姉崎機関区 旧・姉崎機関区移転しました。http://kd55-101.shumilog.com/です。

<<  2011年 4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リニューアルで移動
04/19 07:46
しなの鉄道・長野電鉄…
04/18 05:22
和歌山・大阪・恵那撮…
04/18 04:50
磐越西線のDD51 …
04/17 20:53
岐阜・三重貨物撮影行…
04/17 08:49
今日の蘇我駅 貨物篇
04/16 22:43
今日の蘇我駅 電車篇
04/16 22:26
岐阜・三重貨物撮影行…
04/16 07:32
和歌山・大阪・恵那撮…
04/16 05:50
今日の蘇我駅
04/15 22:17
岐阜・三重貨物撮影行…
04/15 07:28
和歌山・大阪・恵那撮…
04/15 05:50
1992年1月20日…
04/14 19:58
岐阜・三重貨物撮影行…
04/14 07:45
和歌山・大阪・恵那撮…
04/14 05:50
昨日の蘇我駅 京葉臨…
04/13 22:52
岐阜・三重貨物撮影行…
04/13 07:18
昨日の蘇我駅
04/13 05:50
今日の姉ヶ崎駅・千葉…
04/12 22:09
岐阜・三重貨物撮影行…
04/12 07:16
最近のコメント
カテゴリ別アーカイブ
最近のトラックバック
2009年7月4日 …
12/25 11:29
ルイス・C.ティファ…
08/27 22:04
特急「いなほ」 48…
07/15 14:37
C58形蒸気機関車「…
05/08 22:58
一畑電車 3000系
04/23 19:06
2009.2.6 C…
02/07 08:20
只見線 キハ40形
01/20 20:25
よし、探してみるか
12/24 11:52
小湊鐵道バス
10/28 19:50
日暮里・舎人ライナー…
10/07 23:47
日暮里・舎人ライナー…
10/06 18:23
鉄道博物館
08/24 18:33
島原鉄道 キハ250…
08/24 18:33
イベント情報@5/2
05/01 23:56
テルファークレーン
10/13 20:09
約2年11ヶ月の時を…
09/18 23:57
坊っちゃん列車
09/09 07:36
相模運輸倉庫専用線
05/03 23:30
紹介>風景:日立電鉄…
12/05 17:18
紹介>久留里線
07/03 16:52
DE10形ディーゼル…
07/01 11:42

岐阜・三重貨物撮影行 その73


 3717列車がやってきました。
 撮影場所は運良く直前に見つかったのです。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その73


 3717列車が出発の時間を待っている富田駅の構内です。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その72


 2両の電気機関車は四日市駅から来る5366列車を待っているのです。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その71


 跨線橋の通路の様子です。
 三岐鉄道への階段部分はきれいにふさがれているので、ぱっと見は分かりません。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その70


 ホキ1000形は、フライアッシュ・炭酸カルシウム専用のホッパ車です。
 行きと帰りで違う荷物を運ぶので効率良く使用できる車両ですね。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その69


 1985年までは三岐鉄道の旅客電車も富田駅まで来ていましたが、現在は近鉄富田駅のみに旅客列車が行くため、この駅には貨物列車しか来なくなっています。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その29


 やっとやってきた普通列車に乗車します。
 こちらはシャッタースピードの設定を間違えてブレブレ写真です……。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その27


 3715列車は、重連の電気機関車が返空セメントホキを16両牽いてやってきました。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 05:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その26


 やってきた3716列車は3713列車の機関車の折り返し、セメントを積んだホキを連ねて登場です。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その25


 操車係を乗せてホキが踏切へ向かってきます。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 08:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その24


 貨物列車が到着するとすぐに機関車が切り離されます。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 07:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その23

 6日の日曜日に親父が亡くなり、葬儀の準備や葬儀があったので、さすがにブログの更新は休止していました。
 昨日無事葬儀も終わって一段落したので、ゆっくりとブログを再開、岐阜・三重貨物撮影行の続きです。


 重連の電気機関車に牽引された501列車が到着、旅客ホームに入りました。
 後方はホキ1000形が4両です。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 10:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

岐阜・三重貨物撮影行 その22


 こちらは客車側から見たところです。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 09:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その17

 貨物鉄道博物館の後は、大安駅近くの中央児童センターへ行きました。

中央児童センターのED222
 ここの公園にはED22形機関車のED222が保存されています。
 この車両は、現在の大糸線の前身である信濃鉄道が、1926年に
輸入した信濃鉄道2号機です。
 米国のウエスチングハウス社が電気機器、ボールドウイン社が車体を製作したものです。
 国有化後、飯田線での使用を経た後の1956年に三岐鉄道へ移ってきた車両です。
 1984年まで使用された後に廃車となり、大安町に引き取られ静態保存されました。
 屋根はあるのですが、ライトなどが割られてしまっており、少し荒れ気味です。
 後ろに見えている青いガーター橋は、大安~三里間の宇賀川橋梁です。

ED222の製造銘板
 ED222の立派な製造銘板です。
 製造は輸入された前年の1925年になっています。

大安~三里間の下り電車
 宇賀川橋梁の反対側に回って、宇賀川橋梁を渡っていく普通電車を撮影したところです。
 桜は綺麗だったのですが、空は完全に曇ってどんよりしていました。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 10:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その16

 今回は貨物鉄道博物館にいる車両を一部だけ紹介です。

貨物鉄道博物館のB4形39号
 この蒸気機関車は、昭和鉄道高校で保存されていた、東武鉄道B4形39号です。
 元々は、東北本線などの前身である日本鉄道が英国のシャープ・スチュアート社で製造した車両で、日本鉄道の国有化後は、5650形5654となっていました。
 製造年は1898年なので109年が経過しています。

貨物鉄道博物館のタム50000形6263号
 写真のタンク車は、タム6263です。
 15トン積塩酸専用タンク車として製造されたタム5000形の1両で、製造年は1968年で富士重工業で製造されています。
 現役時の常備は酒田港駅で、東北東ソー(株)の所有でした。

貨物鉄道博物館のワ1形5490号
 信越本線の前身である北越鉄道が、新潟鐵工所で製造した8t積有蓋車でした。(後に10t積みに改造)
 北越鉄道の国有化後、戦後になって近江鉄道に移籍しています。
 この車両も1906年の製造なので、101年経過しています。
 見ての通りの状態なので、今後整備がなされると思われます。

貨物鉄道博物館のDB101号
 東海道本線用宗駅から分岐していた、巴川製紙所静岡工場専用線で活躍したスイッチャーです。
 1957年に協三工業で製造されています。
 1986年11月1日に用宗駅の貨物取扱が廃止となっているので、その時用途が無くなってしまったと思われます。

 貨物鉄道博物館の全車両を紹介したいところですが、ネタが詰まっていますので次に行ってしまいます。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その15

 丹生川駅を降りると西藤原方面に(左側)白い建物が建っており、そこが貨物鉄道博物館の建物です。

貨物鉄道博物館
 博物館の中にある収蔵物は、月1回の開館日(毎月第一日曜日)にしか公開されていませんが、外にある貨車群は見ることが可能です。

B4形39号と通過するED458
 博物館の車両群の先頭にはB4形39号蒸気機関車がいます。
 その横をED458電気機関車が通過していきました。
 真ん中に仮設住宅氏が写り込んでいます。

丹生川駅での電気機関車同士の交換
 電気機関車を追って左を向くと丹生川駅の構内です。
 丁度反対方向の貨物列車との交換となりました。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 22:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その14

 東藤原駅での撮影後は、丹生川駅まで移動してきました。
 この駅に隣接して貨物鉄道博物館があり、多数の貴重な車両が保存展示されています。

タム8000
 まずは電車内から見て気になったタンク車を見ます。
 アルミ製のタンク体を持つ銀色のこの車両は、タム8000形のタム8000です。
 この車両は、貨物鉄道博物館というより、丹生川駅の側線に展示されている状態です。

ト15
 タム8000の隣は無蓋車のト15です。
 この車両は名古屋鉄道から来ており、アオリ戸にうっすらと名古屋の文字が見えます。
 名鉄時代の晩年は、今は廃止となった揖斐・谷汲線で保線用として使用していたようなので、黒野駅に止まっているところを撮影しているかもしれません。

91式軽貨車
 旧陸軍の貨車である91式軽貨車もいました。

91式軽貨車の銘板
 手前側には川崎車両昭和六年の銘板が付いていたので、91式と分かりました。
 京福電気鉄道から来たようです。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その13

 東藤原駅構内の側線群には多数の貨車に混じって、青色に白いラインの入った機関車が止まっていました。

東藤原駅のデキ202
 秩父鉄道カラーのこの機関車は、2000年の夏に秩父鉄道から移ってきたデキ202です。
 秩父鉄道時代同型車は3両いましたが、貨物運用の減少に伴って2両が三岐鉄道に来ており、秩父鉄道にはデキ201が1両だけ残っています。
 三岐鉄道に移った後もカラーリングは変更されていません。

太平洋セメントをバックにしたデキ202
 このデキ202の任務は太平洋セメント藤原工場の入換えです。
 写真のバックに見える工場が、太平洋セメントの工場なのです。

デキ202の台車
 デキ202の台車は独特な形状をしています。
 L形軸梁式台車と言うようで、要するに機械的に軸重補償するためリンク機構などが付いているのでした。
 メンテナンスなどトータルで考えると、電気的に軸重補償する方が良かったようで、その後製作された機関車には採用されていません。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 16:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その12

ホキ1000形推進運転
 ホキ1000に連結した後は、推進運転で目の前に迫ってきます。

セメント工場へ向かう列車
 今度は停車することなくセメント工場に消えていきました。(仮設住宅氏撮影)

戻ってきた機関車
 しばらくすると、機関車だけが駅のホームまで戻ってきます。

西藤原行き601系
 入れ換え作業の合間にも普通電車はやってきます。
 写真は西藤原行きの601系です。

 普通電車が走り去った後、再び機関車が動きました。
 今度は別の線路に入っていき、しばらくして戻ってきた時には、黒いタキ1900の編成を牽いてきました。
 そんなに長い時間ではないのに、機関車はあっちにこっちにと大活躍で見ていて飽きません。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 22:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その11

 東藤原駅に貨物列車が到着しました。
 この列車は保々駅で時間調整していた、ED459を先頭とした列車です。

東藤原駅に到着する貨物列車
 列車が到着する前に、操車係の人が待機していました。

工場への線路を進んでくるED459
 一番前の貨車であるタキ12260だけ切り離され、その一両だけ持ってセメント工場へ続く線路を真っ直ぐ進んできました。

踏切上で列車は停止
 勢いよくやってきたのでそのまま工場へ向かうかと思っていたら、目の前を通過した途端に急停止、すぐにバックを始めました。

突放されたタキ12260
 逆方向に動いてすぐ機関車はブレーキを掛けましたが、前にいたタキ12260だけが走っていきました。
 いわゆる突放です。
 普段見るコンテナ車や石油類のタンク車は、突放禁止になっているので、初めて遭遇しました。
 事前に分かっていればビデオで撮っていた方が面白かったかも。
 仮設住宅氏はセメント工場側で撮影していたので、よく見えなかったそうです。

突放されたタキ12260が進んでいく
 突放されたタキ12260が留置された貨車に向かって進んでいきます。

機関車も後を追って発車
 突放されたタキが進んでいくと、すかさず待機していた係員が、ポイントを切り替え機関車も後を追って発車します。
 タキはその先のタキ群に向かい、機関車はタキと併走した後、留置されている貨車の間を抜けて、牽いてきたホキ1000の富田側に連結しました。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 10:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その10

 保々駅から伊勢治田駅まで戻り貨車群を撮影した後は、東藤原駅まで移動しました。
 東藤原駅からはセメント工場への引き込み線があり、駅構内にも多数の側線があります。

東藤原駅駅舎
 曇天となってしまったので、色ははっきり出ませんが、東藤原駅の駅前には桜が咲いていました。
 伊勢治田駅にも咲いていたのですが、天気が悪いのが悔やまれます。

東藤原駅前 タキ25767
 東藤原駅の前には、ホキ5700形のホキ25767が保存展示されていました。
 他の鉄道では貨車を保存しているところはあまりなく、貴重な存在であり、貨物列車と三岐鉄道の関係を認識させられるモノです。

ホキ5700形説明版
 展示されているホキには立派な案内看板がありました。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その9

ED459他重連貨物列車
 伊勢治田駅に戻る列車の前に、ED459他が牽引する貨物列車が富田方面から到着しました。
 列車はホームではなく1本隣りの線に入り、運転士は降りてしまいました。
 この列車はしばらくこの駅で時間調整するようです。

タキ12260
 機関車の次位には、タキ12200が1両だけ連結されています。
 この形式は40t積みのセメント専用車ですが、所有会社によって結構違いがある車両です。
 この車両は小野田セメント(現太平洋セメント)所有のタキ12260でした。

ホキ1000-15
 残りの車両はホキ1000です。
 ホキ1000形は小野田セメント(現太平洋セメント)所有の35t積フライアッシュ及び炭酸カルシウム専用ホッパ車です
 積荷が往復で異なる珍しい使用方法で運用されています。

 個人的には、うす緑色をしたタキ1900(CT所有)が見たかったのですが、3月中に見られなくなっています。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 20:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その8

三岐線ラッピング車
 801系先頭車同士です。
 右の車両は唯一のラッピング車編成のクハ1802です。

三岐線運転区
 再び切符を買って駅に入ると、運転区の建物が向かい側に建っています。
 この保々駅が工場と合わせて三岐線の中枢駅だと分かります。

三岐鉄道硬券切符
 保々駅で購入した乗車券と入場券です。
 薄っぺらな販売機の切符と違って、硬券はなんか良いですね。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 14:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その7

保々駅駅舎
 保々駅の駅舎です。
 この駅も有人駅で硬券切符を売っています。
 基本的に有人駅が多いようですが、無人駅化が進んでいる鉄道が多い中で珍しいのではないでしょうか。

保々工場内のED451
 保々工場の外からも構内の様子が伺える場所か何カ所もあり、中々楽しいです。
 工場の中には写真のED451や他の機関車がいました。

保々工場の様子
 工場に沿って歩くと富田側に踏切があり、そこから構内の写真を撮影してみました。
 画面右側の線路が本線です。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 21:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その6

 隣り駅の丹生川駅に到着する直前に、左側の車窓に貨車の群れが映りました。
 ここには貨物鉄道博物館があります。
 丹生川駅の構内にも小型タンク車が留置されていました。
 後で寄ることにして通過です。

三里駅交換列車先頭窓越し
 次の駅の三里駅までやってきました。
 この駅で下り列車と交換のようです。
 先頭車の窓越しに前方を見ていると、早速貨物列車と遭遇しました。

通過していくED455
 ED455を先頭にした列車がホームに差し掛かると、乗車している列車もすぐに出発となります。

 さらに隣の大安駅の手前右側には、以前、三岐鉄道で使用していたED222号機が保存されているのが確認できました。

保々工場のED453と101系
 色々と興味をそそられる車窓を見ているうちに、保々駅に到着しました。
 ここで先輩とは一旦お別れです。
 降りたホームの反対側には、駅と隣接して車庫兼工場があり、ED453と101系が止まっていました。
 しばらく駅構内で撮影した後、工場を外から見学です。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 10:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その5

 阿下喜駅から北勢線に乗車して、西桑名から巻き添えの先輩は別行動を取る話になったのですが、北勢線は思ったより本数が少なくしばらく列車が来ないことが分かりました。
 北勢線のナロー車両の乗車は後回しにして、そんなに離れていない三岐線の伊勢治田駅に移動しました。
 この駅にも、パーク&ライドの駐車場があるので、車を停めて列車に乗車します。
 この駅には自動券売機は無く、窓口で切符を購入します。
 切符は硬券を使用しており、ちゃんと入場券も販売しています。

伊勢治田駅のセメントホキ車群
 駅の構内は、貨物が盛業な三岐鉄道三岐線だけあり、側線が多くあり、多数のセメントホキ・タキ車が留置されていました。

伊勢治田駅駅名標
 伊勢治田駅の駅名標は木製です。

 私と仮設住宅氏は車両基地のある保々駅に向かい、先輩は近鉄富田駅まで出て松坂方面に単独行動をすることになりました。
 さすがに毎回巻き添えにしているので、この日は早々と離脱です。

伊勢治田駅に近鉄富田行き到着
 乗車する列車が駅に入ってきました。
 三岐鉄道の851系、元西武鉄道の701系です。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その4

 転車台と反対側の線路の先には車庫があります。

阿下喜駅の軽便博物館車庫
 車庫内の左側に「下工弁慶号」がしまってあった場所でした。
 でもその「下工弁慶号」は、訪問した12日前に借りていた山口県下松市に返却されたので、この中には既にいないのでした。
 隣りに立っている腕木信号機は、2004年1月26日までJR名松線家城駅で使用されていたもので、JR東海管内でも一番最後まで使用されていたものです。

車庫から延びる2本の線路
 車庫の左側にも線路があります。
 こちらは軌間幅381ミリで、車庫の中にもミニ車両がしまわれているようです。

 細かい内容は「ASITA(北勢線とまち育みを考える会)」のホームページに色々な活動報告が載っています。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 20:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その3

 終点の阿下喜駅までやってきました。

阿下喜駅駅舎
 この駅は昨年の12月1日に新しい駅舎になったばかりです。
 まだ整備が途中なので、写真の右側に見えるように旧ホームが残っていました。
 駅舎の前には、駅前広場などが整備される計画です。

阿下喜駅ホーム
 新しい阿下喜駅のホームは、島式2面となっています。
 手前には怪しげな線路がありました。

阿下喜駅の転車台
 怪しげな線路の駅舎側には転車台があります。

 この駅には三岐鉄道北勢線の90周年の記念行事の一環として、「下工弁慶号」と呼ばれている軽便蒸気機関車を山口県下松市から借りていたのです。(過去形)
 4本の線路のうち真ん中の2本を使用して、「下工弁慶号」を公開展示していました。
 転車台は、元々阿下喜駅にあった物を移設して使用しています。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 20:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その2

 踏切から西桑名方向を見ると、少し先に新しい駅が見えているので移動してみます。

東員駅駅舎
 新しい駅は、統合で出来た東員駅であり、大きく立派な駅舎が建っていました。
 これは統合時に西桑名駅と北大社駅に分散していた現場運転・駅務部門を集約し、さらにCTCを整備し各駅の信号制御を集中監視するようになったためのようです。
 また駅前にはパークアンドライド用の駐車場も整備されていました。

東員駅の保線用軌道モーターカー
 駅構内には保線用の軌道モーターカーがありました。
 軌道モーターカーだと軌間の幅が狭いのはあまり気になりません。

東員駅のK77編成
 写真を撮っていると列車が到着しました。
 やってきたのはK77編成、270系モ277が先頭の4両編成、後ろの3両は三重交通モ4400形だった200系であり、3車体連接車の付随車です。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 20:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

三重・和歌山・愛知撮影旅行 その1

 4月13日のブログに書きましたが、三重・和歌山・愛知に墓参りも兼ねて旅行してきた時の報告です。
 旅行のメンバーは3人、いつもの仮設住宅氏といつも巻き添えになっている一般人の先輩と私です。

 最初に行ったのは三岐議鉄道北勢線です。
 この線は2003年に近鉄から譲渡された路線で、日本では珍しい軌間762ミリの特殊狭軌線、いわゆるナローゲージとなっています。
 高速を降りとりあえず終点の阿下喜駅方面に向かいますが、朝の7時頃の道路は通勤のため渋滞しており、ナビで途中の北大社駅に向かいます。

北大社信号所
 ナビの案内で北大社駅に着くとそこには駅はありませんでした。
 現地に着いてから、北勢線の活性化のために高速化工事を行って、駅の統廃合が進められているのを思い出しました。
 北大社駅は西桑名方にあった六把野駅と統合されて、東員駅になっており、ここは信号所になっていたのでした。

北大社の車庫
 この信号所に隣接して車庫もあります。
 しかし、通勤時間帯のピークだったために車両が出払っているようで、構内には1両も見あたりません。

北大社の車庫のモ275
 車庫をぐるりと回り込むと1両だけモ275が残っていました。
三岐鉄道 | 投稿者 kd55-101 23:15 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]