の連結部分です。
 空気管とジャンパ線が結ばれており、連結器の他にも分離事故防止のための鎖が機関車に渡されていました。

遠くに見える白岩ダム
 列車は走り出し、水谷橋を渡ると山の斜面にへばり付いて走るようになります。
 掛け側から後方を見ると、白岩ダムが遠くに見えます。
 前にも書きましたが、白岩ダムは副ダムまで入れてトータルで108メートルなので、列車が走っている場所から下の川まではそれ以上高さがある事になります。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その10

 前々日の自動連結器の小型版みたいなのは、自動連結器の一種のウィリソン式連結器のようですね。
 どこかで写真を見た覚えがあるなと辿っていったら、越後交通栃尾線や大谷鉱山で使っていた連結器と同じみたいなので。

水谷平に残るレール
 水谷平の草むらにも、今は使われなくなったレールが残っていました。
 現在残っている線路とは繋がっていませんので、二度と使われることがないのでしょう。

乗車する列車が動き出す
 乗車するトロッコ列車をホームに着けるため、機関車が動き出しました。
 側面には60-10-14の文字が書かれています。
 この番号は国土交通省の建設機械に付けられた番号だと思われ、最初の数字は配備された年を示しています。
 そんなわけでこの機関車は昭和60年度の配備となります。
 次の10はわかりません。
 機関車も人車も貨車も10なので、地域の番号か用途を示しているのかな?
 最後の番号も分かりませんが、配備されていった順番で振られているのかと思えば、190なんて番号が存在するので、違うみたいです。
 現在立山砂防軌道で動いている機関車は9両あるみたいで、55-10-45、56-10-21、57-10-28、60-10-14、62-10-94、2-10-190、4-10-201、6-10-15、12-10-8の番号が付いています。
 ついでにモーターカーは4両、55-10-64、3-10-101、4-10-45、12-10-2です。

ホームに入るトロッコ列車
 乗車するトロッコ列車が推進でホームに入ってきます。
 前後に体験学習会列車と表示されていました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 01:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その9

水谷に列車が到着
 水谷へ列車が到着しました。

列車から運んできた荷物を降ろす
 ホームに列車が停まると荷物を降ろし始めました。
 荷物は食料品を中心とした生活物品でした。

空調装置付きの車両
 到着した列車は一見すると人車の3両編成に見えましたが、よく見ると荷物を積んできた真ん中の車両(写真の左の車両)は構造が違い、屋根には空調装置を搭載しているようです。
 生ものを運ぶためにこういう車両も用意されているんですね。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 08:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その8

人車の連結器部分
 人車の連結器は自動連結器の小型版みたいな物が付いていました。

立山砂防の機関車
 機関車の連結器は見ての通りで、上の人車の連結器ではそのまま連結できません。

人車の連結器と中間連結器?
 機関車と連結する側は中間連結器(?)を間に入れて連結する形になります。
 こんな面倒なことをしないで、機関車にも自動連結器みたいな物を付ければ簡単なのにと、この時点では思いました。

貨車の連結器
 今度は貨車の連結器です。
 貨車を見ると貨車は自動連結器タイプでは無いのでした。
 これを見て、貨車がこれならば仕方がないのかな~と思い直しです。

貨車の連結器
 しかし、さらに隣の貨車には自動連結器みたいなのが付いているのです。
 う~んどっちが標準なんだろう?
 ちょっと見ただけでは分かりません。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その7

水谷のヤード
 水谷には貨車のヤード(?)があります。
 この日は3線のヤードに8両のトロッコが止まっていました。

無蓋車の1両
 止まっていた無蓋車です。
 側面の木製の板は、2段階で上に抜いて取り外すことが出来る構造でした。

水谷のターンテーブル
 ヤードの奥には小さなターンテーブルが備え付けられていました。
 トロッコが乗るだけの大きさなので、気が付かなかった人もいるぐらい小さいのです。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その6

人車正面
 人車の正面から見たところです。
 やはりナローの車両だけあり幅は狭いです。

人車側面
 今度は側面から見たところ。
 コンパクトな車体には3人掛けのシートが3列あるので、定員は9人です。

人車連結面
 人車の連結面です。
 連結器や各種ホースの他に、万が一連結器が分離しても大丈夫なよう、2本の鎖でも車両間が結ばれています。
 勾配で構成されている線ならではの装備です。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その5

 水谷平には滝があるとのことで、列車が出発するまでの間で見物することになりました。

水谷の人車
 滝に向かう途中で、止めてあった人車の横を通ったので撮影しておきます。
 水谷側の車両から『う-3』『う-2』『う-1』と書かれていたので、『う』が編成の識別記号になっているのかもしれません。
 水谷にいた他の車両は残念ながら確認できませんでした。

水谷の滝に向かって登る
 水谷の滝までは直線距離は短いのですが、高低差がけっこうあり、かなり汗を掻きました。

水谷の滝
 苦労して上がった甲斐があって、綺麗な滝を見ることが出来ました。
 場所が狭いため、みんなで交代しながら見物しています。

工事軌道の水谷橋
 砂防工事軌道の水谷橋です。
 この橋を渡ると、軌道は断崖にへばり付いて進むようになり別世界の入り口です。

立山砂防軌道運行時刻表
 橋のたもとに軌道運行時刻表が掲出されていました。
 工事のために線路上を歩く必要があるので、掲出されているのだと思います。
 実際写真の物は、軌道運行計画書であって所属機関車や運転士などが網羅されている物ですが、何時に何処を運転するという形にはなっていないので、表題の時刻表とは別の物です。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その4

立山砂防事務所水谷出張所の建物
 立山砂防事務所水谷出張所の建物です。
 レールを埋めた部分が、濃い色のアスファルトなのでわかりやすいのです。

立山砂防事務所水谷出張所の建物横から
 建物を横から見ると、下部にトロッコを収納できるスペースがありました。
 人が立っている場所の横に見える白い部分が、トロッコ列車用のホームになっています。

トロッコの案内板
 ホーム近くにはトロッコの全体を示す案内板が建っています。

水谷の駅名標
 案内板の後ろ側は、水谷の駅名標となっていました。

構内の様子
 左側の線路がホームに続く線路、右側の線路が建物の下に入る線路になっており、左奥に向かって本線が延びています。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 08:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その3

白岩砂防ダムの上部の景色
 白岩砂防ダムの上部に架かる橋からの景色です。
 白岩でバスは終了となり、トロッコを先に体験してきた、第二斑の人達と交代しました。

天蓋の湯の足湯
 白岩には上流で湧いている温泉が引き込まれた、天涯の湯があり足湯もありました。
 ここで時間があったので足湯に入ったのですが、太陽に照らされ続けている周りの岩が熱せられており、中のお湯より座っている岩の方が熱かったのです。

白岩から見えるトンネル
 バスが橋を渡った時にトンネルが見えていました。
 新しそうなのと古そうなのが並んで見えています。
 古そうなのはあからさまに断面が小さく、まるでトロッコ用のトンネルです。
 ちょうど水谷平に向かう方向にあるので、昔、水谷から先に軌道が延びていた時の物かもしれないのでちょっと期待です。

水谷平へ向かう橋 1
 水谷平へ向かうため歩き始めると、すぐにあった橋にはレールが残っていました。
 橋の前後にはありません。

水谷平へ向かう橋 2
 先ほど見えていたトンネルに向かって歩くと、全部で3つの橋があり、その全てにレールが残っていました。
 写真は2つ目の橋です。

白岩トンネル内部の様子
 先ほど見えた古い方のトンネルはやはりトロッコ用の物でした。
 工事用の車両が通るために前後に信号機が取り付けられています。
 名称は白岩トンネル、345メートルの長さです。

白岩トンネルの水谷平側
 暗くて長い白岩トンネルを抜けるため、体験学習会のトロッココース参加者は懐中電灯を用意することになっているのでした。

立山砂防事務所水谷出張所前の線路跡
 トンネルを抜けた場所にある立山砂防事務所水谷出張所の前には、広がっていた線路がアスファルトで埋められて一部が残っていました。
 建物自体は線路が無くなってから建てられたようで、線路は建物の部分にもあったようです。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 07:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

2008年富山撮影旅行 その2

立山温泉跡地浴場跡
 1969年に登山道が流され、1973年に閉鎖となった立山温泉の跡地です。
 建物は焼却してしまって、浴場の跡が残っています。
 近くの草の中に、金庫の残骸や釜やトロッコの車輪が眠っているのを、仮設住宅氏が見つけてきました。
 この場所に休憩所があり昼食を食べています。
 ここでボランティアのKさんは、以前立山砂防事務所で働いていた方で、色々な昔話を聞かせていただきました。
 トンボの大群の中をトロッコ列車が通り抜けた話とか、体験した人でないと分からない話でした。

天涯の水
 昼食後、バスで移動再開しました。
 調査の時ボーリングをした時に、1本から水が湧き出したそうです。
 地下42メートルからの癒しの水は天涯の水と呼ばれています。
 今は立派な水飲み場になっていますが、以前はボーリングした時の管そのままから水が出ていたそうです。

白岩砂防ダム
 白岩下流展望台へ移動してきました。
 写真は白岩砂防ダムの副ダム7基のうちの1基目~5基目が写っています。
 主ダムから7基めまで合わせた落差は108メートルあり、日本一になるそうです。
 ここも登録有形文化財となっています。

水谷平の様子
 展望台の対岸には工事専用軌道の終点もある、水谷平が見えます。
 元々はもっと広い場所だったのですが、毎年3メートルずつ側面が削られていって、今の広さになっているそうです。
 その後、斜面の植生などの対策が進められ、浸食は抑えられているそうです。

水谷平のトロッコ
 上の写真を原寸で見ると、真ん中にトロッコがあるのが分かります。

白岩下流展望台の様子
 体験学習会参加者の皆さんが説明を聞きながら、それぞれの視点で見学しています。

対岸をトロッコがやってきた
 対岸を水谷へ向かうトロッコ列車がやってきました。

水谷へ向かうトロッコ
 上の写真のアップです。
 さすがに望遠レンズではないので、この大きさが限界でした。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 05:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その19

 ヤードで無蓋車を切り離し、人車から乗員を降ろしたトロッコが車庫前に戻ってきました。

車庫前に戻った機関車と人車
 車庫前に来るとすぐに人車は機関車から切り離されます。

人力で車庫へ向かう人車
 切り離された人車は人力で車庫に入庫となります。

機関車も車庫に移動中
 身軽になった機関車は隣の線路に入り車庫に向かいます。

入庫した人車と機関車
 人車と機関車ともに車庫に入庫しました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 09:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その18

スイッチバック2段目から1段目へ向かうトロッコ
 2段目のスイッチバックから1段目のスイッチバックに向かって降りてくるトロッコです。
 無蓋車を先頭に人車、機関車と続いています。
 この場所は立山カルデラ砂防博物館のすぐ裏側です。

1段目のスイッチバックに差し掛かるトロッコ
 左にカーブを切りながら1段目のスイッチバックに入るトロッコです。
 右に延びる2本の線路の内、奥側がショートカットの線路です。
 手前側の線路は、作業用の車両が良く留置されている行き止まりの線路です。

踏切を渡るトロッコ
 1段目のスイッチバックで向きを変えたトロッコは、踏切を渡ってヤードに向かいます。
 立山砂防専用軌道で踏切警報機と遮断機がある第一種踏切はこの場所だけだと思われます。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 20:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その17

 再び一段目のスイッチバックに戻ってきました。
 一段目のスイッチバックには、スイッチバックをショートカットする形で線路が接続されており、三角線の形となっています。
 このショートカット線を通ることにより編成の向きが逆になります。

スイッチバックをショートカットするトロッコ

スイッチバックをショートカットしたトロッコ
 降りてくる機関車が一段目のスイッチバックに向かう時は、ボンネット側を前に向けているのが標準のようですが、たまに逆向きになっている編成もあります。
 丁度逆を向いた編成が降りてきたので、スイッチバックをしないで急なカーブを曲がってきました。

千寿ヶ原のヤードに向かうトロッコ
 目の前を通り過ぎると千寿ヶ原のヤードに向かって真っ直ぐに下っていきます。
 踏切上から後追いで撮影しています。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 20:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その16

 他の場所からも山の中腹を走るトロッコが撮影できるのではないかと思い、常願寺川の横を上流側に向かいます。
 訓練線に平行している道です。

訓練線上のお客さん
 撮影場所を探している時にお客さんと遭遇しました。
 カモシカがいる場所は訓練線上です。

山の中腹を行くトロッコ
 たぶん線路が敷かれている場所だろうと見当を付けて待っていると、小さくトロッコの音が聞こえてきました。
 ちょっと間を開けて崖の上にトロッコが姿を見せました。
 乗車しているとかなりの絶景だと想像できます。

崖の上を行くトロッコのアップ
 崖の上を行くトロッコのアップです。
 こちらは2枚目の写真の後に来たトロッコです。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 21:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その15

降りてきたトロッコ 1
 走って戻った甲斐があって、千寿ヶ原のヤード手前の1段目のスイッチバックを折り返すトロッコを撮影することが出来ました。

降りてきたトロッコ 2
 1段目のスイッチバックを折り返してヤードに向かうトロッコ。

降りてきたトロッコ 3
 遠くで見えたときには気が付きませんでしたが、次の編成が続いて降りてきていました。

降りてきたトロッコ 4
 2編成目はホッパ車を2両連ねていました。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 09:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その14

山を降りてくる立山砂防のトロッコ
 後10分ほどで列車が来る時間になった時、ふと右の立山砂防の軌道が気になったので視線をずらすと、トロッコが降りてくるのが目に入りました。
 予想より早い時間にトロッコが降りて来たのでした。

山を降りてくる立山砂防のトロッコのアップ
 アップにすると無蓋車を4両牽引しているのが分かりました。

立山ケーブルの脇でスイッチバックするトロッコ
 降りてきたトロッコは立山ケーブルの線路のすぐ近くまで行って、スイッチバックしていることが分かりました。

 この後、トロッコの写真を近くで撮るため、猛ダッシュで立山カルデラ砂防博物館の裏手まで走ることになりました。
 朝から撮影していて疲れているはずなのに、この時はすっかり忘れてましたね。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 21:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

北陸撮影旅行 その12

 遅い昼食を食べた後、立山駅にやってきました。
 体験乗車が出来なくても、立山砂防専用軌道の機関車だけは見ようと言うことになったからです。

立山砂防構内終端側
 立山砂防事務所の構内の終端からの写真です。
 こちら側には作業用の無蓋車などが置かれています。
 機関車と人車の編成が1編成だけ停車していました。

立山砂防事務所機関庫前
 上の写真と全く反対側の機関庫前です。
 8線に分岐しており、人車や機関車はシャッターの向こうに仕舞われます。

踏切からの立山砂防軌道
 写真の3本の線路の内、中央の線路が本線になっています。
 奥に見える構内に向けて下り勾配になっています。
 右側に機関庫があるのですが、本線に対しては高低差があり、スイッチバックの形となっています。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 17:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟・富山撮影旅行その14

 本題に入る前に、その10で書いた遊園地みたいな機関車は、本当に遊園地で使用されていたものでした。
 それは平成8年11月に閉園した大川寺遊園に使用されていただったのでした。(場所は富山地鉄上滝線の大川寺駅付近、旧名は大川寺遊園駅)
 体験乗車の方はと言うと、現在も不定期でやっていることが分かりました。
 立山カルデラ砂防博物館のHPによると、次は7月1日・2日に「トロッコにのろうよ」というイベントがあるそうです。


 さて本題です。そのカルデラ砂防博物館の中では、カルデラの自然の営みの3D映画や砂防に対する映画などが見られます。

立山カルデラ砂防博物館 館内展示機関車
 博物館の中にも機関車やスイッチバックの模型、使用されている線路などの展示がされています。
 その機関車に連結された列車のイメージで人車もどきが置いてあり、最後尾の箱がトロッコツアーと題するものとなっており、専用軌道の前面展望の映像が流れ、列車の振動も伝わる仕掛けになっていました。さすがに本当に乗ると結構時間が掛かっているので、途中から加速装置が働き、連続スイッチバックを高速で走り切ります。
 私達的には、400円の入館料の価値があったと判断しています。

立山砂防工事専用軌道 山を下るトロッコ2
 展示物を見終わって外に出て、博物館脇の専用軌道に行ってみると、ラッキーなことに列車が下ってきました。

立山砂防工事専用軌道 山を下るトロッコ
 走って来たトロッコは先にある砂防事務所の敷地まで行って、貨車と人車に乗っていた人を下ろして博物館の近くまで戻ってきます。
 なぜ戻ってくるかと言いますと、博物館のトロッコツアーをやっている建物の下の階が、機関車や人車の車庫になっているからでした。

立山砂防工事専用軌道 車庫に入るトロッコ
 16時を過ぎ、続けてトロッコが山を下りて来ては、人を下ろしてから車庫にやってきます。バシバシ撮影しているうちに機関車が全部車庫に入ってシャッターが閉まり、運転は終了になりました。時間は16時30分を回ったところでした。
 博物館で時間を潰していなかったら見られなかったので、博物館に感謝です。
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 20:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

新潟・富山撮影旅行 その13

 次の目的地は立山となりました。
 富山地鉄立山線の立山駅に向かって進路をとり車を走らせます。
 立山駅に着くと元西武のレッドアロー号が2両編成の普通列車として停まっていました。
 でも私達の目的はここではありません。

 駅前から歩くこと300メートルほどのところに、立山砂防工事専用軌道の事務所があり、ここからトロッコが出ています。
 事務所の敷地にはトロッコが見え、敷地の外から写真を撮っていると中で作業していた女性の方が、「今訓練に出たからすぐ戻ってくるよ」と教えてくれました。
 訓練は事務所の建物の裏手から訓練線が出ており、そこで行われているそうです。
 教えていただきとても感謝。

 裏手に回るとトロッコ展示レーンというのがあり、小型の機関車が見えました。
 昔、体験乗車をやっていた雰囲気があり、その乗車ホームと使用していた車両に見えます。
 帰りに見ることにして川に沿って道路を歩きます。
 この川に訓練線も平行しているのです。

 10分ほど歩くとさっそくスイッチバックの登場です。
 ここは2段のスイッチバックとなっており進行方向は変わりません。
 道路は勾配がきつくなって真っ直ぐ続いています。

 しばらく行くと3段目のスイッチバックがありますが、スイッチバックしないで先に進むと簡単なホームがありました。
 ここはちょっとした公園風になっており、舗装された道路はここまでになっていました。ここが体験乗車の時の終点だと勝手に決めつけて、更に先に進みます。

 舗装された道路は終了しているので、公園側から回り込んで先の砂利道に入り進みます。
 訓練線の方は、6段目のスイッチバックを経て高度を稼いでいます。
 砂防用のダムを超えたあたりで勾配が緩くなり、スノーシェッドだかよく分からないトンネル付近でトロッコを待つことにしました。

 ここまで事務所の入り口から20分経っています。
 教えてもらったすぐ来るよの言葉がくせ者でした。
 ヘタに動いて撮り損ねると嫌なのでとにかく待ち続けます。
 今日も天気が良いのでとても暑いのでした。
 ここまで来るとは思っていなかったので、帽子を車の中に置いてきてしまったので余計に暑いのです。

 早く来~いと思いながら待つこと22分、やっと遠くの方で動く物体が見えました。
 やっと小型機関車が牽く列車がやってきたのです。
 スピードは人間が走る速度程度でしょう。

立山砂防訓練線
 ■立山砂防訓練線の写真■


 写真を撮った後、列車を徒歩で追い掛けます。
 列車の方はスイッチバックしているので徒歩でも少し急げば追いついてしまいます。

5段目のスイッチバックを行くトロッコ
 ■5段目のスイッチバックを行くトロッコの写真■


 写真は5段目のスイッチバックを降りていくところです。

 列車を追い掛けて写真をバシバシ撮りながら山を下ります。
 列車が遅いお陰で10分にわたって撮影してました。

 そのうちにトロッコ展示ゾーンまで戻ってしまいました。
 ここにはKATO君と遊園地の乗り物のような、蒸気機関車の形をした車両と人か乗る客車がありました。
 KATO君が、遊園地の乗り物もどきを牽引して体験乗車をさせていたようですね。
 客車は大人が乗るには狭すぎです。

立山砂防のトロッコ展示ゾーンのKATO君
 ■立山砂防のトロッコ展示ゾーンのKATO君の写真■


トロッコ展示ゾーンの遊園地機関車
 ■トロッコ展示ゾーンの遊園地機関車の写真■


 その後、再び立山砂防工事専用軌道の構内を撮影して、すぐ近くの立山カルデラ砂防博物館へ400円を払って入りました。
 嗚呼涼しい。
 暇つぶしに入ったこの博物館ですが、実は…。

==コメント==
く~ この弁○号モドキの写真をすっかり撮るのを忘れてました。
今更に見てカウキャチヤーが、泣かせます。
ちなみに人体実験で小さな客車にハマッタ私・・・
投稿者 仮設住宅 2006/06/23 09:10
立山砂防専用軌道 | 投稿者 kd55-101 22:06 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]